【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:エロ

後輩W君27歳、妻みずき44歳です。

W君は、よく家に遊びに来ていたので妻ともHな会話も出来る程、仲が良かったんです。

そんなW君が、地元に帰る事になり、会社とはまた別に、家で送迎会をしました。

子供も寝たので、これからは大人の時間だと、三人で飲み始めました。

僕は、W君に

「なんか欲しい物とか、して欲しい事ないか?」

と聞くと、何を思ったのか

「なんでもいいんですか?うーん、じゃあ、奥さんと一回したいです」

と訳のわからない事を言いました。

「あほか、それは無理だわ、本当アホだな~」

しかし妻は

「最後だから一回だけならいいよ~なんて冗談だから」

僕はびっくりしました。

しばらく、そんな馬鹿な話をして、W君がお風呂に入り、

「なぁ~さっきのW君と一度だけならいいって、本気で思ったしょ?正直に」

「笑いながら、冗談だって、W君だって冗談で言ってたんだよ、おばさんなんて相手にしないって」

「いや、一回だけしてみれば?多分もう会わないんだから、一回だけ、駄目?」

「実際Hしたら怒るくせに、本当にしちゃうよ」

妻は笑いながら軽く流していました。

僕は決めました。

W君と妻をHさせると…

さて、W君がお風呂から上がり、妻がお風呂に入る時、W君に

「ゆっくり入ったかい?ちゃんと洗った~」

と、笑いながら風呂場に向かいました。

続きを読む

以前友人から進められて登録した人妻熟女専用の出会い系サイトで人妻と始めて会った時の話です。

人妻や熟女ってマメにメールを送っていたのですが、なかなかゲット出来ないんですよね、メルアドまでは交換するんですが・・

その中でも仲良くメールするようになったAさん(主婦35歳)。

Aさんとは話が合い、結構プライベートな事もメールで話してくるようになり、

私も彼女となかなか会えない事やAさんもダンナの親と同居でしっくりいってない事など話してました。

「大丈夫かな!?」と思い下ネタ系のメールを送るけど返事が返ってくるので「会いたいね」と言うと

「彼女が悲しむよ!」と言うんで「別にHする訳でも無いから良いんじゃない」と心にも無い事を言うと

「今日休みだから大丈夫だよ」と言うんで平日の昼間だったんですが急遽会う事に!。

35歳の主婦との事でしたがなかなか可愛い娘で気に入っちゃいました。

ずっとダンスをやっているらしくスタイルは良かったし、風が強かったんで薄いワンピースはAの身体に張り付き胸の形(ブラですが)や、

アソコの膨らみ具合が色っぽく興奮したものでした。

この時は時間も無く別れたのですが、後から「A、可愛いね。今度夜に会えないかな?」とメールすると

「木曜がダンスの練習だから、その日なら良いよ」と言うので早速場所に時間を決め会う事に。

待ち合わせ場所に行きAを私の車にのせてドライブ、もちろん人気の無い所へ。

山の上の公園に到着しました。

駐車場に車を停め、辺りを見回すと案の定、車は見当りません。

車の中でしばらくお話、手を握るけど拒否されませんでした。

「怖くなかったの?」と聞いたら「可愛かったし、気に入ったよ」との事。

私はAさんの肩を抱き寄せると「彼女が泣くよ」と言うのですが私にもたれかかってきたのでそのままキス。

更に舌でAの唇を刺激するとAも舌を出して絡めてきたので、お互いの舌をむさぼりあうディープキスに。

続きを読む

普段は仕事で忙しいが休日は完全にニート、自宅警備員として家でゴロゴロしている。

そんな俺の長閑な休日に俺をバーベキュー誘う女がいた。

土曜の夜中、急にコミュ友のゆきりん(仮名)から連絡があって、

「明日、人数が足りなくなったから、俺君明日きてねー。どうせ暇でしょw」

という嬉しいような、淋しいようなお誘いw

確かに暇で、明日も家で一日中何もしないという予定を立てていたw

最初は戸惑ったが、たまにはいいかなと思い、迷いながらも「はい」と行く事にした

普段はコメントのやりとりだけだったんで少し嬉しかったw

まぁどう考えても頭数合わせですけどw

んで男6と女6で近くの河川敷でやる事になったんだ。

バーベキューの準備は業者に頼んでるらしく、テントの設営から炭焼きの準備までしてくれるのね。

ビアサーバーまであったのは驚いたw

便利な世の中になったもんだww

肉とかを始めるまでは全員があまり会話もなく、俺はバーベキューに誘ってくれたゆきりんと軽く会話を交わすだけだった。

実を言うと、ゆきりんと直接会うのもこれが初めてで、ネットでもスカイプなどでは直接に話す事もほとんどなかった。

メールやコミュ内のチャットみたいなところでは、良くPC画面越しに文字で会話してたけど・・・

そんな間柄なのに気軽に誘ってくるゆきりんのコミュ力スゲーと思いながらも、まぁ来て良かったなと。

直接会ってみると、非常に愛想もよく可愛らしい話し易い女性で、見た目は綾瀬はるかみたいな感じだった。

バーベキューが進むにつれて自己紹介が始まり、各々名前とアピールをしていった。

ゆきりん「28歳ゆきりんです。主婦してます。」

俺「Σ(◌゚Д◌゚)」

正直びっくりしたw

でもね、やっぱこういうバーベキューとか人の集まるところに参加した事がないから、すぐ俺って浮いちゃうのよね。

ぼーっと空を見つめたり、鳩を追いかけたり、もう何してんだ俺って思ってたら、ゆきりんが話しかけてきた。

ゆきりん「俺君も飲もうよ」

っとほっぺを少しピンクにしたゆきりんにビールを勧められる俺。

俺「はぁ、じゃぁいただきますぅ」

と、喉もカラカラだったので、イッキにビールを飲み干した。

ゆきりん「からの~?」

俺「Σ(◌゚Д◌゚)(oh…)」

でたwリア充ノリ。

続きを読む

いつもの掲示板に年上の人妻からメールが来た。

・・・・・初めまして、最近ときめきが欲しくて・・・・本当に名前で呼ばれる事は少ないですね。

すっかりみんなのお母さんです。

男性にも女性にも転換期があると書かれていましたが、今その転換期だと思っています。

年齢差もありますがよかったらあなたの若さのパワーと、ときめきを私に下さい。

メール待ってます。

・・・・・・この人妻の願望は手に取るように分かる。

年上の熟女とのメールのやり取りが始まった。

簡単な挨拶と、こちらの事も少し詳しく書いて、相手のメールを待った。

・・・・・・初めての経験です。

何を書いていいのか戸惑っています。

でもメールが届いてるだけで・・・ドキドキしましたよ。

これがときめきかな?とも・・・・・Kさんはパソコンにも慣れて居るように思いますがどうでしょう?

お年も私より若かったと思いますが年齢は気になりませんか?まだちょっと秘密にしとこうかな(*^_^*)

・・・・・彼女の気持ちは不安とどきどき感の葛藤をしている筈。

自分が年上だという点で気にしているので、そこは問題ないことを伝えた。

後は、色々と不安な事を質問してもらい、不安感を取り除きながら本音の話を引き出していく。

・・・・・Kさんありがとうございます。

まだ女性の部分が残ってるのか年齢は気になります。

Kさんが気にならないのなら・・・・・。

でもKさんのパワーは受け止められるでしょうか?いきなりは無理なので徐々に受け止められるように若くなって頑張りたいと思います。

私はOOです。

案外近くですね。

不安感はありますが何を聞いていいのか書いていいのか・・・・・KさんはOOからOO・OOと忙しそうですね

それだけパワーがあると言う事でしょうか?疲れを癒すためのメル友募集?

・・・・・女の岐路になって、自分の女の部分を見てみたいと言う期待感と不安感がまだ交差している。

彼女の本音は、女の部分を枯れさせなくない為に私の若いパワーを吸収したいのと、今までの真面目一本の自分の生活にスパイスの刺激を欲しいという冒険心。

続きを読む

妻がいるのに、私は他の女性とSEXしてしまいました。

その女性は人妻で、ご近所の奥さんなんです。

嫁が義父の入院する事になり、二週間程実家に帰省する間、隣の奥さんと不倫してしまったんです。

きっかけは、仕事が終わり家に帰りスーツを脱いで着替えている時、チャイムが鳴りパンツ一丁で出ると、隣の奥さんだった。

俺「こんな格好ですみません。どうかしました?」

奥さん「夕食作ったんですけど、旦那が急遽出張になったので食べませんか。奥さんから実家に帰ると聞いていたので不自由かと思い」

俺「いいんですか?喜んで頂きます。」

奥さん「じゃあ着替えたら家に来てください」

何も考えず隣宅へ行った。

すると奥さんはエプロン姿で用意をしていた。

用意が出来向かい合わせで食べることに。

最初は奥さん宅で2人っきりでの食事が緊張していた。

料理がすごく美味しい。

俺「すごく美味しいですよ。嫁の料理より。こんな美味しい料理を毎日食べれる旦那さん羨ましいですね」

奥さん「そんなお世辞言わなくても」

俺「お世辞じゃないですよ。旦那さんが羨ましいですよ。美味しい料理食べれるし、奥さんも綺麗だし」

奥さん「そんなことないですよ。中村さん夫婦(仮名)も仲いいじゃないですか?奥さんが羨ましいですよ。

あっちの方もお盛んだし。旦那さんイケメンだし、マンション内でも他の奥さん中村さんかっこいいって評判ですよ」

俺「お盛んって?」

奥さん「夫婦の裸の営みですよ。奥さんの甲高い声がたまに聞こえますよ。何分も聞こえるとこっちまで興奮しますよ」

俺「聞こえるんですか?妻が求めてくるので、ついつい(笑)奥さんも旦那さんとお盛んでしょ」

奥さん「そんなことないですよ。月1あるかないかですよ。」

お互いビール飲みながら、下ネタが続いた。

食卓からソファーに移動しテレビを見ていると、奥さんが隣へ座ってきた。

ドキドキ状態。

すると奥さんが手を握ってきた。

続きを読む

このページのトップヘ