【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

2017年05月

もう数年前のことなので投稿します。

当時、自分(Y)は35歳で、バツイチで一人暮らし。

友人(K)は33歳、その奥さん(E子さん)は専業主婦で、確か30歳だったと思います。

自分は建築の仕事をしていて、友人宅のリフォームを依頼されました。

友人も知り合いである自分に頼めば安くしてくれると思ったのでしょうw

友人の奥さんとは、それまでは会ったら挨拶をする程度であまり話をしたことはありませんでしたし、あまり興味もありませんでした。

リフォームが始まると、当然のことながら毎日のように友人夫婦と顔を合わせるようになりました。

ただし、Kは平日は仕事ですから、昼間はE子さんだけで、小学生の子供は学校に行っています。

それまでは、あまり話したこともなかったのでわかりませんでしたが、E子さんは明るい性格でなんでも喋るようなタイプで、世間話も色々するようになり、

こちらから聞いたわけでもないのに旦那と結婚した経緯やら子供のことやら、そこまで聞いてないのにって事まで色々喋ってきて、

明るくて面白い人だなぁ~っていう印象でした。

E子さんは小柄で、美人って感じじゃないんだけど、そこそこルックスは良くて、身長差のせいもあって、自分と話すと妙に上目遣いが小悪魔的に見えます。

続きを読む

今から8年くらい前の思い出です。

当時、私(B子とします)は28歳、身長168cmの高めでスリムな体型で、自分で言うのも何なんですが結構モテる方でした。

その頃まであまり遊びなどは経験がなく、どちらかと言えばお嬢様のように育てられ、清楚な感じです。

当時のそんな私には婚約者がいました。

彼の事は好きでしたし、結婚する事に特に違和感があったわけでもないのですが・・・。

「このまま彼と結婚して良いのかな?」「何か違う刺激を経験してみたい」と思うようになっていきました。

インターネットのあるサイトで知り合った男性と話が合い、メールを何度かやり取りして、私は自分の気持ちや結婚事などを話していました。

「セックスはあまり経験がないので、恥ずかしいけど結婚までに思いっきり乱れてみたい」などと、私は大胆な事を話していました。

メールの相手の彼は大阪に住んでいる方で、40歳のバツイチの方でした。

大阪の方と(Aさんとします)お会いする約束になり、事前に携帯番号を交換しました。

知らない人と番号を交換するのは、私としては冒険です。

まして、お互いの顔も知らずに一泊の予定で大阪まで行くのですから・・・。

続きを読む

6年間のW不倫でゴムを使うことなくすべてを受け入れてくれた人妻道代。

思い出すと股間が熱く素直に反応する。

子供の運動クラブの親同士の飲み会で、たまたま隣に座った美人奥さん道代から、旦那の収入減が原因で家の中が殺伐とし、

当然レスの状態になり離婚を切り出したが旦那が首を縦に振らないと相談された。

会社の同僚に全く同じような人間がいたので後日連絡することにした。

翌月道代に同僚の話をしようと連絡したが、暗く悲惨な結果なので飲みに誘うと子供が二人いる人妻道代は結婚を後悔し、

旦那とは学生時代からの付き合いで惰性のような感じで結婚したようだった。

いつものように仕事に戻ると出張先で携帯が鳴った。

無言電話だったが道代からと感じ、折り返し電話すると声を聞きたかったとのことで、月末の出張帰りに食事することにした。

待ち合わせし食事を楽しみ、旦那のことなど忘れるような話題の会話でレスの解消など、きわどい会話の次は当然決まっていた。

ラブホに誘うと俯きながらもついてきた。

熟し崩れていない裸体を愛撫し道代の反応を楽しみ、クニリングスではシ-ツを握り少し艶声を出し始めた。

続きを読む

私はあるチェーン店で店長をしています。32歳ですが独身です。

この店には半年前に着任しました。

総勢で12人のスタッフがいて、みんなよく働いてくれて助かっています。

その中の1名のパートさんのことで若干むかついていました。

何度言っても改善がなく、正直やめてもらおうと思っていたくらいです。

ほかのスタッフに聞くと、ある本社スタッフからの紹介で入社したらしく、簡単に切れないそうで唯一の難点なのです。

その方は真奈美さんといいます。

37歳で夫と子供3人の5人家族だそうでう。

夫の収入がやや少なく、生活するうえで仕事をやめれないそうです。

とはいっても私も困っています。

それは、お客様のクレームが多いこと。

些細なことなのですが、わずか半年で真奈美さんのクレームですでに4回もお客さんの自宅に足を運んでいます。

ほかのスタッフもクレームがないわけではありませんが、自宅まで行って対応するほどのことはありません。

そして、2週間前のこと。

5回目のクレームです。

続きを読む

4歳年上の夫は、まだ20歳の私を自慢したいのか、仲の良い同僚の佐藤さんと今井さんをよく家に連れてきて飲み会をします。

私も皆さんと一緒に飲んだりするのですが・・・。

「お前、こんなに若くてて可愛い嫁さんもらうなんて羨まし過ぎるぞ!」

「美沙ちゃん、こいつと別れたらオレのところに来いよ」

なんて言われて悪い気はしません。

その日も、いつもの感じで遅くまでみんなで飲んでました。

最近、夫は仕事がハードなのか帰ってくるとすぐに寝てしまうことが多く、この日も少し飲んだところですぐに寝てしまいました。

飲み会を始めてすぐだったので、ここで2人を返すのも申し訳なくて、しばらく一緒に付き合うことにしました。

2人は仕事の話をしても私に悪いと思ったのか、夫との新婚生活や、これまでのこととかを話題にすることにしたようです。

最近のあった事や新婚生活の感想を話をしているうちに、あまりお酒に慣れていない私は酔ってきてしまいました。

そのせいで話が少し際どい方向に進んでいっちゃったんです。

「美紗ちゃんって若いよねえ~。そんなに早く結婚しちゃって勿体無いとか思ったことない?」

続きを読む

このページのトップヘ