【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:体験談

私は幼い時、母を亡くし父に育てられました。

父は、幼い私を育てるのに苦労したようです。

そんな事もあり、父は独身で一番いい年齢を淋しく過ごしていたんです。

そんな私も35歳になり、ようやく結婚(妻32歳)する事になりました。

父は60歳になり、定年を迎えました。

私は、父を一人に出来ないと妻を説得し、同居する事にしたんです。

妻は、私が言うのも何ですが妻はヤリマンで、これまで何人もの男性と経験していた様です。

顔は普通ですが、学生時代のあだ名は自動販売機!(100円でも寝る女)

職場で知り合い結婚する事になったが、同僚にも抱かれた位で穴兄弟が多いのも事実です。

妻は優しく・気が利く女性ですが、性欲大盛なのが欠点かも知れません。

まぁ、男好きな体系で胸は小さめですが、下半身デブでムッチリしたお尻は溜まりません。

特に、タイトスカートを履くと、色気ムンムンで殆どの男性が見る位です。

同居して1ヵ月も過ぎた頃でしょうか?父と妻が結ばれたんです。

妻を紹介した時から、父の目は女性を見る目で妻をジロジロ物色していました。

勿論、60歳とは言え、男性です。今まで我慢していた事も重々分かっていました。

だから、私は見ないフリをしていました。

ある日、私が1泊で出張に行った時に、父の欲求が爆発し2人は合体した様でした。

主張から帰ると、明らかに違う2人の行動で、父は私が居るにも拘らず、妻の後を追い体を触っていました。

食事中も、無視していましたが、父はテーブルの下で妻の股間に足を入れたり、手を伸ばして足を摩ったり

しているのが分かりました。

妻も、時より顔を顰めたりしていたのです。

正直悩みました。家を出るべきか?言うべきか?父は最近、とても明るく今まで見た事も無い笑も聞こえます。

父の人生を奪ったのは私なのかも知れない?そう思うと言えませんでした。

妻も嫌がる事も無く、父と上手くやっているんだと思うと、私が我慢すれば(父の様に)一家が丸く収まると

考える様になりました。

何も言わない私を知ってか?父の妻への行為はエスカレートし、私の目の前でも妻のお尻を触ったり、

時には、後ろから抱きつき胸を揉む事もありました。

続きを読む

先月の連休、妻に何度も何度もお願いしてやっと3Pをする承諾を貰い実行しました。

私42歳、妻39歳、相手の男性をネットで募集し、慎重に選んだ結果35歳のバツ1、Kさんに決めさせてもらいました。

Kさんとはお酒を飲みながら一度お会いし、世間話や結婚生活のこと、そしてセックスについてもお聞きし、誠実さからこの人なら妻の相手に思いました。

当日、まだまだ家では不都合があるので、ネットで調べSWができるラブホテルを利用することにしました。

近くの喫茶店で妻と初対面。

「きれいな奥さんですね。」と言われ、妻も顔を赤くしていました。

少し話しをした後、早速ホテルへ入りました。

「Kさん、先にシャワーを浴びて来てください。」と言うと、

「あの、奥さんと一緒ではダメですか。こんなに大きいお風呂なんですから。」と言われ、妻の顔を見ると俯いていました。

「あっ、いや、一緒に入るだけ、何もしませんから。」というKさんを信用して「いいだろ。」と妻に聞くと首を縦に振っていました。

二人が洗面所に入ると、私はいても立ってもいれずベッドの傍をうろうろ。

そして、シャワーの音がすると心臓がドキドキしているのが自分で分かりました。

(今、妻は見知らぬ男性と裸でシャワーを浴びているんだ。やはり、こんなことしなければいけなかった。)と、後悔してもすでに遅いのです。

しばらくするとシャワーの音が止み、妻とKさんが備え付けのバスローブを羽織って出てきました。

「どうだった。」と妻に聞いても妻は俯いているだけ。私はまだ妻が恥ずかしがっているんだろうと思って、

返事を聞かずシャワーを浴びにお風呂へ入っていったのです。

体全体をさっと洗い急いで出て行くと、待っていると思っていた妻とKさんがベッドで横になり抱き合ってキスをしていました。

(まさか、妻がこんなに積極的になっているなんて、)と思いしばらくソファに座り見ていることに。

Kさんはそれをいいことに妻のバスローブを脱がすと自分も裸になり、妻の体全体を愛撫し出したのです。

妻は恥ずかしいのか、決して私のほうを見ないようにし、手で口元を押さえKさんにされるがままになっていました。

しばらくすると、Kさんは妻の膝を立て足を開くと股間に顔を近づけ、妻の大事な部分を舐め始めました。

それでも妻は声一つ出さず、指を噛みじっとしているんです。

続きを読む

私は地方都市の県庁に勤めている45歳の男です。

妻は中学時代の同級生で美容院を経営しています。

息子がいますが今東京の大学に入り下宿生活をしているので家には妻と2人だけです。

妻は酒に強く酔うと淫らな女に変身します。

商売柄、愛想が良くて男好きの顔をしていますが、どうもパンツのヒモがゆるくすぐに股を開いているようです。

私は酒に弱くちょっと飲むと真っ赤な顔になりすぐ寝てしまうのです。

3年ほど前から糖尿が悪化して薬は手放せなくなりました。

そのせいか夜の方もからきし元気がなく年に1~2回あればいい方です。

それを言いことに妻は飲みに言っては浮気三昧で生活をしています。

どうせ他人に抱かれるのなら私も楽しみたいと思うようになりました。

私の妻を気に入っているという私の大学の後輩に頼んでみました。

彼は早稲田を出て珍しく郷里に戻り県庁に勤務しています。

身長175センチで25歳、大学は空手部にいた為、精悍な顔付きをしています。

田舎は山の中なので近くにマンションを借りて気ままな独身生活をしているのです。

彼はSEXには自信があるようで何回でも出来ると豪語していました。

最初は私の家に後輩を呼んで私だけ先に寝るということにして寝室に行き、妻と後輩を二人だけにしました。

そして後輩に誘惑させました。

数日前からアダルトビデオを見せたりしていたので淫乱な妻は欲求不満になっていて

後輩に強引に迫られて体を許していました。

しばらくしてから隠れてそっと様子を覗き込んで見ると、薄暗い部屋の中で妻は後輩に抱きついて突きまくられながら

「もっと!もっと!」

と自分でも腰を動かしているようでした。

目の前で妻が他の男に抱かれるというのがこんなに興奮する事だとは思いませんでした。

リングを入れている妻はそのまま中出しを要求したようで後輩は妻に

「本当にいいの?出すよ」

と言ってから激しく突き続けると妻の声が大きくなって

「イっちゃう!イっちゃう!」

と言いだしてそのうちに本当にイったようでした。

彼はそのまま突き続けてから動きを止めて妻の中に出したようでした。

妻はいつも私にするのと同じように抜いた後の後輩の肉棒を舐めて綺麗にしたようでした。

私は妻に気付かれないようにそっと身を隠し、寝室に戻る機会を待っていました。

やがて妻が後輩に

「もう一度して」

と言うと、後輩の愛撫が始まったようで妻の喘ぎ声が響き始めました。

続きを読む

日曜日の昼前から丹沢麓のある旅館の離れで私たちは過ごす。

彼女H代は40代後半の女性実業家。

2人の子供があり旦那は大手の大学病院勤務。

たまの日曜日くらい家族で過ごせばと言うのだが、

彼女は昼御飯を重箱に詰めてこの場所にやってくる。

どちらかが先にやってきて相手の到着を待ち、

先週ここで会ったばかりなのに

はるか昔の恋人と再会した時のような

心ときめく瞬間がたまらない。

先に着いてくつろいでいた私に飛びかかって抱きつき激しいキスの嵐。

唇が痺れ下腹部が極限に硬直して

痛みを感じているのに彼女は長々と口を吸い、

この一週間がどんなに長かったかを語る。

ようやく離れた彼女を正面から見るとやはり美しい。

頬が紅潮して口紅がはがれ、目にはうっすらと涙さえ。

この瞬間の高ぶりようは男の私から見て

女性だからなのかなあと思わざるを得ない。

小柄ながら肌には張りがあり、

腰回りや胸の肉づきが豊かで柔らかでしっとりした潤いがある。

彼女は着いた時の服装のまま立っている私の前に跪いて

上目使いに私を見上げながらゆっくりズボンのベルトに手をかけ緩め、

パンツごと畳に引き落とす。

彼女の眼前に起立して硬度を誇る私のペニスが躍り出る。

ゆっくり両手で押し頂いてから右手でゆっくりしごき

時折頬ずりしながら目を閉じて快楽を送り込む。

そうしておいて小さなおちょぼ口からトサカのような

真っ赤な舌先が伸びて亀頭の先端をチロチロとなめる。

やがて驚くほど大きく唇を開きゆっくりと真上からペニスを喉に収めていく。

とても収まりきれないと思われた

ペニスを苦しさを我慢して喉の奥の食道にまで押し込み

ゲッとむせるのもこらえて抜き差しを始める。

とてつもない快感が背筋を駆け上がり

「だめだよ!まだ会ったばかりじゃないか。」

と制すると、

「出して。一回先に出して。今日も夕方まで一緒でしょ。飲んであげる。」

と口を放して言うので

「たくさん出るよ。お口いっぱいになっちゃうよ。いいんだね。」

と念を押して一気に噴射ボタンを緩めると、

勢いよく数度の射精が彼女の喉の奥壁に迸るのを感じた。

続きを読む

僕は30代前半。

どこにでもいる普通のサラリーマン。既婚者。

パートのおばさん。既婚者。人妻。

どこにでもいる普通のパートのおばさん。

おばさんとは部署が違う。

しょっちゅう会うわけでもない。

休み時間にたまーーーに近くなったりすると話す程度の仲。

最初は30代の後半位の歳だろう??って思っていた。

実際は四十路後半wwww、びっくり仰天。

若々しいハツラツ美人なおばさん。

顔は髪を切った片瀬那奈にそっくり。

「奈々子(本名)」と語ります。

身長は165cmくらい。

奈々子さんは慣れれば話しやすい人なんですけど、仕事にはうるさいためその部署からは煙たがられてました。

でもスタイルも結構よくて、社内の人は「一発お願いしたい」ってよく言ってました。

確かに僕も荷物運ぶの手伝ったときに奈々子「体で払うよ~」なんて冗談言われてからおかずにしてました。

メールしばらくしてメアドを交換して、会社の愚痴言い合う仲になりました。

そんなある日すごいメールをもらいました。

奈々子『今度の日曜○○さんにご飯誘われた』この○○さんは会社ではいい噂がない人です。

結構な地位にいる人で、なかなかそれを断ることはできなかったのでしょう。

その当日、ランチだったので昼前に出かけたらしいのですが、なかなかメールがこない。

すると夕方衝撃の内容のメールが来ました。

奈々子『○○さんにラブホに連れてかれた(怒)』慌てて、僕『大丈夫?』

奈々子『御飯食べたらいきなりセクハラ始まって、勝手にラブホの駐車場まで連れてかれた。でも今日は女の子だからって断ってやった(怒)』

僕『じゃあ、大丈夫だったんだね。良かった。』

奈々子『最初にお金渡されて「いいだろ?」って執拗に迫るから最後はキレた!』

それからその○○さんからの執拗なメールと電話が続き、それが終わると僕に愚痴る。

僕『はっきり断りなよ!』

奈々子『だってそんなことしたら陰険ないじめかクビになるから、仕方ないし』

そこで思い切って僕『じゃあ、愚痴聞いてあげるから御飯でも食べに行こうか?』と送ったら、

即効で奈々子『いいよ!いつにする?』なんとか食事の約束を取り付け、

奈々子さんの家の近所のスーパーの駐車場で待ち合わせ。

移動中も会社の愚痴ばっかりで、特に○○さんのはすごかった。

奈々子「もう毎日電話しないといれないのかな、あの人!こっちは主婦で忙しいっていうのに!しかも下ネタかやらせろってばっかり」

僕「大変だね~。なんで連絡先教えたのさ?」

奈々子「だって仕方ないじゃん!一応偉い人だし、ランチだから大丈夫かと思ったんだもん!」

僕「じゃあ、このあと僕も迫ってみようかな~?」

奈々子「そんなことしたらぶっ飛ばす」

僕「はいはい、怖いからしませんよ~」こんな感じでランチを済ませ、一応お互い家庭があるのでそそくさと帰ることに。

家に着くと奈々子さんからメールが。

奈々子『今日は付き合ってくれてありがとう!僕くんとっても優しいし、私の愚痴聞いてるし。また、今度ランチ行こうね!』

『また』うれしい響きでした。

しかしお互い色々あるので2回目は一カ月後のデートでした。

続きを読む

このページのトップヘ