【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:人妻

40歳の時に出世して
私は所長になりました

仕事はビル清掃会社で
地方に出向しまして
所長として働いているんです

東京から単身赴任で
オフィス掃除の仕事ですので
当然女性は五十路ちょっと前から還暦ちょっと過ぎまでの
おばさんがいるのですが

お金貰っても出来ないという
感じの糞ババアもいますが
年上好きには堪らないような美熟女もいます

その中で、56歳高齢おばさんのA子が
目にとまりました

156cmぐらいの中肉中背
普段は化粧もしていないのでそれなりですが
化粧をすれば結構綺麗になりそうな方

一応所長ですので

履歴書やパート採用時の資料を
見る事が出来ますので

その資料で調べると、10年ぐらい前に
旦那に死なれその借金で自宅を処分して
アパート暮らしをする未亡人だとわかりました

そして、娘が二人いるが
両方結婚して家を出ている事が判りました

年は取っていても女性ばかりの職場ですので
他の女性に悟られないように
二人だけになった時に
頻繁に話し掛けるようにしてました

ある土曜日、仕事が終わって
たまたま会社に二人きりになった時

「Aさん、明日の休みはどこかお出かけ?」

「部屋でボっーとするしかないんですよ
所長さんは?」

「映画観に行きたいと
思ってるんだけど、一人じゃねー」

「何の映画なんですか?」

「今話題になってる不倫物を
観たいと思ってるんだけど
内容が内容だけに一人で見るのは惨めでしょう」

続きを読む

叔母との官能的な初体験を
今日は告白します

僕の初体験は
青春真っ盛りの中学生の時で
それは桜が舞う春の季節

父は単身赴任中で

母と息子の僕の2人で
暮らしていた

ある日、叔母さんが映画を
観に行かないかって誘われて

母さんは、あまり観る気がないらしく

僕と叔母さんと二人で
映画を観に行くことになりました

部活の関係で

5時ごろからのを観ることに

映画自体、
僕的にはまぁまぁだと思いましたが

叔母さんはすごく面白かったらしい

映画を観終わって
7時ごろだったので

マクドナルドでご飯を済ませて
車で帰ることに

僕の家は結構
田舎で最寄の映画館まで、
片道1時間くらいかかる

途中、山の中の道で、叔母さんが

「ごはん食べたら
眠くなってきちゃった
少し、寝てもいい?」

と訊いてきた

僕は連れてきてもらっているわけだし
駄目などとは言えず

別に早く帰りたいわけでもないので

「どうぞ、どうぞ」

と言いました。

叔母さんは

「ありがと。30分したら起してね」

と言ってすぐ寝始めました

続きを読む

義父と肉体関係を持つようになったのは
夫が病気して他界して
未亡人になってからなんです

夫と結婚後、義母を亡くした義父と
同居していて

夫が病気で他界すると
義父に

「新しい結婚相手が見つかるまで
この家にいてくれ」

とお願いされ

そして、近所の産婦人科で
パートでしていた医療事務の
仕事をやめたくなかったことがあり
義父と私は一緒に生活する事になりました

だから、まだ29歳の私が
義父と二人で一軒家に住んでいるのは
普通なら隣近所の人たちに
変な目で見られるかもしれません

だけど、義父の援助があって、
夫が新興住宅地に家を建てて

私たちが義父と同居したのは3年前で
私に子供はなく、隣近所との
付き合いはほとんどありません

義父は2年前に定年退職していて

退職後は、以前からの釣り仲間と
釣りに行ったり
お酒を飲んだりと悠々自適な生活を
送っていました

私は半年くらい前の土曜日
病院の先生や看護師たちとの
飲み会に参加して
11時ごろ帰ってきました

義父はまだ起きていて
居間のソファに座って
ウイスキーの水割りをちびちび飲みながら
テレビを見ていました

私は、2階の自分の部屋へ行って
パジャマに着替え

シャワーを浴びるために
バスルームへ行きました

そしてシャワーを浴びていると

突然バスルームのドアが開いて
裸の義父が入ってきたんです

続きを読む

平凡ながら幸せの家族でしたが
息子の同級生が全てをぶち壊したが
結果的に良かったのかもしれません

俺好みの形で再構築出来たのですから

俺は39歳のサラリーマンで
妻のひろこは34歳の専業主婦
そして一人息子のレンは16歳の高校生でした

ある日、風呂も入り
そろそろ寝ようかと寝室で
くつろいでいる妻が言ってきました

「最近聞いた話だけど
レンのクラスに転入生が入って来て
かなりの問題児みたいなの?」


「そーなのか?まあレンはキャラが
違うから友達にはならないだろ」

「そうだといいけど、不良らしくて
何人かは絡まれて大変みたいよ」

「俺も、昔はちょっと荒れた時もあったしな」

「そーなの、初めて聞いた」

「そーだっけ?まあ、大丈夫だよ!
単なる思春期の反抗期なんだよ?」

「そーね」

「そろそろ寝るぞ」

そんな会話から1カ月が過ぎたある日

「明日、大切なお客さんと打ち合わせあるから
帰りは遅くなると思うよ?」

「わかった。待っていた方がいい?」

「寝てていいよ。そう言えば
明日レンも合宿だったよな?」

「うん、3泊で千葉の方に行く見たい」

「じゃー、明日はお前フリーだな。好きな事出来るな?」

「そんな事ないよ!専業主婦も忙しいのよ」

「そうだった。ごめんごめん」

翌日、取引相手が急きょキャンセルになり
夕方には帰宅出来る事となった

俺は、妻をビックリさせようと
黙って帰路についた

自宅に着いてからチャイムも鳴らさず
中に入った

リビングの前で誰かの会話が聞こえた

誰かお客さんかな?

と思い会話を聞いて驚いた

妻と男数人の声だった

男1「今度は、どんな事する?」

男2「それにしても、もう5回は逝ってるな
このおばさんどんだけ溜まっていたんだ!
旦那は下手なのか?」

男1「今日は、時間があるんだよな?
レンも居ないし、旦那も遅いって言ったよな」

ひろこ「でも、夫はいつ帰ってきても
おかしくないし、誰か来たら大変」

続きを読む

SM大好きな四十路夫婦で
高校生の息子がいるんですが・・・

ド変態でキチガイな私は息子と妻に
母子相姦させて
妻を自分の子供に寝取られたいと考えていました

先週、息子が母親の
スカートの中を覗いていたので
チャンスと思い声をかけました。

「祐介、なに見てるんだ!
母さんのパンティに興味があるのか?」

あわてた息子は、照れか隠しで

「そりゃー、僕だって、16歳だぜ」

と言うので
妻に目配せをしました。

「母さん、そろそろ祐介にも
性教育した方が良いんじゃないか」

妻も面白がり、

「そうね。私が性教育してあげましょうか?」

と、祐介の隣に座りました

祐介は

「いいよいいよ」

と笑っていましたが
妻がおちんちんに手をやると
おとなしくなり

妻が息子のズボンから
おちんちんを引き出しました。

私が

「お前も大人になったなぁ」

と関心するように言って緊張を解き妻も

「ほんと、こんなに大きくったわ」

と言いながら、息子のおちんちんを
シゴキはじめました

息子は

「だめだよーだめだよー」

と逃げ腰になるので、

「母さんのパンティを観た罰だ、おとなしくしろ」

と怒ると母親のなすがままになり
3分後に、射精したんです

息子に逆レイプ手コキする私のド変態妻

続きを読む

このページのトップヘ