【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:エロ

結婚16年、私は44歳、妻の琴美は40歳、子供は中学生と小学生の2人です。

琴美は美形なのですが、あまり目立たず着る物も地味で大人しい印象です。

知り合った頃からそんな印象で、お淑やかと言えば聞こえはいいでしょうが、暗いといったほうがいいかもしれません。

でも、私の好みでもありましょうが、間違いなく私にとっては息を呑むほどの美形なんです。

結婚して10年以上が過ぎた頃、子供も2人生まれて、夫と妻より父と母になっていた時期があり、夫婦の営みも思い出したように、月に1~2回くらいになってしまいました。

それが、あることをきっかけに夫婦の営みが急増し、現在、週3~4回を維持しています。

それは、あの大震災の翌年だから平成24年の秋頃の事です。

焼酎を飲みながら何気なくネットを見ていた時、ある記事を見つけて思わず読みいってると、琴美が覗き込んできて、

「やだ・・・そんなの見て・・・」

と言いました。

その記事というのは"妻の「元カレ」人数知っていますか!?"というものでした。

先日、PCを買い替えてHDDの中身を移そうとした時に、保存していたその記事を見つけてその時のことを思い出したので書き込んでみました。

以下が保存していた記事のコピペです。

大好きな妻の「元カレ」人数を知っていますか?

知りたいけど知りたくない妻の「元カレ」人数。聞いて嫉妬してしまい後悔すること多いですよね。

そんなあなたに悲しいお知らせです。

続きを読む

昨夜のプレイのご報告をします。

夫婦2組+単独男性3名、計7名でプレイしました。

単独男性の1人は妻のSFで、その友人を連れてきたという形でした。

妻は久々に会うSFとやる気満々で、部屋に入るなり、彼のひざに座ろうとし、

誘ってましたが、彼は私や初対面の方がいるせいか、イマイチのってきませんでした。

そうこうしてるうちに、妻同士によるレズプレイが始まりました。

「○子ちゃんのおっぱいって柔らかいよね」

「私、なんか目覚めちゃったみたい・・・」

「女の子っていい匂いがするから好き・・・」

そういう会話が聞こえるなか、愛撫しあったりディープキスしたり・・・

そのうち、旦那さんが自分の奥さんの股間を舐めはじめ、

旦那さんのペニスは妻が咥えるという状況になりました。

その状況を私を含め他の男性陣が眺めるという

ちょっと変わった雰囲気でした。

そうこうするうちに男性陣も加わり、

男4人女2人のプレイが始まりました。

それでも立たない私は撮影に徹してましたが、

続きを読む

私が、母を意識しだしたのはオナニーを覚えたばかりのころからです。

その当時のオナネタは、洗濯機の中の母の下着がもっぱらの上物で、パンティのあの部分の匂いを嗅いでは、、母の厭らしいオマンコを想像しながらペニスを扱き上げて果てていました。

母との2人暮らしで、周りにも女っ気もなく、私の性欲の対象はもっぱら母だけでした。

高校に入ると、Hな情報も増えましたが、同年代の女性には興味がわかず、自分も自身の性癖がちょっと変だという認識が出てきましたが、どうすることも出来ません

夏場でしたら、母の胸元からはみ出たブラジャーや、そのはちきれんばかりの乳房に興奮したり、母が洗濯物を干している時のはみ出た厭らしいお腹や、腰周りを見て勃起したりと母を厭らしい目で見て犯していました。

母は近くの飲食店で働いており、酔って帰宅することもしばしばで、帰宅すると同時にベットへ倒れこみそのまま寝入ってしまうこともありました。

高校2年生の夏でしたが、何時ものように、母が酔っ払って帰宅し、その日はベットにまでたどり着かず、居間のソファーに倒れこみ、寝息を立て始めました。

胸元は肌蹴て、ブラジャーからは今にもはみ出しそうな白い乳房が見えており、スカートの裾は肌蹴て捲くれ上がり、パンティが見えています。

その奥を覗き込むと小さなパンティが母の秘部に食い込み、黒い陰毛も見えていました。

私は興奮を抑えきれず、母のパンティの上からですが、そっと撫でてみましたが、反応はありません。

母を揺り動かしてみましたが、やはり反応はなく熟睡していました。

私は理性を抑えくれなくなり、恐る恐るですが、ゆっくりとパンティをずらしてゆき、食い込んでいたパンティを足首まで下げ、片足からパンティを抜き取りました。

片足に引っ掛かったままのパンティはピンクのパンティで小さく片足の足首で丸まっています。

続きを読む

かなり前振りが長いですが、カーセックスしながら、またそれを露出しながら走り回った話です。

彼女とはダブル不倫と言う関係だ。

居酒屋で知り合い私の愚痴、家庭内の不満話を聞いて貰っていたら、彼女も家庭の不満を話し始め慰めあっていました。

そんな話を何回か酒を飲みながら話し始めれば、男と女の関係になるのにそれほど時間は要らない。

いつの間にか、深い関係になってしまってました。

とは言ってもお互い家庭があり、なかなか二人で充分満足するほどのセックスは難しいと思っていたが。

お互いの家庭とも夫婦関係は冷え切っており、でも離婚とか険悪な事は無く、世間体さえ保っていれば良いという感じでした。

適当な理由さえ付ければ多少夜が遅くなろうと、外泊しようとそう問題でもないと言うような事が分った。

それでも、何より世間体があるので近所とか知り合いには見つからぬ様に気を配りながら逢引を重ね、お互いの気心も判る様になった。

まあお互いの家庭内の不満が色々有っても左程大事な事でも無く、結局どちらもセックスに対しての不満が大部分だった事も、深く付き合うほど良く判りました。

「何だ最初からお互いオメコさえすればもっと早く理解し合えたのに、助平な奴だと思われるのも嫌で最初は紳士面をしていたんだよ」と言うと

「あら、私もだよ」と、笑ったほどだった。

私は妻の何を頼んでも面倒くさがるおざなりなセックスが不満だったし、

続きを読む

先日、ゴルフクラブを購入した妻と、私がいつも通っているゴルフ練習場に行ってきました。

私は38歳、妻36歳(知り合いからは、妻は童顔でかわいく、スリムで出る所はしっかり出ていて羨しいとよく言われます)の月1回程度の性生活となった、少し倦怠感が出始めている夫婦です子供がいないので、これまで結構夜の営みはあったのですが、この頃は刺激が欲しくてあれこれ考えています。

最近、私は、このサイトにもよく投稿されている、妻をほかの男性に触られたり、乳房やかわいいけれどとても色気のあるお尻などを見られる(例えば性感マッサージ)ことを考えて興奮しています。

このような願望を実行に移すため、妻にもゴルフを進めました。私の通う練習場には、30歳前後のスタイルのいいイケメン(妻はイケメンに弱い)のレッスンプロがいて、私もこれまで教えてもらったことがあり、親しくしています。

練習に行く日、妻には、「体が動きやすく体を締め付けない服装がいいよ。」と言っていました。

服装は、妻に任せていたので、出発の時まで知りませんでしたが、いよいよゴルフバックをもって、リビングで妻の服装を見たら、上は、薄手の腕が全部露出したノースリーブのシャツと下は、生足をきわどいところまで露出したホットパンツでした。

私が体を締め付けるようなものでないことと話していたので、少し太ももあたりは余裕があるものでした。

私は少し、驚きました。前にかがむと、少し尻がはみ出るのではないかと思うくらいです。

しかし、私はほかの男性に見られるのを期待し、興奮で胸の鼓動が高まりました。

妻が、「ねえ、このような格好でいいのかしら、少し露出度が高いかもしれないけど熱いし、変じゃない?」と聞いてきたので、コメントに迷いましたが、「どうせ練習だし、いいんじゃないの」といいました。

案の定、玄関で妻が靴を履こうと前にかがんだとき、尻が一部はみ出して見えました。

続きを読む

このページのトップヘ