【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

アラサー若熟女な私が妹と深夜のコンビ二に行ったときのことです。

買い物をして帰ろうとしていたところで、ヤンキーみたいな4人組に絡まれました。

「遊ぼうよー。」

みたいな感じで言い寄ってこられて、すぐに断ったんですが全然あきらめてくれなくて私と妹は怖くて泣きそうになっていました。

田舎なので人通りはないし、コンビニの裏側で店員にもみえなくて。

一人が馴れ馴れしく私の肩に手をかけてきて、ふと見ると妹も腰を触られたり、頭なでられたりしていて、

気の弱い私たち二人は震えていることしかできませんでした。

そのうちを胸を触ったり、おしりをなでられたりされるようになり悔しくて涙がでて来ました。

妹も同じように体に触れられているのが見えてなんとかしなければと思っていた時のことです。

一人の男の人が通りかかって、怪しげな空気を感じてくれたのか、

「なんかあった?」

と声をかけてくれました。

とっさに妹が

「助けて下さい。」

と叫んだ為、その人も理解し間に入ってくれました。

が、4人組は今度は彼に絡み始めました。

そんな中彼が

「とりあえずコンビニに入りな。」

といってくれ、私は妹の手をとりコンビニに逃げようとしました。

けれども、すぐに捕まってしまいました。

私と妹はそれぞれ抱きつくような感じでおさえられ、彼も残りの二人に襟をつかまれました。

私が両手で胸をもまれはじめ、彼が

「お前らいいかげんにしろ!」

と私の方に来ようとした時、今度は妹がスカートを思いっきりめくり上げられました。

「キャーっ」

という妹の叫び声。

さらに妹はスカートを思いっきりひっぱられて、破け飛んでしまい、パンツ一枚の姿に。

その瞬間、彼が妹のところにいる男に飛びかかり、妹を助けたあと私の胸をもんでいる男につかみかかりました。

「早く行け!」

という彼の言葉で、私と妹はコンビニに走りこみました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

アラサー若熟女なバスガイドさんとのセックスバナです。

もう時効だと思うんで書いちゃいます。

10年以上前の俺が高校生だった頃の話。

高2の時、遠足でバスに乗った。

遠足じゃ無かったかな・・・見学かもしれない。

その時のバスガイドさんが凄いキレイな人でさ。

共学だったんだけど、女の子までいっしょに写真撮ってたぐらいキレイな人だった。

だから初めから終わりまで大盛り上がりだった。

別にそこで出会いが・・・なんてうまくはいかないわけで、その後は普通の生活に。

その頃の俺や友達は、高校の最寄り駅近くのパチンコ屋によく入り浸ってた。

夕方になると先生が来るから、来る前だったら余裕だったんだよね。

大雨が降ってたある日、もうこのまま朝から並んじゃう?って事で、朝からパチ屋へ行った。

高校生だって店にもバレバレだったけど、チンピラ風の店員には好かれていた俺。

コソッと設定6のスロット台を教えてもらって朝から出まくってた。

関係ない話に脱線するが、教えてもらった時はコッソリマージンをあげるのが常だった。

いつも折半する感じで、10万勝っても5万勝ちってヤツ。

朝から出まくってたから夢中でやってた。

気が付いたら隣に女の人が座ってて、その人は全然ダメ。

可哀想だな~と思って見てみたら、なんとあのキレイなバスガイドさんだった。

「あれ?バスガイドさんじゃん?」

「えっ・・・?あぁ~・・・!何してんの?こんなとこで!」

偶然だと思うけど、俺の事を覚えていたらしかった。

やりながら話してると、もうその時点で4万ぐらい使ってたみたい。

だからもうヤメときなって言って、俺がヤメたらこの台を打ちなよって教えた。

ガイドさんは半信半疑だったけど、負け分がデカいからヤメたら即移動してきた。

その日は俺は帰ったんだけど、数日後にまたパチ屋でガイドさんに出会った。

「この前の台勝ったよ!ありがとっ!」

コーヒーもらって何となく話すようになり、それ以来会えば会話する仲になった。

これに目を付けたのが、俺に設定を教えてくれた店員さん。

「お前の知り合い?」

「まぁ~そんなとこですかね」

「紹介しろよ~設定教えるからよぉ~」

お姉さんに事情を話し、次の日の朝から2人で高設定を打った。

当然2人とも10万コースで、ガイドさんは上機嫌だった。

そんな事を2回やって、店員と3人で飲みに行こうって約束をした。

ガイドさんもノリノリで、アタシが奢るから!って言ってた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォーで女盛り、背も高くスレンダーだった妻も肉付きもふっくらとしてきました。

子供を産んだせいか巨乳になり、乳も柔らかくて、触り心地は最高です。

ブラをつけると、胸の谷間がすごいのが自慢で、ユサユサとゆれるおっぱいとくびれたウエストからみる丸々とした巨尻は、

街中を歩いても、かなり男の目を惹くことがあります。

ただ、ひとつ難があるとすれば、色気はあるのに、いつもジーンズでいることでしょうか。

そんな妻の突然の変貌・・・最近、結構短めでタイトなスカートをはくことが増え、体のラインが強調される服装に変化しているのです。

妻の行動に不安はありましたが、まさか浮気はないだろうと思っていた矢先に、妻の驚くべき正体を知ってしまいました。

ある日、妻は10時に車で少し離れた図書館に向かいました。

私は、たまたま忘れ物をして自宅へ寄ったのですが、綺麗に化粧をして、やけに短いスカートで車に乗り込む妻を見て、

思わず会社の車であとをつけて行ったのです。

どうということはない、さびれた地方の図書館、人数はまばらで大きさだけは立派な3階建ての建物です。

妻が中に入ると、少し違和感を感じるような顔で数人のお年寄りの方々が、妻を見ています。

そして受験生と思われる高校生や浪人生が、自習室の机にちらほら見えました。

ある子が妻を見たとたん、うれしそうな顔でもうひとりの子と、ひそひそ話をし始めました。

妻は、雑誌などを置いている1階の談話コーナーには目もくれず、

2階の人がほとんどいない地学や政治などの膨大な書物を陳列する棚があるコーナーへ、歩を進めています。

私は気付かれぬよう適度に離れて、妻に近づきました。

妻は何列も書棚が並ぶ所で、じっと本を見つめながら、しばらく回りの様子を見渡し、しゃがみこみました。

すると、さっきの受験生のような子が2人であとををつけてきて、書棚越しに妻の前に立ちました。

そして2人は、

「あのおばさん、今日も見せてくれるかも」

「いやらしいよなぁあの体、外人みたいじゃん、まさかこの前、あんなでかいおっぱいや陰毛まる見えのパンティ見せてくれるとは思わなかったよ」

と言っているのが聞こえたのです。

私は当初、妻が何をしているのか検討もつきませんでしたが、はっきりここに来た理由が分かったのです。

妻はここで何かいやらしいことをしている。

そして、しゃがみこんでた妻の足が徐々に拡がり始めました。

履いていた黒い薄手のストッキングは太ももまでで、その奥には真っ白なボリュームのある内ももと下半身、

陰毛がはみでるくらいの小さなハイレグ・Tバックショーツが眼前にありました。

しかもショーツは、あわいブルーのスケスケで、おまんこの形がわかってしまうようないやらしいものでした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ