【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

私達夫婦も初めての夫婦交換を経験しました。

はっきり言いまして、それまでの私と妻は倦怠期を通り過ぎて半年に1回あるかどうかの有様でした。

私としては何度も妻に求めていたのですが仕事で疲れているからとか何とかと言っては拒絶されるのが頻繁でした。

私も妻も同じ年齢で今年43歳になります。

結婚して20年をまわっていまして息子も高校3年生になります。

私は単なるサラリーマンですが妻はと申しますと美容室を経営している事業主なのです。

今までにも何人かの見習いの子や従業員を雇っていました。

そんな中で5年ほど前に妻の店を退職して現在は独立して自分の店を持っているというS君という32歳の男性がいます。

妻が雇った中では珍しく男性でしたので当時から私とS君は妻の仕事以外でも飲みに行ったりする仲でした。

妻は一切、お酒がダメな女性ですので専ら飲みに行く時は私とS君だけで出かけていました。

この頃から私は妻を他人に抱かせる願望を持っていて出来ればその相手にS君にということを考えていたりしていました。

しかし、妻にそのような事を言っても断わられるのは必至でしたので口に出す事はありませんでした。

そんな中での今回のスワッピング計画は半年振りに妻と行為の最中に

「夫婦交換なんてしてみる気はないか?」と提案したところ

最初は拒んでいた妻も意外にあっさりと

「あなたが望むならやってみようか。」と承諾してくれました。

そして翌日から色々なサイトで夫婦交換を募集している相手にコンタクトをとりました。

私達夫婦にしてみれば未経験のことですから、お相手のご夫婦はリードしてもらうために経験済みのご夫婦を探しました。

何組かのご夫婦とメールでやり取りする中で職業的に興味が湧いたご夫婦に決めました。

ご夫婦の名は小林さんご夫婦です。

私の気を留めた職業とはご夫婦共に教師だというのです。

旦那さんは高校の教師で50歳、奥様は中学校の教師で48歳とのことでした。

小林さんご夫婦はスワップ経験が2回あるとのことで熟女好みの私敵にはビンゴといった年齢だし職業が教師というのにもはまりました。

小林さん夫婦の旦那さんとのメールのやり取りはトントン拍子に進み日取りも場所も決定した時に私は小林さんに一つだけお願い事をしたのです。

そのお願い事というのは先ほど紹介したS君も交えたいという事でした。

即ち、妻のお相手は小林さんは勿論の事、S君も含めた3Pをこの目で見たいという願望を伝えたのです。

小林さんからオーケーのお言葉を頂戴した私は妻には内緒でS君を飲みに誘い計画のすべてを打ち明けました。

S君は「僕としてはユキノさん(妻の名前)とエッチさせてもらえるのなら喜んでお受けしますけどユキノさんは許してくれるのでしょうか?」と妻を気にしていました。

私と小林さんが計画した内容は夫婦交換を承諾した妻だから小林さんとの行為の最中に飛び入りの形でS君が乱入するという妻には極秘での計画だとのことをS君に伝えました。

それでも妻のことを気にするS君でしたが最後には承諾してもらいました。

そして小林さんご夫婦と約束した当日を迎えました。

この日は日曜日で妻は仕事を終えて帰宅するやシャワーを浴びて化粧を直していました。

化粧をして身に着ける下着は私には見せないままに服を着こなし、説明を受けていた小林さん宅に向かいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先にお話ししたとおり私は52歳で息子一人と娘二人いますがそれぞれ結婚して別に住んでいます。

主人は3年前にガンで亡くなっていますから正確には奥さんではなく未亡人になりますが

そんな私がこの年になってはじめてセックスの凄さを知りました。

相手は今は結婚しています。

長女の元彼氏ですが、今では彼のセックスの奴隷です。

年前に長女が結婚したいと言って連れて来た相手、それが彼です。

名前は圭輔さんと言って当時27歳だったので今は32、3歳の筈です。

最初は結婚に賛成していたのですが彼の両親が気に入らなかったので無理矢理別れさせました。

そして娘は去年の春違う男性と結婚し近所に住んでいます。

主人が亡くなったことや娘の結婚とかで彼の存在はすっかり忘れていました。

その日は買い物をしてその娘の家に寄るつもりで駅前のショッピングモールに車でいきました。

駐車場で車から出ようとした時隣の車に入ろうとした圭輔さんに会ったのです。

彼が私に気付いていたようですが特に興味がないようでそのまま車に乗り込もうしたので、思わず「待ちなさいよ」と言ってました。

「お久しぶりですね、大嘘つきさん」

彼は無表情でそう言いました。

「嘘なんか一切言ってない。

そんなあんたの家族こそ大嘘つきのくせに」言い返してました。

彼はまた無表情に

「そうだったらいいけど、あなた達が俺を脅したり、周りに嘘ついたことちゃんと覚えているよ。」

………そうなんです。

娘と別れさせるため彼を主人と脅したりしました。

彼の職場に嘘の噂を流したりしました。

そしてそれが娘の旦那に一番知られたくないことでもあるのです。

「何でもするから黙っていて」とお願いしてました。

けど彼は無表情のままで

「何もあなたにしてもらいたいと思わない。

最初から言うつもりないから。

興味ないよ。

心配なら自分で考えてすれば」

と言った。

「私を自由にすることで満足できますか」と思わず言ってました。

「満足はしないと思うけどご自由に」というのが圭輔さんの答えでした。

私は圭輔さんを助手席に乗せてホテルに迎いました。

私は20年以上ラブホテルに入ったことはありませんでしたので郊外にあったホテルに適当に入っていきました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私達家族は、近所の家族と仲良くお付き合いしているのですが、

今回はその内の1軒の人との事です。

私達家族は、その日、夕食を済ませてのんびりとテレビを見ていました。

夕食の片づけを終わった妻が

「Kさんの家に、ちょっと行ってくるね。DVD返してくる。」

そう言って我が家を出たのが8:30頃でした。

Kさんの家までは直線距離で30m位の距離です。歩いても1分もかかりません。

Kさんは50代半ばの未婚の独身女性で一人住まいです。

「今さら、結婚なんて面倒くさい。昔は結婚に憧れた事もあったけど」

「友達は、何人か居るけど結婚する気は無いわ」

「お金もそこそこ有るし、老後は老人ホームよ」

そんな彼女でした。

妻が出かけて30分位すると、妻の友人から電話がありました。

私はそのことを妻に連絡しようと携帯電話をかけました。

妻の携帯の着信音がリビングのテーブルの上で鳴っていました。

妻は「近所だし、直ぐに帰る」と思って置いて行ったようです。

Kさんの家に電話をしても良かったのですが、私も暇を持て余していたし、

酔いざましに夜風にあたるのもいいかなと思って、私はKさんの家まで呼びに行くことにしました。

よく行くKさんの家なので、チャイムも鳴らさずに

「こんばんわ。」そう言って玄関をあけました。

返事がありませんでした。

『勝手知ったる他人の家』なので、

「今晩は、Kさーん。T子(妻の名前)お邪魔してませんか?。」

「おーい、T子。Oさんから電話があって・・・・・・」

Kさんの家の廊下からリビングに入ろうとした時に、女性の「悶える声」がしました。

私は

「まずい!。Kさんが誰かとHしてるのでは。」

脚を止めました。

でも、玄関にはKさんと妻のサンダルしか無かったのですが。

「悶える声」はどこかで聞いたことのあるような「声」でした。

そうなんです、妻がSEXの時に発する「よがり声」でした。

もう一人の声は、Kさんのようです。

私はそっとKさんの家のリビングの扉を開けて中を覗き込みました。

私の眼に飛び込んできたのは「全裸のKさんと妻の姿」でした。

女性二人だけでした。

妻はKさんの家のリビングのカーペットの上で、手足を踏ん張って四つん這いになっていました。

妻の腰の横にKさんが片手で妻のヒップを抱えるように寄り添って座っています。

Kさんのの手には直径5㎝はあろうかと思うような『バイブ』がありました。

ウィーン、ウィーンとうなり声をあげているようでした。

Kさんは妻の赤黒く変色した外陰部のヒダを親指と人差し指で起用に押し広げました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ