【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:人妻

先日、暇で暇で何と無く会社の後輩がお勧めしてくれた出会い系サイトに登録してみた。

案の定だが援交の馬鹿な女ばかりだったが

1件だけ人妻らしき女性の書き込みで援交ぽく無い内容を

見つけたので無料ポイント分だけ遊んでみた。

簡単な挨拶と自己紹介のやり取りをしてると

凄い近所に住んでる事が判明し、地元ネタで盛り上がった。

彼女の名前はみゆきと言い年下の旦那と息子との3人暮らしで36才の人妻。

意外と楽しい時間を過ごせたが、俺の無料ポイントも後僅かになったので

その事を伝えるとみゆきから「会ってもっと話したい」と

地元から少し離れたファミレスで待ってると返信が有った。

上手すぎる話なので『サクラかな?』とは思ったが車で

15分程度の場所なので、昼飯食べに行く感覚で行ってみた。

しかし本当にみゆきはいた。

ぎこちない挨拶を交わして軽くランチを済ませてからドライブに出発。

みゆきも緊張が解れてきたのか饒舌になり

意外なカミングアウトをしてくれた。

「実は昨日もサイトで知り合った人と会ったんです。

でも、ヤクザみたいな人で怖くなって、私…逃げたんです。」

小柄で童顔だが、何処にでも居そうな平凡な主婦に見える

みゆきが毎日違う男と会ってるのを聞いて少しビックリしたが

聞き役に徹した。

みゆきは更に饒舌になり、もっとビックリする話を始めた。

「私達もう10年くらいセックスレスで…

でも、最近までは何とも無かったのに、急にムラムラして来て

でも今さら主人にも言えないし、独りエッチでは

もう我慢出来なくて昨日会ったんです。」

切々と語るみゆきの顔は真剣そのもので嘘をついてる風でも無かった。

「じゃあ、昨日の人が怖く無かったらセックスしてたの?」

「…たぶん」

「俺は怖い?」

「全然怖く無いですよ」

「じゃあ、今からみゆきさんのオマンコを犯して良いんだよね」

「…はい…私で良いなら…」

そのまま車をラブホへ走らせた。

饒舌だったみゆきもホテルの部屋に入ると黙り、オドオドして挙動不審だった。

「今日で浮気何回目なの」

「…初めて」

「へ~そうなんだ」

「じゃあ、男性経験は旦那含めて何人?」

「…2人だけです」

ラッキー!!

続きを読む

去年の夏休みの話だ。日射しが強烈な土曜の午後、

6年生になる息子の同級生3人が我が家に遊びに来た。

4人で市民プールへ行くから、車で送ってほしいという。

あいにく私は予約していた理髪店へ行くところで、

代わりに妻が送ることになった。

子供たちにすれば、送ってくれさえすれば誰でも構わない

…というかむしろ、美人で気さくな妻に送ってもらえると喜んでいたようだ。

「どうせなら、君も泳いできたら?」

出掛けるために着替えながら、何気なく妻に勧めてみた。

35度を超える猛暑が続いていたし、運転手ついでに水浴びしてきたら

…というつもりだった。

「ダメよぉ。泳げないもん」

確かに妻は筋金入りのカナヅチで、ビーチでも日光浴専門だ。

「それに、こないだ海へ行ったとき、水着ほつれたの直してないし…」

難色を示す妻に、子供たちは

「ええーっ?オバさんも泳ごうよー」

とブーイング。

もっとも息子だけは、あまり来てほしくなさそうだったが…。

「浮き輪を持っていけばいい。水着だってほら、昔着てたのがあるだろ?」

「だって…もう10年も前のやつよ」

という妻も、男の子3人のラブコールにまんざらでもない様子だ。

結局、子供たちに押し切られる形で仕度を始めた妻を残し、

私は近所の理髪店へ向かった。

散髪は5カ月ぶりくらいか。とにかく暑かったので、

襟が隠れるまで伸びた髪を思い切って刈り上げた。

クセ毛で鳥の巣みたいだった頭は、まるでGIのように。

伸び放題だったヒゲもきれいに剃り落とし、

理髪店の親父が「こりゃ別人ですね」と笑うくらいサッパリした。

家に戻ると、妻と子供たちは出たあとだった。

家でテレビでも見てゴロゴロ…とも考えたが、

ふと『せっかくだし、俺もプールに行くかぁ』と思い立った。

冷たい水に入って、久しぶりに水着のお嬢さんを観賞するのも

悪くないか…なんて下心もあった。

市民プールは原付を飛ばして15分。

メーンプールを囲むように流水プールが周回し少し離れてサブプールがある。

夏休みは例年、人で水面が見えなくなるくらい混み合うのだが、

この日は思いのほか閑散としていた。どうやら若者たちは、

隣町の遊園地に今年オープンした大型プールへ流れたらしい。

続きを読む

最近人妻にハマっていて何気なく出会い系サイトを徘徊してると

「今から、癒してほしい」との投稿が目に付く

全くエロを感じさせない文面にもかかわらず

何の気ナシにメール投下。

てか文章的に会えれば鉄板でしょう!

忘れた頃に返信がアリ。

「○○駅で待ち合わせできませんか?」とのこと。

「解りました。宜しくお願いします」と返信。

この時点で自分的にもエロは全然頭になく、なんか面白そうだ

くらいの感覚で・・・なにしろお相手のメールの文面が硬い…

サクラならサクラでいいやと思い某駅にて

曇天の昼下がりに待ち合わせ。

指定の場所に着くとメール内容と合致する

服装でたたずんでる奥様がいました!

上下のパンツスーツで胸回りと腰回り

真面目そうな黒髪ショートカットで普通体系の女性。

まっやるのには問題ない!

「初めまして、よろしくおねがいします」

奥様はテレるでもなく「こちらこそ」とテンションはハイ。

「曇ってますしラブホとかいきますか?」

とあっさり訊いちゃってる俺それ以上に

あっさり「はい」と奥様

ラブホにチェックインしてしばしトーク!

なにやら連日旦那さんと喧嘩してるみたいで

メンタル面がやられてたみたい・・・

最近こういう奥様は多いですね。

そして我慢できなくなった俺はディープキスして

奥様を押し倒してパンツスーツを剥ぎ取った!

続きを読む

この世間で、所謂単身赴任という辞令を甘んじて受けた方々は、一体何人おられるのでしょう。

私もその一人で、妻と息子を残し、今こうして未だ慣れない土地にてこのサイトを拝見しております。

管理職として支店長の椅子が確保されてはいても、其処は地方都市の一角、正直左遷と言えます。

我が家を離れて暮らす私にとって、人生最初の岐路とも言える高校受験を控えた息子が気掛かりではありましたが、一番の不安はやはり私には妻の清美の事でした。

今年で四十路を迎える妻は、私にとって掛け替えのない愛妻であったのですが、今はその妻に対し、憎悪とも言える嫉妬の念を感じずにはおれません。

このサイトはこの土地に来る前より拝見しておりましたが、今日、漸くこの想いを書き込む気持ちの整理がついたのです。

実は、妻は数年前、私の目を盗み浮気をしておりました。

普段は清楚で良妻賢母という言葉が似合う妻なのですが、その時ばかりは魔が差したと言うのか、清美は数回程、他人に抱かれその欲望を満たしていたのです。

詳しい詳細は割愛しますが、私の性に対し多少なりとも不満を持っていたのでしょう。

仕事一辺倒の私にとって女盛りである妻を満足させていなかった事が、一番の原因だったのです。

実際、二年以上も夫婦の営みは存在しない状況が続いていました。

妻は号泣しながら私に離縁を求めましたが、結局息子の事や世間体もあり、私達は離縁しなかったのです。

それから数年の間、私は清美を数回程抱きました。

妻は、夫の私が言うのも烏滸がましいのですが、人並み以上の風貌と肉体を持っている女性です。

ですが、その円熟した裸体には絶えず他人の陰が纏わり付き、その乳房を愛撫しながら、滑らかに盛り上がった臀部を愛撫しながらも、

私は何処か冷めている自分を感じていたのです。

単身赴任が決まり、私はある決意をしました。

妻が、再度浮気するかどうかを。

あの美しく白い裸体を横たえても幾分も興奮しなかった私でしたが、あの妻が又誰か見知らぬ男の男根を求めるのでは無いかと思うと、

狂おしい嫉妬心が心を焼いていくのを感じました。

何と言えばよいのでしょう、この被虐的とも思える妄想を。

いや願望と言うべきだったのかも知れません。

続きを読む

出会い系サイトを利用して10年になりますが、一昨日久しぶりに援してきました。

朝からパチンコをしていたのだが全くダメなので暇つぶしに最近使ってるPCMAXの掲示板を覗くと巨乳っぽい人妻を発見!

おっぱい星人の自分はたまらずメール。

30分たっても返事無し、冷やかしかぁ~と思った瞬間彼女からメールが来ました。

お願いイチゴと言うので人妻のくせに高いなぁ~と思いましたが、写メの爆乳が気になり写メ送ってくれたらいいよって了承しました。

5分後口元を手で隠した写メが送られてきた。

ドストライク!結構いけてる!

某駅で待ち合わせの約束して、移動しました。

どうせ写メと違う子が来るんだろうと疑いつつ待ち合わせ場所に行きました。

待ち合わせ時間になっても現れず、やっぱりこう言う展開だなと思った時メールが。

「今、着きました。」

見渡すと細身のパンツにサマーセーターの彼女を発見!しかも写メ通り本人!セーターの膨らみも本物ぽい!

声をかけると頷く彼女。

かわいい~。

自分は既にフル勃起、先走っていました。

じゃあ行こうかぁ~と言い陸橋の側のホテルへイン。

今日は意外と混んでいて空いていたのが高い部屋、おっぱいを早く拝みたくてそこに決めました。

部屋に入ると彼女が「お風呂入れようか?」と聞いてお風呂に行きました。

彼女、プロ?慣れてる感じ。

お風呂が沸くまで世間話、巨乳をモミモミしながらしていました。

続きを読む

このページのトップヘ