【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:エロ

去年の7月のことです。

暇にまかせてインターネットの懸賞サイトに適当に応募していた懸賞が当たりました。

先に郵便を受け取った母が、「プレゼント係って書いてあるけど、何か当たったみたいよ」と言って持ってきました。

中を開けてみると、高級リゾートホテルのペア宿泊ご招待券でした。

父は、マレーシアの現地法人に出向中だったので、ヒマをもてあましていた母は「お父さんのBMWで行こうよ」とはしゃいで、飛び上がるほどの大喜びでした。

なんだか母と二人でリゾートなんて盛り上がらないな、と思いながらも、まあ母がその他の費用は全部出してくれることだし、と思って行くことにしました。

僕は25歳のフリーターで、母は49歳。

顔立ちは、鈴木京香にそっくりですが、母はどちらかというともう少し痩せ型のタイプです。

しかしホテルのプールで初めて母の水着姿を見たのですが、胸も大きくてかなりいけていることを初めて知りました。

水着から伸びるむき出しの白い脚、その太ももの付け根にあるモッコリとした肉土手、

水着からはみ出しているやわらかそうな乳房の谷間、ハッキリと見てとれる乳首の形などをチラチラと見ていると、妙に母に女を感じてしまいました。

後でプールを出て人気の少ない浜辺で母と遊びながら、じゃれているときなんか、ちょっとドキドキしていました。

夜のディナーの後、対岸の街の灯りといさり火がとてもきれいだったので母と二人、ソファーにならんで座って、夜景を見ながら、ワインを楽しみました。

「こうしていると、なんだか不倫旅行みたいだね」

と私が冗談で言うと母も、少し酔っていて「そうね…」と笑って言いました。

楽しく飲みながらも、母の白いバスローブの胸元で息づいている谷間につい、目が行ってしまい、私はだんだんと興奮してきました。

新しくワインを注ぐ度にグラスを高らかに上げて乾杯し、

母の肩に手を回して談笑しているうちに母もかなり酔ってきたのか、心持ち私にもたれかかってきました。

私が昼間に見た母の水着スタイルをほめると、

母はとても嬉しそうに「あ・り・が・と…」と言って僕のおでこに「チュッ」と軽くキスをしてくれました。

僕も調子にのって冗談っぽく「永遠の恋人…」と言って、母の頬に軽くキスをしたりしました。

母も最初は笑っていたのですが、そのうちなんとなく会話が途切れてしまい、気がついたら私は母の唇に「チュッ」とキスをしていました。

母は拒否することもなくじっとしていました。

続きを読む

俺が17歳で高校三年の時、母の秘密を知ってしまいました。

今回、実母のエッチな秘密を投稿しようと思います。

俺の友達に、母のファンがいて、オナニーのおかずにしたいと下着を取って来れないか?とたのまれたりすることがあるんです。

当然、断っていたけど母はとってもナイスバディなんです。

趣味は水泳とジャズダンスもしていてスタイルのキープに努めているようです。

身長は165センチ、体重52kgでBWHは89,60,88のとのことです。

女優の野村真美に似てると思います。

四十路の熟女なんですが10歳くらい若く見られても不思議じゃないし、買い物とかに行くとよくナンパされるみたいでちょっと心配です。

それに父親は長期の海外出張なので悪い虫がつかないか心配です。

最近、仕事が忙しいと夜遅く帰ったりしているですが行動がとても怪しいです。

ある日、学校の帰りに駅前の喫茶店でスーツ姿の長身のイケメンの若い男と楽しそうに会話しているのを見かけました。

とても親しそうな感じだったのでずっと待ってこっそりとあとをつけてしまいました。

男は20代半ばのスポーツマンタイプでがっちりした体格でした。

タイトスカートをはいた母の腰に手を回すと二人は仲良く裏のラブホテルに入っていきました。

先に自分が帰宅して母の帰宅を待っていると10時過ぎくらいに帰ってきました。

たぶん3,4時間は頑張っていたんでしょう。

ちょっと疲れた感じで帰宅するなりすぐに風呂に入ってしまったので、

こっそりと母親の脱いだ黒いパンティをチェックするとクロッチに大きなシミがあり栗のような臭いがしていました。

パンティはタンガでとてもエロい感じがします。

続きを読む

私は禁断の一線を越えて義母と近親相姦してしまいました。

そのダブーを犯す原因になったのが熟れた体の義母の裸体を見た事に始まります。

私は交代勤務の仕事柄、平日休みも多く、日中義母と一緒に過ごす時間が多かったんです。

その日は雪が大量に降り、朝から義母と私は庭の雪かきをして汗を掻いていました。

一足早く家に入った義母を横目に、私は最後の仕上げ作業をしていました。

雪かきは物凄い肉体労働で、寒かった筈がいつの間に体中から湯気が出る程、暑くなります。

下着まで濡れ、早く着替えようと脱衣場へ向かうと扉が開いていました。

中を覗くと、義母が全裸で着替えている所だったんです。

55歳の完熟した高齢熟女の裸体は、予想以上に綺麗でムチムチとした肉感と白い肌に、股間が熱くなり始めていました。

人気に気づいた義母が振り向くと垂れた大きな胸が目に飛び込んできて、股間はMAXになっていました。

「あら!ごめんなさい」

照れながら義母がドアを閉めたんです。

それ以来、私は義母の体が脳裏から離れませんでした。

何かと義母の体をジロジロ見ていたり、洗濯機の洗う前のシミ付きパンティを見つけてはクロッチの匂いを嗅いだりと、

変態行為がエスカレートする様になってしまいました。

ある日、義母とTVを見ていると、いつの間にか義母はコタツの中で寝ていました。

何だかドキドキして、思わずコタツの中を覗いて見ると、義母のロングスカートが捲れ上がり太腿まで見えているではありませんか?

ムッチリした白い太腿の奥が見たくなり、そっと足でスカートを捲って行くと薄いピンク色の下着が!

義母の顔を確認してもぐっすり眠っていて、全く気付いていません。

それどころか、横向きになり足を九の字に曲げたお蔭で、スカートは完全に捲れ上がりパンティがすっかり見える様に。

しかも、ムッチリのお尻が剥き出しになると同時に、太腿の付け根に圧迫される様にマンコの肉が盛り上がり、厭らしく見えるんです。

思わず顔を奥に入れガンミしていました。

パンティの端からは毛が数本食み出し、いやらしいハミ毛です。

パンティもデカお尻に食い込んでいます。

続きを読む

私は35歳、妻は31歳、そして母は59歳で、来年60歳になり、還暦を迎えます

そんな高齢の母と母子性交してしまったんです

父が病気で亡くなってから母は一人暮らしでしたが、3ヶ月前に私と妻が結婚して実家で母と一緒に暮らすようになりました。

妻は妊娠してセックスの快感に目覚めたようで、私等夫婦はほぼ毎日、一回といわず夜朝と、セックスは欠かさずしていました。

私等夫婦は二階で、母の寝室の真上だったので、控えめにしたつもりでも妻の喘ぎ声やベッドの軋む音など、

刺激的な音が嫌でも母に聞こえていただろうと思います。

母は昔はかなり細かったのですが、父が亡くなってから少し肉がついて豊満な熟女になり、前よりも魅力的になりました。

特にオッパイはボリュームある膨らみで、白い胸元は年令を感じさせません。

そんな母と私が近親相姦をするようになったのは今から1ヶ月前のことです。

実は妻とは、デキチャッタ婚なんですが、毎日激しくSEXをしていたせいで、妻が出血と腹痛を起こして、切迫流産で緊急入院することになりました。

妻が入院して、母と二人っきりの生活が始まってすぐのことでした。

晩酌の相手が母になり、あまり飲まない母も、私と二人の時はけっこう日本酒を飲むようになりました。

その日も風呂から上がって母と二人で日本酒を飲んでいました。

「今日、素敵なお洋服を見つけちゃって衝動買いしちゃったの」

「どんな服?」

「じゃぁ、ちょっと見てくれる?」

母は嬉しそうに微笑んで部屋を出ていって、買ってきた服に着替えてまた戻ってきました。

「すこし派手かしら?」

「それってさぁ、どうなんだろうね。オッパイが出すぎだよ」

母は自分の胸元を見ながら、

「そんなに出てる?これくらいなんともないわよ。平気よ」

と言いました。

「じゃぁ近くで見られても平気?」

と言って、母に近づいて側に座りました。

私も酔っていたので

「触わってもいい?」

と母に顔を近づけて小声で言いました。

母も小声で

「触わりたいの?」

と聞いてきました。

私は黙って手を伸ばして母の乳房を軽く掴みました。

妻とは違う弾力とボリュームを感じました。

「どう?」

母は、ちょっと首を傾けて私の方を見ていました。

「結構、大きいんだ」

私もあまり深刻な顔をすると気まずいので軽く言いました。

すると母の手が私の手の上に乗って、乳房に押し付けてきました。

私は母の微妙な気持ちを読んで、乳房を愛撫するように揉み始めました。

続きを読む

妻の実家で不幸があった。

久しぶりの帰省。

仕事上どうしても長くは滞在でき無かった私。

一人帰宅の路。

ビールとつまみの夕食。コンビニへ。

レジで会計を済ます。

後ろから「明男さん?お帰りだったんですか?」と声をかけられた。

お向かいの奥さん。

美樹さん。色っぽい美熟女、30歳。

以前からプロポーションに引かれていた私。

見かけるといやらしい想像を膨らました豊満ボディ。

今夜も大きな形のよいおっぱいがよくわかるクリーム色のセーター。

生足がガチ興奮させてくれるミニ。

家まで二人歩いていました。

すると

「私も今日は主人が出張でこれから一人で夕飯なんです、よかったらどうですか?」

「いや、そんなずうずうしい事・・・」

「いえ遠慮なさらずに。先日は私が奥様にご馳走になってますし、」

そんなやり取りの最中も目は彼女の体を嘗め回してました。

食欲よりもっと彼女を見ていたい性欲に負けて、ご馳走になる事を承諾しました。

どうぞと招き入れられお向かいに上がりました。

綺麗に掃除が行き届いていていました。

「こちらで少しお待ちになって」

とダイニングの椅子を勧められ座りました。

他人の家で人妻と二人きりでいることに、ドキドキしながら食事の支度をしてくれている彼女を、思う存分眺めることができました。

時折見えるオッパイは顔を埋めたくなるいい形です。

くびれた腰に続くお尻はバックでしたらいいクッションになるだろうな、と勝手な想像をしながら食事が出来る迄の時間を楽しんでいました。

手短にしかし、美味しいパスタとサラダ、スープが出来上がり、

「何もありませんけど・・」と言いながら向かい合わせに座った彼女はちょっとはにかんだようで可愛かった。

先ほどのビールを飲み、談笑しながらの食事は、会話のなくなった妻とのそれとは大きく違い、新婚時代を思い出させてくれました。

やはりパスタを運ぶ口元を想像たくましく見つめながら楽しい時間を過ごしました。

このチャンスを逃したくなくて、今度はうちで酒を飲むようにくどき、承諾させました。

先に帰り食卓の後片付けをしてからの彼女を待ちました。

間も間もなくチャイムが鳴り彼女が現れました。

続きを読む

このページのトップヘ