【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:エロ

同級生の性奴隷となった家政婦の母の痴態を目撃してしまい、俺自身も母をセックスの対象として、犯してしまった。

それ以来、お母さんとの近親相姦肉体関係が続いている・・・

それは、俺が中学校に入った頃で、母が家政婦として働きはじめた時にさかのぼる。

当時の母(美和:仮名)はまだ、四十路になったばかり。

親父が仕事で借金を作り、母も働かざるえない状況でした。

それから、親父は仕事を辞め、親戚の遠洋漁業船に乗り、半年位は帰って来ない生活が続きました。

母が家政婦をしていたのは、家から1km程離れた会社社長の家で、俺の同級生の家だったんです。

同級生の名前は五郎と言い、太っていて性格も悪くクラスの仲間から嫌われていました。

俺も五郎と仲良くしたくなかったんですが、母が働き始めてからは五郎から話しかけられ無視できなかったんです。

(母から仲良くしてねと言われていました)そんな訳で、五郎から家に招かれる事も増え、

五郎の家に行くと母が掃除や洗濯、食事の準備をしている姿を目撃する様になっていました。

母も俺に働いている姿を見られるのは恥ずかしいのか?遊びに行くとあまり顔を出す事はありません。

五郎の話では、父親が不動産会社の社長で母親もブティックを経営しているとかで家に帰って来るのはいつも深夜だと言います。

そんな五郎の世話係も兼任させられている母は、五郎の食事や勉強も見ていると言っていました。

そんな時、俺が五郎の家に遊びに行っている事がバレルと、仲間から凄いバッシングされ五郎と距離を置く様になったんです。

五郎と口を聞かなくなって1ヵ月も過ぎた頃だったと思います。

母親の帰りが遅かった日が数日続きました。

夕食はテーブルに置かれ、置手紙に「温めて食べてね」と書かれていたので、1人夕食を済ませ部屋で寛いでいると、

母がいつの間にか帰宅し、風呂に入っていたんです。

何となく元気が無い母に「疲れているのかなぁ」と感じていました。

母の帰りが遅くなって数週間が過ぎた時だったと思います。

学校が終わり帰り道を歩いていると、後ろを五郎がニヤニヤしながら歩いていたんです。

明らかに俺を見てニヤケている感じで、凄く気になったんです。

家に着きテーブルを見ると母の置手紙と夕食の用意がされていました。

いつもなら部屋に行き、ゲームでもする所だったんですが、何だか五郎のニヤケ顔が気になって、

薄暗くなってから母の様を伺いに五郎の家に向かったんです。

門を開き中に入ると、裏手の五郎の部屋に向かって見たんです。

広い庭に木々が植えてある上に高い塀で囲まれ、道路から中は見えません。

五郎の部屋の窓を見ると電気が点いていてカーテンは開いたままだったんです。

隅から部屋の中を覗くと、恐ろしい光景が目に飛び込んで来たんです。

五郎の部屋で母が裸で四つん這いになり首輪を付けられ、五郎のチンチンを舐めていたんです。

余りの衝撃に足が震え立っているのもやっとな状態でした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

妻33才の義母は、早くに結婚出産したため、まだ51才、妻と私の歳の離れているため、私よりも年下である。

年に1.2度近くに来たからとうちに寄って行くことがあるが、大抵は妻の休みの日の昼間の事でもう何年も顔を合わせてはいない。

そんな妻の義母から、携帯に電話が入った。

話したいことがあるから会いたいとのこと、それも妻には知られないように。

私から言うのもだが、妻も妻の妹もかなり整った顔立ちなのは、この義母譲りで、10才くらいは若く見える。

妻の義母としてこれまで見て来たので、性の対照として見たことは無かったが、妻には内緒で会いたいとの連絡で、一気に性の対照になってしまった。

仕事を終え、待ち合わせの場所に向かった。

約束の時間より少し早く着いたが、義母は既に着いていた。

クラクションを軽く2回鳴らすと、振り向きそのまま小走りに車に近づき、挨拶もせずに車に乗り込んできた。

何やら周りの目を気にしている様子なので、一先ず車を走らせた。

「話って何ですか?」車に乗り込んでから、何も言わず少し怖い顔で前を見ているだけの義母との空間に耐えきれず僕から、切り出した。

それでも、義母は?口をひらかず、前を見ているだけだった。

10分もあてなく走っただろうか、義母が「今日する話は人には聞かれたく無いから、二人きりになれるところへ行って…」とようやく口を開いた。

「ふたりっきりって…」

また、変な妄想の断ち切れて、いない私は、そばにある○亜と何度か使ったラブホが浮かんだが、

義母の思いつめた感じはそんなところでは無い雰囲気と自身を戒め、

しかしそんな場所はあとボックスくらいしか浮かばず、ボックスの駐車場に車を入れた。

義母は、行く先のあてが違ったらしく、

「ここじゃ…ホテルとかは、無いの?何もしないから連れ込みとかでもいいよ」と場所替えを伝えてきた。

連れ込み?心を見透かされたようで驚いたが、怖いくらいの義母の言いように圧倒され、近くにある義妹と何度か使ったラブホへ乗り入れた。

勝手のわからない義母は、僕に誘導されるまま、僕の後ろに着いて部屋に入ってきた。

部屋の扉を閉めるなり、義母は持っていたバックで、2.3度後ろから私を叩くと、「○亜(義妹)ともここに来たの?」と私に罵声を浴びせた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

18歳のクソガキ高校生の性奴隷に墜ちてしまった32歳の人妻です。

彼と知り合ったのは2年前のことでした。

当時人妻だった私は買い物帰りに不良グループの男の子たちに絡まれて、人気のない廃墟ビルに連れ込まれました。

そして数人の男の子に輪姦されてしまいました。

その中に当時中学3年だった彼がいました。

彼の役割はハメ撮り写真を撮ることでした。

そして最後に彼の番が来ました。

彼がズボンを脱いで私の身体に乗りキスをしましたが最後まで行きませんでした。

私の膣から流れ出る大量の精液が、彼の目に汚く思ったようでした。

全てが終わった後、私は解放されましたが不安な日々が続いていました。

彼の撮った写真で脅迫されるかも知れない‥そんな日々が続いたある日彼と偶然にコンビニで会いました。

私は思わず顔色が真っ青になりましたが彼は平然として私に笑顔で頭を下げてくれました。

そして何も言わず、店を出た彼の後を思わず追いかけました。

そして彼を呼び止めて‥「写真を‥写真を返してください」

「写真?」彼はとぼけたような顔で答えました。

「あのときの‥写真です」彼はしばらく黙った後「ああ‥それなら大丈夫だよ」

「えっ?」私は彼の言っている意味がわかりませんでした。

「先輩たちには撮るのを失敗したって言ったから、変なことに使われることはないし‥ちゃんと僕のパソコンに保存しているから」

不良の男の子たちはデジカメを使うことができなかったらしく全てが彼の意のままに言いくるめたらしいのでした。

「じゃあ‥あなたが持っているのね」

「うんそうだよ」

「お願いですその写真を処分してください」

「大丈夫だよ公開なんてしないよ」彼との話は平行線でした。

それ以上進まなかったので改めて会って話合いをすることでその日は帰りました。

そして彼から教えてもらった携帯のアドレスにメールを送り話合いをしていました。

お互い会うことなくメール交換が一ヶ月ほど続いたある日のことでした。

彼からセックスを要求するメールが届きました。

「香織さん‥僕の童貞をもらってください」私はついにこの日が来たと思いました。

輪姦から2ヶ月が過ぎて、再び犯されると思いました。

そして一度だけ‥写真の処分を条件に受け入れました。

そして彼の指定した場所に出かけました。

服装については何も指定がなかったので極普通の目立たない格好で行きました。

彼の指定した場所は、あるマンションの駐車場でした。

駐車場に着いた私は彼にメールを送ると、すぐに返事が来て目の前のエレベーターに乗るように指示がありました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫彼氏と本気のセックスを楽しんでいる。

彼氏とは付き合って半年くらい。

ものすごく愛し合ってる。

といっても私は結婚してるから、彼氏からしたら都合の良い女扱いかもしれない。

本当に好きだから、彼からの要求に応えてあげたいけど、会うのはセックス主体だし、だんだん変態的になってきているから。

私の旦那は一回り以上も年上で、いわゆる親の決めた結婚相手。

父の経営している会社の社員で、後継者候補のひとりだった人。

仕事のできる男なんだろうけど、私との時間はあまり作ってくれない。

私は昼間、暇をもてあましちゃってて、主婦友から教えてもらった出会い系に登録。

そこで初めて会ったのが今の彼氏だった。

恋愛とかあきらめてたから、年の近い彼との秘密の関係にどっぷりのめりこんじゃった。

ぎゅっと抱きしめられるだけで、ものすごく心が安らぐの。

家も近所だから、会いたいときにはすぐに行けるのもよかった。

同級生はみんな忙しくしてて、日中はさみしい思いをしてたんだけど、彼氏は水曜日が休みだから、その日は彼氏のために空けてる。

今は彼氏との時間が生きがいなのかも。

こんなんでいいかな・29歳・154cm39kg・Bカップ

処女は旦那さんにあげたよ。

エッチは彼氏が二人目。

彼氏とのエッチで、イクことを覚えた。

ある日の昼間、彼氏から電話で呼び出された。

水曜日じゃなかったから、主婦友とランチの予定だったんだけど、それを断って彼氏のもとへ。

普通に行けばクルマで15分の距離を、近道して10分で行く。

ちっちゃい車だから、せまい路地もへっちゃらなんだ。

女だけど、運転には自信あるよ!彼の家に着いたら、玄関でハグとキス。

キスしながら、彼は私の体を撫でまわす。

すぐに服の中にも手が入ってきて、じかに触られるんだけどね。

彼が自分のジャージをパンツごと下げて、勃起したおちんちんを出す。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

近所でも評判の美人妻なんです。

そんな俺の妻が、一週間後の金曜日に昔からの女友達とカラオケに行く約束をしたと言われた。

その友達は、俺も知っている人で結婚もしている。

たまにはいいかな、と思いその時は了承した。

そして、その日の夜が来た。

妻は、いつも穿いているミニスカートよりもさらに短いスカートを穿いて、中には、網タイツに薄いピンク色のTバックのパンティーを穿いていた。

「それ、短すぎないか?ちょっと動いたら中が見えそうだぞ。

真由美さんとカラオケ行くだけだろう?なんか不自然だな。

俺は、麻美の格好に少し嫉妬した。

「そうかな?でも、可愛いでしょ?大丈夫よ、心配しないで。

あなたが思っているようなことはしないからそれに、真由美も一緒だし。

なるべく遅くならないうちに帰るから」すると、麻美は玄関に向かいブーツを履きだした。

俺の方にお尻を向けて前屈みになってブーツを履いている妻のスカートの裾からは、網タイツに薄いピンク色のTバックのパンティーがチラチラと見えていた。

とてもイヤラシイ格好だった。

と、俺はその時気が付いた。

薄いピンク色のTバックのパンティーの股の部分がしっかりと湿っているのが見えたのだ。

「え?」妻は靴を穿き終えると俺の方に向きニコニコしながら「じゃ、行って来るね」と言ってきた。

「オウ、気を付けてナ。

まあ、楽しんできなよ。」

「うん!わかった。なるべく早く帰るね。」

俺は、とても気になったがまあ気のせいだろうと自分に言い聞かせた。

リビングの窓から外を見ると、真由美さんが立っていた。

麻美は手を振りながらそばに駆け寄っていった。

そして、姿が見えなくなった。

俺は、酒を飲んでそのままリビングで寝てしまっていた。

時計を見ると、もう12時を回ろうとしていた。

夕方の6時に出かけた麻美は何しているんだろう、と少しイライラした。

携帯に電話を入れた。

出ない。

何回か電話したがやっぱり出なかった。

真由美さんの携帯にも電話した。

やっぱり出なかった。

おかしい!どこのカラオケに行くのかを聞くのを忘れていたので店に連絡できなかった。

そんなことをしていると、車が止まるのが聞こえた。

リビングの窓から外を見た。

麻美がタクシーから降りてきた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ