【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:体験談

暇だったのでテレクラで時間をつぶすことに。

待つこと数分で電話が。

好みではなかったのでパス。

次は援助目的だったのでパス。

3本目にかかったきた電話が28歳人妻のH。暇だったからかけてきたとのこと。

まずは普通の話から入ることに。

よくしゃべる明るくて楽しそうな女性でした。

仕事のこと、ダンナのこと。。。

ダンナの話が出たので話をエッチ方向に。

するとダンナは年上で精力減退気味で1ヶ月半ご無沙汰だそうで。

これはいける!と思い口説きモードに(笑)

「俺のは大きいよって言われてるから試してみる?」

の言葉で彼女のオンナ心に火がついたらしく会いたいと。
もちろん俺はOKし、待合場所へ。

そこにはちょっと太めだけどかわいらしい女性が。28、しかもとても人妻には見えない。。。

そそくさとホテルに入りまずはお風呂に

お風呂でもいろいろ話して楽しめました。

そして、いざベッドへ。

俺のものにおもむろに手を伸ばしてくるH。触るなりあえぎ声を上げ「ほんとすごーい」と一言。

「もうすぐこれがHの中に入るんだよ」と言うと「想像しただけで体が熱くなっちゃった」と。

触ってみるともうすでにトロトロ。

1ヵ月半のムラムラが一気に爆発!?

あえてクリを触らず焦らしていると「ねぇ、女のオナニーって見たことある?」と。

もちろんあるけど、あえてないと答えると案の定「じゃぁ。。。見せてあげる」と激しくクリをいじり始めました。

痛いんじゃないの?と思うほど激しい。

「おまんこからいやらしいのがお尻まで垂れてるよ」と言うとおま☆こがヒクヒクし、ますますびしょびしょに。

一段と声が高くなり体を痙攣させ昇天。そこでも淫乱振りを発揮。

イッたばかりなのに、「今ならすごく感じるの。」と濃厚フェラ。気持いい・・・

我慢の限界に達したらしくフェラをやめ、ゴムをつけ「早く!!」と催促。

続きを読む

新卒で会社に入ったばかりのころ、課に30直前のお局さまがいた。

顔は中の下くらいだが、カラダはむっちりしてて、かなりエロかった。

ある週末に飲み会があり、俺はお局さまを狙っていたが、

先輩達に阻まれ、失敗。

結局、飲み会が終わるまで一言も話せず、店を出たところで、奇跡が起こった。

帰る方向がお局さまと一緒だったのだ。

先輩たちをおしのけ、強引にお局さまと同じタクシーに乗り込んだ。

タクシーの中で、いろいろ話をしているうちに、俺のアパート前に着いた。

「ダルいので、ちょっと休んでから帰る」

とお局が言い出した。

俺は心の中で歓喜した。

部屋に入るとすぐ、お局さまが胸を押し付けて抱きついてきた。

「ちょっと、マズイですよ」

と言ってはみたが、股間は完全にガチガチになっていた。

俺は我慢できずお局さまを床に寝転した。

ブラウスのボタンをはずし、ブラジャーのカップを下げて乳房をだし、舐めてた。

俺はズボンとパンツを脱ぎ、正上位になりお局さまのスカートをまくり、

ペニスをパンストのセンターシームにそって、亀頭を擦り付けた。

お局さまも感じてきたらしく、パンストと下着を脱いだ。

そこには膨らんだ大陰唇と、ぱっくり割れたスジから小陰唇が少し出ている女性器があった。

実は俺、この年になるまで精通していなかった。

何度か、オナニーのまねごとやAVを見ても、射精できなかった。

ただ、ネットで無修正エロ動画をみていたので、

知識だけは、玄人なみだった。

俺は、お局さまのM字開脚の中に身体をしずめ、勃起したペニスを割れ目にそって、

我慢汁を塗りたくった。

そして亀頭を膣口にあて、押し込んだ。

続きを読む

3年くらい前の職場の歓迎会で若妻とエロい事した

一次会は焼肉屋で普通に会社の歓迎会。

向かいに座った人妻は小柄だが見た目結構おっぱい大きくて俺好み。

俺は酒に飲まれながら、何とかならないかと強引でもないが2次会へ誘ってみる。

人妻は案外すんなり着いてきたが、職場の先輩後輩も着いてきて4人で飲みに行くことに。

2次会は先輩とよく通っていたショットバー。

一次会で強い酒が好きだと聞いていたことと、

先輩とよく飲みにきていたから少し強めのカクテルをオーダーしてみる。

人妻は俺がオーダーしたカクテルが気に入った様子だったが俺が飲んでいたカクテルが気になっているよう。

人妻(Oさん)に俺と同じものをオーダー、こんなに飲むのは久しぶりと酒を楽しむOさん。

2次会も1時間を過ぎたぐらいで人妻Oさんは酔ってきたのか旦那さんに迎えを頼もうとカバンから携帯を取り出した。

今日はダメかと思う俺。そんな俺の前で酔いから転んでしまったOさん。

Oさん大丈夫?と一同、大丈夫ですとOさんはトイレへ。

Oさんがトイレに行って10分は過ぎただろうか、戻ってこないOさんが心配で俺もトイレへ行きOさんへ声を掛けてみる。

ただその時はOさんが心配でトイレに向って声を掛けた。

「Oさん、とりあえずドア開けてください」と俺、「すみませぇん」とOさん、そしてトイレのドアが開き俺もトイレへ。

しばらくOさんの介抱。

当時は夏、Oさんはノースリーブで便器に向って座っていた。

俺はOさんの背中をひたすら擦っていたが、擦っている背中のブラと左後ろから見れるOさんの胸の膨らみが気になりはじめてきた。

そのOさん後ろから見える胸の膨らみに、手を伸ばせばいくらでも触れる距離。

迷った、でも好みでおっぱいは大きい感じ、手を伸ばしたい相手は酔っている、触っても気付かないんじゃ?手を伸ばし始める俺。

俺の左手は迷いながらOさんの左おっぱいを触っていた。

続きを読む

私は43歳の主婦です。主人とは3年前に離婚しました。
我が家には21歳の息子がいます。

出来が悪くて高校も中退し、仕事は一応しているけど、
柄の悪い不良な友達とばかりお付き合いするようになりほとほと困ってるんです。

我が家は六畳と四畳半しか部屋がなく、
息子の四畳半の部屋に入るには、
私のいる六畳の部屋を通らなければなりません。

しかも!息子は合鍵を友達に渡しているみたいで、
その合鍵を持った友達らは、
息子が仕事や用事で出掛けている時にも平気で上がりこんでくるんです!

そして、私がいる六畳の部屋を通って息子の部屋に入っていきます。

信じられませんよね!

それでも私は、
彼らが別に問題を起こすわけではなかったので
ずっと我慢していました。

騒がしくて仕方の無い時も多かったけど、
息子がいる時なら息子を注意すればまだよかったし、
いない時でも私が我慢すればいいだけだったので…

それがある日、とんでもない事が起きてしまいました。

彼らは集まるとよくお酒を飲みます。

その様子が私の部屋からもよく分かるのです。

その日は息子はおらず、友達だけでした。

その友達らはお酒のせいで気が大きくなり、
大声を張り上げながら私のいる六畳の部屋にまで入ってきてしまったんです。

私はビックリしてたじろいでいたら、
彼らに手足を掴まれ息子の部屋にまで引きずられてしまいました。

煙草の臭いがすごく、万年床となった布団に無理矢理寝かされ、
私は彼らにアッと言うまに全裸にされてしまいました。

彼らは私から見たらゾンビそのものでした。

もう何を言っても叫んでも通じなく、
正気にはどうしても見えなかったのです。

何本もの手に私の身体はまさぐられ、弄ばれ、もみくちゃにされました。

手足を押さえつけられているのでどうしようもありませんでした。

まさか自分の息子の友達にレイプされるなんて!

なんて恥かしいことでしょう。

やめてやめて!って言っても誰も聞いてくれない。

もがいてももがいても無駄な抵抗。

そうしてるうちに誰かの指が私のあそこに入りこんできて
激しく出し入れしてきました。

もうたまりませんでした。

そして、誰かに私の両足を首まで持ち上げられてしまいました。

もうこの上無い恥かしさに私は、泣き出してしまいました。

太ももからお尻、そして股間にまで何本もの手が伸びもみくちゃにされました。

私は、最後まで耐え抜こうと歯を食いしばっていたけど、
彼らの何本もの手にはかなわなくなってしまい、
力尽きてしまいました。

いきなり体重が私にかかってきたと思ったら、
挿入されてしまいました。

もうダメだと思いました。

腰を激しく振られるたびに私はみっともない喘ぎ声が出てしまいました。

もちろん涙もたくさん流れてました。

一人が終わり、そして次の子が私に覆いかぶさり、
終わるとまた次の子に。

もう私の身体はボロボロでした。

四つん這いにもされまたみんなが順番に私の中に入ってきました。

やっと解放された私は自分の部屋に全裸のまま戻ったけど、
しばらく動くことが出来なかったです。

息子にこんな姿見られてはいけないと思って、
すぐシャワーを浴びにお風呂場に入ったら、
誰かがやってきてお風呂場でもレイプされました。

もう許してー!って何度もお願いしたけど、彼らは色んな知識があるのか、
お風呂場の他にも台所やおトイレとか次々と場所を変えては私を犯してきたのです。

以後、息子がいるときは彼らはまだ大人しかったけど、
息子がいないときは必ず私は犯されるようになりました。

私は怖くて逆らうことが出来ません。

息子がいないときに彼らがやってくると、
もうその日は絶望的な気持ちになります。

私は六十路の還暦主婦です。

特に美人でもないですが、色白の肌が自慢です。

白髪交じりのショートカットの普通のおばさんです。

もともとおとなしくて話下手で、主婦仲間でもいつも聞き役で、自分から話しかける事はありません。

体も小さくて145センチしかなく細身です。最近は下半身に肉がついて少し太くなってきました。

家族は、59歳の会社員の主人と、35歳の土木作業員の息子と、

すでに嫁いでいる32歳と30歳の娘がいます。

主人は仕事が忙しいと言いながらも毎晩飲んで帰ってきますが、お酒には弱いのですぐに寝てしまい何があっても起きません。

ですから、6時にはきちんと帰ってくる息子と2人きりの事が多いのです。

息子とは何でもよく話し中がよいのです。

息子は185センチもあり仕事柄、がっしりした格闘選手のような体をしています。

しかし今まで女性とつき合ったことがなく、またイケメンでもないのでもてません。

顔も吹き出物が多くごつごつした怖い顔をしているのです。

それに、他人と話すときは緊張するせいかひどくドモルのです。

時々、ソープなどへ行って性欲の処理をしているようです。

お見合いも何回もさせたのですが、いつも断られてきましたが、25回目にしてようやく婚約することができたのです。

相手の方は37歳のアパレル関係の方で、少し派手な女性ですがお互い年なので合意したようです。

その方は奈美恵さんと言って、主人と同じタイプでお酒が入るとどこでもすぐ寝る癖があるようです。

婚約してから2ヶ月後に結婚式を挙げることになりました。

その間2人とも仕事が忙しくて2回ほどしかデートはできなかったのです。

息子に聞くと、キスまではしたがセックスはしていないと言っていました。

結婚すればいつでもできるからとお互い決めたようです。

そして、結婚式当日、滞りなく終わり、息子たちの新婚生活が始まったのです。

二人の新婚旅行はグアム島でした。

ところが、私たち夫婦は新婚旅行していなかったのと、海外へ行ったことがなかったので、

息子が「一緒にどう?」と私たちを誘ってくれ、奈美恵さんも快く了承してくれたのです。

ただ、シーズン中だったのでホテルが満員で、一部屋しか取れなかったのですが、

幸い4ベッドの部屋だったので息子たちには悪いと思いながらも同行することにしました。

夕方、ホテルに行くと早速街をぶらつき、おしゃれなバーでビールを飲み戻りました。

夕食後、再びホテルのバーで、4人でかなり飲みました。

続きを読む

このページのトップヘ