【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

2019年05月

私は37歳になり、主人は5歳年上の42歳。

そして15歳の息子がいる三人家族です。

主人はエンジニアリング会社に勤めるサラリーマンで、月のうち半分は出張しておりますが、寂しいと思ったことはありません。

それは、もともと私は淡白な性格でセックスがそれほど好きではなかったのと、主人と性格が合わなかったからだと思います。

ところが半年ほど前、私は息子と間違いを犯してしまったのです。

私は少しも知らなかったのですが、以前から息子は私のパンティーを使って手淫をしていたそうです。

そのときは、私はテレビを見ながらうたた寝をしていました。

息子は私の寝姿が扇情的だったからだと言いますが、私は太ももまで露出しており、横になって寝ていた私を仰向けにするだけで股の奥まで見通せたそうです。

息子は寝ている私に夜這いをしかけ、パンティーを挟みで切り裂き、性器の匂いを嗅いだり、いじくり回したりしたそうですが、私は少しも気がつきませんでした。

私が気がついたのは息子が挿入しようとしていたときで、膣にペニスをあてがっていました。

「たかし、やめて!だめよ!よして!」

私は精一杯抗いましたが息子の力には敵いません。

「母さん、いいだろう。一回だけだよ。お願いだから」

息子は興奮して声がかすれていました。

「だめよ。ゆるして、お願い、たかし」

私と息子はそんなことを言い合いながら数瞬揉み合いましたがとうとう挿入を果たされ近親相姦しまいました。

「母さん、ごめん」

私は挿入されたとわかった途端に抵抗する力が急速に失せてしまいました。

私の性器は溢れ出る愛液でぬるぬるになっており、息子の固く逞しいペニスが膣内を占領していたからです。

息子は思いつく限りの言葉で快感を訴え続け、ほどなく射精してしまいました。

私も物凄くいい気持ちで、うわ言のように快感を訴えたそうですが、よく覚えてはいません。

私は主人と結婚して16年になりますが、こんなにSEXが気持ちよかったのは初めてでした。

息子は一回きりというはずが、そのときだけで六回も射精しました。

続きを読む

昔、引きこもり気味だった俺に、親が「大学受かったら車買ってやる」と言ってくれて、
頑張って予備校かよって勉強した結果、引きこもりも治って車持ちの大学生になれた。
たまたま流行ってたパジェロミニを買ってもらった事もあって、林道を走り回ることにハマっていた。

舗装もしていない山道を、ただ走り回るだけだったがとても楽しく、ダムや廃村なんかで写真を撮ったり、鉱泉でお湯につかったりして楽しんでいた。

たまに友人も連れて行ったが、基本的にいつも一人だった。

その日もいつものように学校のない平日を、林道で楽しんでいた。

車がギリすれ違えるかどうかの、細い未舗装の道を走っていると、遠くに2人組のハイカーが歩いているのが見えた。

この林道は、登山口にもつながる林道なので、ちょくちょく見かけるのだが、二人のうちの一人が足を引きずっているように見えた。
片方の荷物を、小柄な方の一人が全部もっていて、見るからに大変そうだった。

近づいていくと、二人揃ってこちらを振り返る。
男性と女性の組み合わせで、結構年上に見えた。と言っても、俺が19の時の話だ。

目が会った事もあるが、女性がいると言う事もあって、車を止めて声をかけた。

すると、男性の方がにこやかに、足をくじいてしまった事と、出来れば車に乗せて欲しいと言う事をお願いして来た。

女性の方も、丁寧にお願いをして来たので、イイですよと即答した。

そのカップルは夫婦で、後からわかった事だけど、旦那さんのヒロシさんが35歳、奥さんの由紀子さんが33歳だった。

旦那さんは温厚そうなメガネをかけたフツメンで、奥さんは年よりも若く見える童顔なそこそこ綺麗な人だった。

ただ、若い世間知らずの童貞だった俺から見て、そこそこ綺麗だったという話で、あれからそれなりに社会経験を積んだ今考えると、
ほぼノーメイクの33歳と言う事で考えれば、由紀子さんはかなりの美人だったという事がわかった。

とりあえず、この車に母親以外の女性を始めて乗せたこともあって、舞い上がっていた。
助手席のヒロシさんと会話をしながらも、バックミラーが気になって仕方なかった。

二人は、登山口手前の鉱泉に行く途中で、泊まっている旅館の人に、林道口まで送ってもらって歩き出したそうだ。

もう少しで鉱泉というところで、ヒロシさんが足を踏み外してくじいてしまって、困っていたそうだ。

歩いて戻るよりは、鉱泉に行った方が手立てがあると思って歩いていたそうで、俺が通りかかったことは本当に奇跡だと思ったそうだ。

確かに、ど平日の昼間にここを走る車はほとんどないだろうと思った。

そして、俺も鉱泉が目的で、その後の予定も決めていなかったこともあり、一緒に鉱泉に行って、旅館まで送ってあげる話になった。

林道口まで乗せてくれれば、宿の人に迎えに来てもらうと言っていたが、帰る方向だったので、気にしないで下さいと言ってそうなった。

続きを読む

向かいのデスクには、パートの主婦の巨乳熟女がいる。

年齢は41歳で、柔らかいマシュマロ巨乳を持つ吉野さん。

この巨乳四十路熟女の吉野さんを、飲み会の時に犯してしまってから、僕の中ではどんどん欲望が募ってきてました。

酔ってたことや外出ししたこと、仲が良くなっていたこともあり許してもらえました。

というか巨乳の人妻が笑顔で話しかけるから、勘違いしてしまうんです。

先日、5時に吉野さんが退社し、6時に僕が退社し駐車場に向かうとバッタリ遭遇。

車を置いて近くで買い物をしていたらしい。

「吉野さん、何か運命的な出会いを感じますね」

「なにそれ?」

「ちょっとだけ僕の車乗りませんか?見せたいものがあるんです、なにもしませんから」

「絶対変な事するでしょ?もー、乗るだけだからね」

ドアを閉めたら目を見つめ続け、唇を近づけていくと

「ちょっと何もしないんでしょ」

「まだなにもしてません」

手のひらで実際には触らず、空気を揉むように仕草をしたり、乳首をツンてやる仕草をしたりしてると、触ってないのに

「あっやだっ、ちょっ、あっ」

と敏感な奥さんはビクビク反応してます。

絶対濡れてると思い

「何もしない予定だったんだけど、もし吉野さんがアソコを濡らしていたらどうする?

もし濡らしていたら吉野さんが誘ってるってことだから何かしないとね、確認させて」

「いやっ」

「なんで?濡れてるから?」

「違う、今日はダメなの」

「なにが?」

「・・・」

「僕ね、これを見せたかったんだ、コンドーム、これがあれば問題ないでしょ?」

ちょっと吉野さんの顔が緩み

「このままいったら本気で好きになっちゃいそうで怖かったから。ダメって言っちゃったの」

ってなんて可愛い主婦だと思いました。

本気にさせたいけど、家族がいるし、僕も本気になっちゃいけないなと気づきました。

それで

「凄いこと思いついちゃった、嘘で好きになればいいじゃん、ねっ?そうでしょっ?」

戸惑いながらも頷いた。

続きを読む

主人たちに子供を預けて月一のママ友とお出かけしました。

朝まで主人の許可をもらってるのでお目当ては若い男性です。

35歳の主婦の密かな楽しみで深夜0時まで相手が見つかれば朝まで楽しみます。

その日はママ友が狙ってたコンビニに行き バイト終わりが22時と言うので待ちました。

そして友達を連れて来たコンビニのバイトの大学生は21歳でした。

食事を済ませ4人でホテルヘ入りソファとベッドに別れて

まずはフェラをします。

そして私たちはいつも服を脱いで69をします。

一夜限りの若者なので洗ってないあそこを彼らの顔に擦り付けます。

欲しくなると私たちが勝手に彼らにのっかり腰を振ります。

「もっと腰を使ってよ」と言いたい放題で楽しみます。

そして一回目はお口に出させ飲み干します。

若い子の濃厚な精子に興奮します。

そしておちんちんを綺麗にタマまで舐めて綺麗にし

私たちが移動して相手を変えます。

また69をし舐めて大きくします。

若い子を選んでるので簡単に勃起してくれます。

挿入してもらい2本目のおちんちんを味わいます。

そしてバックで頑張ってもらいます。

続きを読む

私の妻と学生時代に出会った。

恵美子という名前だ。

妻は当時から巨乳で、今見ると、優香に似ているなと思う。

高校を卒業した後も私たちの交際は続き、私の就職とともに結婚した。

これまで順調に来たようだが、私たち2人にも危機が訪れたことがあった。

それは、つき合って1年くらい経ったころ。

「私、別れたいな」

「なんだよ突然に」

「しばらく会わないようにしたいの」

妻は私を嫌いになったわけではなく、高校を卒業したら私と結婚したいからそれまでの間に友達といろんな想い出を残したいし、

あとで後悔しないために勉強もしておきたいと言う。

私は決して納得したわけではなかったが、卒業まで数ヶ月だったので、しぶしぶ納得した。

ただし、電話では話をするし、学校でも廊下で話したりしていた。

それまでは、毎日学校の帰りに私の部屋に寄ってセックスをしてたので、セックスのできない日々はとてもつらく、

時にはどうしてもとお願いして学校のトイレでフェラさせたりしていた。

それから数ヶ月が過ぎて卒業。

私は進学、彼女は就職した。

電話するのも段々少なくなりかけたころ、ある時妻からの電話で

「また前みたいにつき合おっかー?」と言われた。

私は妻のことをまだ好きだったので、すぐに会うことになった。

妻が私の部屋に遊びに来ると、すぐに熱いキスをしてそのまま妻はしゃがみ込んで私のPを取り出すとフェラし始めた。

先っぽを少し舐めてから私を見上げると

「ふふ、久しぶり?」と言って、一気に根元まで呑み込んだ

何度かゆっくりと頭を上下させると、唾液に光るPを握りながら

「あれ?なんかちっちゃくなったみたい?」

「そんなわけないだろ、今日は久しぶりで興奮してるからいつもよりでかいぞ」

「じゃあ、気のせいかな」

「誰かと比べてんのかよ」

「なわけないじゃん」

続きを読む

このページのトップヘ