【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:エロ

印刷系の小さい会社で従業員が10人しかいなくて、その内7人が女性だった。

会社に入ったのは去年の夏。

私が11人目の社員だった。社長。営業部長。総務部長以外はみんな女性で私は営業部に配属。
その中にはやはりお姉さん系の人がいて、3人で飲みにいった。

飲みながらいろいろ話してゆくうちに、酔ったお姉さん系社員(聡子さん)は居酒屋のカウンターで「若いのと飲みたい」とか訳解らない事言い始めた。

のりのいい人だったし、先輩面しないで丁寧に仕事を教えてくれてこんな上司ならいいかもと思っていた人でした。
急な変貌に戸惑うおいらを見て同僚と笑いながら「冗談よ!冗談!」とバチバチと人の肩を叩きながら飲んでおりました。

するともう一人の同僚が「彼が迎えに来た」という事で先にお金を払って退出。

「聡子今日はいいの?」と同僚が聞くと「この若造君をもう少し説教する」と。いつもはその同僚の彼氏に送ってもらってるらしいのですが、今日は違いました。

しばらくするともう聡子さんはベロベロに酔い始め、店を出るとフラフラと歩き始めます。
公園で休憩しようという事になったのですが、再びあやしいモード突入で小指をうっとりと噛んでいます。

すると、いきなりちんぽ回りをむずむずと触り始めます。

もうその時点で内心

「今日…できる!」

と思っていたのですが。そして「飲んでいい?」と言い公園の暗いベンチに移動させられると、ズボン下ろされていきなりパクッっと咥えます。

ベンチまわりにじゅるじゅると音がし、ときおり舌の先でチロチロされ、ふたたび根元までじゅるじゅる…
こんな事繰り返されもう限界!と思ったときに公園に犬の散歩しているおやじさんが来て、一時中断。

しかし、彼女の顔はエロエロモード全開でした。
先輩なんでこんな事するの?と意地悪で聞くと

「ちんぽぉすきなんだもん」

…さんぽのおやじさんがいなくなると、今度は手コキでいやらしく動かし始めます。
先輩に入れたいです。と素直に言うと「酔ってないときね」とあっけなく言われ手は速度を増します。

イきそうになり、先輩もうだめっす(ヘタレ台詞ですが)片手は竿をもう片方は受け止める様に先端をくるりと包みその温かさの中放出しました。

続きを読む

転勤でとある地方に赴任していたときの話です。
俺が住んでいたマンションは転勤族それも夫婦が多いマンションでした。

もちろん、俺は当時独身だったのだが。ある日、空き部屋だった隣に夫婦が引っ越してきたのだが、
冴えない旦那と目鼻立ちのくっきりした美人系の奥さんが、挨拶に来たのがはじめての出会いです。

その時は、うらやましいとは思いながらも人妻に興味は無かった。

ある日、夕方間近の中心街からマンションに戻る近道でのこと。結構細い道で、
対向車をかわすのも一苦労するぐらい細い道で、二台の車がすれ違おうとしたとき、
一台が畦に脱輪。対向車は素知らぬ顔で抜けて行った。

で、脱輪した車から降りてきたのが隣の人妻の彼女。隣同士ということもあり、タイヤを畦から引き上げてあげた。

これが2ndコンタクト。

お礼を言う彼女は、俺の車の助手席に座ってる彼女を見つけ、流し目で
「ありがとうございました。後はゆっくり楽しんでね」と言うとマンションのほうに車を走らせた。

三回目の出会いは、それから2週間後ぐらいじゃないかと思う。
カー洋品店の店内でばったり出会った。

なんでもスピード違反で捕まったので、最新のレーダーを買いに来たとか。
この時、立ち話で色んな話をした。

東京から転勤で来たとか、旦那さんの仕事の話とか。どういう流れで、そうなったのかは覚えてないのだが、
どこか遊びにいける場所を教えてねっ、って言う話でその場は別れた。

またまた、それからしばらくしたある夜。
帰宅して、ベランダで朝干した洗濯物を取り込もうしていると、隣からこんばんは。とこちらを覗き込む奥さん。

あっ、こんばんは。と挨拶を返すと奥さんから、この前の話ですけど、今からどうですか?と聞いてきた。
この前の話?なんだっけ?と戸惑っていると、遊び場所とかドライブスポットとか教えて下さいって話です。と奥さん。

マジかよ、人妻なんかに手をだしたらなんて…思ったのだがなぜか、いまでもわからないのだが、オッケーしちゃって夜のドライブに出掛けることに。

念のためちょっと離れたファミレスに集合して、俺の車でドライブに出掛けました。

なんか色んな話をしたが、ほとんど忘れてしまった。
ただ、東京から来て友達いないし遊ぶとこないし、ひまだぁ~みたいな話だったと思う。

続きを読む

六月の下旬、同業者との旅行で栃木の某温泉ホテルへ行った時の事。
10人弱だが、この時とばかりに派手な旅行をする。

いつもは海外が多いが今年は幹事が勝手に近場に決めたらしい。
派手な宴会が終わり2次会へ行く者もあり部屋へ帰る者もあり、皆それぞれに別れた。私は仲の良い同業者と二人で、軽くホテル内のバーで飲み直す事にした。

バーに行くとコンパニオンを引き連れた4人組のおやじ連中と、50代半ばくらいの熟女3人組がお客で来ていた。
男2人で飲んでいたが、やはり酔ってくると女性が欲しくなる。

彼女達もこちらを気にしている様子だったし、タイミングを見はからい熟女3人組に声をかけてみた。
どうやら隣の隣の町から来ているらしく、同郷の話も合い同席で飲む事になった。

色々な話をしカラオケやダンスをして結構盛り上がった。
11時をまわった頃、一番酔っていた熟女の一人が私たちの部屋で飲み直そうと言ってきた。

いくら50代半ばとは言え、酔った女性にはどことなく色気を感じる。
私たちは即OKし、彼女達の部屋へと移った。

彼女達の部屋は広く、和室と洋間と部屋付き露天風呂、そしてソファーのある小さなフロアーがあった。

飲み始めてすぐにあまり飲めないらしい一人の熟女は先に洋間の床に入ってしまった。

男2人と女2人になるとなんとなく雰囲気も変わってくる。
それぞれ対面で飲んでいたが、向かいの熟女がトイレに立った隙に私は目をつけていた熟女の隣に移動した。

彼女は54歳、私よりも九つ年上。
太ってはいないが胸やお尻が大きく、少々お腹も出ている。

顔は少しケバく年をとったキャパ嬢という感じだろうか。
旦那は家電屋を経営しており、今日はその婦人会の仲良しグループだと言う。

そこからはカップルのような感じになり彼女の肩や腰に手をまわしたり、酔った勢いで浴衣の上から胸をさわったり、
次第には彼女から私の股間をさわってきたりもした。

私は下半身がムクムクと起きてきているのがわかった。
そして彼女の耳元で「少し2人きりになりません?」とつぶやいてみた。

彼女は他の2人の手前一応は嫌がるそぶりもみせたが、私が手を引き和室の方へと導くと、
他の2人に「仕方ないからちょっとだけ…」と言い私に手を引かれるまま和室へと足を運んだ。

部屋に入り襖を閉めるなり私は彼女の唇をうばった。
体を強く抱きしめ、熱く激しく唇を吸いそして舌を入れた。

お互い欲望が爆発しそうなくらい唇を求めあった。
彼女はすっかり私に身を任せ、敷いてある布団に足を崩した。

続きを読む

俺がバイトしてるコンビ二に友達の母ちゃんもバイトに来てる。
俺は、22時~6時 友達の母ちゃんは6時~9時の早番のパート主婦だ。

いつもは引き継ぎの挨拶程度の関係だが去年の忘年会を近所のちゃんこ屋でやった時のこと。
友達と言っても高校時代にたまに遊びにいった程度で今はその友達とは特に付き合いはない・・(ということにしておくが・・)

始めは早番主婦2人と昼間の若い女の子も参加する予定が一人減り二人減りで結局夜勤の男4人と友達の母ちゃんだけの5人でちゃんこ鍋屋の個室宴会だ。

「おばちゃんが参加したら可哀想だからやめる」とか言ってたが、女気がないのも寂しいので?とにかく呼んだことが始まりだった。

個室の中で酒も回ってきたとき、下ネタが始まった・・・・・俺たちもとにかく彼女を飲ませたが、
シラフなら手も出したくない40代の細くて貧乳のおばさんだが俺の相方はその乳を服の上から触り始めた。

彼女は笑いながら抵抗したが、目は「やばっ」と言うかんじで、真剣にその手を振り解こうとしていた。
もちろん俺が彼女の長男の同級生だから無理もないが・・・・

しかし、別の仲間の手がセーターをめくりブラをずり上げて生乳を出した。

友達の母ちゃんは四つんばいになって逃れようとしたが、悪友?は後ろからついにブラをとった。
後ろから羽交い絞めにして見えた乳は貧乳でしかも乳首がでかい・・・俺は興ざめしたがなんと俺の悪友は、そのでかい乳首を口にした・・

年をとっても女は女だった「やめて」と言いながらも乳首がさらに大きくなっていた。
もう一人はスカートの中に手を入れてパンストを脱がしにかかった・・・

途中まではずり降ろした時

「もう大声だすよ!」

という怒り声に一瞬俺は怯んだが悪友は手マ○で攻めた。

「やめなさい」
「人呼ぶよ」

と言われた時には止めようと思ったが、その直後

「うっ」
「あぁ」
「訴えるわよ・・はぁっ」
「あぁん」

と何と反応がでてきた・・・・・

続きを読む

数年前の7月の日曜日。

危うい天気だったが何とか持つだろうと思い、バイクで郊外に走りに出かけた。

トイレと飲み物を買いに大きなショッピングセンターに寄る。

店内で用事を済ませた後、駐車場に戻ると

「Hく~ん(オレ)」

と声を掛けられた。

「ん??」

と振り向くと、どこかで見た顔。

「あ!」

と気づいた。

前の会社にいた人だった。

「あ~お久しぶりです」

「凄い偶然。Hくん久しぶり」

前の会社で同じグループで仕事をしていた人だった。

モデルみたいな細身で、胸はCくらい。

髪も綺麗なストレートで30半ばだったけど、とても子持ちとは思えない。

オレは20代後半でセフレはいたが、彼女はなし。

当時、どこかへ出かけた時には彼女にだけお土産やお菓子を買ってきたり、好きな飲み物を差し入れで渡したり、

仕事中もよく話すようにして何とか気を惹こうと躍起になっていた。

その人を何度か誘ってみたが、

「独身だったら行くけど…」とやんわり断られていた。

結婚しているという事でブレーキがかかってはいるが、多少はオレに気があるらしい。

「Eさん(相手)変わりませんね。綺麗なまま」

実際、20代にしか見えない。

「も~そんな事ないって~。今日はバイク??」

持ってたヘルメットを持って聞いてきた。

「はい。雨が降るか迷ったけど、ちょっと走りに行ってました」

「そうなんだぁ。カッコいい~」

歩きながら話していると、クルマの前で止まった。

「今これに乗ってるの」

ホンダのスパイクだった。

クルマの前で話していると、顔に水滴が付いた。

「!?」

空を見上げた。

突然ザーーーーっと熱帯のスコールのような雨が降り出した。

続きを読む

このページのトップヘ