【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:エロ

男性の皆さんは、彼女や奥さんに同窓会いかせますか?

私45歳、主人44歳、2人の子供がいます。

ごく普通の家族です。

子供達は大学やらで家を出ていて、現在は主人と二人きり。

私と主人とは初めて同士で、お互いに他の人は知りません。

私は昔から周りの人に清楚というくらいにふしだらな事は苦手で真面目と言われてきました。

もうしばらく主人とはセックスレス。

主人は求めてきますが私がその気にならないし断っています。

いまさら主人に男を感じることもなくなっていました。

大げさにいうと主人に触れられるのも気持ち悪いとも思ってしまいます。

もう主人を愛してないのかというと別にそこまでじゃないんですけどね。

年齢的なものでしょうか?

性欲がなくなったわけではないので、そんな気持ちの時もありますが主人としたいとは思わないのでオナニーで済ませます。

指でクリトリスを触って挿入しないでもすぐにエクスタシーに達し満足します。

頭の中では主人ではない他の男の人のペニスを舐めたり咥えたり。

私の大切なところを舐められたり。

主人とはしないような色々な体位でセックスしてることを想像します。

たまに数人の男の人を相手することも想像します。

数人の男の人に脱がされ、アソコを広げられ何人もの男の視線で犯されて、

体中を触られ舐められた後に代わる代わる私の穴に男達のペニスが挿入され犯される。

そんなことも想像してオナニーします。

そんなことなら主人とセックスしたらいい気もしますが、なぜか面倒と思ってしまいます。

つい先日あった実話です。

そんな私に先日、同窓会があり参加しました。

同窓会のため実家に行くことになり数日間行きました。

久々に会う同級生と懐かしい昔話をして盛り上がり、あっという間に2次会まで終わってしまいました。

22時でした。

主人からは何度もLINEにまだ帰ってこないのか?と連絡が入っていましたが無視。

せっかく昔を思い出し楽しんでるのに本当にうっとうしい!

3次会に行こうとしたら、幹事をしてくれている男の人3人にこのあと一緒に行かないと誘われました。

同窓会前から何度もメールやLINEでやり取りし、親切にしてくれていた同級生だったので断ることもせずに、一緒に行くことにしました。

てっきり居酒屋かカラオケにでも行くものだと思っていたのですが、ラブホテル街に連れて行かれました。

続きを読む

ずっとまえに義母との関係を書きましたが、
先週末に進展があったので報告を。

義母がいつものように掃除に来てくれたんですが、なんせあの猛暑。
エアコン効かせていたんですが、汗だくになってしまいました。
嫁は昼からパートで、夜まで帰ってきません。
 
「おつかれでした。シャワー浴びます?」
「いいよぉ、アンタんちのシャワー使い方わからんもの」

母は我が家のシャワーが使いにくいらしく、
風呂の湯を張ったときに手桶で組むような人でした。

「じゃあ、湯張っておきますから、一緒に入りますか?」

と冗談を交わしましたが、私も汗だくでしたので、

「孝ちゃんの背中流そうか?」

と一緒に入ることに。
まぁ予想通りだったんですが、僕は素っ裸で母は下着姿で背中をこすってくれました。

「広い背中」

背を流した後にパンと手形を付けると脱衣所でバスタオルで拭いてくれました。

「じゃ、あたしも入るわ」

とパパっと下着を脱ぎ捨てると浴室へ入ってしまいました。

「今度は僕が流しますよ」

と再び浴室へ入ると義母は驚いてましたが、
ありがとねと拒否もせずに洗わせてくれました。

「孝ちゃんとこ、お母さん早くに亡くしたから、お母さんに親孝行できんかっ
たもんなぁ・・・あたしが代わりだと思って」

義母の背骨の浮いた小さい背中をタオルでこすっているときは、
やはりお婆ちゃんだなぁと息子の反応はなかったのですが、
そのままお腹や太ももをこすってると膝が開いてきたので、
先日のように内股も少し手を伸ばして、タオルでこすってみました。
膝の方から徐々に登って足の付け根を円を描くようにこすっても、
義母は無言でした。

タオルを落とし、泡のついた手で小さなクリトリスに触れ、
陰毛で泡立てるように恥丘を掌でなでまわしました。
義母の身体がビクっと固くなり、はぁ・・・とため息をつきました。
僕は義母も望んでいると信じて、ぜい肉のついた割れ目の奥へ指先を伸ばすと・・・

「そこはダメ」

と手首をつかまれました。義母が僕をまっすぐみていました。
かなり強い口調に僕が驚いていると、義母は目をそらし、

「もう自分でするから」

とタオルを取ると身体を洗い始めました。

続きを読む

就活が終わった6月、渋谷にて元カノと偶然遭遇した。

俺は全く気が付かなくて、声を掛けられた時はちょっと気まずかった。

なんせ高校時代3年近く付き合ってた元カノだったので。

元カノは高校卒業後、短大へ行ってたはず。

今でも忘れもしないクリスマスの「もう別れようよ」という言葉。

俺が受験でイライラしてたせいで、毎回のように喧嘩しまくってたのが原因です。

あれから3年、元カノは軽くギャル系になってて驚いた。

もっと驚いた事は、既に結婚してて妊娠中だという事。

就職してすぐに社内恋愛をし、デキ婚しちゃったらしい。

超嬉しそうに喋りまくる元カノ。

俺はというと、暇だったので近くのカフェへ行った。

旦那の写メを見せてもらったり、別れてからの話をずっと喋りっぱなし。

気付けば2時間以上も喋りっぱなしだった。

「メアド教えてよ」

そう言われたから、その場で赤外線で交換した。

それでその日から、それはもう怖いぐらいメールが来るようになった。

元カノは仕事を辞めてたのでヒマ過ぎると言ってた。

旦那を送り出してからメールがやって来て、それは深夜まで続く。

俺も暇だったから付き合ってたけど、ふと気が付けば下ネタ系が多くなってた。

俺から話を振ったわけではなく、元カノの方から振ってきた感じ。

そんな女じゃ無かったのになぁ~って思いながら、少し楽しくメールしてた。

偶然出会ってから2週間、とうとう「ご飯食べに行こうよ」と誘われた。

そりゃ別にメシぐらいは良いけど、妊婦だし人妻だしイイのか?と聞いた。

気にする事でもないでしょ~と軽くいなされた。

学校もない平日の昼、気を使って元カノの住む地域に近いエリアで待ち合わせた。

妊婦だし近い方が良いかと思ってね。

食欲はあるようで、パスタを食べながらまたお喋り三昧。

そしてなぜか疲れたからマッタリしたいと言い出し、満喫かカラオケのどちらかと提案すると即答でカラオケと言われて近くのカラオケ店に向かった。

カラオケでは胎児に良くないとかそんな話になって、2人ともよく分からんけど歌わず。

また喋りまくりの元カノだったが、個室だからなのかメールのような下ネタ連発。

俺が当時彼女もいなくてオナニー三昧だったせいで、どんなDVD見てるのか、風俗とかには行かないのか、質問攻め。

そういえば、元カノとは清く正しいセックスしかした経験がなかったと思い出した。

フェラもクンニもチョチョチョっとするだけで、正常位ばかりやってた気がする。

続きを読む

3つ年下の人妻は、

スレンダーでAカップ微乳、脚も細く顔は小泉今日子似。

週に2回中だししてます。

生理不順のために出会う前からピルを服用していたようで、

毎回躊躇わず中に出してます。

感度は抜群。

上着を脱がしタンクトップの肩からブラを巧みに抜き取り、

タンクトップ越しに乳首をいじめると、

身体を小刻みに震わせながら、

アックッウッハァハァと可愛い声で喘ぎます。

後ろから両乳首を責め立てると、

ダメ~と叫びながら、いってしまいます。

車内でするときは、

公園の駐車場に停めて全裸で生嵌め、

30分ほどのスローセックスを楽しみます。

何度も何度もいきまくります。

ホテルでなら、

挿入5分後くらいから潮を吹きながら逝きます。

体位を替えて挿入しホンの少しピストンするだけでいきます。

何回逝ったかわからない、

変になりそうといっています。

帰りはフラフラしてます。

俺もですけど。

フェラは下手なので、

続きを読む

15年以上前の話です。

私は就職して地元から離れており、
遠距離恋愛をしていた彼女がいました。

20代前半で若かったこともあり、
当時流行っていた伝言ダイアルでSEXフレンドを探しては遊んでいました。

遊んだ子の一人に人妻(人妻といっても私と年齢は変わらないのですが)がいました。

Hの経験は旦那以外になく、10代でできちゃった婚をしたそうです。

家庭も旦那も愛している子でしたが、
早くに結婚したため他の男性とも自由に遊びたかったらしく、
伝言ダイアルをつかったとのこと。

かわいい顔はしていましたが、かなり太っており、あまり好みではなかったし、
旦那には「気分転換にドライブに行く」といって出かけてきていたそうなので、
お話だけして帰そうとしたのですが、Hを求められ、してしまいました。

その後、こちらから連絡はしなかったのですが、彼女から週に1~2回電話があり、
時間があれば会ってSEXしていましたが、旦那としか経験がない割にはSEXが上手く、
フェラチオも男の気持ちいい場所を重点的に攻めてきます。

挿入も自ら上に乗り、自分の乳首をつまみながらロデオの如く腰を振り、
仰向けの私顔面に乗ってはクンニを要求してきます。

普通に話している時は非常にシャイですが、SEXとなると別人の様です。

まさに野獣という言葉がぴったりです。

風呂に入っている最中も私のチ○ポを掴んで離しません。

SEXの最中に旦那と私とどっちが良いか聞くと
「旦那が好きだけど、○○ちゃんのSEXが好き」
と私の名前を叫びます。
(決して私はSEXが上手いとは思えませんが・・・。)

SEXの際は彼女がゴムをつけるように言うのですが、必ず生挿入。

暫くは嫌がりますが、2~3分経つとそれを忘れたかのようにSEXに没頭します。

そんなSEXは刺激的で申し分ありませんでしたが「会いたい」の電話の間隔が短くなり、
どうやって言い訳して出てきたのかと思う時間にも会いにやってくる様になりました。

彼女には関係を続けたいなら控えるように言いましたが、
自分で歯止めが効かないようでした。

こうなったらと思い、
ある日嫌がる彼女を無視して無理やりチ○ポを口に押し込み、
頭を押さえつけて思い切り腰を突き、口の中に発射。

続きを読む

このページのトップヘ