【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

2015年08月

去年の会社の忘年会であまり好きじゃないカラオケをやらされ全然声が出なかったので、妻も子供も実家に帰省してるのでこの正月休みを使って新年会に向けてちょっと歌の練習でもしようかと近所のカラオケにひとりで行ってみました。

カラオケの受付カウンターに行ったら、なんと部屋が満室とのことで空くの待ってたら、たぶん40才前後のひとりの女性が入って来ました。
私と同じように受付で店員さんに満室なので、しばらく待ちますと言われていたので、私はその女性に声をかけてみた。

今日は私ひとりで歌の練習に来たので、もしよかったらご一緒に…と聞いたらひとつ返事で了解してくれました。
私は改めてカウンターに行き、店員さんに2人で使う事を伝えました。


しばらくしたら、部屋が空いたので、その女性と一緒に部屋に行き、交互に2時間近く熱唱(?)したところで、飲み物を再注文してちょっと休憩した。
それにしてもどうしてこんな時期にひとりで女性がカラオケにと思い、相手の名前や住んでる地域は聞かない約束をして、いろいろ話した。

この女性は41才の人妻だったのだ。
結婚して9年、もう夫とはあまり会話もなく、愛情も冷めてしまってるとのこと。

夫も最近では家に帰って来ない日もあるらしく、たぶん浮気しているとのこと。
お正月中もほとんど家にいなので、今日は外出してフラフラしてたけど、外は寒いので何となくカラオケ屋さんに入ってしまったとのこと。


続きを読む

数十年昔の話だが、本当の話。

俺は漁師の町で産まれたんだが、そこは本当に田舎で漁業組合の組合長を網元、組合長は地元の漁師を網子って呼ぶような古い体質の田舎だった。

俺も家が漁師だったんで、中学を出て漁師になって船に乗るようになった。

冗談で、
「漁師の町にはヤクザがいねえ。何故なら漁師がヤクザだからだ」
なんて事を言う事があったけど、昔の事だから学のある奴も少ないし、皆気が荒くて喧嘩早かった。

ちなみに今も昔も漁師の町でやっちゃいけないのは密漁なんだが、漁師のリンチってのはマジで凄い。

大の大人どころか、40代50代の分別盛りの大人がマジで怒声を上げながら殴る蹴るのは本気で怖い。

しかもヤクザが怒鳴りながら囲むのとは訳が違う。

皆筋骨隆々な奴が我も我も殴らせろつって本気で殴る蹴るしにくるからとんでもなく怖い。

つまりはそういう所にいた俺もそういう一人だったんだが。

で、20歳位のある時、ある事件が起こった。

続きを読む

つい先日の話です。
僕が住むマンションで回覧がある場合、僕は上の階の601号室へ持っていきます。

そこには20代の夫婦が住んでいますが、
その奥さんのKはスタイルが良く、黒髪ストレートの美女。

ある日「いつも旦那さんが持って来るんですね?」と言われ、
僕は「独身ですよ・・」と返しました。

しばらくして定例会があり集会所で準備していると、601号のKさんが来ました。KさんはPCを広げる僕の横に座りました。

「なんでパソコン広げてるんですか?」と気さくに話しかけてきました。
「今年は当番で僕が副議長になっているんで・・・」と議事録を見せました。

会議が粛々と進み、僕はその内容を打ち込んでいるとKが覗いてきて
「速いですねぇ~」と言い、「誰でも使っているものですよ」と返しました。

それからもずっと僕のPCを見つめていましたが、彼女は僕に擦り寄り、手は僕の太ももの上に乗せていました。その手がどんどん股間に近づくのを感じ、目を見ると、Kは微笑みながら知らん顔してPCを見ていました。

しばらくするとKの手が完全に僕のアレをスリスリしていました。
無論、硬くなります。

そんなこんなで会議が終わり、僕は管理会社の人と少し打ち合わせをしてデータを渡すと集会所から出ました。扉の向こうでKさんが待っていました。


続きを読む

ナンパした女と飲んでるから来いよと友達に誘われ、そこで佳奈と出会った。
佳奈も女友達に誘われてやって来たみたい。

どう見ても友達がナンパした女よりも佳奈の方がずっと可愛かった。
20歳でちょいロリ系の可愛らしい顔立ち。白い肌でちょいムチの体に、見るからにデカい巨乳。

初めのうちは俺に興味なしっていう態度だったから無理だろうなと思ってた。
だけどそれは人見知りが原因だったようで、飲み始めてしばらくするとイイ感じに。

途中で友達が佳奈を狙い始めてたが、佳奈が友達を気遣ってる様子。
だから必然的に俺と喋るようになり、カラオケではスキンシップもOK状態だった。

途中参加だった俺はそうでも無かったが、3人はかなり酔い始めてた。
カラオケでノリノリになって歌うもんだから余計。
まぁ~そんなこんなで人生初のお持ち帰りに成功した。

ホテルに入ってキスをすると、佳奈は舌を絡ませながら吐息を漏らしまくり。
キスをしながらブリンブリンなEカップのオッパイを揉みまくった。
ただそれだけなのに佳奈はパンツがベッチョリ濡れるほど反応してくれてた。

終わってから聞いたけど、佳奈は今まで1人の男としかセックス経験が無い。
高校時代からの彼氏で、数カ月前に浮気が原因で別れたみたい。
その元カレとは比べ物にならないほど俺の方が気持ち良かったと言ってくれた。


続きを読む

おらがやってる設計事務所に営業のオバハンがやって来た。
事務所、って言ってもおらが所長で事務のアネさんが一人だけw
アネさんは結婚しており、まあそちらとの話しも多少はあるんだが、それはまずおいとく。

営業のオバハンは証券会社の外交だった。
最近は普通のサラリーマンも皆ネット取引するせいか、昔ながらにMMFや投信などを営業で買ってもらえることは少ないようである。

しかし、オバハンである。
話し方と言い、見た目と言い、オバハンである。
話が面白かったし、ちょうど2つ現場の監理が終わって十分金があり、申告まで使う当てもなかったので安全な商品なら話を聞いてあげるか、と思った。

次にくる時までに考えとく、って話で終わり、翌週になって今度は二人できた。
なぜか知らないが、若い子である。
聞いてみるとなるほど、オバハンは営業グループの班長みたいなこともやっており、若い子を同行させることもあるそうだ。
保険会社ほど外交がいるわけではないので、少ないらしいが。

この子がまたボーっとしてる子で、オバハンのマシンガントークのよこでにっこりしてるだけ。
しかしながら場の雰囲気を和ませるような子であった。

そして胸が大きい。
続きを読む

このページのトップヘ