【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

カテゴリ: 人妻エロ体験談

夜遅くに仕事から帰ってきた

鍵を取り出して、
妻を起こさないようにゆっくりとドアを開けると
意外にも奥の方で明かりが点いているのが見えた

(消し忘れか?)そう思いながら無言で靴を脱いで部屋に入ると、
「おかえり」と言って嫁が迎えてくれた

「まだ起きてたの?」
驚いて、そう言ってから「ただいま」と付け足した。

あと一時間足らずで零時になろうかという頃。

お互い仕事を持っていたから、普段なら、
こんな時間まで妻が起きている事は稀だが
明日は、二人とも休みだった

そうでなければ俺も、もう少し帰りが早い。

毎日この時間が続くようなら、
きっと体を壊してしまうだろう

「まぁね。ちょっと待ってみた」
そう言ってから急いで食事の仕度をしようとする妻

それを手で制してから、
少し食べてきた、と告げる。

すると妻は、不満げな様子も見せずに用意してあった夕食のおかずを
タッパーに入れて冷蔵庫にしまった。

それから近付いてきて、「お風呂入りなよ」と言う。

俺は訝しく思ったが、顔には出さずにいた。

普段なら、これは、「エッチをしよう」というサインだ。

勿論、そうじゃない場合もあるだろうが、結婚して丸三年が過ぎようとする頃になれば、そうか、そうじゃないか、の違いは何となくわかるものだ。

経験から判断すると、今の感じは、前者だ。確かめるように彼女の顔を覗き込むと、どうやら、かなりヤル気らしいのが見て取れる。

こんなに遅くまで待っている事も珍しいが、その上、エッチまで要求されるとは考えづらい事態だったので、「えっと、……そういう事?」確認してみた。

よく見ると、彼女は既に入浴済みの様子でパジャマの上に上着を羽織っている。

上着を脱げば、いつでも寝られる状態だった。

「はいはい。そうだよー」そう言って俺の背中を押すと、浴室に押し込んでしまった。

「早く入ってね」後ろから彼女の声が聞こえ、ドアが閉められた。

不思議な気がしながら言われるままに服を脱いで、入浴した。

まだ四月の半ばだったからシャワーでも良かったけど、少し考える時間が欲しくて湯に浸かった。

(何か、いい事でもあったか?)

(それとも……何かお願いでもあるのか?)色んな可能性が浮かんでは、消えた。

結局、結論が出なくて湯から上がった。あまり遅くなるのも不自然だ。彼女の意図は、全くわからなかった。

続きを読む

妻の職業は医者で女医をしているんです

私と付き合うまで妻は処女で
私が夫であり初体験の相手でもあるんです

結婚3年目で私は30歳妻は33歳になります

妻は女医ですが私も当然仕事をしていまして
ある日、地方に赴任する事になりました
しかし、妻はそう気軽に病院を移れないというので
単身赴任することに

それで、私が行きつけの居酒屋で親しくなった
55歳の単身赴任中のA氏に貸与して
寝取られプレイする事になりました

当然、貸与妻になるように話をした当初は、
妻は怒って2日程は口も聞いてくれませんでしたが

根気強く説得してお話し相手としてだけでもと言う条件で、
会うだけ会ってみますと言って、
妻はA氏とお見合いをしました

20歳年上のA氏は上手に妻と接してくれて、
それからたびたび妻はショッピングや
食事等のデートをしていました

私の赴任日が近くなったある日、普
段よりもずいぶん遅く帰って来た妻が

「A氏の奥さんになります」と言いました

「2人は肉体の関係持った」

と恥ずかしそうに照れながら下を向いたままで
妻は告白してきて寝取られ成功したんです

私は単身赴任して5ヶ月が過ぎました。

夫婦としては一緒に住むことは当然のことですが、
夫婦となった妻は、自宅の掃除等以外の日は
A氏のマンションで過ごしているよう

妻とは、メールや電話で毎日のように連絡し合っていますが、

「旦那様(A氏)」

という言葉がたびたび妻のメールや
電話で出てくるようになりました

A氏からも電話では、

「S(私)に感謝しています。
妻として良くやってくれています。
仲良くやっていますから」

と言われました

続きを読む

出会い系で知り合った51歳の素人人妻は
すでに他の男と不倫しているらしい

どんな人と不倫しているの?

って聞くと

誰もが知る有名企業の重役さんで
もう10年以上不倫っていうか
愛人契約をしているらしい

本当か嘘かわかんねーけど
そこそこ綺麗な五十路美魔女だし
あながち嘘じゃないかも

それなのになんで出会い系なんかに?

って聞くと
ただ若い男とセックスしたいだけの理由だと

それで五十路人妻とSEXして終わったけど
当時はエロい人妻や熟女って
なんでこんなに多いんだと思った時期だった

その頃は色んな人妻と短期で知り合って
合体を繰り返していた

もう6,7年ほど前の話

これがリアルなナンパだと絶対にこうはいかないと思った

ちょうど20代のやりたい盛りの俺にとっては、
当時は結構簡単に人妻が釣れたので
昼間仕事を抜けたり、休みを利用したりして、
結構な数の素人人妻熟女とオマンコしてた

今となってはオナネタになるほどいい思い出だ。

ネットでゲットした人妻とエッチする際、
いつも以下の3点を意識してた

1.どんな下着か

2.フェラの技術はどの程度か

3.オマンコの具合は(吸い付き具合、濡れ具合など)

2、3については行為中必ず
頭に焼き付けるように記憶してた
後でオナネタになるから

人妻でフェラ下手なのは一人もいなかった。

どの人妻も結構うまかった。

続きを読む

母が俺の女房になった

家事はもちろんSEXも
母さんとしていて世話焼き女房のように
俺に尽くしてくれる

母子相姦はずいぶんと昔からなので
今では五十路の巨乳母と
夫婦のように自然に求め合っている

週1でお互いに楽しむ事を前提としているので
かなり濃密な母子相姦になる

連休などには最低二時間以上二人で
ドライブに出かけて屋外露出などを楽しんだりもする

例えば今回の三連休にはТ県まで出かけてのプレイ

比較的ソフトなものが殆どだが
それでも充分に興奮した俺は珍しく二日連続で母を犯した

移動中にその日の母に科すプレイを聞かせると

聞いているだけで五十路母の顔が紅潮し、

目を潤ませて興奮を始めるのを感じていた

母のその反応に俺も自然に昂ぶり気合が入っていった

目的地到着まで待てなかった俺の命令を
母が実行してくれる

俺の興奮ぶりを確かめるように見つめながら
青いワンピースをたくし上げると
ノーパンのマン毛丸出しの股を大きく開いてみせる

赤信号で故意に横断歩道の上で止まった時は
流石に股を閉じようとした母を叱りとばした

子連れの主婦が二人、俺の止まった位置に
あからさまに不満気な顔をしながら

車の中を覗き込んで思わず口に手を当てた一人が
もう一人に車の中を見るようにと指を指した

いっぱいにリクライニングさせたシートに
母の毛むくじゃらなオマンコを露出させて
俺にクリトリスを剥かれている母の姿に気がついたのだ

顔を見合わせながら口をへの字にして

「いやだあ・・・」

と言う声が聞こえた

母の性器が濡れて
俺の指使いに合わせて音を立てだした

そのいやらしい音を聞かされた母の興奮は
加速的に高まったようだった

続きを読む

私は女子校育ちで男性に縁がなかったんですが
友達の紹介で夫と知り合い結婚しました

付き合うのも初めてて
夫で処女喪失して夫以外の男性を知りません

交際中は、毎日の様にSEXをしていましたが、
妊娠はありませんでした

結婚直後に妊娠し今臨月を迎え、
もうすぐ出産予定日が来ます

夫のヒロは、性欲が強いみたいで
殆ど毎日(生理以外)SEXをしたがる

スゴイ時は、朝まだ私が寝ているのに
夜這いしてきて襲ってくるんです

昼間もキッチンでバックからイキナリ挿入して
ドキドキなキッチンSEX

朝の出社前でも玄関先でアソコに指を入れて
行ってきますキス

もちろん夜も毎日ラブラブで
エッチな事をいっぱいしていました

でも、妊娠が分かってからは
SEXはあまりしてくれなくなりました

(妊娠してるので気付かってくれてるみたいで、
私が妊婦になってからSEXは控えている様でした。
でも、クリを良く愛撫してくれます

昨晩の事ですが、入浴を済ませ部屋に戻ると
夫のヒロがHビデオを見ながらオナニーしている所を
偶然見てしまったのです。

ちょうど部屋のドアが少し開いていて見えたのです。

私は、始めて男性のオナニーをみました

夫はペニスが大きく勃起して我慢汁が出ていました

ヒロは私の事に気づかずアソコを
上下にしごいてオナニーに夢中になっていましt

チンチンをまじまじと見たのは始めて

凄く興奮しアソコが濡れているのが分かりました。

ヒロのしごきは激しくなり、勢いよく射精しました。

1m位精子が飛んて部屋の床に落ちました

私は、イケナイものを見てしまったと思いましたが、
仕方ないか妊娠中でSEX出来ないからオナニーしてる

浮気するより良い。そう思うとヒロの事が可哀想になり、
部屋に入りました

「何、してたの?」ヒロはオナニーがバレ動揺してました。

「オナニーしてた。だってSEXしてないから溜まちゃって」

「じゃあ、次から私がしてあげるよ!」

「分かった、じゃあ頼むよ」

ヒロは射精したばかりでしたが私の興奮が治まらず

「手コキの練習したいんだけど良いかな?」

「でも、今出たばっかりだよ」

「大丈夫、まだ出るでしょ」

ヒロは、遠慮してるみたいでしたが私がしたくてお願いしました。

続きを読む

このページのトップヘ