【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

2018年07月

新婚間もない20代の頃

夫は一週間の出張だったので
久しぶりに学生時代の友達と会って
飲んで帰ってきたんです

そして、帰りの満員電車で
痴漢されてたんです

うんざりしながらも
軽くお尻を撫でるぐらいの軽い痴漢だったので
我慢してようやく駅につきました

ようやく痴漢から開放されたとほっとしながら
駅からの家まで歩いて帰っていたら
突然、背後から変質者に襲われたんです

夜道で変質者に
胸を揉まれて恐くて声が出ませんでした

そしてあっという間にあ
服の中にも手が入ってきて

直接、乳首もいじられスカートの中にも
手が入ってきて、荒々しくストッキングを破られ
オマンコを触られた瞬間

「あれ?もう濡れてるぢゃんか」

と言われたのをはっきり覚えてます

その時に濡れたんではなく
電車で痴漢された時に濡れていたんだと思います

そして私は押し倒されて
レイプされそうになった時
やっと大声を出せて
何とか逃げることが出来ました

自宅に帰ってからもレイプされそうになった
恐怖で身体が震えているんです

本当に怖くて
夫に電話をしようと思いましたが・・・

レイプされそうになったって
夫に言うのに抵抗があって
もし夫に嫌われたらどうしよう?

っと思って私はその晩震えながら
誰にも相談せずに寝てしまいました

そして数日後には夫も出張から
自宅に帰ってくると
私も徐々にレイプされそうになった日の恐怖も忘れ
日常生活に戻りました

それから半年が経ちました

私は完全に吹っ切れて
元々M女な私は
痴漢や変質者のことですら思い出して
一人で触ってしまう事もありました

あの日、抵抗しなくて
強姦されていたらどんな快感を体験出来ていたのだろうと
卑猥な妄想をするようになりました

続きを読む

最低最悪の花嫁と結婚してしまった

結婚式は無事に終わったが
二次会で事件がおきた

酒癖が悪い新婚嫁が
二次会で泥酔して
上半身ブラだけで
ストリップダンサーのように
歩き回り

俺はとりあえず嫁を
なだめて服着せて落ち着かせて

俺も会社の連中と話し込んでたら
いつの間にか嫁の姿が居なくなって
そのまま2次会終了

嫁に電話しても携帯つながらず
その日は結婚式したホテルに
泊まる事になってたから

部屋に戻ってみると
嫁の会社の男3、4人と嫁
嫁の親友の女1人が
寝取られ乱交してやがったよ

かなり酔っ払ってたみたいだが
体は勿論、口の周りやらは精子だらけで
陵辱されていた

膣内からも精子がドロドロ流れてて
俺の新婚嫁が中出しされてる

もち修羅場になり
結婚前から籍入れてたけど
籍入れて1週間で離婚

新婚旅行もキャンセル。
結婚祝いも全部返したよ

翌日、酔いが覚めた所で話を聞いた

続きを読む

性欲のピークで
最強にエロガキだったのは俺が中3の時

当時、穴があれば
チクワにでもチンコを
入れてみたいエロいガキな
お年頃だった

中学生の性欲とは恐ろしいもので
冬にインフルエンザで
40℃くらいの熱が出たんだが
性欲だけはあるんだよ

俺は母に病院に連れて行かれて
インフルエンザで
帰るときも一人で歩けなくて
母に肩を借りるというか
抱きつくような状態になった

それで母に部屋まで
連れて行って貰って
ベッドに座らされたんだけど

性的好奇心旺盛な俺は
熱にうなされて朦朧となりながらも

今ならどさくさ紛れに
お母さんのオッパイ触っても
怒られないんじゃね?

なんてエロい事を思いついてしまう

その時は別に
母親と近親相姦したい!
とか考えている訳でもなく

ただ一度オッパイ
というものを
揉んでみたいだけだった

続きを読む

私は30歳の働く主婦でして
以前は病院に勤めナースをしていたんですが
結婚してからはツアーナースをしています

ツアーナースってみなさんご存知ですか?

パック旅行旅行などに
同行する看護師の事を
ツアーナースと言うんです

立場的には添乗員サンや
ガイドさん達とはまた別なのですが
それでもツアーのお客様方から見れば
同じスタッフです

そして先日に同行した2泊3日のツアーで
最低最悪のセクハラ痴漢をされたんです

1泊目の夕食時の宴会から流れて
個室で寛いでいた処に添乗員サン(30代の女性)から
電話がありました

私の立場上連絡がある時は
やはり事故や病気に関わる件が
ありますので緊張して電話を採ると

「良かったらちょっと女同士で
私の部屋でお話して寛がない?」

とのお誘いでした

きっと添乗員サンも
私以上に緊張やストレスが堪っているのでしょう

安堵感から来る嬉しさに私は快く
案内された彼女の部屋を訪ねました

ところが

部屋を訪ねてみると、
そこには彼女の他に浴衣姿で
ツアー客の男性が4人いるんです

そこは宴会の後の
二次会場宛らで

「待ってましたぁ!」

と拍手で迎えられるままに
私はやや強引な形で
席に着かされてしまいました

続きを読む

エロアニメみたいに
俺は家族ハーレムを築きました

俺はお母さんと妹
そして叔母と近親相姦しています

最近、叔母を種付けして
妊娠させた事がわかったんです

と言っても叔母は
ピルを常用してます

先日、市販されてる妊娠検査薬みたいなもので
1回だけ陽性反応が出たのみですが

まだ妊娠確定ではありませんが
叔母を孕ませたかも?と
心配なってます

そんな非常事態ですが
何故俺が王様のように
家族ハーレムを気づきあげたか投稿します

親が結婚したのは
父(19)・母(16)の時でした

いわゆる出来ちゃった婚で
その後、俺→妹と生まれました

しかし、父は妹が1歳の時に
工事現場で落下したのが原因(くもまっか出血)で他界

それからは母の実家で

『母の両親・叔母・母・俺・妹』で暮らし始めましたが
6人で住むのには手狭になってきたので
妹が小学校入学と同時に
実家の近くの公営住宅に
母・俺・妹は引越しました

これにあわせて母は
看護婦になり病院(病棟)で働き始めました

母は看護婦という仕事柄
日勤・準夜勤・夜勤の体系で働いてるので
家に居るのも不規則

準夜勤の時は、俺と妹で留守番でしたが
夜勤の時は主に叔母が泊まりで面倒を見てくれました

俺の童貞喪失は中一の時でした

母は準夜勤でした

普段だと2時頃に帰宅します

その日は土曜日でした

妹を寝かしつけると
土曜日夜恒例の時間を忘れて
テレビゲームに熱中してました

母・叔母が居る時は当然出来ませんでしたが

そこに母が帰宅しました

いつもより早かったのを覚えてます

ゲームをしてる俺を見ると母は決まって
『早く寝なさい』と言うのが
恒例でした

しかしその日は違った

家に入るなり、今日は早かったね?
妹は何時に寝たの?
今日は郵便とか電話来た?など
いつも通りの会話をしてました

一通りの話を終えるた俺は
母を背にゲームを再開しました

すると

母が

「お風呂沸いてないよね?」

聞いてきました

「うん、まだだよ」

「○(俺)は入ったの?」

「ううん(首を横に振る)」

「○○(妹)一人で入れたの?」

続きを読む

このページのトップヘ