【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

今月で結婚12年を迎える40歳の会社員で、妻の美樹は34歳、小学生の子供が2人います。

美樹は可愛いとキレイが混在した男好きのするネコ顔で「優木まおみ」さんに似ています。

身長163㎝でスレンダーですが、貧乳ではなくCカップはあり、現在でもしっかり腰もくびれていて、そのヌードは子供が2人いるとは思えないほどソソリます。

更に恥穴の入れ具合も良く、その快楽に対する反応も最高で、夫の性欲を満足させる淫らさを持つ最高の妻であり、子供達にはキレイで優しい母親です。

妻の美樹が短大を出たばかりの頃に知り合い、私の一目惚れで3度目のアタックで射止めました。

「試しに1か月、いや、半月でもいいから付き合ってよ!」

と拝み倒してとりあえず交際、誠心誠意思いを伝えているうちにエスカレートして、口説いていました。

私の思いを受け入れてくれた美樹は、その素晴らしい体を私に任せてくれました。

これだけの上玉が生娘ではないだろうとは思っていましたが、美樹は、一度愛すると思い入れが激しいのか、どっちから好きになったのかわからなくなるほど私に身も心も捧げ、私を悦ばせるために何でもするようになりました。

まるで、AV女優がするようなこともやりますので、きっと元彼達にもしていたのだと思います。

そしていつからか、美樹がそれらの猥褻行為を誰に教え込まれたのかと思うようになりました。

それが、つい先日、あることがきっかけで知ることが出来ました。

子供の小学校のPTAで仲良くなった近所の藤木さんご夫婦のご主人が遠隔地転勤が決まり、3月いっぱいでお別れになることがわかりました。

新幹線を乗り継いでも5時間かかる赴任先なので、もう、再会することはないので別れを惜しんで、私達と藤木さんの子供たちを美樹の実家に預けて、大人4人でお別れ会をしました。

酒も入って饒舌になった私たちは、お互いの奥さんを褒めはじめ、もう、二度と会うこともないのだからスワッピングをしないかという話になりました。

後日、私は藤木さんのご主人と仕事帰りに待ち合わせて、二人で飲みながらスワッピング実現に向けて話し合い、私は、一つ提案をしました。

「私の妻は、美樹は処女ではなかったのですが、藤木さんが美樹を抱くときに、過去の元彼の話をきき出してほしいんです。

あくまでも藤木さんが興味を示したという体で・・・」

この提案には藤木さんも乗り気で、藤木さんの清楚なイメージの奥さんも処女ではなかったことからお互いに引き受けることにしました。

そしてスワッピングは、平日の午前中、子供たちが学校へ出かけた後にそれぞれの夫婦の寝室で奥さんを交換して行うことにして、奥さんには内緒で隠しカメラを設置して、他人のイチモツに喘ぐ自分の妻と、白状させた過去の男達との秘め事を記録することに成功したのです。

その日、子供達を送り出した後妻の美樹が出かけ、入れ替わるように藤木さんの奥さんの真矢さんがやってきました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

37歳の私には、詩織という23歳の妻がいます。

詩織の処女を貰って8年、結婚して5年が過ぎ、3歳の女の子と間もなく生まれる男の子(だといわれました)がお腹にいます。

それでも清廉な深窓の美少女のような詩織は、大きなお腹で出かけるとジロジロ見られます。

と、ここまでのお話だと私はロリコンだと思われるでしょうが、元は逆なのです。

私は高3のときの初体験の相手が30代の人妻で、それ以来、年上の女性としか付き合いませんでした。

従って、詩織が唯一の年下の女性で、初めての処女でした。

今から11年前、26歳の私は36歳のそれは美しい真由美さんに猛アタックして付き合いました。

元夫のDVにより34歳で離婚していた真由美さんは、10歳も年下の男に言い寄られて困惑していましたが

「真由美さんは見た目が若いから私とでも違和感はないはず。

お試し期間で1ヶ月付き合って下さい!」

と真剣にアプローチしまし、そして、お試し期間内に真由美さんを落とすことに成功しました。

私は、真由美さんのこげ茶色のビラ肉を開き、それまでの年上の女性達に鍛えられた舌使いで真由美さんの突起を責めました。

ヒイヒイと激しく悶えながら私の頭を押さえつけ、まるで小刻みに腹筋運動ををするように真由美さんはイってしまいました。

「まいったな・・・若い男の子にお口でイかされちゃった」

真由美さんは私のイチモツを美味しそうに舐め回しました。

「凄く硬い!若いのにいい色してるわね。

私、久しぶりだから・・・」

私は、真由美さんのビラ肉を掻き分けて奥深くイチモツを収めました。

ハァ~と長いため息を漏らす真由美さんのあまりに美しい顔に息を呑みました。

真由美さんを抱いていたのは初めの10分、気が付けば柔らかな真由美さんの身体に抱きしめられて、真由美さんの腰使いにすっかり支配されていました。

そして、真由美さんは私の腰を押さえて激しく腰を動かしました。

腰を押さえられているため前後のピストンが出来なかったから、深い挿入のまま上下運動をして膣奥をかき混ぜました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

22歳で専業主婦をしている兄嫁は何故かいつも黒いエプロンをしている。

それにミニスカートが好きなもんだから細身の体とあいまってエロイ事この上ない。

高校への推薦入学も決まり暇をもてあましている童貞野郎の僕には目の毒でしかない。

兄嫁の美香さんは色白美人で身長が高く、スタイルがとてもいい。

ミニスカートから伸びる長い足、形のいいヒップ…。

キッチンで料理をしているうしろ姿を見ながら、いつもいけない妄想ばかりしていた。

「信二く~ん、ちょっとっ!早く来て~!」

家族がみんな出かけている休日、キッチンから兄嫁の悲鳴が聞こえてきた。

何事かと思って急いでいくと、戸棚にあった重いものを一人で下ろそうとしている兄嫁の姿があった。

無理な体勢で重いものを下ろそうとして動けなくなり固まっていた。

ぶっ!

背伸びしていた為にミニスカートがまくれて後ろからパンツ丸見え。

白いパンティーに隠れた形のいいお尻や股間の部分があらわになっていた。

最近オナニーをしていなくて溜まっていたから瞬間的に勃起してしまった。

でも早く助けてあげないとマズイ。

兄嫁のお尻に勃起が当たらないように注意して荷物を支えた。

密着した体勢になっているため兄嫁の甘い匂いが鼻腔をくすぐった。

そしてますます勃起したものが上を向いてしまった。

「ありがとう、信二君。助かったわ」

「どういたしまして」

荷物をゆっくり下ろしていくと、兄嫁のつま先立ちが解放された。

ところがそれと同時に兄嫁の股間の部分が上を向いた僕のものに乗っかってきた。

「あっ!?」

兄嫁に気付かれてしまったようだ。

僕は恥ずかしくて顔が赤くなっているのが良く分かった。

早くこんな事は終わらせたかったが兄嫁は荷物をなかなか下ろさない。

代わりにお尻をくねらせボクの勃起したものを刺激してきた。

「うふふ…、信二君、これなあに?」

「い…、いや…。それは…」

兄嫁は後ろを振り返って妖しい笑顔で聞いてきた。

ちょうど先端に兄嫁のあそこの部分が当たって擦られてる。

正直、とても気持ちよかった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ