【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:エロ

いつも外回り営業だからコンビニ駐車場で食事をしてる。

今日は遠方に行き、初めて了解するコンビニの駐車場で寂しく弁当食べていたら隣にスー・・・と一台の軽自動車が入ってきた。

車を停めても持ち主の男はなかなか降りずにずっと携帯をいじっていた。

そして周りをキョロキョロと見渡しながら、また携帯を再度いじっていた。

台風の影響で風も強いのに窓が全開なんでしばらく気になって注目していた。

約10分後、一人の女(40前後人妻?)が男に挨拶をして助手席に座った。

美人だな・・・と考えながら見ていたが雰囲気からして初めて会ったような感じだった。

・・・間違いない!きっと出会い系のサイトの女だ!俺は確信した!

というのも、俺もたまに某サイトを利用しているからだ。

いわゆる同じ匂いってやつ・・・面白そうだし時間あるから様子を見る事にした。

しばらく経つと男はスモーク貼った後部座席に行き、女も後部座席へ移動した。

この時点でやっと開けてあった窓を閉めたので俺は興奮した。

だいたい車内での割り切りはF(フェラ)が定番だからそんなに時間かからないだろう・・・と待っていた。

それにしてもコンビニの駐車場で堂々と割り切りか。

しかも隣には俺がいるのに気付いてないのか・・・と考えながら時間が20分ほどしたら女が先に車から出てきて再度助手席に座り、後から男が運転席に戻ってきた。

何かのやり取りがあり、女は頭を下げながら話をしていた。

その女を見て割り切りだと確信した。

なぜなら最初の女の髪型は髪を下ろしたストレートだったが、車から降りる時はアップにしていた。

恐らくフェラしやすいようにしたのだろう・・・そして何より右手に数枚のお札を持ちそれを鞄に入れていた。

それにしても・・・こんな良い女とヤりたい・・・フェラだけでも構わないかヤって欲しい・・・と考えていたら無性にムラムラ・・・。

男はクラクションを一回鳴らして走り去った。

かなり悩んだし心臓バクバクだが思い切って女に声をかけた。

そう、いかにも人妻の近所に住む者を装って・・・。

「ちょっと待って奥さん・・・」

人妻はビクッ!と痙攣起こしたかのように立ち止まり、恐る恐る振り向いた・・・かなり青ざめていた・・・。

「近所に住む○○です。奥さん・・・今、車でのやり取り全部見てました。お金に困って割り切りなんかやってるの?」

と聞くと人妻は虫の声のように

「はい・・・」

ただこれだけ・・・。

「ここじゃ店の前だし、僕の車で話をしましょう」

と言って僕の車に入れた。

人妻はハンカチを太もも付近でぎゅっ!と握りしめたまま動かない・・・。

まじまじと見たら色白だしスタイルいいし、何よりいい香りがする・・・髪型は少し乱れているが、左手にはめた指輪に興奮した。

続きを読む

今日は、仕事帰りに予約していた歯医者に行きました。

以前、治療していた差し歯が抜けた為だ。

先生は2人いるが、幸運な事に俺の担当は若い女医の方だった。顔は一青窈に似ているが、かなりの巨乳だ。

助手はおばさんだが、こちらも胸はでかそうだった。

治療が始まると、予想通り2人の胸が俺の頭に押し付けられた。

その感触を味わっていると、股間がムズムズしてきた。

二人が俺のところから離れた時、俺はズボンに手を入れ、パンツをずらし、もっこりがわかるようにした。

そして治療再開、また二人がぐいぐい胸を押し付けてくる。

ちんこは、フル勃起状態である。

しばらくたった時、助手の方がもっこりに気づいた。

薄目で確認すると、目はもっこりに釘付けである。

なんとか見せたいと思ったが、男の先生もいるので難しい。

チャンスもないまま治療を終え、支払いと次回の予約を済ませ、歯医者を出た。

そのまま近くのコンビニに行き、買い物を済ませ、外でタバコを吸っていると、あの巨乳の助手が仕事を終え、コンビニに入って行った。

チャンス到来だ。

俺は、助手が店を出るのを待った。

5分くらいで助手は店を出て、近くのバス停に向かって歩いて行った。

俺は車に乗るとバス停に車を停め、窓をあけ、「吉田さん」と声をかけた。

助手は驚いたようだったが、俺だとわかるとニコッと笑って、

「あ、さっきはどうも、痛くなかったですか?」

と聞いてきた。

俺は、

「どこまで帰るんですか?よかったら、送りますよ」

とダメ元で言ってみた。

続きを読む

女友達じゃないけど、近所の奥さんに手コキしてもらった事はあるよ。

その奥さんは30代後半でちょっと松下由樹ににてる。乳はそんなに大きくないけど。。

その時、俺はジョギングの帰りで、たまたま犬の散歩をしてた知り合いの近所の奥さんと遭遇して、ついでだからその散歩に付き合った。

途中、いつもの散歩のルートらしく駐車場に入った。

2,3分ぐらいそこでなんだかんだしゃべっていた中、急に俺は小便がしたくなってしまった。

まだ家までは10分ぐらいあるしもう漏れそう。。

俺は意を決して、奥さんに「ちょっと立ちションしてもいい?」といった。

すると、「いいわよ。おばさん見ないから」

といって後ろ向き、俺はその場でチンポをさらけ出した。さすがに小便中ちょっと緊張して半立ちしてしまった。

俺は「やべっ」とつい声に出してしまった。するとおばさんが急に「どうしたの?」と振り返ってきた。

俺は目が点になった。

「あっごめんね。もう終わったのかと思ってたから。」

「君のアソコ初めて見ちゃった。」

といわれた。

俺は気が動転して

「見た感じどうですか?ちょっと立っちゃてるけど」

「え、私で勃起してるの?うれしいわね。ちょっと恥ずかしいけど、、でも本当に硬くなってるー?」

といってきた。

「本当ですよー。なんならチェックします?」

「チェックって触ってもいいって事?でも緊張するなー、若い子のアソコなんて触った事ないから。」

といい、連れてた犬のロープを近くの木の枝に引っ掛け、

「じゃあお言葉に甘えて、触るわね」

といった。

まずは、指先でおそるおそる亀頭をツンと触ってきた。もうおれのチンポはカチコチ、、、

「本当にパンパンね。なんかこのままにしておくのもかわいそうのなかなー。」

「なんか期待しちゃいますよ、そんな事言われると」

「コレだけ大きくしてくれたんだから、手でだけならサーヒ゛スしてあげるよ。」

といってくれ、俺のチンポの根元を強く握り上下にシコシコしてくれた。

まじで快感だった。

続きを読む

相手は38歳のバツイチおばさん。

もう見た目は普通のぽっちゃりしたおばさん。

けど、ちょっとだけ色気というか、醸し出すエロさがあった。

娘がいて、予備校で働いてる事務のおばさんでした。

アドレス交換して会ったのは俺がまだ10代の頃で、写メは出たばかりの頃。

当然相手の顔も知らないので、ドキドキしながら横浜へ。

『着きました?私は汚い青のパーカーを着ています』とメールが来て、萎えたのを覚えている。

かおりに会った第一印象は(太ったおばさんか・・・)と、これだけ。

ただ割と目鼻立ちははっきりしてて、(若くて痩せてたら綺麗だったのかもなー)と思った。

居酒屋に入る。

メールでも話してたが、俺は高3の時に1年間、かおりの職場である予備校に通っていたため、その話で盛り上がった。

次第にエロトークへ。

かおりは前の旦那とはお互い初めての彼氏彼女同士で、すぐ子供が出来て結婚してしまったらしい。

だから今でも性にコンプレックスを持ってて、色々探求していると。

今は50代のセフレと週何回か会っているが、物足りなくてたまに生徒を摘み食いしたりしてるらしい。

飲んでると不思議なもので、ちょっと可愛く見えてきたりするんだよね・・・orz

「じゃあホテル行きましょうよ!」

と切り出したのは俺でした。

ホテルに着くなり、かおりは俺をベッドに座らせベルトを外し、跪いてフェラをしだした。

なんかかおりは『私が色々教えてあげる☆』みたいな雰囲気を醸し出していたが、40手前で盛りだしたおばさんに教わることは何もない。

フェラをやめさせ、押し倒し、服を脱がす。

予想通り腹は太い・・・。

が、予想に反していい胸をしていた。

子持ち特有の垂れ下がった感じはそこまでなく、張りのあるGカップのいいおっぱいだった。

俺は胸を揉んだり吸ったりこねたり・・・。

とにかく胸ばかり弄んでいた。

なんで、初めはアンアン喘いでいたかおりも、「ねえ・・・他も・・・」とせがんできた。

すると体を起こし、俺の顔の前に太い足を差し出した。

続きを読む

銭湯に行ったときの話。

夜遅くに銭湯に行ったらいつもは2,3人くらいいるのだが、その日は何故か俺一人だった。

これは好都合だと思い番台を見たら、いつもの30代前半くらいのお姉さんだった。

心の中でどんなもんじゃい!ととりあえず逝っといた。

何故好都合かと言うと、その日は合法完全露出の為に足に包帯を巻いて銭湯に出勤していたからだ。

そのお姉さんはDカップくらいの胸を持っていて、いつも白いTシャツを着ている。

もちろんブラは透けていて、それ見るだけでも勃起してしまいそうなくらい良い体をしている。

風呂に入る前に包帯をしているのでビニールで足をとりあえず止める。

その間も、お姉さんはその行動に興味があったみたいでこっちを見ている模様。

とりあえずその時は包帯を止める作業は面倒ということだけをアピール。

普通に風呂に入った。

銭湯がしまるのは30分後くらいと言うのは分かっていたので風呂はとりあえず長湯。

お姉さんが片付けをしているのを見てから風呂をあがった。

風呂をあがったらお姉さんがモップをかけていた。

とりあえず

「ごめんなさいね遅くまで。」

と声を掛けといた。

「いいえ。ごゆっくりどうぞ。」

ってすっごい笑顔で返答。

その時もチラッと俺のティムを見たことは見逃さない。

でもまだ興奮には至らず、鏡の前でゆっくりとタオルで体を拭いた。

お姉さんにティムが見える角度でずっと体を拭いているとお姉さんが話しかけてきた。

「足どうかしたんですか?」

「サッカーで怪我しちゃって」

みたいな会話のキャッチボール。

もちろんその間ティムは開放。

でも半勃起もさせない。

そして着替えの時に俺の作戦を実行した。

お姉さんが近くにいるのを確認し、パンツをはく感じをだしてその場で倒れた。

「いてぇ」

って大げさに言ってると、お姉さんが近づいてきて

「大丈夫ですか?」

と言ってきた。

起き上がれないのを前面にアピールしてると、お姉さんは俺の体を支えて起こしてくれようとした。

俺も「すいません」と言いながら思いっきり抱きつく。

手はお姉さんのお尻。

続きを読む

このページのトップヘ