【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

カテゴリ: 人妻エロ体験談

大学3年の時のこと。

研究室の事務員さんは、幾つ位年上だったのかなあ。

結局年は教えてくれなかったんだけど、たぶん20代後半くらいか30前半くらいだったかと

思う。もう結婚されてて、でも人妻って感じは全然しなくて。

同世代の学部生にはない落ち着きをもってる人だった。

よく研究室で飲んだりしてたのだけど、学生や教授たちと一緒に杯を重ねて、いい気分で

ほろ酔ってる姿もそれまでよく目にしていて。

皆で酔っぱらって、ついつい肩を寄せ合ってたり抱きしめられたりしたこともありましたが。

女性には興味がいっぱいの年頃、そんな行為にちょっと(かなり?)ドキドキしていました。

もしかして、って・・・

ある日のこと、その事務員さん、慶子さん(仮名)が帰りがけに「飲みに行かない?」と

誘うので、自分のアパート近くのショットバーに行って、他愛もない話を肴に二人で時間を

過ごした。

夜も遅くなり、店を出るとすっかり千鳥足。自然に腕を組むような感じで歩いてた。

「こんなに遅くなっていいんですか?旦那さんいるんですよね・・・」

とりあえず駅まで送ろうとしたら、腕にぴったり寄り添ったまま

「もう帰る?今日は遅くていいんだけどな・・・」

と信じられない言葉。え?

そして、

「部屋、近くなんでしょ。行ってもいい?飲みなおそう?」

もうドキドキですよ。自分の部屋に、それもこんな夜遅くに、女性がいるんだもの。

それも酔って。

大きく開いた胸元やタイトスカートから覗く脚についつい視線が行っちゃったりして。

どんな話をしたかは、全然覚えてません。

気がついたら、舌を絡めてた。キスは初めてって訳じゃなかったけれど、興奮した。

「いいんですか?」

「もちろん・・・じゃなかったら、こんな独り暮らしの男の子の部屋に来ないよ」

服の上から胸を触る。スカートの裾から、太ももをさすりながら手はおしりへ。

キスをしながら、右手はブラウスのボタンを外し、さらにブラジャーの下で直接ふくらみを

まさぐる。左手は女性の秘所へ。

「あっ」

乳首に触れると、ピクッと身体をのけぞらせる慶子さん。荒い息遣いと、その声に

童貞の僕はますます興奮。

続きを読む

私は28歳の人妻です。実は私の趣味は下着なんです。
ブラもパンティも、輸入物のオシャレな物を探すのが好きなの。

可愛いのとか、綺麗なのとか、エッチなのとか……。
それを、気分次第で使い分けるんです。

身につけるだけでは、やっぱり我慢できません。
夫に見せ付けることもありますよ。

夫も独身時代のころは、すごく褒めてくれたんですけど、最近は興味がないようです。
すごくエッチな下着で夫にSEXをせがんでも、「しょうがないなぁ~」と言って、すぐに下着を脱がしちゃうんです。

SEXしてくれるだけ、ましかもしれませんがね。
私、誰かに見て欲しくて、そして褒めて欲しくて、つい出会い系サイトに募集してしまったのです。

選んだ男の子は、二十歳の可愛い大学生。
ホテルに入っても、まだ緊張してるようで、可愛かった。

下着姿で、彼に乗っかって、挑発してあげたの。
彼ったら、股間をすごく固くして、私を見つめるんですよ。

「ねえ、この下着、どう思う?」
「すごく素敵です。綺麗で可愛くて色っぽくて」

いっぱい、下着を褒めてもらったのだけど、やっぱり目的は身体だから、
「ねえ、脱がしてもいいかな?」
って言うんです。

もっと下着見て欲しかったけれど、すごく目が血走って、恐くなったから、裸を見せて、すぐにSEXしちゃいました。
もっと、褒めてほしいのです。

私の身体よりも、下着のほうを褒めて欲しいの。
そして、ようやく、私は素敵な、披露の仕方を覚えたのです。

それは、ライブチャットというやつです。
ネット越しに、私の下着と身体を見せ付けて、おまけにお金も貰えちゃうってヤツです。

続きを読む

結婚3年目で娘(1歳)の三十路夫婦

家は夫の両親と同居です

家は自営で夫の父親が社長で、夫は専務です。

私は事務全般と、小物の配達してます。

お客様に同年代の人がいて、物凄く格好良い人なんです。

まだ、独身だと聞いています。

友達と飲みに行った店で、その独身の人が友達と飲んでいるところ見て、彼がトイレに行くとき、偶然を装って私もトイレに行き、話しました。

1週間くらいたった日に、その独身の人の会社に行く用事があり、彼に会うことができ、この間の居酒屋の話になり、飲みに連れてくれることになりました。

夫は接待などでゴルフに月2~3回行きます。

このときは帰りは午前様です。

この日に、居酒屋からスナックに行きました。

この日は、これだけでしたが、帰りしなに「由梨絵さんは可愛いから抱きたくなっちゃう~!でも、奥さんだからだめですね」言われて、内心どきどきしました。

また、飲みに行こうって誘われて、別れました。

2週間くらいたった日に、夫はゴルフ、私は彼と飲みに行きました。

飲んでて体調悪い振りをし、早めに店を出て、送ってもらう途中に、車を止めて休ませて欲しいと言い、彼にお腹をさすってもらってました。

その手を私から握り、無言と緊張感、そしてどきどき感があり、彼は私にキスをしてきたのです。

抵抗せずに、されるままにしてると、彼は舌を入れてきたので、入れ返したのです。

もうそれからは、抱き合い、服の上から胸触られてから、服をたくし上げて、ブラの上から触られ、後ろに手が回り、

ホックを外されて直に触られて揉まれながら、乳首をいじくりまわされました。

そして、スカートの中に手がきて、ショーツの上から指でいじくられて、濡れてきてました。

ショーツを脱がそうとしたので「だめ!ここじゃだめ!」。

時間も遅かったので、次回にしました。

次回、会った時は、居酒屋ではなく、会ってすぐホテルに入りました。

夫とは月に1回もあればいいほうです。

続きを読む

男性の皆さんは、彼女や奥さんに同窓会いかせますか?

私45歳、主人44歳、2人の子供がいます。

ごく普通の家族です。

子供達は大学やらで家を出ていて、現在は主人と二人きり。

私と主人とは初めて同士で、お互いに他の人は知りません。

私は昔から周りの人に清楚というくらいにふしだらな事は苦手で真面目と言われてきました。

もうしばらく主人とはセックスレス。

主人は求めてきますが私がその気にならないし断っています。

いまさら主人に男を感じることもなくなっていました。

大げさにいうと主人に触れられるのも気持ち悪いとも思ってしまいます。

もう主人を愛してないのかというと別にそこまでじゃないんですけどね。

年齢的なものでしょうか?

性欲がなくなったわけではないので、そんな気持ちの時もありますが主人としたいとは思わないのでオナニーで済ませます。

指でクリトリスを触って挿入しないでもすぐにエクスタシーに達し満足します。

頭の中では主人ではない他の男の人のペニスを舐めたり咥えたり。

私の大切なところを舐められたり。

主人とはしないような色々な体位でセックスしてることを想像します。

たまに数人の男の人を相手することも想像します。

数人の男の人に脱がされ、アソコを広げられ何人もの男の視線で犯されて、

体中を触られ舐められた後に代わる代わる私の穴に男達のペニスが挿入され犯される。

そんなことも想像してオナニーします。

そんなことなら主人とセックスしたらいい気もしますが、なぜか面倒と思ってしまいます。

つい先日あった実話です。

そんな私に先日、同窓会があり参加しました。

同窓会のため実家に行くことになり数日間行きました。

久々に会う同級生と懐かしい昔話をして盛り上がり、あっという間に2次会まで終わってしまいました。

22時でした。

主人からは何度もLINEにまだ帰ってこないのか?と連絡が入っていましたが無視。

せっかく昔を思い出し楽しんでるのに本当にうっとうしい!

3次会に行こうとしたら、幹事をしてくれている男の人3人にこのあと一緒に行かないと誘われました。

同窓会前から何度もメールやLINEでやり取りし、親切にしてくれていた同級生だったので断ることもせずに、一緒に行くことにしました。

てっきり居酒屋かカラオケにでも行くものだと思っていたのですが、ラブホテル街に連れて行かれました。

続きを読む

ずっとまえに義母との関係を書きましたが、
先週末に進展があったので報告を。

義母がいつものように掃除に来てくれたんですが、なんせあの猛暑。
エアコン効かせていたんですが、汗だくになってしまいました。
嫁は昼からパートで、夜まで帰ってきません。
 
「おつかれでした。シャワー浴びます?」
「いいよぉ、アンタんちのシャワー使い方わからんもの」

母は我が家のシャワーが使いにくいらしく、
風呂の湯を張ったときに手桶で組むような人でした。

「じゃあ、湯張っておきますから、一緒に入りますか?」

と冗談を交わしましたが、私も汗だくでしたので、

「孝ちゃんの背中流そうか?」

と一緒に入ることに。
まぁ予想通りだったんですが、僕は素っ裸で母は下着姿で背中をこすってくれました。

「広い背中」

背を流した後にパンと手形を付けると脱衣所でバスタオルで拭いてくれました。

「じゃ、あたしも入るわ」

とパパっと下着を脱ぎ捨てると浴室へ入ってしまいました。

「今度は僕が流しますよ」

と再び浴室へ入ると義母は驚いてましたが、
ありがとねと拒否もせずに洗わせてくれました。

「孝ちゃんとこ、お母さん早くに亡くしたから、お母さんに親孝行できんかっ
たもんなぁ・・・あたしが代わりだと思って」

義母の背骨の浮いた小さい背中をタオルでこすっているときは、
やはりお婆ちゃんだなぁと息子の反応はなかったのですが、
そのままお腹や太ももをこすってると膝が開いてきたので、
先日のように内股も少し手を伸ばして、タオルでこすってみました。
膝の方から徐々に登って足の付け根を円を描くようにこすっても、
義母は無言でした。

タオルを落とし、泡のついた手で小さなクリトリスに触れ、
陰毛で泡立てるように恥丘を掌でなでまわしました。
義母の身体がビクっと固くなり、はぁ・・・とため息をつきました。
僕は義母も望んでいると信じて、ぜい肉のついた割れ目の奥へ指先を伸ばすと・・・

「そこはダメ」

と手首をつかまれました。義母が僕をまっすぐみていました。
かなり強い口調に僕が驚いていると、義母は目をそらし、

「もう自分でするから」

とタオルを取ると身体を洗い始めました。

続きを読む

このページのトップヘ