【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

今、学生時代から仲よかった友達がいて、

その友達のお母さんと付き合ってます。

名前は尚子で今42歳です。20歳の時に結婚したそうで子供は友達一人です。

友達の家にはよく遊びに行ったり、泊まったりして尚子とは何でも話をしてました。

甘い匂いのコロンをいつもつけていて尚子が近くを通るたびに甘い匂いがして、チンポが勃起して隠すのに大変だったです^^;

高校二年の時に泊まった時風呂は俺が最後に入る時洗濯機に尚子の淡いピンクのブラジャーとパンツを見つけて臭いを嗅いだりしながら勃起してるチンポをシコシコ擦って風呂の洗い場に思いっきり飛ばしてブラジャーとパンツは元にあったようにして風呂に入り脱衣場でパンツを穿こうとしてたら急にドアが開いて尚子が顔を出したんです。

ビックリして隠したんだけど完全に見られて

尚子は「あっ・・・ご・ごめんなさい!」と言ってドアーを閉めてどこかに行ったみたいですけど、洗濯機の中の尚子のブラジャーとパンツを見てちょうど勃起をしてる時だったため、よけいにびっくりしたんだと思います。

服を着てリビングに行ってみたら尚子が居て「トシ君ごめんなさいね!」と言いどうしよう?と言う顔をしていて俺が「いいえ・・・」と言うと「何か冷たいの飲む?」と尚子。

「はい」と俺・・・。

ジュースをリビングのテーブルに置き「チョット待っててね!」いい二階に上がってすぐ下に降りてきたんです。

「貢(友達の名前)は寝てたよ(笑)」と言って「少し話そうか?」と尚子。

白で生地の薄いTシャツを着ててブラジャーが透けててコロンの言い匂いが俺一人嗅げるんだと思い「うんいいよ」と言い胸を見てたんです。

いつもはスカートばかり穿いてるんだけど夜はジャージーを穿いてて残念だったけどブラジャーだけでも透けて見えるんだからラッキーと思ってたんです。

その時に尚子が「あの時どうして勃起してたの?」と聞いてきてまさか洗濯機の中のブラジャーとパンツを見つけて!なんて言えなくて困ってたんです。

そして風呂場の方へ行き少したってから戻ってきて「ちょっと来て!」と言われついて行くとやはり脱衣所で洗濯機の中を覗いて「私の下着触ったでしょ?」

今まで勃起してたチンポは怖さにおびえて小さくなっていて、返事をしなかったんです。

「年頃だから気になるのはわかるけどしてはいけない事位はわかるよね?」

そして気がついたら尚子を抱きしめてたんです!尚子は「な・な・何するの?離して!」と言ってもがいてたんです。

そして「大きい声を出すよ!」と言われても話さず逆に尚子の口を俺の口で押えたんです!ビックリして「ん・ん・ん・ん・・・」と言ってたんだけど絶対に離さない覚悟俺はしてたんです。

尚子は152センチで俺は179センチ

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私達夫婦も夫婦交換を初体験しました

はっきり言いまして、それまでの私と妻は倦怠期を通り過ぎて半年に1回あるかどうかの有様でした。

私としては何度も妻に求めていたのですが仕事で疲れているからとか何とかと言っては拒絶されるのが頻繁でした。私も妻も同じ年齢で今年45歳の中年夫婦。結婚して20年をまわっていまして息子も高校3年生になります。

私は単なるサラリーマンですが妻はと申しますと美容室を経営している事業主なのです。今までにも何人かの見習いの子や従業員を雇っていました。

そんな中で5年ほど前に妻の店を退職して現在は独立して自分の店を持っているというS君という32歳の男性がいます。

妻が雇った中では珍しく男性でしたので当時から私とS君は妻の仕事以外でも飲みに行ったりする仲でした。

妻は一切、お酒がダメな女性ですので専ら飲みに行く時は私とS君だけで出かけていました。

この頃から私は妻を他人に抱かせる願望を持っていて出来ればその相手にS君にということを考えていたりしていました。しかし、妻にそのような事を言っても断わられるのは必至でしたので口に出す事はありませんでした。

そんな中での今回のスワッピング計画は半年振りに妻と行為の最中に「夫婦交換なんてしてみる気はないか?」と提案したところ最初は拒んでいた妻も意外にあっさりと「あなたが望むならやってみようか。」と承諾してくれました。

そして翌日から色々なサイトで夫婦交換を募集している相手にコンタクトをとりました。

私達夫婦にしてみれば未経験のことですからお相手のご夫婦はリードしてもらうために経験済みのご夫婦を探しました。

何組かのご夫婦とメールでやり取りする中で職業的に興味が湧いたご夫婦に決めました。

ご夫婦の名は小林さんご夫婦です。私の気を留めた職業とはご夫婦共に教師だというのです。旦那さんは高校の教師で50歳、奥様は中学校の教師で48歳とのことでした。

小林さんご夫婦はスワップ経験が2回あるとのことで熟女好みの私敵にはビンゴといった年齢だし職業が教師というのにもはまりました。

小林さん夫婦の旦那さんとのメールのやり取りはトントン拍子に進み日取りも場所も決定した時に私は小林さんに一つだけお願い事をしたのです。

そのお願い事というのは先ほど紹介したS君も交えたいという事でした。

即ち、妻のお相手は小林さんは勿論の事、S君も含めた3Pをこの目で見たいという願望を伝えたのです。

小林さんからオーケーのお言葉を頂戴した私は妻には内緒でS君を飲みに誘い計画のすべてを打ち明けました。S君は「僕としてはユキノさん(妻の名前)とエッチさせてもらえるのなら喜んでお受けしますけどユキノさんは許してくれるのでしょうか?」と妻を気にしていました。

私と小林さんが計画した内容は夫婦交換を承諾した妻だから小林さんとの行為の最中に飛び入りの形でS君が乱入するという妻には極秘での計画だとのことをS君に伝えました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

思い切って告白します。

26歳一児の母、玲子です。

一人娘の麻里絵と、31歳の夫と三人で小さいですが一戸建てに住んでいます。

夫を裏切ってもうすぐ1年になります。

去年の春に夫が隣の県に転勤になり、通勤できなくなったので週末だけ帰ってくる生活になってからです。

寂しさと子育てのストレスから、出会い系のサイトでメル友を募集したのです。

36歳のヒデというバツイチの人と頻繁にメールするようになりました。

一度食事でもと誘われたとき、興味半分で会うことにしたんです。

平日の昼間だし、麻里絵を連れて行ってるので安心しきってました。

私はお酒に弱く、少しのビールを飲んだだけで気分が悪くなってしまいました。

麻里絵も眠くて機嫌が悪くなってきたので、仕方なく自宅まで送ってもらいました。

自宅を知られたとか、そんな余裕は無かったのです。

彼は麻里絵を抱いてベビーベッドに寝かしつけてくれました。

そこで彼は豹変し、私を犯したのです。

夫とは違う逞しい体で抱きしめられると、堰を切ったように乱れてしまい、彼のなすがままでした。

「んん…っ、やぁ…ああっ気持ち…イイっ、

あっ、熱いっ!も、もう、だ、だ、駄目ぇ~!」

「だ、だめぇっ!お、おまんこが溶けちゃうっ!」

「あんっ!あんっ!ダメッ!逝っちゃう!あっ!あっ!イクッ!逝っちゃう~あ~っ!」

夫とは比べ物にならない大きなペニスで、

今までに無い圧迫感であっさりと膣イキ

週末に夫が帰って来たとき、まともに顔を見れませんでした。

罪悪感で泣きそうになるのを必死で堪えました。

日曜の夜、夫を送り出してからすぐに彼はやってきます。

これで最後にしてくださいと何度も訴えてますが、彼のペニスを目の前にすると理性が無くなってしまうのです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ