【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

カテゴリ: 人妻エロ体験談

昨年末、義父が定年退職となり、先月、家族(義父・義母・妻・私)で慰労を兼ねた温泉旅行に行こうということになりました。

ただ、看護師の妻が旅行の2日前に同僚のインフルエンザ発症でシフトが変わり、私のみが同行することになりました。

車で妻の実家に両親を迎えに行き、旅館に向かいました。

今回は、妻チョイスの話題の旅館で、お部屋にも露天風呂のある部屋でした。

料理は食事処で頂きましたが、庭園の見える堀ごたつ形式のお座敷で、どれも美味しい料理に、皆、お酒も進みました。

部屋に帰ると、義父は酔ったせいか、敷かれていた布団にそのまま入って寝てしまいました。

(昔から法事とかでも、飲んだら寝てしまうタイプでした。)

義母は、まだ大丈夫なようでした。

私「せっかくだから、ベランダの露店風呂に入られたらどうですか?ブラインドで隠れますし。」

義母「そうね。じゃ、ちょっと(お風呂)いただこうかしら。」

と、行こうとしたものの、脱衣スペースも外になるので寒かったらしく、

義母「寒いから、中で脱ぎたいんだけど・・・いいかな?」

と言うので、向いてますからと言おうとする前に、浴衣を脱ぎ始めた義母。

白い肌も露わに、背を向けてはいますが、つい見てしまいました。

しかも、そのまま入って行くかと思ったら、

義母「ねぇ、後で背中流してくれない?」

とひとこと。

裸を見せて言うのだから・・・と、期待を込めて私も浴衣を脱いで、義母の居る風呂に入りました。

しかし、やはり寒くて、さっと掛け湯して、湯船にザブン。

2人でも十分なくらいの大きさで、互いに湯船の端と端に離れて座って入りました。

一緒に入るのは当然初めてで、しばらくお互い無言でしたが、

義母「ねぇ、そろそろ孫の顔を見たいけど、どうなの?」

私「欲しいですけど、出来たら出来たで・・・なかなか、うちの近所は保育所が(入所するのに)大変そうなので・・・

院内託児所でもあればいいんですけど・・・」

続きを読む

この歳でまさか・・・・人生・・・分かりませんね。

一昨日の夜に3度目の関係を結びました。

相手の方は、パート先の青年です。

23歳の好青年ですよ、息子より年下!赤裸々なのも気が引けますので掻い摘んでお話したいと思います。

主人との営みですが一方的で・・・・不満を抱えて、もう、4年以上になります。

月に1~3回のペースですが、主人の性処理の道具でしかありませんでした。

「早く脱いでよつんばいになれ!」

いつものように私は、情けない気持ちになりつつ、ショーツを脱いでよつんばいになって主人を待ちました。

主人は、クリームを陰部に塗ると指を入れ私が濡れるのを確認します。

挿入をすると一方的に腰を使い私の中に果てます。

その後は主人に跨り私が腰を使い・・・・短時間の営みです。

私は満足できていませんので、身体が火照り・・・隠れてオナニーをする事もありました。

そんな中、彼に出会いました。

続きを読む

かなり昔の話。

祖父母と両親と俺と弟の6人で住んでいて、1階は祖父母、2階は両親+俺たち。

祖母はかなり俺を可愛がってくれて、風呂場は一緒だったから祖母と入ることも少なからずあった。

この祖母、けっこうふとっちょ……

今風に言えばぽっちゃりだったんだけど、俺にとっては風呂の時間はご褒美みたいなもんだった。

祖母の裸が見られるから。

胸は垂れてたけれど結構大きいし、お腹は出てたけれどその下に毛が生えてたから、

なんかエロくて、誰にも言えないけれど祖母とハメたいと思ってた。

当時の俺にとっては当たり前だったんだけれど、祖母は変わった人だったらしく、

俺にオッパイを触らせてくれたり、乳首含ませてくれたりしてた。

誰にも言っちゃだめよ、なんて口止めされてたから両親もこれは知らないはず。

あるとき、祖母といつものように風呂に一緒に入っていた時だ。

俺は洗い終えて湯船で100数えてて(これも祖母に言われてた)、祖母はシャンプーで頭を洗ってる最中だった。

「あんた、ちょっと背中洗ってくれない」

祖母は背は小さくてふとっちょだったから、背中に手が届かない。

いつもなら風呂用の背中をゴシゴシするタオルがあるんだけれど、その日はなかった。

俺も祖母に触れるのはうれしかったから、手伝った。

石鹸をあわだてて背中に塗りたくって、「あわあわ~」ってやってると、

祖母が嬉しそうに「あんたも大きくなったねぇ」なんて言ってくる。

おかげさまで。

お尻のあたりまで泡をつけたあと、「悪いんだけど前も洗ってくれる?」と祖母。

俺はオッパイに触れる!と内心喜んで前に回ろうとしたんだけれど

「後ろから手回してくれたらいいよ」なんて言うから、後ろからくっついてオッパイに泡をつけた。

軽くもみながらで、はたから見てると結構エロい構図だったんじゃないだろうか。

「はい、ありがと。お腹もお願い」

なんて言われて洗っているうちに、俺の身体が祖母の背中に密着した。

祖母が不意に「あれ、当たってる」と一言。

そりゃそうだ。

年頃の男の子だから、祖母とはいえオッパイ触ったりしてたら大きくもなる。

しばらくお互い無言だったんだけれど、そのうち祖母が後ろに手を回して、俺のチンポをつかんできた。

続きを読む

58歳の義母とセックスしたきっかけは、俺が風呂の脱衣場にいる義母の裸を見てしまったからでした。

数年前に義父が亡くなって、俺の子供も小さかったので義母を引き取るつもりで一緒に暮らすようになりました。

義母、俺、嫁、子供の4人で一軒家に住んでいます。

去年、仕事で遅くなって帰ったときのこと。

22時を過ぎていたので嫁も子供も先に寝ていました。

いつもの事なのでとりあえずビールを1本空けてから、風呂に入ることにしました。

が、酔っていたせいもあってか、先に義母が風呂に入っているのに気が付きませんでした。

脱衣場のドアを開けると義母がまさに風呂から上がってきたところ。

素っ裸の義母がタオルに手を伸ばしていて、ドアを開けた俺と目が合ってしまいました。

義母は恥ずかしそうに

「ごめんね、いま入ってたの。すぐ出るから外で待っててね」

とタオルで素早く前を隠しながら俺を追い出しました。

その時目に入った、義母の裸。

胸はわりとあって、下は毛がありませんでした。

いわゆるパイパンです。

顔は誰かと言えば由美かおるに似ている・・・かな?

子供のせいで嫁ともご無沙汰だったので、しばらく義母の裸が頭から離れませんでした。

1ヶ月ぐらいしてから、夏休みに入って、嫁が子供の合宿についていく形で3日ほど家を空けることになりました。

俺は義母の裸の事で頭がいっぱいだったので、チャンスと思い、初日の晩、夕食のときに飲んだ勢いで義母に思い切って聞いてみました。

続きを読む

もう何年か前の大学1年の時の話。

一人暮らしをはじめ、バイトもはじめ、そういうのが原因か、倒れてしまって。

実家なら親にいろいろしてもらえたところが、一人だと、食事を取ることもできず

、一度寝込んだらもう死ぬまでこのままなんじゃないかって思うくらいだった。

もちろん、学校もバイトも休んでて、記憶がないけど、たぶん飲まず食わずで3~4日くらい寝てたと思う。

で、ふと気付くと、部屋の中に誰かいた。

掃除とか勝手にいろいろしてる感じだった。

ぼーっとしてすぐには誰かわからなかったけど、髪が長かったので女性だということはわかった。

でも母親でもないし、姉でもない。

すると「大丈夫?ちゃんと食べてる?」と顔を近付けて聞いてきた。

その声で、やっとわかった。

バイト先の店長だった。

管理人にお願いしてカギを開けてもらったらしい。

店長といっても40歳くらいで、色気のある人妻。

「心配したのよ、連絡もなく休んで」店長が作ってくれたおかゆを食べ、薬を飲んで、

なんとか起き上がることが出来たのですが、さすがに完全に回復したわけではなかったので、次の日も店長が来て、ご飯を作ってくれた。

だいぶ回復した俺に、「こんなのばっかり見て、一人でしてるから、ダウンしたんじゃないの?」と、

散らばっていたエロ本やエロDVDがテーブルに重ねられてた。

悲しいことに、もちろん、イカ臭いティッシュばかりはいったゴミ箱の中もキレイになっていた。

こんな状況で隠すことができず、「ずっと彼女がいなくて、それに……」と告白した。

「それに、なに?」「店長のことを考えると、その……」

「ふーん、それで、ここがこんな風になってるんだ」

ボッキしているのを見透かしたように、股間を撫で回してきた。

「あ、あ、ああ」俺は抵抗もできず、情けない声しかでなかった。

「見せてみなさい」強引にズボンとパンツを下ろすと、

「こんなにさせて。このチンポ」と言いながらしごいてきた。

続きを読む

このページのトップヘ