【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

俺 30歳 サラリーマン ケン
妻 25歳 主婦 ミキ

隣人のご主人 25歳 経産省官僚 トオル
隣人の奥さん 28歳 アパレル勤務 アキ

俺と嫁のミキとの出会いは3年前。

大学を卒業したミキが俺の働いていた会社に新入社員として入社してきたことがはじまりだった。

当時入社してきた女性社員の中でもミキは群を抜いて可愛く、社内のほとんどの男がミキのことを狙っていた。

大袈裟だと思われるかも知れないがミキは本当にモテて、当時、俺も嫁を狙っていた者の中の一人だった。

幸運にも神が味方してくれたのか、入社してすぐミキのデスクが俺のデスクの真横になり

俺の積極的なアプローチもあってかミキとは日を重ねるごとに親しくなり、数か月の交際を経て2年前に結婚までもちこんだ。

早く結婚にもちこんだのはミキを嫁としてどうしても自分のものにしたかったからだ。

仕事もすぐに辞めさせた。

結婚と同時にローンを組み、そこそこいい家も買い、順調に夫婦生活を送っていた。

家を買い、慣れない土地に越して来た自分達夫婦に一番親切にしてくれたのが隣人夫婦のトオルさんとアキさんだった。

彼らが、周りの人達と私たちの関係を取り持ってくれたおかげで幸せな生活が送れている。

それからお隣さんともさらに仲良くなり隣のご主人のトオルさんと俺はよく飲みに行く仲になっていた。

お隣のご主人は俺よりも年下だが、信じられないくらいしっかりしており恥ずかしながら

いつも俺のほうが相談を聞いてもらっていた。

さらにトオルさんは官僚として働いているため年下とはいえ給料は俺の倍近くあり、おごってもらうことも多々あってトオルさんとは友達のような関係になり、年の差関係なく

タメ口で語り合う関係になっていた。

むしろ俺のほうがたまに彼に敬語を使っていた。

飲みの席ではお互いにいい歳なこともあり、気がつけばいつも下の話で盛り上がっていた。

驚くことにトオルさんはしっかりしている見た目とは裏腹に過去にやることはやっていたみたいで、今までの女性経験は二桁後半に届きそうなくらいだそうで、アブノーマルなプレイ体験などもよく聞かされた。

トオルさんは俺からみてもイケメンで、そのうえ官僚勤めというハイパースペック、さらに学生時代、数々の女を斬ってきたという男で、どうあがいても俺の勝てない男だった。

ちなみに俺は嫁が2人目の女性で、夜のテクニックにはもっぱら自信がなく、そのことについてもよく相談にのってもらっていた。

いつものようにお隣のご主人と飲んでいたある日、珍しくいつも俺の相談を聞いてくれる側に回ってくれていたご主人から相談をされた。

ご主人がどうも奥さんのアキさんと、そうとうひどい喧嘩をしてしまったそうで、今回ばかりは本当に修復が難しく困っているという内容の話だった。

トオルさんは別れたくなくいろいろな手を尽くしたそうだが関係は悪化するばかりだそうで、最後の手段として一つ試したいことがあるとお願いされた。

その手段こそがスワッピングだった。

俺は驚きすぎて一瞬頭が真っ白になった。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

午後のシティホテルの一室。

薄暗い部屋、眼を凝らすと、小さいスタンドがベッドの上の女体、妻の白い裸体、形の良い胸、腹、Wの形にされた脚が浮き上がり微かに見えます。

妻の下腹部には男の顔が埋められたまま、被虐性と嫉妬心、卑猥な想いが、自分のM性の性癖をかき立てます。

「ああ、きっと、男の唇、舌、指が妻の淫核を剥き、陰唇をなぞり、尿道口から膣孔、アナルを弄り回している」

あれほど恥ずかしがっていた妻が、スタンドの照明で、白く浮かぶ太股で、男の顔挟み、微かに善がり声を発しています。

「うう、いとしい妻が初めて逢った男におまんこ弄られて、感じている、もう火がついたら、妻はきっとこの男の勃起した茎の挿入を許すだろう」

私は自分でピンピンに勃起した茎をしごきながら、ソフアーの陰から凝視してると、後ろから、もう一人の男に抱かれました。

「さあ、可愛がってあげよう」

そう言われ優しく唇を合わしました。

男が私の耳元で

「奥さんと同じように、おまんこしてあげよう」

わたしはこれから、いとしい妻が知らない男に犯されるのを、盗み見しながら、この大柄のゲイの男にお尻を犯されます。

私ソフアーに四つ這いにさされ、後ろ手に軽く縛られて、

「たっぷり可愛がってあげようね、こんなに大きくして」

口を開かせられて、男の陰茎を刺し込まれました。

「ううう、デカイ、雄の臭いのする肉棒」

ベッドの上ではいとしい妻が男と69の体位で上になり、男のソソリ勃つ陰茎を優しく唇と舌で愛撫しながら、チラッとこちらを見た様です、私の被虐性癖にも火が付きました。

「犯して、女の様に最後は中に出して!」

心のなかで、叫びました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は年休を取り人妻の綾子の家へ香里と行きました。

昨夜、綾子から電話有り、今日は友達の人妻を家へ呼ぶからと。

朝、行ってみたらピンクの半袖ポロシャツに白い超ミニの24才のタレントのすみれ似の由起子さんと言う名の若い人妻がリビングにいました。

一応、綾子が双方の紹介をしてビールで乾杯し飲みながら雑談からHな話へと楽しく会話しました。

時を見計らい香里が由起子さんをソファに横にならしてパンティーを脱がし鞄から取り出したクリームをマンちゃんへ塗りました。

由起子さんは、ほろ酔い気分で

「何をするの?」

香里が

「5分位したらチンポが欲しくなるから」

由起子は

「綾子さん、どういう事?」

綾子は

「貴女が大きく長い固いチンポを入れてみたいと前に言ったでしょ?今日、望みを叶えてあげるの」

俺は全裸になり息子を見せたら

「何なの!そんなに大きいの無理!」

と返答した。

香里は鞄からバイブとローターを取り出し綾子にローターを渡したらバイブを由起子のクリトリス辺りに当てた。

綾子はポロシャツとブラを脱がし乳首にローターを当てた。

由起子は次第にヨガリ声をあげ始めた。

香里はバイブをマンちゃんへ挿入し、綾子は乳首にローターを当てたままキスを。

由起子は

「アァ~何か変になりそう。

マンちゃんが熱い。

アァ~、イキそう。

気持ちいい~!」

と感じていた。

俺はビールを飲みながら、しばらく三人でのプレーを静観した。

由起子はイカされて潮吹きをした。

俺は由起子の口に息子を近づけたら舐め始めた。

香里と綾子はテーブルの傍に戻りビールと煙草を吸いながら静観している。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ