【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:洒落にならない怖い話

愛妻との馴れ初めは、私の働く工場に派遣として来た時から

童顔で可愛い感じの妻

たくさんの工場の下衆野郎たちが彼女に群がりましたが、ライバルを押しのけて遂に付き合う事が出来たんです。

そんな妻は、アラフォーとは思えないはつらつとしていて、キレイ。

ラインで働く高卒男子には堪らない魅力があったんです。

ですが、顔からは想像もつかない位エッチも激しい

私は正直ラッキーと思っていました。

そんな妻とも2年の交際を経て、結婚する事になったんですが、その結婚式の2次会で妻の友人から思いがけない事を聞かされたんです。

妻と付き合って1年経っても、妻は過去を語る事はありませんでした。

前夫との離婚原因すら語ろうとしない事に疑問は感じていましたが、無理に聞いて妻との関係にヒビが入る事を恐れた私は、強引に聞く事はしなかったんです。

そんな私に、妻の学生時代の友人は、妻の過去を語り始めたんです。

友人「カズさん、美紀の昔を知ってて結婚決めたんですか?」

私「昔?教えてくれないから、過去の事知らないんだ!」

友人「やっぱり!言わなかったんだ・・・まぁ言えないか?」

私「何々?気になる事言うなぁ」

友人「私は、美紀と高校が一緒だったんです。美紀は1年の頃は真面目な感じで、クラスでも男性一番人気だったのよ。

2年の夏かなぁ美紀が付き合った男が最悪で、友人数人にエッチな事をさせていたみたい。

この人達、美紀に凄いエッチな事を強要させ、いつしか数多くの男性の性処理をそして“性処理“ってあだ名まで付けられていたわ」

私「性処理?」

友人「そう!セックス大好物って事」

私「嘘だろ」

友人「本当よ!美紀1年半で、何人の男と行為をしたか分からないって言ってたもの!

しかも毎日疼いて仕方ないって彼女、可愛いでしょ!

男達は毎日・何時間も襲っていたみたいだから、彼女の体もエッチを忘れられなくなったと思うの?

結局、高校卒業と同時に不細工男性に孕まされて結婚したけど、流産しやがて離婚したのよ」

私「そんな!初めて聞いたから」

友人「そうよね!彼女その後も、男性経験豊富だから、大丈夫かなぁって思って・・・」

私「それでも、私は美紀が好きだと言えるよ」

友人「そうなら良いんです。彼女、体が今でも疼くって言ってたし、昔の男達が彼女の体を猛者ぶっていないか心配で・・・」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の同級生の美人ママの美紀

美熟女タイプな40代。

薄化粧のしわ隠しで微笑んだ表情はキョンキョンって感じなべっぴんさんそのもの

運動クラブ合宿の時に沈んだ顔をしていたなにか訳ありかな?と

「子供の前では笑顔で」

という会話から四十路ママさんとの関係が始まった

バーベキューや親同士の飲み会で美紀のことがだんだん分かってきた。

旦那の評判や、仮面夫婦でDVもあり、セックスレスらしい。

母親同士の会話はかなり辛辣である。

その後、私は美紀を食事に誘うことに成功した。

待ち合わせ場所に現れた人妻の美紀は下を向き待っていた。

車で横に着け、すぐさま車内へ乗り込ませると少し安心したようで「誰かに会わないかと心配したわ」と少し嬉しそうであった。

ロードサイドレストランでの食事の中で夫婦生活が話題になり、美紀はレスとDVを認めた。

ついカットしていることを告げてしまった。

ドライブを楽しみ、「休んでいこうか」とラブホに誘うと俯き頷いた。

W不倫に興奮しながら美紀の体を弄び、たっぷりと69を堪能し、何の躊躇いも無く美紀の生膣深く、生の硬くなっている陰茎を押し込んだ。

「アウッ、久しぶりっ」人妻美紀に覆い被さり、一段と激しく生膣を突きまくるとしがみつき、大きな艶声を出し始めた。

屈曲位で激しく生膣を突きまくり・・・。

「イクッ」人妻美紀の生膣深く痺れるような快感の中、ドクッドックンドックンドクッドクッドックンと多量の精液を初めて注ぎ込んだ。

「アッイッイイッ~」人妻は大きく足を開き、生膣深く陰茎を咥え込んだまま、注ぎ込まれた精液を味わっていた。

不倫は初めてで、旦那以外の男性の精液を受入れるのも初めてとのこと。

そして安全日であると。

人妻美紀のフェラから2回目が始まり、騎乗位で軽く達した人妻美紀の生膣を屈曲位で余裕の中、激しく突きまくり堪能し、

生膣深く2度目の精液を気持ちよく注ぎ込んだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ