【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

僕は高校時代、まだ付き合ってもいなかった処女の女生徒をレイプして力づくで彼女にした。

しかし半年間、誠意と愛情をこめてセックスを捧げているうちに彼女は本物の彼女になった。

一度動いた彼女の愛情は強かった。

病気の僕と結婚して妻となり僕を支えてケミカルエンジニアに育ててくれた。

だから僕は妻以外の女性を知らないし妻も僕以外の男を知らない。

そして高校時代から性体験しているカップルは他に知らない。

僕の出身高は高偏差値でいわゆる受験校だった。

同窓会に出てみると同級生同士の処女&童貞カップルが多いことに気が付く。

裕福で格式ある家の教育がしっかりしていて結婚まで処女と言う貞操感のかたい女性が多い。

セックスの意味をよく知っていて性欲に流されない女性が多い。

要するにお嬢様が殆どだ。

大学の先輩たちも良い家のお嬢様とお見合いで結婚しているので処女妻ばかりだ。

アベノミクスは15%の富裕層と85%の貧困層に日本人を分けたというが、その15%に属しているお嬢様は処女だけでなく、本当の美貌やエチケット、マナー、躾けや物の見方考え方、教養や学歴等に恵まれているようだ。

持ている者には沢山の長所があるが、持たざる者には何もない。

自分の周囲が世界のすべてではないような気がする。

「奥様の元彼人数」と言う発想自体が無い世界もある。

家が勝手な男女交際を禁じている場合も有る。

就職しても門限があるお嬢様もいる。

親の貞操に関する教育が徹底している家が殆どだ。

でも2極化した日本人はお互いが理解できない。

僕が「奥様の元彼人数」と言う発想が理解できない様にお嬢様の世界観も理解してもらえないあろう。

このサイトには色々な投稿があって社会勉強になる。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

採集・漁労部族は、部族内を血縁分割した氏族ごとの男たちと女たちが分け隔てなく交わり合う、総偶婚規範を形成しました。

期待・応望充足を最大の活力源とする採集部族では、充足を破壊する性闘争(性欠乏)を完璧に解消してしまうとともに、この総偶婚が拡大する初期段階が兄妹婚だろうと思います。

ポリネシアでは氏族内婚姻が普通で、マレー制度では、全ての血縁関係を「祖父母」「父母」「兄弟姉妹」「子」「孫」の5つの言葉で表現します。

例えば、父母の兄弟姉妹(叔父・叔母のこと)を区別なく「父母」と呼び、兄弟姉妹の子供たち(甥・姪)と自分の子を区別せず「子」と呼びます。

即ち、男にとって姉妹は全て自分の妻であるのと同時に、兄弟の妻であり、女にとって兄弟は全て自分の夫であるのと同時に、姉妹の夫でもあるのです。

また、発見当時のトンガ(ハワイ)では、既に交叉婚(ある氏族集団の姉妹たちと、同部族内の他の氏族集団の兄弟たちが交叉して婚姻関係を結ぶ様式)に移行していたが、兄弟の妻と妻の姉妹(義理の姉妹)を「我が妻」と呼び、夫の兄弟(義理の兄弟)を「我が夫」と呼んでいたそうです。

兄妹婚では、生殖関係が氏族内部で完結しており、生殖可能年齢(成人)の氏族内男女であれば、ほかに何の制限もなく交わり合う集団婚の原型と思われます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、ある水族館の食堂で、中学時代の同級生と30年ぶりくらいに顔を合わせた。

私に気付いたの奥さんの方で、奥さんもまた中学の同級生でクラスのマドンナだった。

どちらも家族連れだったが、同級生は私に奥さん自慢をしていたので、

「羨ましいね~。クラスのマドンナだった美少女を射止めたんだ~」

と、一応羨ましがった。

「君の奥さんは若いようだが・・・」

「ああ、7歳年下だよ」

妻は美人ではないがベビーフェイスで、実際の年齢より更に若く見えるから相当年下に見えたのだろう。

妻は、19歳の処女から仕込んだマゾっ気のあるドスケベ女だと自慢したかったが、さすがにできなかった。

実は、私は彼の奥さんの秘密を知っていた。

少なくとも、あのマドンナは中学3年の7月には既に非処女で、セックスの快感を知っていた。

あれは期末テストが終わった日で、私は、帰ろうとした時にマドンナが体育館へ入っていくのを見かけた。

キョロキョロとあたりを窺い、体育館へ入っていったので妖しいと思って後をつけた。

すると、体育館の舞台脇の音響や照明の操作室に白いセーラー服が入っていくのが見えた。

そこは普段施錠されているはずなので、ますます怪しいと思い、操作室から舞台が見えるようにガラス窓がある舞台へ上がって覗こうとしたが、遮光カーテンが閉まっていて無理だった。

そこで、天井裏からアクセスを試みた。

操作室の天井はスノコ状になっていて、その上に配線が張り巡らされている。

そこは、舞台裏から梯子で天井裏へ上がって、操作室の真上の正方形の蓋を開けると配線のメンテが出来るようになていた。

すると、操作室では、下半身裸の白いセーラー服少女が椅子に座ってM字開脚していた。

そして、椅子の前には担任教師が座り込み、マドンナの恥裂を弄っていた。

「ハアハア・・・ンッ・・・アッ・・・」

清純な美少女のはずのマドンナが、色っぽい声で身をくねらせていた。

その時教師は確か40代、既婚者だったはずだ。

暫く恥裂を悪戯されていた彼女だったが、ついに担任の赤黒いデカマラを生のままズブズブと恥穴に迎え入れた。

チュピ、クチュ、ジュピ、クチュ・・・教師のデカマラが次第に白く濁った液体にまみれていったことを記憶している。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ