俺、中学生。家族は父・母・姉・そして俺。
でも父は単身赴任。姉も今年から大学生になり家を離れた。

つまり、俺と母しか家にはいない。

今は中学3年、今年は受験もある。初めて関係を持ったのは2年が終わった後の春休み。

母は結構、美人だ。近所でも評判だし、俺もそう思ってる。こんなの犯したくなるに決まってる。
俺は中2の頃から、母を抱いてみたいと思いはじめていた。

そして、姉が大学に合格、家は田舎のため、必然的に一人暮しをする事に。父は既に九州に赴任してたし、
俺の衝動は押さえきれなくなった。姉はアパートも見つかり、3月下旬には家を出ていった。

しかし、いくら2人だけと言ってもタイミングってモンがある。失敗したら、家にいづらくなるのは当たり前だ。
しかし、意外なところでタイミングをつかんだ。

母が高校時代の友達と会う事になった。前日は子供みたいにウキウキしてたし、当日は相当酔って帰ってきた。
帰るなりソファで眠りにつくし、起こそうとしても起きないし。

まぁ、赤くなった頬や、ちらつく胸元、綺麗な白い脚を見て理性を保てる程、立派ではない。

俺は、寝ている母を自分の部屋に連れていき、俺のベッドに寝かせて、小学校時代愛用していた縄跳び等を使って、母の手足をベッドの四隅に繋いだ。
ここで犯そうかとも思ったが、母は起きないし、泥酔した母が翌日10時までに起きた試しがない。
縄跳びは、しっかりと結んであるし、大丈夫だろうと思い、母の寝室で寝る事にした。

翌日、8時にアラームが鳴り、休日の睡魔の誘惑を無視して洗面所へ。
一通り朝飯も済ませ、母の寝ている部屋へ行った。

母は幸せそうに寝ていた。股間部、既に勃起済み。
しかし、ここで母を起こすのは早すぎると思った。

俺は母に寝室へ行き、昨夜発見したバイブや浣腸、ゴムを持って部屋に戻る。
あとは洗面所から剃刀と、部屋の机からハサミを容易した。こんだけあれば十分だろう。

そして母を起こそうとした。

普通に起こしたら面白くないので、自分の立場を思い知らすためにエアーガンで撃って起こす事に。
綺麗な肌に傷を付けたくないから、足の裏に撃つ。瞬く間に、母は目を開いた。

目をかこうとして、手が縛られる事に気付いた。

混乱している母はエアーがンを持っている俺を見て、やっと自分の置かれている状況を理解した。

「やにやってるの!?」

しまった。ガムテープを忘れた。
仕方ないので、そのまま続ける。

続きを読む