【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:人妻

今年大学に入った18歳です

先月ついに中学からの友達の母親と関係できました。

彼女は留美さん44歳の優しそうなごく普通の主婦です。

友人も地方の大学に行き、姉は一人暮らしで旦那さんとの二人暮らしです。

中学から友人とは気が合いお互いの家に行き来していました。

高校に入り留美さんを一人の女として意識しだしました。

友人には内緒でメルアドの交換もして、普段からメールのやり取りもして今した。

留美さんも子供に内緒でドキドキすると楽しそうでした。

大学に合格してメールのやり取りで合格祝いをしてあげるとのことになり、

1日だけ留美さんとのデートの約束を取り付けました。

その日。親の車で留美さんを迎えに行き、

彼女が普段行けないホームセンターなどを回りながらドライブを楽しみ、

夕方になって彼女を家まで送りました。

「全然デートじゃなかったね。買い物につき合わせたみたいでごめんね。

夕飯ご馳走するよ。どこか食べに行く?」

「簡単なものでいいから留美さんの作ったものが食べたい」

じゃあそれならと、夕飯は留美さんの家で作ってもらうことになりました。

旦那さんが出張中とのことでOKしてくれたみたいです。

車を家に置きに帰り、シャワーを浴びながら、

どうやって留美さんと関係を持つか頭の中はそれだけ考えていました。

途中スーパーに寄り缶のカクテルを色々買い込み友人の家へと向かいました。

留美さんは普段着のワンピースに着替えており、食卓の上には料理が並んでいました。

「急だからこんなものしか作れなかったけど」

留美さんは申し訳なさそうに笑っていましたが、僕にとっては大感激です。

乾杯をして色々話をしながら、留美さんに買ってきたカクテルを勧めました。

あまり酒が強くないのを知っていましたから、甘い飲みやすい物を買っておいたのです。

「これ美味しいわ」

「顔が熱くなってきたわよ。こんなおばさん酔わしてどうするの?」

少し酔ってきたのか顔が少し赤くなり始めています。

食事も終わり留美さんが食器も片付けだしたので僕も一緒に手伝いました。

留美さんの良い香りがします。

続きを読む

昨年秋、夫が出張でいない夜、今高2の息子が抱きついて来ました。

仰向けに寝かされ胸に顔を埋めて来ました。

あくまでは母子としての範囲内のハグです。

まあいつもの事ではあったのですが、その時は妙に肌寂しい気分だったので、

より強く抱きしめ、顔にキス。

そしたら息子は顔を上げ、私の顔に自分の顔を寄せてくるではありませんか。

唇を重ねる2人。

「ごめん」「いいのよ。してみたかったんでしょ?早く彼女作ればいいのに。」

親バカと言われそうですが、息子はなかなかいい感じなのです。

チョコとかも結構いっぱい貰ってるし。

でも恥ずかしがりやで、ダメみたい。

でも彼女ができたらきっと、私って妬いちゃうだろうなって思ってました。

「いや、母さんとしてみたかったんだ」「まあ!」

感激です。キスぐらいならいつでもいいんじゃない?

それから何度もキスを交わした母子。

これは大人のキスよってちょっと舌先をねぶってあげると

「うあ!やばい、やばいよ母さん」って息子は叫んでました。

時にはふざけながら、そして時にはある想いが交錯してキスしていたんです。

「お母さん、マッサージしたげるよ」

私は肩凝り。そしてパートは立ち仕事なんで腰も張ります。

うつ伏せに寝て、腰を押してもらうと気持ちいい。

息子は腰を押しながら、私の腰の横のところをぐっと掴んでました。

電気が走り、「きゃあ!」と叫んだ私。

私の弱いところはそこと脇腹。

「ダメ!」っと怒りましたが……。

夫とのセックスを覗き見したのではと疑念が。

夫にセックス中されると、もうおかしくなってしまう私でしたから。

ある土曜日の午後。

夫は友人と飲む予定で買い物もするからと早めに出て行ったんです。

続きを読む

21歳で生んだ息子も、5月でもう二十歳。

ちょっと早いバースディプレゼントで、私の軽を乗れるようにしてあげました。

7年前に離婚して、ずっと2人暮らし。息子は昨年春に事に希望の大学に合格しました。

高校3年の時は心を鬼にして、朝早く起こし学校で勉強させ、帰りは予備校で帰宅は10時。

本人も「辛かった。」と言っていました。

私は激情家で、つい興奮してしまいます。息子の顔に何度手を出した事でしょう。

後で後悔し、息子をハグして謝っておりました。

ある時さすがの息子もキレてずっと口を聞かなかったのです。

「もう、ごめんなさいって言ってるでしょう。機嫌直して。どうしたらいいの?」

そしたら、「じゃあ、、、」と触らせてくれと言うんです。

驚きましたけど、思春期になると母親の身体とはいえ、

興味を持つ事もあると、なにかの雑誌のコラムで書いてあったような。

「おっぱいじゃ、だめ?しかたないわね。」

5分ぐらいスカートの中に手を入れさせてあげました。

パンティの上からですけど電気が走りました。

もう何年こういう事してなかっただろう。結婚も男も、もうこりごりって気分でしたし

仕事も立ち仕事で毎日疲れてたし、そういうのって無縁になってました。

なし崩しに時々、「お願い。」って言われて応えてあげたけど、

息子も必死に我慢してたし「ごめん。(こんな事しちゃ)だめだよね。」と呟くことも。

「いいから、今は何も考えないで。あくまで貴方が集中出来るならなんだってして上げる。」

と言いながら私もちょっぴり楽しんでいたりして。

大学に受かると息子は一時期して来なくなってたけど、ある夜再開。

家でふと一息つくと息子の指先で撫でられた感触を思い出し、

自分でクリトリスを弄りおもわず声が出そうになったり、、。

お正月に、免許をとった息子の運転の練習を兼ねて2泊3日の旅行に行くことに。

単に実家に帰るだけなんですけどね。

せっかくだから嫌がる息子を説得し、近くの温泉で一泊することに。

高速はつかわず、下道でゆっくり行きましょうと走り出したんです。

普段もちょくちょく乗っていた息子ですが、私は助手席で気が気じゃありません。

「ほら、危ない。だめよ、もう赤よ!」「煩いなあ。母さんの声のほうがよっぽど危ないよ。」

おもったより混んでなく、割と順調だったけど気疲れした私。

続きを読む

僕は毎週、母に精子を出してもらうようになってから、精子の量が前より増えました。

母はますます困って、「たまには、自分で出しなさいって、言ってるでしょ!」

と僕を叱りましたが、絶対にオナニーはしませんでした。

二人の姉の目が気になったからです。

でも週一だと、母が口から溢れさすくらいに出る時がありました。

溜めすぎないように時々、水曜日にも出してもらいました。

母は僕を「言うことをきかないんだから…」と叱りましたが、

「これが悪いのよ…」と嬉しそうにチンポを舐めて、マンコに入れさせてくれました。

母とのセックスは、お風呂に入りながらしてましたが、

だんだんお風呂の時間が長くなっていったので、

さすがに変だと言われるようになりました。

晩酌を欠かさなかった父には、大して気にされませんでしたが、

二人の姉には怪しまれました。

でも上の姉は、自分の受験が忙しくなり、僕たちの事などかまっていられなくなりました。

そして全寮制の学校に受かると、家から出ました。

姉が一人いなくなったので、僕は時々オナニーができるようになりました。

でも、ほぼ毎日母も口でしてくれました。

母は「今日は少ないのね…」とちょっとがっかりしてました。

僕は全然夢精をしなくなったのですが、母は僕とセックスをしたがりました。

家で二人っきりになると必ず誘ってきました。

それまで母が上になって僕が射精するやり方をしてましたが、

小五の夏休みになると、母がしっかりセックスを教えてくれました。

正常位で母の顔を見ながらすると、とても興奮しました。

母も自分のいやらしい顔を、僕に見られるのと、物凄く乱れました。

続きを読む

今日は大学が午前中で終わり、昼過ぎに家に帰りました。

家に帰ると母はソファーに座り昼ドラを見ていました。

「今日は午前中で大学終わりだったんだね?」

「そうだよ、だから直ぐに帰って来たよ」と言い、

今年45になった母の隣に座り洋服の上から胸を触りました。

息子の僕が言うのも変ですが、母の肌は白くて張りがあって綺麗です。

「俊ちゃんどうしたの?(笑)」

「エッチしたくなったよ」

「そうなの~俊ちゃんエッチ~」と言われ僕は

母の洋服をめくり上げブラの上から胸を触り始めました。

「も~俊ちゃん、エッチなんだから~お母さんに何するの~(照)」

僕が両手で激しく胸を触ったりしていると、

母もだんだん気分が盛り上がってきたようです。

「あっ気持ちいいよ~もっと触って~」

母の呼吸が荒くなり、次第に乳首が立ってきました。

「お母さんも俊ちゃんのアソコ舐めたい」

と言い僕のズボンを下ろしてきて、アソコを舐めてきました。

「俊ちゃんのオチンチン今日もビンビンだよ~」

母は上手で僕はすぐイキそうになってしまいます。

「お母さんちょ~気持ちいいよ~」と気持ちよくなっていると、

母が「も~だめ、お母さん我慢出来ないから、早く入れて~」

と僕に洋服を脱がせるようにして、パンティーを下ろし、

テーブルに手をつきました。

後ろから見ると、母のアソコはもうなんとなく湿っているみたいです。

僕が後ろから母のアソコを指で触ると、中はヌルヌルでした。

そのまま指2本でズボズボ出し入れしていると、

「あっあぁ~いぃ~あ~あっあっあっあぁ~いぃ~気持ちいいよ~あぁ~」

と気持ちよさそうな声が上がります。

続きを読む

このページのトップヘ