【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:人妻

「あぁ…お客さん、早くオチンポ入れてぇ〜子種を、子種を出してぇ〜」女将は自ら太ももをM字にかかえ、両手の指で剛毛とビラビラをめくりあげた。

真っ赤に充血した膣口がパックリと開いた・・・。

この話は二年前の実話である。

学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。

お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。

泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。

泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。

部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。

細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。

三十代前半か?(こんないい女とやれる男がいるんだなあ…)と思った。

客は俺一人だけだったらしくて、女将はしばらく、楽しい談笑の中で旅館の歴史なんかを説明してくれた。

そして、なぜか途中から、俺の出身大学や親兄弟の職業、家族に病人がいないかとか、果ては血液型まで聞かれた。

俺はちょっとムッとしたが美人の女将に免じて我慢した。

2日目の夕食配膳時に女将が、お客さんに聞いて欲しい話があるから仕事が終わってから来ていいかと聞かれた。

え〜また旅館の歴史?と思ったが断り切らない性格のためウンと言ってしまった。

1時くらいに来ると言う。

早寝早起きの俺は眠いなあ〜と思いながら夕食の後仮眠を取った。

布団の上で明日回るお寺の資料を見ていた時、女将が来た。

なぜか内鍵をカチッと掛けた音が聞こえた。

髪をおろし洋服に着替えた女将の姿に何故か心臓がバクバク。

女将が俺の近くに座る。

胸の隆起が眩しく俺は視線を外す。

女将が話始めた。

何でも三年前に四代目に嫁いだが子供ができず三代目の義母から跡継ぎ産めないなら離婚してもらうと度々言われホトホト困っているらしい。

「それでお客さん、お客さんの…子種をちょうだいしたくって…」

「へっ???」意味がわからずポカーン、俺。

「お客さんには迷惑はかけません。可哀想だと思われるなら…子種を…ちょうだい…」ようやく意味を理解した。

だから血液型まで聞いたのか!女将がにじりよってきた。

いい匂いがする。

「それとも…こんなおばさんは…ダメかな?」女将が俺の内股に手をやり爪でかく。

一瞬で、俺はホント一瞬で勃起した。

「い、いいんですか。」声がかすれる。

「お客さん、口は固いですよね?」

続きを読む

去年の夏のお話でーす。

義父が急に入院することになって、義母が付き添いするので夫の実家がお祖母ちゃんと義弟だけになっちゃうから、

私が家事とかのお手伝いに行くことになりました。

夫は仕事があるから、私一人で行きました。

夫と住んでいる家からは車で三時間くらいかかるので泊り込みです。

お手伝いにいって、5日目くらいのこと。

おばあちゃんはデイケアに行ってて、高1の義弟は部活。

私はお昼ご飯の後、疲れてちょっと昼寝しちゃいました。

寝ているとなんだか息苦しくて、誰かが上に乗っかっているみたいでした。

それにシャツの中に手を入れて、おっぱいを触っているみたい。

寝ぼけていた私は、夫がいたずらしてるのかな?って思ったけど・・・そーいえば、ここは夫の実家だ!と気がついて急に怖くなりました。

薄目を開けてそっと見てみると・・・義弟でした。

義弟は寝ている私にのしかかる様な感じでシャツを捲り上げて、おっぱいを揉んでました。

まだちょっと寝ぼけ気味の私は心の中で「ヤバイヨヤバイヨ」となぜが出川の物まねをしつつ頭も回らなくて、とりあえず寝たふりをしていました。

義弟は手のひらで両方のおっぱいを包んで、ちくびを転がしながら揉んでいます。

時々、おっぱいの谷間に顔をうずめて、すーーーうっと匂いをかいでいるみたいでした。

どうしよーって困ってたら、義弟はとうとうスカートをめくって、パンツの中に手を入れました。

義弟はどこをどうしたらいいかわからないみたいで、指ででおまんこをなぞったりヤミクモにいじっています。

そのぎこちなくて、まどろっこしい指使いに興奮してしまって自分でもおまんこが濡れてくるのがわかりました。

こんな状態で濡れちゃったのがばれたら、ヤバイーって心配してたら、

指が動くたびにぷちゅんぷちゅん、と音がしはじめちゃって、濡れたことに義弟も気づいたみたい。

下着から手を抜いたと思ったら、一気に足首まで下着を脱がされてしまいました。

ごくん。

とつばを飲み込む音が聞こえて、義弟の息がおまんこにかかり義弟は私のおまんこを指で開いてじっと見ているようでした。

ここも匂いをかいでいるようで、指で確認するように私の愛液を触って音を立てたり、舌でちょんちょんつついたりしていました。

直接見て入り口がわかっちゃったのか、いきなり指をずぶーっと入れられました。

私は思っても見なかったことに「ああぁん!」と腰を反らして反応してしまいました。

義弟はびっくりして指を抜きました。

続きを読む

私35歳の普通の主婦です。

主婦業11年で子供も2人います。

主人は8歳年上ですが、優しく普通の夫婦だと思います。

夜も主人ペースですが、頻繁な方だと思います。

そんな主婦ですが、この9月に浮気してしまいました。

最初は無理矢理な感じでしたが。

相手の方は、家がとても近くで、下の娘が同じの幼稚園の子のパパ(ユウちゃん)です。

ユウちゃんは、もう年少組のときからの知り合いで、もう2年、一緒に送り迎えをしてる仲なので、ほんとに気軽に話せる仲なのです。

家族ぐるみの付き合いです。

だから、ユウちゃんにされるとは、思いもよらなかった。

ただ、私も容姿にはまだまだ自身ありで、ジムのプールでは、ちょっぴり優越感なくらいです。

ユウちゃんは、1つ年下で背が高く細身な感じで、幼稚園ママのなかではイケメンパパで噂されてます。

だから私もユウちゃんと仲の良いことも、優越感に浸っていたのは事実です。

ユウちゃんは、もう何度も幼稚園へ送った帰りに、うちで、お茶してました。

当然、他のママさん友達も、一緒の時も多かったです。

ただ、彼とは、とても気が合いました。

ユウちゃん宅は、奥様が公務員で、彼は、旧家の花生産農家に婿に入ったそうです。

今は、それほど大きくやらず、主に不動産収入だそうです。

9月始めのその日も、幼稚園の送りの帰りに、いつも通り「寄ってけば」て軽く誘い、いつも通り、うちのダイニングでアイスティーを前に、お喋りを聞いてもらってたと思います。

その日、別に普段のTシャツにジーンズで、インナーも大した物でなく、逆に恥かしいぐらいのショーツでした。

ユウちゃんは、キャミやスタンクトップや短パン姿も見てるのに、何でその日にって感じです。

お喋りしながら、何かをしに椅子を立ち、テレビの前にきたときです。

後ろから強い衝撃を受けました。

それは地震でも起きたかと。

それはユウちゃんが後ろから覆いかぶさってきたとは全く思わなかった。

私は、何かあったかと誤解したぐらい、予知してない事でした。

状況を理解するのに、間があったと思います。

「何、何・・・何!なに・・・」と私は声を出していたと思います。

その口にユウちゃんの唇が押付けられて理解したと思います。

顔を左右に振りながら、「何・何・何・・どうしたの?」って叫びながら、ソファーに倒されながら、次にはカーペットの上に倒れていました。

続きを読む

始まりは結婚4年目の2年ほど前のことです。

妻・・・29歳(当時)150−40C~Dカップよく幼く見られますが精神年齢も低いです(笑)もと塾の先生でした。

私・・・33歳(当時)自営業(カフェバー)ビジネス街に店を出しているのでサラリーマンと同じく土日が休みです。

我が家は大阪市内まで電車で1時間以上掛かる大阪といっても田舎の町にあります。

昔ながらの大きな家でコの字型に母屋と離れが建っていて20坪ほどの中庭があります。

間取りは玄関を入って左がダイニングキッチンとそれに繋がるリビング玄関を右に行くと

客間玄関を突き当たると中庭を囲うようにコの字型の廊下があります。

廊下を左に行くとトイレとお風呂右に行くと客間を過ぎたところで左に曲がり私たちの寝室、

私の書斎がありそこでまた左に曲がると2階にあがる階段がありそれを過ぎると

押入れ代わりの和室と妻が使っている和室を改造して洋室にした部屋が繋がってあります。

廊下の一番奥はトイレと両親が居た頃に作った大きなお風呂があります。

結婚4年で子どももおらず、母親は10年前、父親は2年前に他界し大きな家に嫁と二人暮らしです。

嫁は独身時代は小中学生相手の塾の先生をしていました。

結婚を前に退職したのですが平日に家で小学生を相手に少人数の塾をはじめました。

元々は嫁の兄の子の勉強を見てもらいたいというのが始まりでした。

月曜日と水曜日に5年生(当時)甥っ子M君とその同級生k君が来ます。

その他の日も火曜日と金曜日に6年生の3人組が来ています。

元々両親が使っていた一番奥の和室に学校のものと同じ机といすを買って並べています。

2年前の夏まえに風邪気味で店を社員にまかせ帰ってきたことがありました。

すぐに近所の医者に行き薬を飲んで寝ていました。

のどが渇いて目が覚めてキッチンに行ったのですが妻がいませんでした。

玄関を覗くと男の子の靴が2足あったのでM君とK君が来る日だと思い出しました。

時間は7時前で勉強の時間は終わっているはずなのですがまだ部屋から出てこないので

邪魔にならないように勉強をしている奥の和室に向かいました。

部屋に近づくと3人の笑い声が聞こえてきました。

妻の「そこ触るのは反則だよエッチ!」と言う声に立ち止まってしまいました。

3人が居る部屋は応接間に改装した際に廊下側を壁にしたのでドアからしか入れないのですが

隣のもの入れ代わりの和室とは一枚だけ残したふすまで繋がっています。

「M君そこは駄目だってば」とキャーキャー言う妻の声が気になりとなりの物置部屋に入りました。

ふすまがきっちり閉まっているので覗くことは出来ないのですが声がハッキリ聞こえました。

「よ~い、ハイ!」とM君の声が聞こえK君と妻の「ううん~」と言う声が聞こえました。

少しして「先生の勝ち~」

と妻の声「先生は左手は強いよね」とK君の声が聞こえました。

腕相撲をしていたようです。

「M君お尻から降りて重いから」という妻の言い方に2人とも寝そべって腕相撲をしていることがわかりました。

「じゃぁ月曜日はまたプロレスで勝負ね」というK君に妻は「いいけど、今度はおっぱい触ったりしたら反則ね」と妻が言っていました。

「おっぱいを触ったら・・・」その言葉になんとなくゾクッとするものを感じました。

続きを読む

私は、老人ホームを経営しています。

と言っても現在入っいる人は7人で、MAXでも10人が精一杯な小さな所です。

従業員も私の他に、妻とパート従業員(男2人)で何とかやっている状況です。

結婚5年になりますが、仕事も忙しく子供はいません。

元々、妻の親が経営していたのですが、突然亡くなり私が引き継ぐ形となったのです。

(私32歳・妻30歳・パート男25歳と27歳)老人ホームと言うのは、非常に大変な所で、24時間体制で仕事をします。

現在は7人入居していているのですが、幸いな事にみなさん若く(65歳~75歳で、みんな男)特に手が掛りません。

だから、夜はほとんど妻が専属で仕事に付いていて、たまに俺が変わります。

日中は若いパートの方で、補ってもらい、他の時間はほとんど、私達夫婦でカバーしています。

今は、入居者が若く手が掛らないので、これでも十分対応出来たのです。

私達も、忙しくなったら従業員を増やす計画でした。

その日は、私が夜勤を担当する日で、夜中見回りをしていると暗闇で突然抱きつかれました。

“はぁっ!どうしました?“と老人(仮名:新さん)に聞くと、“あ・間違!・何でもないよ!寝ぼけたのかな?“と言い部屋に戻っていきました。

“どうしたんだろう!新さんボケていない筈なのに?“そう思ったのですが、数時間して今度は別(仮名:栄さん)の部屋に入ると、

お尻を触られ“どうした栄さん“と言うとビックリした形相で“何でもない!“と言うのです。

私は、何かおかしいと感じました。

翌日、日勤を済ませ妻に引き継ぎをして私は、自宅のある3階に上った。

飯を済ませ、風呂に入ると昨日の出来事が気になった。

風呂から上がった頃には23時だった。

そろそろ、見回りの時間かな?私は、妻の様子を見に2階の老後施設に降りて行った。

妻は見回りをしていた。

ちょうど新さんの部屋に入ったので、私も後を付いていった。

扉の前に行くと、話し声が聞こえた。

新さん「昨日、お前さんと旦那間違えて抱きついてしまったよ!」

妻「本当、駄目よ!ちゃんと言ってるでしょ!旦那の夜勤の日」

新さん「そうなんだが?うっかりな」

妻「もう間違わないでね!」

新さん「今日も頼むよ!」

続きを読む

このページのトップヘ