【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:体験談

これは数年前に起きた話です。

我が家は、街からちょっと離れた所で、山間に出来た住宅地にあります。

週末の午後7時位に、仕事を終え自宅に向かっていると、いつもは家の明かりがいっぱい点いている筈なんですが、何処の家も暗く不気味な雰囲気を醸し出していました。

我が家も例外では無く、明かりは点いていません。

車を停め、玄関を開けようとしても鍵が掛っていました。

その時です。

隣の家から妻が出て来たんです。

「貴方、お帰りなさい!」

「どうしたんだ?」

「停電なの!」

妻に呼ばれお隣さんへ向かうと、隣の武田さん夫婦と子供達(お互いの子供が同級生)、それに妻がリビングでロウソクの明かりの中、時間を過ごしていた様だった。

話を聞けば、夕方4時位に近くの山が崩れ、送電線が何本も切れたらしく、復旧には時間が掛かると言うのだ。

しかも、我が家はオール電化で、停電では何も出来ない状態。

そんな時、お隣さんが声を掛けてくれて、一緒に夕食を済ませたという。

続きを読む

去年の夏の話。

私40歳と、妻38歳は車で九州に旅行に行こうと、神戸からフェリーに乗ったのです。

それがそもそもの間違いでした。

妻は、男性経験は私一人であり、テレビのラブシーンも消してしまうような堅物で貞淑な女性です。

それでもこんな事が起きてしまい、驚きつつも妻の一面を知り、今でも思い出しては興奮します。

妻の性のドロドロした深さを知ったものです。

ところで妻の容姿ですが、子供が出来ない為か、スレンダーで髪も長くよく20代に見られて、色んな友人からも

「お前の奥さんはいいな。美人ですごく色気があって。一度、デートしたいなあ」

と同じようなことをよく言われます。

そういうことを聞いても、妻は笑って相手にしません。

それなのに・・・。

さて、夜からフェリーに乗り、朝早くには九州に着くのですが、2等しか取れず、しかも車に乗っての乗船だったので、先に歩いて乗ってきた人達で一杯でした。

何とか隅のほうをキープしたものの、トラックの運転手さん達の溜まり場になっていました。

しかも横になれる範囲は一人がバスタオルを1枚広げた程度なんです。

それに合わせて妻の服装が薄いワンピース姿。

後からパンツを穿いておけばよかったと思っても、もう車の所には戻れず、運転手さんの視線が妻にいっているのがわかりました。

続きを読む

新宿についた俺はアルタの前を避け、◯◯前の青信号を待っていた。

その時、なんとなしに対岸の一人の女性と目が合った。

彼女はハッとして目を逸らした。

格好は地味だが、目鼻立ちがすっきりした美人だった。

あんな女とやりてーなーぁ─と思いつつ、青信号になったので渡り始めた。

彼女は誰か待っているのか渡ってこない。

(ちっ、近くで見てやろうと思ったのに)

俺は自分から近づいていった。

驚いたことに、彼女は俺の方を向いて、まるで待っているかのようにしていた。

(やべっ、変な野郎だと思われたかな?)

俺は努めてさり気なく、彼女の横を通り過ぎようとした。

女「あっ、すみません」

通り過ぎようとした俺の腕を掴んで彼女が言った。

女「あの、もしお暇なら食事に付き合って頂けませんか?」

(宗教の勧誘か?)

俺はちょっと身構えた。

それを察したのか、彼女は笑って・・・。

続きを読む

俺24歳、女性経験2人。

今までに彼女がいたこともあるし、セックスも何回かしたことはあった。

けれど今のようにAVや無修正動画が横行している時代に、普通のセックスでは物足りないと感じるのは俺だけじゃないはず・・・。

彼女とセックスするときには、雰囲気作りに始まり、電気も消さねばならないし、もちろんゴムも付けるし、色々相手を労ってやらなければならない。

それに彼女がそんなにセックスに対して積極的な性格でなければ、向こうから愛撫などはまずしてくれない。

そういうわけで俺は今まで、フェラもされたことはなかったし、正直明るいところでマンコも見た事さえなかった。

クンニでさえ、『恥ずかしい』という理由からたまにしかさせてくれなかった。

そして挿入はいつも正常位。

もちろん俺が一生懸命腰を振って終わり。

向こうもそれなりに感じてはいるが、結局お互いイクこともなくそのまま疲れて終わってしまうこともあった。

そんなこんなで俺はずっとセックスに不満を持っていた。

(自分のしたいセックスが出来たら・・・)

そんな願望を心の奥底に秘めて早一年。

俺はついにデリヘルを呼ぶことを決意した。

店は事前に調べておいた60分一万円コースの激安店だ。

続きを読む

主人は仕事と妻のあたしと1人娘の愛華をこよなく愛する、ごく一般の男性です。

娘は小学五年生。

住まいは念願の一戸建てに去年の秋に引っ越して来たばかり。

幸い前に住んでいたアパートから比較的近かったため、学区も同じで引っ越しの支障もありませんでした。

ちょっとラッキーだったけど、ごくごく普通の一般家庭の姿でしょう。

夫には、絶対内緒の秘密を除けば・・・。

夫と愛華を送り出してしまうと、愛華が帰って来るまではあたしの時間。

新聞や他の月々の支払いは殆ど口座振替だから集金に来る人もいないし、あらかじめ来客予定がなければ居留守をしていても、さほど影響ないのでたっぷりと邪魔される事なしに愛し合えるんです。

お相手は四軒先の早乙女さんの奥様の舞さん。

今ではすっかり舞さんの虜になっているあたしです。

出会いは引っ越ししてから初めての年末の地域の自治会での会合でした。

舞さんは初めてあたしを見たときに、こういう関係になることを予感したそうです。

あたしは舞さんに誘われるまでは普通に女の子してましたので、同性とのSEXって聞いたりしたものの無縁な世界だと思っていました。

会合の時は自己紹介で名前を知っていただけでしたが、新年の挨拶や地域のイベント、子供の事など、舞さんのほうから話かけてくれたので、引っ越し後の不便さも解消でき、いつの間にか2月になる頃は仲良しになっていました。

2月の寒い日のことでした。

続きを読む

このページのトップヘ