【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

カテゴリ: 人妻エロ体験談

ボクのお母さんは小学校4年生のとき交通事故で亡くなりました。

それから4年間はお父さんと二人暮らしでしたが、中学校3年生になったばかりの日曜日のことでした。

お父さんが朝から出かけ、部活にも入っていなかったボクは留守番をしていました。

夕方頃にお父さん帰って来ましたが、若いお姉さんを連れていました。

そして

「サトシ。

この人が今日からお母さんだからね。」

と言いました。

あまりに突然のことで、しかも今年五十歳になる父親が自分の娘のような若い女の人と再婚するなど思いもよらなかったので、しばらく黙っていると

「サトシ君、初めまして。

急なことでビックリしちゃったかもしれないけど、よろしく。

何か困ったことがあったらいつでもママに言ってね。」

玄関で立ちすくんでいるボクの前にひざまずくと、そのお姉さんはボクの両手を取ってこう言いました。

ボクは思わずその手を振りほどいて部屋に駆け込みました。

本当のお母さんでも「ママ」なんて言ったこともなかったのに、

初めて会っていきなり「ママに言ってね。」なんて言われたものだからとても驚きました。

そして両手をつかまれた時の温かく柔らかな感触。

続きを読む

最近は仕事も暇になってきたので、昨日は半休をもらって秋葉原をブラブラしてから、3時位には家に帰ろうと思って電車に乗りました。

駅の中を歩いていて、階段を下りてる時に、上りのエスカレーターに見覚えの有る女性が男と腕を組んで楽しそうに話していた。

僕はすぐに同じ会社の事務のミサさんだと気が付きました。

向こうも僕に気が付いたみたいで、かなりビックリして動揺しているようだった。

それもそうだろう、ミサさんは今日風邪で休むと連絡があったらしいし、ミサさんは39才で今は結婚もしているのに、

明らかに一緒にいる男は若くて、とても旦那には見えない。

ミサさんは若くはないが、かなりのイイ女で、今の歳でも十分男遊びは出来る女だと思っていたので、僕は羨ましさ半分で見なかった事にしました。

まぁ僕はいちいちチクるタイプじゃないので、何も考えずに忘れていて、今日会社に行きました。

午後になって休憩所で一人でタバコを吸っていると、ミサさんがやってきました。

「昨日のアレなんですけど・・・」と話しかけてきて、「内緒にしてもらえますか?」と聞いてきた。

僕は思いがけない提案に『おっ!』と思い、「いやー凄いですねミサさん!実は大胆な人なんですね!」と切り返しました。

ミサさんは「ですから・・・お願いしますね!会社にも旦那にも両方まずいんで!」と言ってきたので、「それはミサさん次第ですね!」と言いました。

ミサさんはちょっと眉間にシワを寄せて「どういう事ですか?」と聞いてきた。

僕は「僕もミサさんに興味あるんですけど」と言うとミサさんは黙ってしまった。

続きを読む

私は28歳の人妻です。

ある時、ネットで「射精管理して下さい」という若い男性と知り合いました。

聞くと、毎日寸止めオナニーをしているそうで一人では寂しいから励まして欲しいとのことでした。

私も、最初は軽い気持ちで「まだイッちゃだめだよ」「今日も寸止めオナニーしなさい」とかメールしていたのですが、

電話番号を交換するまでそれほど時間はかかりませんでした。

初めての電話は私のほうがドキドキしたかもしれません。

始めは普通の会話をしていたのですが、その内、話題はHな方向に行って・・・。

思い切って私は「今オナニー出来る?」と聞きました。

彼が、はにかみながら「・・・出来ます」と言う声を聞いて私は更に興奮してしまいました。

私の命令でオナニーしてる・・・電話の向こうで我慢している・・・息遣いが荒くなってきた・・・私は言いました。「もう、やめなさい!」

その日を境に彼の下半身は私が支配することになりました。

メールも直接ケイタイに送ります。

「若い店員のいるコンビニでHな本買いなさい」

「今すぐ、どこかトイレに入って寸止めオナニーしなさい」

「返事が遅いよ!私が許すまでペニスには一切触っちゃダメ!」

丸々1ヶ月、射精を禁じました。

続きを読む

今までばれる事がなかったが、先週ソープに行った事がとうとう妻にばれてしまった。

謝りに謝りぬいて昨日の夜、妻から子ども親に預けてきたから、ホテル行こうと誘われた。

おぉ許してくれたんだぁと、即OK。

車の中から妻は僕のズボンをおろし、ペニスをぱくりとフェラを開始した。
なんか風俗行ったことがばれてしまった僕なりの引け目が、やたら興奮を誘い何度も射精しそうになるが、さすが妻だ。

いきそうになるとペニスから口を離しペニスの根元をギューと締め、その繰り返しを何度かしてるうちにラブホ到着。

満室だったので待合室にてくつろいでいるとまたペニスに食らいついてきました。

多分両隣で待っていたカップルにも聞こえるくらいのフェラで、もう暴発寸前。

妻のスカートを捲り上げ、指を挿入軽く3本入り、妻も相当したかったようだ。

この場で座位で僕のペニスを妻のマンコにもちろん生挿入。

開放感のある待合室だが、隣同士は仕切られているため全く他の客のことはきにならなかった。

5分くらい交わっていたころ、部屋の準備が出来ましたと呼ばれた。

勃起したペニスをズボンの中に納めたがばればれ。

妻はパンティをはかずにそのまま部屋に。

入るやいなや、玄関先で1R開始。お互いむさぼり合うように服を脱ぎ、裸に。

愛撫なんてもういらない状態。即挿入。

立ちバックでガンガンつきまくった。

続きを読む

きっかけは、下請け業者のオヤジと飲んでいて

スケベな話になったときに「妻のゆうこを貸しましょうか」って冗談で・・

だんだんと話が進んでしまって、本当に抱かせることに・・

というか、調教してもらうことに。

これまでに10人以上調教した経験があるそうだ。

妻を週1日のペースで3ヶ月間ほど貸し出して、

従順で淫乱なM女に調教してもらう約束をした。

中だしできるようピルを飲ませていることは伝えた。

「3ヶ月で最高のソープ嬢に仕上げて見せますよ。」

テクニックもプロ級のものを身につけさせると言われた。

ゆうこはもともと少しMの気があるが、最初は泣いて嫌がった。

どうしてもがまんできなければ、すぐに帰ってきていいと

とりあえず、オヤジとの待ち合わせに向かわせた。

しかし、結局その日は夜まで帰って来なかった。

自分で計画しておいて、ちょっと嫉妬してしまった。

ちなみに妻25才、細身だけど胸はDカップ。けっこう美形。

どんなプレイをしてるのかは、聞かない約束だった。

調教期間はセックスをやめておいた。妻は特に変わった様子はなかった。

貸し出して2ヶ月半、オヤジが調教の一部始終を撮影したビデオをくれた。

妻を先に寝かせてひとりで見た。目を疑った。

普段の妻からは想像もできないような姿が映っていた。

続きを読む

このページのトップヘ