【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

カテゴリ: 人妻エロ体験談

筆おろしでリードする筈が、メロメロに感じさせられちゃった高校三年生の童貞君との不倫セックス体験談をお話します。

ちなみに、私は、結婚して7年目30歳の主婦です。

ダンナは年上の38歳で、4歳の子供がいます。

よくネットやママ友との会話で不倫話を聞きますが、、まさか自分が浮気するとは夢にも思ってませんでしたけど、

ちょっとしたきっかけからハマッてしまいました。

相手はパート先のバイトの高校3年生。

私もさすがにビックリしたんですが、「好きです、付き合って下さい」って告白されちゃったんです。

自分で言うのも変だけど、わりと2つ、3つ若く見られるでも、一応「あたし、結婚して子供いるおばさんよ」って断ったんですが、

2、3日後に真っ赤な薔薇の花1本持ってきて「1度でいいからデートして下さい」って言われて、

なんかかわいくて「1回ぐらいイイかなっ!」ってOKしてしまいました。

「よくそんな気になったね?」って聞かれそうですが、女は花に弱いのよ。

それに年下は嫌いじゃないし顔はTOKIOの国分くんタイプで、背も高くてかわいいんです。

んで、デートはとりあえず軽く食事して、映画見て、カラオケして帰ってくるつもりだったんだけど

心配してたのが話が合うかって事(誰でもそう思う)だったんだけど、

彼がわりとしっかり屋さんみたいで、結構話も合って気に入っちゃったの。

だからって言ったら変なんだけど、カラオケボックスで彼の正面に座って曲を選んでいたときに、ふっと彼の視線を感じたんです。

結婚して以来、ましてや10歳近くも年下の男の子とデートするなんて初めてだし、

25歳ってことになってるので、がんばって若造りして、結構胸元の開いた服に持ってる中で一番短いスカートを履いて行ったから、

見えちゃってたみたいすぐにピンときて、黙ってればイイものを「あー、エッチ」って言っちゃったの。

彼、真っ赤になって否定したんだけど、どう見ても股間が少し膨れてる感じ(そこもかわいい)

それに私も飲めないクセにビールなんて飲んだものでほろ酔い気分それがそもそもの間違いで、なんだかいじめちゃいたくなったのそれと・・・、

最近ダンナはめっきり弱くなっちゃって全然構ってくれないのが大胆な行動に走った理由なのかも今度はわざと見えるように足を組み替えたり、かがんだり、

デュエットでは手を組んで彼の手がわざと胸やおしりに触れるように挑発したんです。

最初は見て見ぬフリをしているんですけど、チラっ、チラっと熱い視線を送ってくるのがわかりました。

そしてもっと大胆に彼の横にピッタリくっついて「彼女いないの?」

「いない」

「じゃあ、女の子と付き合った事は?」

「無い」

「ウソ!カッコイイのに?」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

脱童貞をしたのは高3の時。

僕は実家を離れて1人隣県の高校に通ってました。

高校からアパートまでは結構遠くて、自転車で30分くらいの距離。

3年の春頃、その通学路の途中にコンビニ(青と白のストライプの制服)が一軒できた。

既に他のコンビニは何軒かあったけど、通学路からは離れていて、そこができてからは、登校の途中や学校帰りに、ほぼ毎日寄っていた。

道沿いで便利っていうのもあったけど、一番の理由はその店のコンビニ店長さんに会うのが目的だったから。

名前はHさん、当時33歳。

イメージとしては木村佳乃髪はセミロングで緩くウェーブがかかってたを想像してもらえたらピッタリだと思う。

朝買い物に行くと大抵彼女がレジにいて、控えめににっこり笑って接客してくれる。

その薬指にはシンプルな銀の指輪がはめられていた。

僕の密かな楽しみ彼女は制服の下にTシャツは胸元のゆったりしたもの、Yシャツは開襟のものが多かった。

お弁当を買った時、彼女は専用の茶色の袋をカウンターの下の方から取り出すのだが、

前屈みになる彼女の胸元が緩み、期待通り薄暗い服の中に、たわわな胸の膨らみとブラジャーがチラ見えする

美人なコンビニ店長のブラチラを堪能!

大抵はブラジャーの一部、カップとカップをつなぐ部分とそこについたブラリボンが見えた僕はそれが見たいがために、お腹が減ってなくても弁当を買い、

(じっくり見られるようにできるだけ客の波が切れた時を狙って)別の店員がレジにいるときは彼女に交代するまで待ったりしていた。

Hさんと関係をもつキッカケは向こうからだった。

ある時、弁当を買った僕に、彼女は周りに聞こえないように「いつもありがとう、これ良かったら食べてね」とコロッケを添えてくれた。

常連だからサービスしてくれたんだと結構嬉しかった。

それ以前は話もしたことがなかったのに、次の日からはレジの間に少しずつ会話するようになった。

彼女の僕に対する接客は声や態度が明らかに他のお客さんとは違っていたと思う。

少なくとも僕はそう思った随分仲良くなり、夏休み直前のある日、レジで商品と一緒に小さなメモをもらった。

「突然ごめんなさい。他の場所で会えませんか」携帯番号と時間と場所が書いてあった。

メモの指定はその日の夜、コンビニから自転車だと20分くらい走ったところ。

峠道の手前にある、トイレと駐車場だけの小さな休憩所だった。

僕は全速力でアパートに帰るとすぐに着替え、まだ何時間も余裕があるのに必死で自転車をこいで行き、落ち着かずウロウロしながら彼女を待った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

元同僚でもあるモデル美人な子持ち奥さんと、偶然の再会から肉体関係に至っちゃった件について語ります。

あれは危うい天気だったが何とか持つだろうと思い、バイクで郊外に走りに出かけた時のこと。

トイレと飲み物を買いに大きなショッピングセンターに寄る。

店内で用事を済ませた後、駐車場に戻ると「Hく~ん(オレ)」と声を掛けられた。

「ん??」と振り向くと、どこかで見た顔。

「あ!」と気づいた。

前の会社にいた人だった。

「あ~お久しぶりです」

「凄い偶然。Hくん久しぶり」前の会社で同じグループで仕事をしていた人だった。

モデルみたいな細身で、胸はCくらい。

髪も綺麗なストレートで30半ばだったけど、とても子持ちとは思えない。

オレは20代後半でセフレはいたが、彼女はなし。

当時、どこかへ出かけた時には彼女にだけお土産やお菓子を買ってきたり、好きな飲み物を差し入れで渡したり、

仕事中もよく話すようにして何とか気を惹こうと躍起になっていた。

その人を何度か誘ってみたが、「独身だったら行くけど…」とやんわり断られていた。

結婚しているという事でブレーキがかかってはいるが、多少はオレに気があるらしい。

「Eさん(相手)変わりませんね。綺麗なまま」実際、20代にしか見えない。

「も~そんな事ないって~。今日はバイク??」持ってたヘルメットを持って聞いてきた。

「はい。雨が降るか迷ったけど、ちょっと走りに行ってました」

「そうなんだぁ。カッコいい~」歩きながら話していると、クルマの前で止まった。

「今これに乗ってるの」ホンダのスパイクだった。

クルマの前で話していると、顔に水滴が付いた。

「!?」空を見上げた。

突然ザーーーーっと熱帯のスコールのような雨が降り出した。

「あー濡れちゃう!Hくん早く乗って!」咄嗟に一番近いドアを開けてボクに乗るように勧めてきた。

「はい!!」と2人でリアシートになだれ込む。

強い雨のせいで服はビショ濡れ。

ボクはバイク用のジャケットを着ていたから大した事はないが、Eさんは髪も服も濡れてしまっていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

同級生の性奴隷となった家政婦の母の痴態を目撃してしまい、俺自身も母をセックスの対象として、犯してしまった。

それ以来、お母さんとの近親相姦肉体関係が続いている・・・

それは、俺が中学校に入った頃で、母が家政婦として働きはじめた時にさかのぼる。

当時の母(美和:仮名)はまだ、四十路になったばかり。

親父が仕事で借金を作り、母も働かざるえない状況でした。

それから、親父は仕事を辞め、親戚の遠洋漁業船に乗り、半年位は帰って来ない生活が続きました。

母が家政婦をしていたのは、家から1km程離れた会社社長の家で、俺の同級生の家だったんです。

同級生の名前は五郎と言い、太っていて性格も悪くクラスの仲間から嫌われていました。

俺も五郎と仲良くしたくなかったんですが、母が働き始めてからは五郎から話しかけられ無視できなかったんです。

(母から仲良くしてねと言われていました)そんな訳で、五郎から家に招かれる事も増え、

五郎の家に行くと母が掃除や洗濯、食事の準備をしている姿を目撃する様になっていました。

母も俺に働いている姿を見られるのは恥ずかしいのか?遊びに行くとあまり顔を出す事はありません。

五郎の話では、父親が不動産会社の社長で母親もブティックを経営しているとかで家に帰って来るのはいつも深夜だと言います。

そんな五郎の世話係も兼任させられている母は、五郎の食事や勉強も見ていると言っていました。

そんな時、俺が五郎の家に遊びに行っている事がバレルと、仲間から凄いバッシングされ五郎と距離を置く様になったんです。

五郎と口を聞かなくなって1ヵ月も過ぎた頃だったと思います。

母親の帰りが遅かった日が数日続きました。

夕食はテーブルに置かれ、置手紙に「温めて食べてね」と書かれていたので、1人夕食を済ませ部屋で寛いでいると、

母がいつの間にか帰宅し、風呂に入っていたんです。

何となく元気が無い母に「疲れているのかなぁ」と感じていました。

母の帰りが遅くなって数週間が過ぎた時だったと思います。

学校が終わり帰り道を歩いていると、後ろを五郎がニヤニヤしながら歩いていたんです。

明らかに俺を見てニヤケている感じで、凄く気になったんです。

家に着きテーブルを見ると母の置手紙と夕食の用意がされていました。

いつもなら部屋に行き、ゲームでもする所だったんですが、何だか五郎のニヤケ顔が気になって、

薄暗くなってから母の様を伺いに五郎の家に向かったんです。

門を開き中に入ると、裏手の五郎の部屋に向かって見たんです。

広い庭に木々が植えてある上に高い塀で囲まれ、道路から中は見えません。

五郎の部屋の窓を見ると電気が点いていてカーテンは開いたままだったんです。

隅から部屋の中を覗くと、恐ろしい光景が目に飛び込んで来たんです。

五郎の部屋で母が裸で四つん這いになり首輪を付けられ、五郎のチンチンを舐めていたんです。

余りの衝撃に足が震え立っているのもやっとな状態でした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

妻33才の義母は、早くに結婚出産したため、まだ51才、妻と私の歳の離れているため、私よりも年下である。

年に1.2度近くに来たからとうちに寄って行くことがあるが、大抵は妻の休みの日の昼間の事でもう何年も顔を合わせてはいない。

そんな妻の義母から、携帯に電話が入った。

話したいことがあるから会いたいとのこと、それも妻には知られないように。

私から言うのもだが、妻も妻の妹もかなり整った顔立ちなのは、この義母譲りで、10才くらいは若く見える。

妻の義母としてこれまで見て来たので、性の対照として見たことは無かったが、妻には内緒で会いたいとの連絡で、一気に性の対照になってしまった。

仕事を終え、待ち合わせの場所に向かった。

約束の時間より少し早く着いたが、義母は既に着いていた。

クラクションを軽く2回鳴らすと、振り向きそのまま小走りに車に近づき、挨拶もせずに車に乗り込んできた。

何やら周りの目を気にしている様子なので、一先ず車を走らせた。

「話って何ですか?」車に乗り込んでから、何も言わず少し怖い顔で前を見ているだけの義母との空間に耐えきれず僕から、切り出した。

それでも、義母は?口をひらかず、前を見ているだけだった。

10分もあてなく走っただろうか、義母が「今日する話は人には聞かれたく無いから、二人きりになれるところへ行って…」とようやく口を開いた。

「ふたりっきりって…」

また、変な妄想の断ち切れて、いない私は、そばにある○亜と何度か使ったラブホが浮かんだが、

義母の思いつめた感じはそんなところでは無い雰囲気と自身を戒め、

しかしそんな場所はあとボックスくらいしか浮かばず、ボックスの駐車場に車を入れた。

義母は、行く先のあてが違ったらしく、

「ここじゃ…ホテルとかは、無いの?何もしないから連れ込みとかでもいいよ」と場所替えを伝えてきた。

連れ込み?心を見透かされたようで驚いたが、怖いくらいの義母の言いように圧倒され、近くにある義妹と何度か使ったラブホへ乗り入れた。

勝手のわからない義母は、僕に誘導されるまま、僕の後ろに着いて部屋に入ってきた。

部屋の扉を閉めるなり、義母は持っていたバックで、2.3度後ろから私を叩くと、「○亜(義妹)ともここに来たの?」と私に罵声を浴びせた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ