【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:体験談

従姉の結婚式に出る為に車で行きました。

親父は都合悪かったので母と2人で行ったんですが、
普段ほとんど素顔でただのデブのオバサンっぽい母が、厚化粧でスーツを着た姿におもわず勃起しました。

ピチピチのタイトスカートから覗く脚が妙に生々しかった。
椅子に座るとなんとなく奥が見えそうで、見えない。

うわ、おま〇こ触りてえ!心の中で叫んだ俺。

普段風呂上りとか裸っぽい姿で、うろうろする母がキモくてイラついて罵倒していた俺。
俺が照れてると勘違いした母は、「やあねえ。エッチい。」を身をくねらせていた。

帰りの車で、かなりお酒を飲んだ母は助手席で熟睡。
家に着いてもソファでうとうと。

俺は風呂の準備をして母を眺める。
だらしなく開いた脚。そっと太腿の内側を撫でる。

「あ、なあに。」
「キモいんだよ。閉じろよ。」
「もう、、、」

と脚を閉じたが俺は手を差し込んだまま。

「あ、やめてよお。」

と身をくねらせる母。
指先をあそこに。

「あ、ちょっと、、、、、、」

うずくまって身をよじった。
床に母を落とし、脚の間に身体を入れて、あそこを揉みまくる。
母は顔を真っ赤にし、「あ、やだ、、やめて。」と可愛い声で呻く。

正直、目的は達したからそこで終わるつもりだった。

「風呂入れよ。」と母に言った。俺はとりあえず抜かなきゃ収まらない。
「一緒に入ろうか?」まあ冗談のつもりで声をかける。

「いいわよ。」といやらしく笑う母。あれ?その気になった?
どうする?どうする?心の中で自分自身に聞きながらも母を裸にしていく俺。

俺も真っ裸になり一緒に風呂に飛び込んだ。
やっと二人で入れるぐらいの湯船。

続きを読む

今は地方都市の○校の教師です。
関西の某大学の学生だったとき、同じゼミの同級生に社会人入学の熟女がいました。

その人は○学校の教師でボランティア活動をしていて、よく海外にも行きます。

同じゼミになったのを幸いに、私は最初から狙っていました。私はなぜか若い女性には興味がわきません。

ちょっと見は幼く見えるので、相手にしてくれないというのが本当かもしれません。
この長所を生かして、家庭教師やコンビニのバイトをしたとき、何人かの熟女たちと関係を持ち小遣いも稼いでいました。

「いま少し、困っているの。」と甘えると、大抵は「ハイ。これ」と1万円ぐらいはくれます。
こちらから金額を言わないことがコツです。

趣味と実益を兼ねたバイトのようなものでした。

この熟女教師を落とそうと思い、色々な手を考えました。

初めはゼミのときに横に座る。たわいない話をする。
少し慣れてきたら、他のゼミ生も誘ってお茶や学食に一緒に行く。

もう慣れてきたと思い、半年ほどしてデートを申し込みました。

「私にはあなたと同じぐらいの子どもがいるのよ。もっと若い子と付き合ったら。」

見事に振られました。しかし、身持ちの硬い熟女をベッドの中で

「もっとして。いいのー」

と言わせるのが、面白いのです。ますます闘志を燃やしました。
彼女はパソコンが不得意で、よく困っていました。

私はメディアミックスを専攻していたので、親切に教えました。ボランティアの様子を聞く振りをして、二人だけで喫茶店にも誘いました。
わざと遅くなって、彼女の車で近くの駅まで送ってもらいます。

二人だけの空間を作るのが目的です。
そんな時には、照れることなく

「ぼく、M子さんとSEXしたい。ねえ、教えて。」

と話します。熟女たちは少々のことを言っても怒らないことを経験的に知っています。
むしろ、困惑した顔を見るのが楽しいのです。

続きを読む

私は九州に住む、普通の会社員です。
昨日振り替え休日で、子供は学校、妻は主婦仲間とランチに。

10時頃まで布団の中でごろごろ、珈琲を飲み2階の部屋でパソコンを弄っていた時裏の家から何やら声がしたような気が…
カーテンの隙間からこっそり覗くと、裏の坂本さんの奥さんの白い太股が…
どきどきしながら、ベランダまで這って行き、きづかれないように覗いた。du

どうやらご主人と昼間からHの最中みたいだ。

坂本さん宅は時計屋さんで、ご主人は殆ど外回り、多分子供さんが大きくなったので、夜より昼間のSEXになっているのだろう。
こっそりと覗きを続けた。

しばらくキスをしていたが、お互い全裸になり奥さんが上に乗り69の体勢になった。

奥さんは確か38、9才で、ご主人は同い年とか、奥さんは身長が150位の小柄だが、おっぱいも少し垂れ気味だが、結構大きい。
なによりお腹の肉が中年らしく色っぽく、そそられる体付き。

ご主人の体は痩せぎすだが、驚く様にあそこが黒くて太い。
長さは普通だが、太さは半端じゃない。

奥さんのあそこは反対側なので見えないが、ご主人の太い肉棒を美味しそうに咥える姿は丸見え。
あんなに太いのは、はじめて見た。

奥さんは、やらしい舌使いで先端や横を舐めまわし、時折奥深く咥え、その表情は苦しそうななかにも、幸せそうな感じで2人の愛の深さを感じた。
時間にして10分ぐらいだろうか、奥さんが後ろ向きになり、ペニスの根元を握り、ゆっくりと挿入した。

奥さんのあそこは、結構毛深くあまり見えなかったが、乗っかった途端の腰の動きは激しく、髪を振り乱して動いた。
しばらく動き捲くった後、ご主人の上に突っ伏しじっとした。

おそらくいったのだろう、奥さんの尻をご主人の手がやさしく這った。

2、3分そのままの姿勢で居たが、再び奥さんが上体をもたげ腰を廻し出した。
その頃には私は自然にペニスを擦り、喉がカラカラになりながら魅入っていた。

2度目には、ご主人も起き上がり対面座位で奥さんの腰を掴み、激しく動いた。
窓が閉まっているのだが、耳を澄ますと微かに奥さんの喘ぎ声が聞こえた。

続きを読む

俺は介護施設で事務長をしています。
多くは中年のヘルパーとお年寄りばかりでときめくことはほとんどありません。

その中で50歳のヘルパーのFさんは身長も150ちょっと位で肥り気味で
日本人特有のお尻が大きなアンバランスな体格で決して美人の部類ではなく、大人しいおばさんです。
俺は45歳の妻帯者です。

仕事柄、話はよくしています。

そんな時、仕事が夜9時頃までかかり、終わる頃は2人だけになりました。

「今日は本当に疲れたね。すぐ帰らないといけないの?」

と聞くとFさんは

「夫が帰るのはいつも12時頃だから帰ってもしばらくはテレビを見ているだけです」

と言うので、途中でコンビニで2人分のサンドイッチとジュースを買って、夜の河川敷きの公園までそれぞれの車に乗って行きました。
Fさんは軽四輪、俺は8人乗りにワンボックスカーです。

公園の駐車場について、Fさんは俺のワンボックスに来て後ろの座席に2人並んでサンドを食べました。

食べ終わって横を向いてFさんの胸を見ると、着ているセーターの両方の胸の乳首がぽつんと盛り上がっているのを見て、触ってみたい衝動にかられてしまった。
妻はスレンダーな女で裸にしてもほとんど胸のふくらみはない女です。

Fさんを抱きしめて片方の胸を鷲掴みにすると彼女はびっくりした様子で

「えっ?どうしたんですか?だめですよ。奥さんに叱られますよ。」と。

俺は「もうそんなやきもちを焼く様な妻ではないし、Fさんのやわらかそうな胸は最高だよ」

というやキスをしました。
最初は顔を横に向けて拒否しているようでしたが、かまわず、舌を入れたりしていると全く抵抗することなくされるがままのようでした。

俺の下半身が勃起しているのを感じ、Fさんのスカートの中に手を入れました。

少し腰を動かせて拒否しているようでしたが、かまわず奥に手を入れパンティーの感触を味わうと、
俺は急いでズボンとトランクスを脱ぎ、Fさんに覆いかぶさるように上に乗りました。

シートを倒し、ベットのようにして、Fさんのパンティーを脱がせました。

両脚の間に俺の身体を入れ、勃起したペニスをあてがうと運よく彼女の秘部にあたり一気に腰を沈めると、なんの抵抗もなくすんなりと奥まで挿入出来ました。
Fさんの顔を見ると目を閉じて少し口を開いていました。

続きを読む

俺の人生初の熟体験。

あれは高2の夏休み両親はどちらも出張、兄貴は友達と旅行でいなくて晩飯は父さんの妹である叔母さんの家で食べなさいってことになってた。

叔母さんは当時38歳バツ1子供2。夕方叔母さんの家に出かけ、すき焼きをごちそうになった。

おばさんは当時パチンコ屋の掃除のバイトをしていて、
子供2人もまだ小さかったため泊まって子供達の面倒をみてくれるとありがたいということで、その日は泊まることした。

夜10時になり叔母さんは出かけた。俺は子供2人を風呂に入れゲームをして遊び、子供達を寝かせた。
叔母さんが帰ってきて風呂に向かったので俺も子供達と同じ部屋で布団の中に入った。

叔母さんの家はいわゆる公営住宅というやつで、2LDK。
子供達が寝てる部屋は子供達が怖がるという理由で部屋のドアは開けっ放しにしてあった。

俺が寝ている場所からはリビングが丸見えという状態。俺が布団に入って30分ぐらいたった頃、
叔母さんが風呂から上がってきた。下はパンツで上はTシャツ。

俺は叔母さんのそんな姿を見たことなかったので、メチャクチャドキドキした。布団の中にもぐり自分のチンコをさすりながら、風呂あがりの
叔母さんの姿をながめていた。

すると、ソファに横になったおばさんは自分のおっぱいを触り始めた。
片方の手は下半身をまさぐっている。叔母さんは、俺が起きていて布団の中からのぞいてるとも知らずオナニーを始めた。

小さいなりに叔母さんから漏れるあえぎ声。脱ぎはしなかったがパンツの中に入れた手の動きはどんどん激しさを増していく。俺もその光景を
見ながら、チンコをしごく。こんなことになるなんて想像してないからティッシュを用意していない自分を恨みながら。

叔母さんの手の動きはどんどん激しさを増す。
両手をパンツの中に入れている。クリと穴を同時に刺激しているんだろう。

そのうち叔母さんは全身をエビ反らせ、足を痙攣させていた。
イったのか、しばらく横たわってハァハァしたあと、ティッシュを手にとり自分におまんこを拭き始め、自分の寝室へと

その時点で俺には眠気など1%もない。モンモンして全然寝れない。
どうしたもんかと考えぬいたあげく、叔母さんに夜這いしようと思った。

続きを読む

このページのトップヘ