【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:体験談

私は、昨年新婚旅行で、ある南国のリゾートに行きました。

そこで主人には決して言えない、屈辱的ですが官能的な体験をしました。

主人は30歳。

私は22歳で身長は163センチ、ややポッチャリ型です。

二人とも田舎から出たこともなく、今時珍しい両親の勧めによる見合い結婚です。

私はそれまで地元の女子高を出て、団体職員として地味に過ごして来たこともあり、男性経験はなく、文字通り新婚旅行が“初夜”となるはずでした。

初めてのセックスに、とても期待していました。

新婚旅行は、二人とも海外は初めてでしたが、友達の勧めもあり、海のきれいな南国のリゾート地にしました。

現地には昼過ぎに到着したのですが、観光予定も少なく、夜のオプションが現地の添乗員からいくつか紹介されました。

現地添乗員は陽気な男性(30歳位?)だったのですが、彼に強く勧められてリゾートのリラクゼーションマッサージを受けることにしました。

彼の手配したタクシーで10数分の、ホテルから数キロほど離れた場所で、決して綺麗とは言えない古い施設でしたが、

添乗員が勧めてくれたお店でもあり、そのお店に入ることにしました。

お店に入ると、受付には南国を思わせる赤い花をふんだんに使った装飾が目を引きましたが、そこにいたのは50歳くらいの肌の黒い現地の女性でした。

話は聞いていた様子で、「新婚さんね!オメデト、オメデト!」と歓迎され、私と主人の二人は、順番に二階に案内されました。

そこは、大部屋でカーテンだけで仕切られただけのマッサージベッドがいくつか並ぶところで、暗く、決して高級と言えるようなところではありませんでした。

他にもお客さんがいたようですが、男女で分かれているのかもよく分からず、私と主人は、呼べば会話が恐らくできたであろう距離のベッドに案内されたようです。

主人がやり取りしている会話が聞こえてました。

私を担当してくれたのは、40代くらいの色黒の大柄な現地女性でした。

主人の方も同様だったようです。

私は彼女の指示に従い全裸になり、うつ伏せの状態でアロママッサージを受けました。

南国での新婚旅行ということもあり、普段は着ないような大胆な真っ赤な透け透けの、

縁に大きなヒラヒラの付いたブラとパンティをしていたので(勝負服のようで)恥ずかしかったのですが、彼女は「ステキね」と褒めてくれました。

続きを読む

義母58才、私と妻38才(共働き)、子供なしの3人暮らしです。

妻とは週2~3回の営みがあります。

義母はもう16年前に義父を亡くしています。

その間の男性経験は、私には分かりません。

結婚して8年になり、未だ子供に恵まれていませんが、性生活は充実していると思っています。

それでも8年もいるとマンネリ化するのも当然ですよね。

3ヶ月程前に、妻と秋葉原でバイブレーターを買い求め、早々その夜から楽しんでSEXに励んでいます。

これまで普段穿いていたパンティにパジャマ姿くらいでしたが、これを境にTバックや紐パンティを妻は好んで穿くようになりました。

言うまでもなく、その夜は申し分なく盛り上がっています。

・・・が、それからと言うもの、特に朝の朝食時の義母の目線がどうも気になり、時たま目が会ってしまうのです。

何となく嫉妬的な眼差しと言うか、なんと言うか絡まれるような眼差しと言うか・・・。

先月、風呂に入っている間に義母が妻に、「瑞穂、このごろ下着が派手になったんじゃない!?

仲が良いのは良いことだけど、洗濯する者の事も考えなさいよ!」と言っているのが聞こえました。

(瑞穂は妻の名前です。

妻と私は共働きで、義母に家事の一切をお願いしています。)

妻曰く、義母は私の下着を干すときに落ち着かないような意味の事を言ったようです。

きっと、私たちのSEXが凄く気になっていると思います。

未だ50台後半と言えども、まだまだ女としては充実した歳だと思います。

事実、私自身、義母のブラウスから透けるブラジャーのバックホックや、

畳に座った格好で傍らに立つ義母の斜下45度からの見上げた時の盛り上がった胸を見ると、

朝であろうが昼であろうが私の一物はギンギンに立ってしまいます。

妻が近くに居ると気をつけると言うより、何故か義母を、より一層に身体を意識して見てしまうのです。

まさに妻の目を盗んで、『盗み見る』って感じです。

夜の妻とのSEXは満足ですが(妻本人はどうなんでしょうかね・・・)、

この頃はSEXの最中の頭の中は、義母とのSEXを描きながら正直励んでいます。

その時は、私は3日間の休暇、妻は10日間の海外出張でした。

(半分は遊んでるんだろナ~・・・。)

休みの私は、縁側で朝のコーヒーを飲んでいると、庭先で義母の洗濯干しが始まりました。

何気なく後ろ姿を眺めていましたが、それも一時だけです。

洋服干しが終わり、いよいよ女性陣の下着の番です。

段々とドキドキ感が襲ってくるのがわかりました。

妻の下着は当然、普段見慣れていることもあり、手に取るように判ります。

妻の出発前の2日分です。

続きを読む

これは僕が今でもトラウマとして覚えている話です。

僕がちょうど小学3年生の頃になります。

当時職人だった父は転職して、ある町工場に勤めるようになりました。

その工場の社長というのがよく各従業員の家族を自分の家に招待し、食事会のようなものを開いていました。

父、母そして僕の3人家族も例外ではなく、大体週一ぐらいでその社長宅に招かれ、社長の家族と一緒に食事をしていました。

しかし当時の僕はその食事会が大嫌いでした。

なぜなら嫌な奴がいたからです。

そいつは、僕よりも1年上、当時小学4年生の社長の息子でした。

名前を仮名で”タケシ”とします。

食事会の時、僕とタケシは年が近いこともあり、僕はタケシの”遊び相手”をさせられていました。

タケシは親の前でこそ良い子ぶっていますが、いざ自分の部屋で僕と2人きりになると、

「オレの父ちゃんは社長だぞ!!!いわばお前はオレの召使ということだ。

へへへ。

だからお前はオレの言うことを何でも聞くんだ!!」と偉そうに言い、僕を蹴ったり、ほっぺたをつねったりして。

僕が「やめてよ~!!!」と嫌がるのを楽しんでいるようでした。

まあタケシはいわゆるガキ大将的な奴で、当時僕はそいつにいじめられていました。

ここまでなら、まあ子供のころ気弱だった性格のある者ならよくある話でしょう。

しかし、何よりも僕がタケシのことを嫌いだったのが、僕の母に対して子供とは思えないような邪な気持ちを持っていることでした。

「へへへ。お前ん家の母ちゃん。若くて顔もめちゃくちゃ美人だよなぁ。オレん家の母ちゃんとは大違いだ。

おまけにオッパイもお尻も大きくて。脚もめっちゃ綺麗でセクシーだし。えへへへへ。オレ凄ぉく気に入っているんだぁ」

とよく僕に向かって堂々と言っていました。

確かに僕の母は十代で父と結婚し、27歳で当時としては僕の同級生の母親と比べると若いほうでした。

(ここでは仮名で”ゆかり”とします)また当時の写真を見るとスタイルもスラッと長身のモデル体系で、

顔も今の芸能人で言えばモデルの香里奈似でしょうか。

息子の僕が言うのもおかしいですが、かなりの美人でした。

事実、僕の友達達からも「お前ん家のママ。綺麗だよなぁ」とか、

近所の人達からも「あんたんとこのお母さん、別嬪さんだからねぇ」

と母のことが話題になるたびによく言われていました。

さらに一緒に買い物等で町を歩いていると、何故か僕の知らない若い男からよく声をかけられていました。

子供の当時は何でだろうと常々疑問に思っていましたが。

今思うとその声をかけてきた若い男達のセリフから察するに、あれは子連れにも関わらずナンパされていたようです。

とにかくそんな美人の母は、当時子供の僕にとっても自慢の母親でした。

続きを読む

結婚した女性に魅力を感じることは度々ありますが、初めて結婚している女性に魅力を感じたのは20歳の時。

同じ大学のサークルの唯の母親。

唯は友達と付き合っていて、実家住まいだったから、サークル仲間とたまにお邪魔して夕飯をご馳走になったりしていました。

唯の母親の奈津子さんを一目見た時に、なんというか女の色気を感じました。

セミロングで小柄で、唯よりも白い肌。

一緒に居た友達も「色白で綺麗だな」と言うくらい。

「43歳のおばさんが若づくりしてるだけだよ」なんて娘は言いますが、首筋や手の素肌の白さは素晴らしいし、笑顔がまた良かった。

月一回か二回は行ってましたが、奈津子さんを見るのが目的になっていた。

旦那さんは、数年は海外に居るらしく滅多に帰ってこなかったので、実質二人暮しでした。

屈むとたまに胸の谷間が見え隠れし、豊満そうな胸。

「綺麗ですね?」とか話しても「雅直君みたいな若いこに言われると嬉しいわありがとう」とは言われますが、あんまり響いて無い感じでした。

でも台所に立つ奈津子さんを背後からぎゅっと抱きしめたくなる衝動に何度も狩られました。

そして、唯の家に行った日。

男女五人で飲んで、奈津子さんに「遅いから泊まりなさい」とみんなで泊めてもらった日。

ビールを飲んでて奈津子さんが持ってきた海外のお酒が強かった。

後から見たらアルコール25%でしたが。

飲みやすいとみんな飲むと、所詮は20歳のガキですからみんな潰れました。

二階の唯の部屋に女子が、隣の弟が寮に居るので開いた部屋に男が寝ました。

何時間寝たか、何時か判らない状態で夜中に目を覚ましました。

周りは寝ていて、下に降りて見ると居間で奈津子さんがテレビを見ていて「大丈夫?ごめんね~」と謝って来ました。

「あたし飲まないから、みんなで飲んでもらったらと思ったんだけど」と話し

「自分は弱いからあんまり飲まなかったんで」と居間で二人で話し、水を貰いしばらく話して、

「あたしはお風呂入ったら寝るから、電気は消してね」と奈津子さんは風呂に。

一人居間で奈津子さんの裸を想像し興奮してしまった。

悶々としているうちに奈津子さんが上がり、パジャマ姿に再び興奮した。

「雅直くんも入ったら」と言われるとタオルを貰い風呂に入り、奈津子さんの事で頭が一杯になっていた。

我慢できない。

続きを読む

昨年から関係を持っている40代人妻美和。

今までもかなりのセックスをしてきましたが、結構ハードな内容がありましたのでここで。

美和とのセックスをするため、美和の家で昼間に会うことになりました。

美和の旦那は仕事で出張中、美和の子供は上の子は仕事で今夜は帰ってこないらしいです。

下の女の子は学生です。

昼から美和の家にいき、早速H開始です。

いつものように美和とお風呂に入りました。

美和は丁寧にちんちんを洗います。

そうすればちんちんは大きくなり美和も喜んで玉とお尻も洗います。

美和とお風呂を出て寝室でセックス開始ですが、今日の美和は何かを用意してました。

何かと思えばなんと体操服とブルマでした。

体操服は白、ブルマは紺色でした。

僕「こんなのどうしたの?娘さんブルマはないよね?」

美和「通信販売で買ったの、どう?これでHしない?」

僕「もちろん、これでセックスしよう」

美和はノーブラに体操服、ブルマの下は白色のパンティです。

ブルマ姿になると、ブルマからパンティがはみだしてました。

僕の興奮度は上がり、美和に抱きつき二人で抱きあいました。

美和は体操服のまま僕の身体を舐めてくれます。

そしてちんちんを舐め始めました。

美和「じゅぼじゅぼじゅぼ、じゅるるるるるる、ずずずずず」

美和のフェラチオが音を立てていやらしくなります。

美和「じゅぼじゅぼ、気持ちいい?おちんちんおいしい」

僕は気持ちよくなりました、美和もなめてほしいらしく、僕は美和の体操服を巻くしあげ乳首を舐めます。

美和「あんあん、気持ちいい」

美和のブルマの中に指を入れるとおまんこから液が漏れています。

続きを読む

このページのトップヘ