【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

2017年11月

先日、サイトを通じて衝撃的な出会いをしました。

出会いの相手はギャル系の可愛い若奥さんです。

タレントのなんとか翼という子に似ています。

そのギャル妻との出会いの何が衝撃的だったのかというと、

彼女が18歳の幼な妻だということです。

彼女には、4つ年上の旦那と8ヶ月になる子供がいるそうです。

釣りだろうとか言われそうですが、彼女は本当に18歳でした!

彼女の高校在学中に妊娠が発覚したため学校は中退したそうですが、

そうでなければ今頃は3年生だったはずということです。

サイトのプロフィールでは22歳になっていました。

初めて会った時、年齢よりも幼く見えるなぁ、とは思っていましたが、

それでも、いきなりこの事実を告白された時は全く信じられませんでした。

何しろ18歳の人妻など存在するはずがない、都市伝説だろ?くらいに思っていましたから。

しかし、彼女の運転免許証を確認したら、確かに18歳。

正直なところ、今でもアンビリーバボーな感じですが、

正真正銘18歳の人妻がここにいるのです

人妻マニアの僕にとって、この出会いはまさに人生最高の神からの贈り物でした。

誰かに自慢したいけれど、それができないのでここに書き込ませていただきました。

使い込まれた熟マンで遊ぶのも良いですが、

やはり、若妻の新鮮マンコを自分の色に染めたい、というのが男の夢ではないでしょうか。

過去に若妻と遊んだ経験はありましたが、最年少記録を5歳も更新しました。

いかに人妻ファン多しといえども、これ以上の記録を打ち立てた人は存在しないのではないでしょうか。

そう考えると、嬉しさがこみ上げてきます。

続きを読む

昨日、人妻デリヘルでコンパニオンの○実に中出ししてやりました。

路上待ち合わせで某駅前ロータリで待ち合わせ。

人妻デリに期待してなかったけど、逢うと、それはそれは美人さんでスタイルも良く、チンポはカチカチに。

俺の車に乗せ、5分ほどでホテルへIN。

部屋に入ると彼女は事務所への連絡やシャワーの準備をしていたが、その後ろ姿がたまらず襲いかかる。

ブラウスを剥ぎ取り、タイトの中に手をいれアソコをパンスト上から摩る。

最初は、

『あ、ダメ。恥ずかしい。シャワーしてから』

とか言ってたが、だんだん感じてきて喘ぎだした。

ストッキングを一揆に引き裂くと、彼女はビックリした様子で、さらに興奮。

その後もビリビリにストッキングを引き裂いてレイプされた感じにしてやりました。

するとパンティの真ん中に大きなシミができていて、ズボンとパンツを脱ぎカチカチの男根を丸出しに。

彼女のパンティを下ろし、アソコを指でさわると愛液タップリで指2本でアソコを攻める。

そして挿入体制にもっていくと、彼女は

『あ、待って。え?入れるの?ダメ。本番はダメなの。』

と言うので、

『チンコをアソコに擦るだけだよ』

と言って生チンでアソコを上下に擦り彼女の頭をむけさせ

『ほら、見えるかい?俺の生チンでアンタのアソコを擦っちゃってるよ。ああ、気持ちいいよ。入れたくなっちゃうぜ』

と言い、彼女がその状況を見つめている目の前で一揆に生挿入しちゃった。

続きを読む

妻が自分の知らないところで、、、「おかわり」されていました。

妻にはその事実を秘密にされ、俺の友人へ先に打ち明けるという屈辱。

今回は友人経由で明らかになった

その隠し事を白状させた時の話です。

・・・

確かに、過去に会社絡みのホームパーティーと言って

家を空けた日のことを思い出しました。

そのホームパーティーの開催地が営業部長の家というのは初耳だったし

それを最初から俺に隠す時点で確信犯的だ。

相手は妻と過去

身体の関係があり、

妻子持ちだった、

2人には仕事以外で関わるなと

あれほど強く言っておいたのに、

しっかり話し合い、果帆には反省して貰わなければならない。

しかし根こそぎ話して貰う為に、大前提として伝えた事。

「俺は果帆と結婚出来て良かったと思ってる

俺の知らない所でお前が浮気した事を知っても、

結婚した事を後悔していないし、むしろ果帆と付き合う醍醐味と思ってる。

続きを読む

某SNSで、人妻をメル友からセフレにすることにハマっている。

おれが人妻好きで、自然とそうなっちゃうわけだが。

人妻好きと言っても、誰でも良いわけではなくて、おれの中で優先されるのは「旦那さんLOVE」な人妻だ。

「旦那のことが好きでたまらない。」

「愛している。」

…などという女に魅力を感じてしまうんだ。

だから女性のプロフィール欄に、「結婚しているので男性からのメールはお断りします」のような書込みを見付けると、ワクワクしながらメールを打ってしまう。

もちろん、ほとんど返事は来ないけどな。

だって、初っ端のメールで、オレの人妻好きをカミングアウトしちまうから(^^;;

そらシカトされるって話よ。

だがな、10人中…いや、20人中に1人くらいは返事をくれるんだよ。

同時添付して送った奇跡の写メの効果かもしれんがな。

返事をくれる人妻の傾向としては、真面目で押しに弱いタイプが多い。もちろん例外はあるし、個人的感想だから反論は無しで頼むな。

まぁ、メールを貰ってからが勝負だ。

自分の性癖を晒しているので簡単にエロ話はできるが、がっつくのはNG

“人妻は好きだけど、あなたがオレの好みとは限らないから安心して”…くらいのスタンスで、相手の事を根掘り葉堀り聞くのがオレの必勝パターンだ。

いきなり「会いたい」とか「エッチさせて」などと言うのは愚の骨頂。

まずは人妻の秘密を聞き出す事に専念する。

でも、そればっかりじゃダメだぞ。時には自分の事や時事ネタを絡めつつ、ごく自然に相手の事を聞き出すんだ。

おれの定番の質問はこんな感じだ

・浮気したことある?
・今までの男性経験は何人?
・初めてのエッチのこと憶えてる?
・最近エッチしたのいつ?
・変わった場所でエッチしたことある?どこでした?
・道具を使ったことある?
・旦那さんとのエッチに満足してる?

これだけ聞けたら、もしも放流されて会えなくても、写メと想像だけでズリネタになる。

旦那さんでも知らない秘密を共有できたら、今度は旦那さんのことを聞き出していく。

ここで女が、旦那をステキな人だと言えば、一緒になって褒める。スゴいねぇ、とか、ステキなのは奥さんだけじゃないんだね、とかだ。

旦那へのグチが出たら、同調して女をフォローする。大変だね、とか、我慢して偉いね、とかだ。

どちらのルートでも、女を褒める言葉はちょこちょこ挟んでいく。

最終的に、「すてきな奥さんと結婚できた旦那さんが羨ましい」につなげたいだけ。

ここまで来れたらもう一息。

少なくとも一週間くらいはメールするかなぁ。

相手が専業主婦ならヒマだからメールでの進展も早いけど、仕事してるとどうしても滞りがちだ。諦めずメールをやり取りする根気が要るぞ。

旦那さんが羨ましいなぁ…となって始めて、「奥さんのことが気になってきた」ということを匂わせる。

これまでは、“エロ話はするけど、別にあなたとエロいことをしたいわけじゃないよ~”という受身寄りなポジションだったのを

ここからは“あなたに魅力を感じてしまったから、狙っちゃおうかな?”という攻めに転じるわけだ。

メールの例を挙げると、

“こんにちは!ゆうべは旦那さんとエッチした?”

“そうなんだ…なんだかジェラシーを感じちゃうなー。奥さんのようなステキな女性を抱ける旦那さんが羨ましくてたまらないよ”

“いつかオレも奥さんを抱きたいなぁ…なんちゃって(^^;;”

という感じだ。

最後のメールにどのような返事が返ってくるかで、次の作戦を立てる。

・断りのメールの場合

“だーめ。わたしは旦那さんだけのものなの!”

という主旨の返事だったら、またしばらくは世間話やグチから女を褒めることを繰り返し、エロ話から誘うというサイクルに戻る。

・まんざらではないようなメールだった場合

“いいよ~、そのうちね!”とか、“そんな風に言ってもらえて嬉しいよ”といった内容だったら、それを大げさに捉えて喜んだ文面のメールを送る

例えば、

“うっそー!?マジで!?予想外のリアクションで驚いたよ!めっちゃ嬉しい!!あー、ホントにそうなったら幸せなんだけどなぁ”

という感じだ。

こちらが喜ぶと、女としては「さっきのは冗談だよ」とは言いにくくなる。

それでも、冗談ですまそうとしてきたら、明らかな落胆を表して、同情を誘うというテクもある。

そうして、相手に「言っちゃったから仕方ない」と思わせたら、あとは会うだけ。

いきなりエッチに持ち込むのは、オレくらいの上級者じゃなきゃまず失敗する。何せ旦那LOVEの人妻なのだ。

まずはカフェで話ができたらラッキーくらいに思っておけばいい。

どこに行くかは相手の好みに合わせて決める。

このときのポイントは、人妻に、「いつなら会える?」と聞くことだ。

これを聞けば確実に会える日を答えてくれるし、自分が決めた日だという意識が生じるのでドタキャンされにくい。

相手は人妻なのだから、こっちが有給を取ってでも向こうの都合に合わせるべきなのだ。

おれはこうやって旦那LOVEの人妻と会い、会ったからには口説く。

テクニックがたくさんあるのだが全部書くのは大変なので要望があれば投稿する。

その時に具体的なシチュエーションを明記してもらえたらアドバイスもしやすいな。

私には妻のエッチな姿を写真に収める趣味があります。

初めは妻も嫌がっていたんですが、いつの間にか妻もレンズを向けられる悦びを知った様で、今ではお互い楽しんでいます。

普段着のパンチラや脱衣場で着替える姿とジャンルは色々で、今では青姦や露出画像も豊富です。

特に公園や山・海と言った所で、道具を付けた姿を写真に収め、後で確認するとバックに人が・・・

そんな写真は特に興奮しますね。

写真を集めて1年も過ぎると、他人に見せてみたいと言う心境になるんです。

もちろん妻は、”絶対他の人に見せないでね”と言う事が条件でしたから、言えません。

日々写真を収めながら”見せたい”と言う願望が強くなっていました。

ある日、ネット上に公開された写真画像に目が釘付けになりました。

私達と同じ様な趣味を持った人が、妻の裸体を公開し多くの男性達がコメントを載せていたんです。

異常な興奮が湧き上がると同時に、普段から我慢していた願望が爆発する瞬間でもありました。

気づいた時にはマウスを握り、数枚の写真を公開していたんです。

数時間が過ぎた頃には、多くの男性達が卑猥なコメントを載せて来るんです。

(素敵・色っぽい・もっと見たい・3Pしませんか?)

妻が多くの男性の目に曝け出され、中にはオカズにしている人も・・・・そう思うとこれまで感じた事の

無い興奮が湧き上がっていました。

続きを読む

このページのトップヘ