【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

今の部署に飛ばされ、そしていきなり現場にも行けと言われて、本社と店舗を行ったり来たりしていて、

それが、辞めたくなるほど嫌だったが、慣れてくると割りとオイシイ事に気がつき、

バイトやパートから人妻、熟女までわんさかといるのに気がついた頃のこと・・・

そう、そして、それは、アラサー若熟女の夏美(仮名)という人妻がパートで働き出した時から始まる・・・

初めて夏美に会った時、得体の知れない衝撃が脳内に走った。

俺の大好物な気の強そうな勝気美人。

プライドも高そうでお高く止まってる。

こっそり観察してると

「なんでアタシがこんな事を」

という感情が見て取れた。

じゃ~ウチでバイトなんてすんなよ!ってな話ですが、夏美には事情がありました。

その事情を知ったのは、夏美が働き出して半年ほどした頃。

12月の忘年会の時に、外の人妻さん(パートのボス的存在)に教えてもらった。

どうやら大手勤務だった旦那がリストラにあい、生活苦のために働き出したらしい。

他のバイトも回ったが続かず、最終的にウチで落ち着いたって話。

最近では旦那とも仲が悪くなり、パートの仲間内に溶け込んで馴染んでるとか。

パートのボスと仲が良かった俺は、何気なく夏美がいる輪に入っていった。

そこで初めて普通に夏美と喋った。

相変わらず生意気なオーラが出てて、アンタなんてと見下してる感が出てる。

それを嫌がって他の社員は近寄らないから好都合。

夏美だけではなく周りのパートさん達に酒を勧め、グイグイ飲ませてやった。

やっぱり酔ってくると口も軽くなる。

翔学生の子供がいるから離婚はできないが、高校卒業したら離婚する!と豪語。

さらには

「触られるのも嫌」

「同じ部屋で寝たくもない」

とか言ってた。

男達は若い子がいる方に集まってたので、俺はその輪の中で探りながら飲んだ。

随分とストレスが溜まってるらしく、夏美を含めてパートの皆さん飲む飲む。

しかも酔えば酔うほどエグい話もし出す始末。

やれ

「旦那の早漏にはもう限界」

だとか

「前戯してくれないからアタシもしない」

とか

「彼氏が欲しい」

とか職場で見る皆さんからは想像できない話ばかり。

それは夏美も同じで、旦那とは随分長い期間セックスレスだと言ってた。

俺は自分を売り込むように気を使いながら喋った。

後になって言われたけど、この時から夏美は俺に興味を持ち始めたらしい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

11歳になる息子と3歳年上の旦那の3人暮らし。

結婚12年を迎え、ちょっと夫婦の営みもマンネリ化していました。

1年程前だったと思いますが、夫の職場で人員移動があって職場の仲間が数人変わったと言っていました。

その中に夫より3つ年上の“高ちゃん“と言う先輩が居て、夫の話では不細工でモテない独身!仕事もミスが多く前の職場から回された様でした。

帰宅した夫が“今日も高ちゃんがミスして残業になったよ“って愚痴を溢していたんですが、その後に“でも何か憎めないんだよなぁ・・・“と言うんです。

そんな夫の愚痴も1週間が過ぎた頃には“高ちゃん可愛そうなんだよ!ミス押し付けられて・・・“とかばう発言をする様になって行ったんです。

更に2週間が過ぎようとした週末、夫の職場で飲み会が開かれたんです。

偶然にも子供は夏休みで夫の実家に1人で泊まりに出かけ家には私1人でした。

夜9時を過ぎた頃、夫から電話が来て“今から帰るから駅前まで迎えに来て・・・“と言うので、急いで車で駅前に向かいました。

路上に車を止めハザードを点けていると後部座席のドアが開き、夫が

“すいません!自宅まで・・・“とタクシーでも呼んだかのように話しかけて来たんです。

「もう!酔ってるの?タクシーじゃないし」

「こんばんは・・・夜分にすいません」

「はっ・・・」

夫と一緒に男性が頭をペコペコしながら車に乗って来ました。

「高ちゃんも一緒に・・・」

「あっ・・・そうなの・・・初めに言ってよ。一緒だったら着替えて来たのに・・・」

「良いじゃん!車から降りる訳じゃ無いし・・・」

「そうだけど・・・」

風呂から上がったばかりの私は寝る時に着るワンピース姿で、しかもノーブラ・ノーパンだったんです。

「奥さんに悪いから・・・タクシー拾うよ」

「何言ってるの・・・気にしないで・・・さぁ乗って」

「良いのかい?本当にすいません」

始めて見た男性は、夫がいつも話していた高ちゃんで、見た目は確かにボォ~っとした感じでモテるタイプではありません。

でも何故でしょうか?憎めないって感じなんです。

車を走らせ“何処に行けばいいの?“と聞くと“自宅だよ・・・家で飲み直すんだ“と夫が言うので、自宅に向かいました。

「高ちゃん!遠慮しないで入って入って」

「こんな夜分にお邪魔して・・・すいません」

「良いから良いから・・・なぁ酒あったよな!つまみも出してくれ」

「ハイハイ・・・早く来る事聞いてたら用意できたのに・・・」

「だって・・・ねぇ高ちゃん・・・」

「何かあったの?」

「まぁ、後で話すけど・・・それより酒!」

夫に言われ酒を用意し、つまみを漁っているとリビングのソファーに座りキョロキョロする高ちゃんが目に入って来ました。

そして彼が見つめる先には、私の下着が干されていたんです。

急な来客に洗濯物を片付けるのも忘れていて、私の下着がモロに見えます。

ちょっと恥ずかしい気持ちと“彼も女性に興味があるんだ!“と思いました。

つまみをテーブルに置きながら、私はそっと下着を取り込み片付けたんです。

そして部屋に戻って下着を付けようと思った瞬間!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昔の職場の知人の女性から10年ぶりに電話が来たことから始まった・・・

まぁ、その女性なんだが、実は、先輩であり、現在「甘熟女な34歳」。

とても綺麗な人だったが、その時の同じ職場の上司とできちゃった結婚をして、退職してしまった。

私もその後、転職をしたこともあり、ほぼ音信不通だった。

共通の友人を通じて、彼女が離婚した事は知っていた。

電話で10年分の思い出話をしているうちに、自然と今度飲みに行こうという流れに。

私は遠くに住んでいたが、ちょうど法事で地元に帰る為、その時にと約束。

そして当日、彼女は待ち合わせ場所にやってきた。

さすがに10年経つと、お互い年をとっていた。

しかしプロポーションは変わらず、相変わらず綺麗だった。

一軒目の居酒屋へ。

甘熟女な彼女は酒が強い。

いきなり日本酒を飲みながら、昔話をしていると、話は別れた旦那(元上司)の愚痴が始まった。

元上司を知っている人に久々に話すせいか、饒舌にしゃべる。

そして二軒目のバーで飲んで、そろそろ帰ろうかという時に、

「飲み足りないからもう一軒付き合って」

と言われ、行くことに。

「このままでは終電が無くなる」

と言うと、

「朝まで付き合え」

と当時の上司としての顔を覗かせる。

深夜0時近く、居酒屋に行こうとするも田舎の為、2時までだった。

すぐに出るのも面倒なので、

「ラブホテルで飲もうよ!」

とノリで言うと、若干戸惑ったが、私だということで大丈夫と思ったんでしょう。

ラブホテルで飲むことに。

でも私はその時はSEXをしようとは考えてなかった。

ホテルに入り、電話でお酒とツマミを注文し、ソファーに並んで飲むことに。

彼女

「健太君とまさかラブホテルに来るなんてねぇw」


「いや、僕も当時はそんなこと夢にも思ってもいませんでしたよ」

彼女

「健太君は、昔は可愛かったのにすっかり大人の顔になったねw」


「そりゃ自分も仕事をして会社を起こしたり、それなりに苦労してんすよ」

そんな他愛のない話をしているうちに、私が眠たくなってきた。

彼女

「明日の朝、起こしてあげるから、先に寝ていいよ」

そう言われ、そのままベッドに倒れこんだ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ