【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れ帰った時のこと。

3週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。

妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。

早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。

ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。

どうやら妻と同僚が運んでくれたらしい。

隣を見るとまだ妻の姿はない。

まだリビングで飲んでいるのだろうか?のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。

階段の途中で、妻の声が聞こえた。

「ああっ・・だめっ・・ひいぃっ」

明らかに妻がセックス真っ最中の喘ぎ声だとわかる。

同僚が妻を犯しているのだろうか?鼓動が早くなる。

ゆっくりと物音を立てないようにしてリビングの前まで進んだ。

耳を澄ませて中を伺う。

ぴちゃぴちゃという水音と妻の喘ぎ時々ぎしっとソファのきしむ音が聞こえる。

僅かにリビングの扉を開け、覗いてみた。

妻はソファに座ったまま同僚に脚を大きく広げられていた。

ベージュのスカートは捲り上げられ、ブルーのパンティは既に片足から外れてもう一方の膝に引っかかっているだけだった。

ブラウスのボタンはほとんどが外されており、ずり下げられたブラから露出した乳房を下から同僚の手がもみしだいている。

同僚のもう一方の手は妻の膝裏のあたりを掴み高く上げ、ちょうど股間に潜りこむ格好で妻の秘部を舐めているようだった。

恥ずかしいからだろうか、妻は両手で顔を覆っている。

それでも乳首を摘まれたり激しく秘部をすする音がする度に

「ひっ」

と喘ぎ声を上げて首をのけぞらせている。

この状況に私はひどく興奮していた。

自分の妻が同僚によって感じさせられている・・・確かに妻の肉体は敏感なほうだ。

私の愛撫でも十分に反応し、いつも愛液を溢れさせていた。

さらに妻はこの3週間のあいだセックスをしていない。

どちらかと言えば性欲の強い妻にとってこの禁欲期間は辛い。

そしてこの同僚は社内でも名うてのプレイボーイとして有名な男だ。

仕事も出来るし信頼も厚いのだが女関係で問題を起こし、バツイチになってからは出世をあきらめ、社内外の女を片っ端から食いまくっているテクニシャンだ。

そんな男の手にかかれば、ただでさえ性欲をもてあまし気味の妻だ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

主人は九州出身で、男ばかりの3人兄弟です。

去年の冬、主人の一番下の弟が大学受験のために、京都に住む私達のところへ1ヶ月ほど泊まりに来る事になりました。

弟は主人よりハンサムでしたが、私も結婚して2年目になったばかりなので、彼を男性として意識したりはしていませんでした。

何より、まだ高校生の彼が子供に見えてたし。

彼が来てから1週間ぐらい経った時、主人が入れ替わりに東京に3日間の出張をする事になりました。

夫が出張に行った日に、ちょうど彼の第一志望のK大の試験があったので、夜に夫から電話がかかって来て

「どうだった?」

と聞くので、私は

「まぁまぁだったみたいだけど、『1つつまらないミスした』って、気にしていたみたい」

と言うと、

「あいつは細かい事気にするからなぁ。

『K大ぐらいならお前の実力なら楽勝だから気にすんな』って言っておいてくれよ」

なんて言っていました。

私は主人の言葉を伝えるついでに、昼間作ったクッキーと紅茶を持って彼の部屋に入って行きました。

いつもはちゃんとノックしてから部屋へ入るのに、その日は一緒にお茶を飲もうと思って、クッキーをたくさん持っていたからか、

「Y君入るね~」

と声をかけながら、そのまま部屋のドアを開けてしまったのです。

ドアを開けた私の目に飛び込んで来たのは、なんと、隆々とそそり立つ彼のペニスだったのです。

彼は、オナニーの真っ最中だったのです。

私は動転しながら、

「ごっ、ごめんなさいっ!」

と言って、慌ててドアを閉めました。

居間に戻ってからもまだ胸がドキドキして止みませんでした。

「どうしよう・・・?」

ノックをしなかった私が悪いのです。

この年頃の男の子なら、オナニーぐらいしていて当たり前なのに・・・。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今から3年程前の話になります。

当時、私は32歳で、28歳の妻と結婚し2年程でした。

仕事も順調で、係長へ昇進した私は忙しい毎日を送っていました。

子供も無く、専業主婦として一日中家にいるのが嫌だと言う事で、アルバイトをしていた妻です。

話は昔に戻りますが、学生時代私はAさんと言う2つ年上の先輩とつるんでいました。

先輩は地元でも有名なワルで、家も近かった事もあって小さな時から可愛がってくれていました。

先輩は、高校卒業と同時に地元でレンタルショップを経営(アダルトショップ兼)していた様です。

噂ですが、先輩はヤクザとも付き合いがあると聞きました。

その頃には私も先輩と会う事もなくなり、付き合いが全くなくなっていました。

私も大学に進学し、暫く地元を離れていたので先輩はもう私の事は忘れていたと思います。

大学卒業と同時に、隣町の工場に勤めた私は6年後に職場で知り合った女性(同じ地元)と2年付き合って結婚したんです。

結婚後、地元にアパートを借りて住んでいた私は、偶然にも先輩との再会で生活が一変しました。

地元の同級生の付き合いで向かった先のレンタルショップは先輩の経営する店でした。

噂でしか聞いていなかったので、先輩の店が何処かは知らなかったんです。

ちょっと派手目なネオンの看板!ただのレンタルショップとは違う事は直ぐ分かりました。

店の中に入ると、表向きはレンタルショップですが、奥にはアダルトDVDやグッズコーナーが見えます。

更に奥には試写室と書かれているんです。

初めて入る店に、ちょっとドキドキしていました。

奥に向かうとカウンターがあって、若い貧弱な兄ちゃんが立っています。

“いらっしゃいませ”と声を掛けられ、無視する様に奥に進むと、体格のいい男性がDVDを陳列していました。

彼が振り向き驚きました。

先輩です。

先輩も気づいて私に近寄ってきました。

先輩:何だ!久しぶりだな。

ちょっと雰囲気変わったか?私:どうも、久しぶりです、先輩。

先輩:先輩はよせよ!昔みたくヨッシでいいよ。

私:ここで店やってたんですね!先輩:あ~もう随分なるよ。

お前、○○工場に勤めたんだってなぁ。

私:知ってたんですか?先輩:当たり前だろ!そんな感じで話は長くなり、先輩は色々語ってくれました。

昔よりちょっと柔らかくなった感じでした。

先輩も結婚し、子供も居ると聞きました。

経営も順調で、忙しいそうです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ