【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

2018年06月

酒を飲むと下ネタ大好きになる
酒癖の悪い兄嫁と二人っきりで
自宅で飲んでいました

その日も酔ってくると
兄嫁と俺は下ネタ合戦になり

「お義姉さん、女盛りなのに
兄が単身赴任で寂しくないですか?」

と俺が問うと

「康司(俺の)さんこそ
今彼女と喧嘩中でしょう?
アッチの処理はどうしてるのかな?」

と屈託なく笑って返答してくる

そして、兄嫁と

「彼女とはどんなHをするの?」

とか

「兄貴はH上手なの?」

なんて突っ込んだエロ話に
展開していき

とうとう怪しい雰囲気になり
酔った雰囲気で一度だけならと

それにという二人だけの
秘密にすれば分からないし

兄嫁も自分に言い聞かせるように

「他の男と不倫するわけじゃないから
義弟とHしても
武(兄)も許してくれるわよね」

という事になり俺の部屋で
一度だけ兄嫁とHをする事になった

8歳上の熟女な肉体の兄嫁は
性の対象としては申し分ない女性

パンツを脱いでもいないし
触れられたわけでもないのに

既に亀頭からチンポ汁が
出ているのが分かる

兄嫁は、

「彼女は康司にさんしてくれる?」

と言うと俺の返事も聞かずに
いきなり俺のペニスを咥えて
頭を上下しディープスロートしてくる

続きを読む

ママと僕は田舎の
雑木林に囲まれた古い一軒家に
引っ越しました

近くに電車が
走っていますが
ちょっと小道の中へ入っているので
普段はとても静かで良いところなんです

ママが離婚したのは5年前で
それから母子家庭でママと
二人っきりで生活しています

ママは46歳で
翻訳家で家で仕事をしているので
運動不足にならないようにと

時間が空くとウォーキングで
汗を流し、エクササイズしているんです

息子の僕が言うのもなんですが
ママは形の良いオッパイと
色白のむっちりした豊満な
体つきがたまりません

実は、僕とママは
父がいなくなってしばらくして
自然な流れで母子相姦したんです

一度、母子相姦してしまうと
歯止めがきかなくなり

毎日のように
ママとHするようになりました

控えめにしていたママも
つい大きなヨガリ声を出すようになり

ご近所さんに怪しく思われる前に
マンションを出たほうが
いいというので
思いっきり母子相姦出来るように
田舎に引越ししたんです

最初のきっかけは
ママのシミ付きパンティを盗んで
自分の部屋で匂いをかぎながら
オナニーをしていたところを

偶然、ママに見られてしまったんです

その時、ママが、

「ママがしてあげる
そのかわり、勉強もちゃんとするのよ
いい?」

といい、僕が

「うん」

と頷いて、それからママが
オナニーの手伝いを
してくれるようになりました

ママの洗濯前の
汚れたパンティは最高で

黄色いしみのクロッチの
匂いをかぐとちんぽが
ビンビンに勃起してきます

毎日、ママの汚れたパンティを
鼻に押し当てながら
ママに指コキしていもらいました

ある日、ママに
指コキしてもらっていて
僕がいい気持ちになっていると

ママがすごく色っぽい顔で

「ああ」

と小さな声を出しました

見るとうつむいている
ママのワンピースの胸元から
ノーブラのオッパイが丸見え

風呂上がりの石鹸の香り

色白のすべすべした肌

見ただけで僕はたまらなくなり

「ママにもしてあげるよ」

といってママの
スカートに手を伸ばしました

続きを読む

同窓会で不倫したエロバナを良く耳にしますが
自分も同窓会で人妻になった同級生と
肉体関係を持ってしまったんです

中学時代の同窓会があり
同級生で人妻になった
優樹菜と再会しました

優樹菜は背が低く
なんだか昔より痩せた感じがっした

密かに人妻になった
優樹菜を見てたら

「久しぶりだね!」

と話しかけて来た

久々に色々話し込んでる間に
同窓会も一次会が終わり

二次会でカラオケしてる頃には
お互い酔ってて
腕を組んで歩いていた

皆からは

「人妻なんだから手を出すなよ」

とからかわれてた

そのまま腕を組んで歩いて帰り
適当にタクシー拾って帰そうとしたら

「まだ時間あるでしょ?」

と帰りたくないアピールをしてくる優樹菜

冗談で

「ホテル行くか?」

と誘ったら

「しばらく行ってないから行ってみたい」

とあっさりOK

ホテルで座って会話

そのまま成り行きで
抱き寄せたら抵抗なく
寄り掛かって来た

キスして服を脱がして
おっぱいを触ると
意外に巨乳でびっくりした

「出産してから
サイズおっきくなった」

って言ってた

乳首を舐め回し
スカートの中を触ると

「ウンアハッ」

と吐息を漏らすと
ゆっくり股間を触って来た

続きを読む

友人の奥さんを強引に
犯して寝取る計画をたてたんです

ずっと友人の奥さんとSEXしたくて
どんなやり方でHしようかと
考えた結果

結局Kさん(友人)の家に
平日にあがり込みました

Kさんと長い付き合いの中で
何度か家にお邪魔した事もあるし
泊めてもらった事も
お互い同じ回数ぐらいありました

有給休暇をとりケーキを持参して
Kさんの家に突撃!

平日なので当然Kさんは仕事に
行っているのでいません

Kさんの嫁さんは私の顔を見て
ちょっとビックリしたようでしたが
家の中に入れてくれた

Kさんの嫁さんは「仁美」と言い
私の嫁より4才も若い
今年34才の専業主婦

見た目は芸能人にいそうな
ぽっちゃりとした美熟女なんです

ラッキーな事に
今日の友人の奥さんの服装はダブついた
トレーナーにピッチリした
お尻のラインがはっきり解るジャージのズボン

頭の中は

脱がせやすいぞ!

と笑っていた

当たり障りのない話題で
何とか話をしていたが

私の飲み干したコーヒーを
注ぎ足すためキッチンに行った時

後ろから抱きつき

「好きなんだ!我慢できないんだ!」

と告白しながら
こちらを向かせ無理やりキスをして
レイプを実行してしまった

小さな抵抗はあったものの
簡単にキスが出来

そのまま舌で口をこじ開けると
お互いの舌を絡め唾液交換キス

これはいけると
友人の奥さんのおっぱいを揉みまわした

なんとトレーナーの下は
キャミソールは着ていたが
ブラジャーは付けてなく

私は噛り付くように
友人の奥さんのエロい乳首を
舐めまくってやりました

無理やりにでもレイプするはずでしたが
抵抗など全然なく
逆に仁美が私の頭を優しく
押さえながら喘ぎ声をあげていた

続きを読む

官能小説みたいな
昼下がりの情事を体験したんです

営業の外回りの途中で
オシッコにいきたくなり
近くの公園に行きました

すると木陰のベンチに
若い母子が座っていた

母親は俯き加減で
今にも泣きそうな感じだったので
ナンパって訳じゃないが
興味本位で声を掛けてみた

母親は30歳で智恵

女の子は2歳だと言う

昼食がまだらしかったので
誘うと行くと言う

近くのファミレスで食事しながら
気になった事を聞くと
旦那さんの浮気が発覚し

問いただすと謝るどころか
オマエに魅力が無い体と
開き直ったので

頭にきて家出してきたが
どうして良いのか
途方にくれていたそうです

何と家出中の子連れのママでした!

子供が眠そうだったので
ホテルに行かないかと誘うと

私もシャワー浴びたいとのことで
公園裏手のラブホテルに行った

部屋に入ると子供を
ベッドに寝かせ

俺と家出ママはソファーに座って
会話を楽しんでいた

ふと目が合い見つめていると
目を閉じたのでキスをした

二人でシャワーを浴び体を洗い合い
丁寧に優しく舐めてフェラで
抜いてゴックンしてくれた

再びソファーに行き
若妻を座らせ激しくキス

首から胸、そして股間に行く

M字開脚で座らせて
オマンコを見ると大洪水

婬汁を啜りクリを激しく音を立てて
吸って舐めあげると

「ああぁイク、イク、イッちゃう」

とガクガク体を震わせて昇天

そのまま舐めながら
中指と薬指を刺し込み、
Gスポットを刺激すると

「ダメダメああぁ」

と潮吹きして二回目の
昇天ガチイキ

家出若妻にバスローブを掛けて
膝枕で寝かせやった

暫くすると気が付いたので
頭を撫でてあげると

甘えるように
目の前にあるチンコを
ペロペロ舐めてフェラチオしてくれる

続きを読む

このページのトップヘ