【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:体験談

俺が高3のときに家族で行くはずだったけど、親父が仕事で急遽行けなくなって

お母さんと2人で旅行したときにヤッてしまったことがあります。

2人で旅館に着いた日の夜だったんですけど、温泉入りに行って

飯も食い終わったんでお母さんが「ちょっと飲もうかな」と言ってビールを飲み始めました。

俺はジュースを飲みながら話をしてて気付いたら飲み始めて2時間を過ぎてました。

お母さんは酒に強いほうじゃないから明らかに酔ってるなっていうのは見た目でわかるくらいでした。

俺は「今日はもう寝よっか」と言って先に布団に入ったらお母さんが

「一緒に入っていい?」とすごく淋しそうな顔で言ってきたので仕方なく布団の端と端で寝ました。

どれくらい経ったのかはっきり覚えてないんですけど、

いきなりガサガサとお母さんが動いてるなぁっていうときがありました。

別に気にすることなく目をつむってたらお母さんが布団から出て俺側に来たんで、

目を開けたらお母さんが裸で立ってて…

俺はびっくりして飛び起きて「なんで裸?」と聞いたら

「お母さん…」とつぶやいたと思った途端に俺を押し倒すように抱きついてきました。

俺はその勢いで倒されお母さんの胸が顔に覆いかぶさる形に…

その柔らかさとなぜだかわからない興奮で俺のあそこは勃ってしまいました。

俺はお母さんをどけようとしたらいきなり「ねぇ…お母さんに見せて」と

ズボンとパンツを脱がされました。もちろん勃起したものを見られて…そしたらお母さんが

「こんなになっちゃって…ごめんね…」と言いながら握ってきてそのままフェラを…

あまりの激しさとわけのわからない俺は黙ってしまってされるがまま。

部屋にはお母さんがしゃぶる音とお母さんの吐息しか聞こえなくて、

俺もだんだんどうでもよくなってきて理性を失ってました…

俺はフェラされているときにお母さんの胸に手を伸ばし軽く乳首をさすってみました。

お母さんは小さく喘いだので俺は胸を揉み乳首を激しくさすりました。

お母さんはそれで興奮してしまったのか、69の態勢に…

目の前にあるお母さんのあそこがやけにエロく見えて、

俺は一心不乱に濡れて光るあそこを舐め回しました。

お母さんのフェラも激しさを増し俺はこのままではイッとしまうと思ったので、

「ヤバい…イッちゃうって」と言いました。

お母さんは無言で口を離し俺のほうにお尻を向けて四つんばいになりました。

続きを読む

元日の朝に帰省しました。

毎年恒例となっている叔母との『年越しセックス・カウントダウン射精』は

絶対に外せない行事なので(笑)、実家での年越しは不可能なんですが、

上手い言い訳が見つからず悩みました。

1月1日

午前11時頃、実家に到着。

一昨年の母とのアクシデントを思い起こし、緊張しながら久々に母と対面しましたが、

あまりにも普段通りの母の様子に拍子抜けしたくらいでした。

父とも年始の挨拶を交わして一段落。家族3人水入らずで雑煮を食べながら

積もる話に花が咲き、僕はホッと胸を撫で下ろしました。

食後に一眠りして起きると、父は2階の自室で囲碁対局番組の録画を、

母は1階のリビングルームでお笑い番組を、それぞれ観て過ごしていました。

僕がリビングに入って行くと、母は「紅茶飲む?お菓子食べる?」と言って、

お茶と菓子を用意してくれました。

ここで予め言っておきますと、もともと僕と母の仲は悪くありません。

もしかすると普通の親子より仲が良いくらいかも知れません。

実は、恥ずかしながら僕は、“甘やかされて”育ちました。

それがどれくらい過保護だったか、わかり易い例を挙げると、

『高校2年まで母と一緒に風呂に入っていました』。

もちろんいやらしい意味ではなく、幼少期からの習慣を脱するキッカケがなかっただけです。

小学6年まで母に体を洗ってもらっていて、中学から自分で洗うようになったのですが、

母と一緒に入浴する習慣はそのままになってしまっていたのです。

中学2年頃まで母と一緒の布団で寝ていましたし、

19歳で家を出るまで母の膝枕で耳掃除をしてもらったりと、かなり甘やかされていましたが、

それを父にからかわれたり、注意されたりしたこともありません。

(第一子が流れてしまったことが原因なので)

紅茶とお菓子を終えると、3人掛けソファーで寝そべってテレビを観ていた母に、

「俺も横になる!」と言って、母の背中とソファーの背もたれの間にグイグイ割って入りました。

「やだ、落っこっちゃうよー」と言う母のお尻をパシッと叩いて、

「落ちねえっつーの!」と言いながら割り込んで横になり、毛布を掛け直しました。

(昔から父が何かと母のお尻を叩くのを、小さい頃から僕が面白がって

マネをしていたのが、今でも続いているのです)

母の特徴は何と言ってもデカパイです。

続きを読む

私は36歳の会社員、今日初めて義母の敏子と関係をもちました。

敏子は58歳で小太り、どこにでもいるおばさんです。

でも何故か惹かれてしまうんです。

何度オナネタに使ったことか。。。

今日は仕事も休みで妻と子供たちを連れてすぐ近くの妻の実家へ行きました。

すると敏子が携帯を変えたいと言っていました。

義父は面倒くさいとか言って拒否していましたが敏子は絶対に変えると言っていました。

しばらくして義父は「しょうがないなあ・・・」と言いながら出掛ける支度をし

私にも付き合ってくれ、と言い一緒にショップへ出掛けました。

その間、妻と子供たちは留守番。

ショップに着くと義父は「どれでもいいから早く決めろ」と言い敏子を相手にせず、

私が敏子の面倒を見るハメに・・・

「お母さん、気に入ったのあります?」と言うと

「この色いいよね!」と言い、濃いピンクの携帯に決めました。

帰ってきてから使い方を妻に聞いていましたが妻も相手するのに疲れたらしく

「お母さん、あとはウチ(私)のに教えてもらって」と言い、また私が面倒を見ることに・・・

リビングで敏子の隣に座り、こうやって、ここ押してとか、色々と。。。

お互いに携帯を覗き込むようにしていると自然に手が触れあったり、

頬と頬が近づいたりして私はこんなに近くにいる敏子を感じていました。

ぜんぜん苦にもなりません。また熟女の匂いに酔っていました。

夕飯をご馳走になり義父は「明日も休みだろ?泊まっていけば?」

と言うので子供たちは大喜び、甘えてしまいました。

子供たちは義父と寝室へ、妻は2階へ行き11時には寝てしまいました。

私はいつも遅いせいかこのPCで遊んでいたところ風呂上りの敏子が

「ちょっと付き合わない?」と言い2人で飲み始めました。

「今日はありがとう、りゅうちゃん。誰も私の相手してくれないけどりゅうちゃん

は親切にしてくれたし・・・」

「お母さんが新しい携帯を手にして嬉しそうだったし、いいじゃないですか?」

と言うと敏子は嬉しそうに笑いました。

続きを読む

もう何年前のことになるかなあ。

妻が妊娠して、入院している間、妻の実家にお世話になるように、

妻と義母が話してくれており、入院してから退院するまでの間、実家でお世話になることにした。

義母と言っても義母は妻が中学3年の時、実の母が死んで後妻に来た人だ。

その義母は当時49歳だったはず。

義父は営業マンで月曜日から金曜日までは県外に毎週出張しており、

二人きりの生活だった、といっても昼間は私は会社に行って夜から朝までの間だった。

でも洗濯もしてくれるし、食事も作ってくれるので助かっていた。

私が毎晩晩酌をするのも知っていていつも用意してくれていた。

お邪魔をして2日目に子供がうまれた。早速病院で顔を見に行くと母も来ていた。

それから一緒に帰り、その日は二人でお祝いをした。

母も今日は私、飲むから、先にお風呂に入りましょうと私が入り、ついで母も入った。

まだ夜の7時前だった。

「今夜は腰を据えて大いに飲みましょう」と母が言った。

なんとなまめかしい格好の母だろうか。それはそうか未だ49歳だもんなと思った。

母の寝着はワンピース調で腰を突き出す格好をするとパンティーラインが透けて見えたし、

あきらかにブラジャーはしていなくて、両方の乳首が透けて見えるし、

ぽつんとその部分が突起していた。ふともももやけになまめかしい。

しかたないか、もう妻とはずいぶんセックスしてないから溜まっているものなと思ったものだ。

これからの子供を交えた生活の話をしたりした。

母が「どうしてるの?我慢出来るの?それとも一人してるの?」と突然母からの質問が?

まさかセックスの話を母が聞いてくるとは思わず、「えっ?なんのことですか?」と聞くと

「いいのよ。若いんだから、当り前よ。セックス出来ないから、

オナニーでもして抜いているのかなあ?と思って」と。

続きを読む

恥ずかしくも官能的な体験を告白します。

主人は2つ上の28歳で、大恋愛の末、1年の交際を経て去年の6月に結婚しました。

充実した結婚生活でしたが、心ならずも見ず知らずの男性に肌を許してしまい、

思い悩んでいます。

先日、忙しい主人と久し振りに映画を見に行った時の事です。

私は主人の好きな、ピンクのタイトミニを穿いて出かけたのですが、それが間違いだったのです。

映画は恋愛映画でラブシーンも結構多く私はどきどきしながら、見入っていると、

隣のおじさんの手が私の膝を撫で回してきました。

何度か睨み付けながら、手を払い除けましたが、

執拗にいやらしい手が膝から太股にかけて、愛撫を繰り返してきます。

主人に気づかれないようじっと耐えていましたが、

それをいいことにおじさんの手がミニスカートの中へと侵入してきました。

その時不思議な事に嫌悪感よりも身体がかっと熱くなり、

待っていたかのようにアソコが濡れてくるのがわかります。

そしてパンストをずらされショーツの上からアソコを丹念に愛撫されると、

愛液が溢れ出しうっとりとして身を任せてしまい、快感に酔いしれていました。

おじさんの指がショーツの脇からアソコに挿入され、

膣の奥深くまで掻き回されると喘ぎ声が思わず出そうになりました。

その時不覚にもアクメに達したのです。

耳元でおじさんが、「もっといきたいでしょ」とささやくと、

「はい」思わず発してしまいました。

主人に対して申し訳ないと思いながらも、

気分が悪くなったと嘘を付いて一人で映画館の外へ出ました。

続きを読む

このページのトップヘ