【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

あれは年位前にバイトしていた時のこと・・・

社員の増田さん(仮名)から地元じゃないし友達いないからバイトの後遊びに行こうと誘われました。

増田さんは見た目はイマイチだけど悪い人じゃないし、私をあまり女として見てないし、社員の中でも結構仲良かったのでOKしました。

バイトは12時までで、増田さんの休みの日にドライブしたりビリヤードしたり何回か遊びました。

ある日アダルトビデオの話をしていて私が冗談で教師ものが見たいなと軽く言うとじゃあ一緒に借りて見ようと言われました。

「えっ!?」

っと私は彼氏がいたしまさか変なこと考えてないよねっ、と思いながらその時は暇だったらねと流しました。

何日かするとバイト中、向こうからいつ暇かとか見たいAVビデオの内容とかきいてきました。

私はこの人本気なんだ、どうしよう、今更断りきれないと思いました。

そしてメールで何もしないよねって確認をとった。

増田さんからはあたりまえだ、ぼけ!と返信があった。

いよいよ当日がきました。

いつもどおり向こうが休みで私のバイトが終わってから会いました。

もちろん今まで二人で会った事は彼氏には内緒です。

バイト先から出ると増田さんがいて近くのビデオ屋まで借りに行きました。

私はアダルトコーナーに入る事が恥ずかしく外で待っていました。

増田さんは2本借りていて、ひとつは教師もの、もうひとつは軟派ものでした。

増田さん宅につくとやっぱり緊張と警戒して距離置いて座っていました。

コートも脱ぎませんでした。

警戒心からかどうでもいい話ばっかしてビデオのことには触れませんでした。

それを知ってかはわからないけど、向こうが何も言わずに部屋の電気を消しビデオの用意をし始めました。

はじめは軟派ものから見ていました。

私は途中で恥ずかしくなって、窓を見ながらジュースを飲んでいました。

不覚にも体はいやらしく熱くなっていました。

テレビから漏れる女の喘ぎ声や、やらしい音ばかりで私たちはだまって見ていました。

私は欲情している自分にやばいと感じ、1本目が終わった時眠いしバイトで疲れたから帰りたいと話した。

相手も了解するものだとばかり思っていた。

でも、相手から出た返事は

「布団ひきっぱだし横になってれば・・・」

だった。

私はばかだから断りきれず布団に横になった。

警戒心でほっぺが痛かったね。

布団はテレビのまん前に引いてあったから増田さんは30センチも離れていない布団の上にあぐらをかいて私の後ろに座っていた。

部屋も狭かったし仕方ないと思うことにした。

教師ものが始まると増田さんも横になった、私はコート着てるし布団かけてる!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学を卒業して就職したてのフレッシュだった頃・・・

就活には厳しい思いもしましたが、希望する商社に就職することができました。

新人研修を終え、配属された事業部は食品関係。

新人の私は事業部長の秘書的業務が主な仕事です。

部長の予定から資料作成や関連企業への連絡などや、時には関係先に同行も致しました。

当然、会食やお酒の席にも同行しました。

ある時、得意先での打ち合わせも終わり、帰社するには時間もかなり過ぎていました。

部長

「時間が大分過ぎたけれど食事でもして帰るかい?」

そう言われ、断る理由もありませんでしたのでご一緒することにしました。

食事の席で部長の趣味が渓流釣りと写真撮影である事がわかりました。

実に楽しそうに話されていたのと、イメージと違った趣味だったので興味津々で聞き入っていました。

部長は50代半ばの少しロマンスグレーの、ちょっと見た目はちょい悪な感じだったので、おじさん臭い趣味に驚いたんです。

お酒も進んでリラックスされた事もあるんでしょう、

「今度、麻奈ちゃんをモデルに山の風景とあわせて撮ってみたいなぁ」

って言われたので、私は

「もう部長!」

と少し照れた表情をしてみせました。

部長に対する女子社員からの評判は悪くありませんでした。

セクハラもどきもありませんし、女子社員は下の名前で呼んでいた事もあったので、親近感があったのです。

その安心から、言われた内容も特に気にも留めませんでした。

冗談混じりに私も、

「いいですよ。そのかわり綺麗に撮ってくださいね」

と言っていました。

部長

「じゃあヌードも・・・」


「だから・・・(怒)」

大笑いでその日は帰宅しました。

そんなある日、社内メールに着信!部長からのメールで内容は・・・。

「今度の休日、ちょっと早いけど信州に撮影に行きます。秘密の渓流があってとても綺麗な所だよ。宿泊先は◯◯旅館。よかったら一緒に行くかい?」

趣味の話を忘れていた私は一瞬驚きました。

(誘われちゃった・・・どうしよう・・・)私も子供ではありませんので、

「泊まり」

の文字に意味があるのだろうと。

でもさすがに部下と・・・と思いましたし、日頃の部長からして危ない事はないだろうとも思いました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

アラフォー、四十路の女盛り、背も高く、スレンダーで、モデル美人だった妻の肉付きもふっくらとしてきました。

ちなみに、産後、巨乳になり、乳もガチンコ柔らかくて、乳首の触り心地も最高です。

ブラをつけると、胸の谷間がすごいのが自慢で、ユサユサとゆれるおっぱいとくびれたウエストからみる丸々とした巨尻は、

街中を歩いても、かなり男の目を惹くことがあります。

ただ、ひとつ難があるとすれば、色気はあるのに、いつもジーンズでいることでしょうか。

そんな妻の突然の変貌・・・最近、結構短めでタイトなスカートをはくことが増え、体のラインが強調される服装に変化しているのです。

妻の行動に不安はありましたが、まさか浮気はないだろうと思っていた矢先に、妻の驚くべき正体を知ってしまいました。

ある日、妻は10時に車で少し離れた図書館に向かいました。

私は、たまたま忘れ物をして自宅へ寄ったのですが、綺麗に化粧をして、やけに短いスカートで車に乗り込む妻を見て、

思わず会社の車であとをつけて行ったのです。

どうということはない、さびれた地方の図書館、人数はまばらで大きさだけは立派な3階建ての建物です。

妻が中に入ると、少し違和感を感じるような顔で数人のお年寄りの方々が、妻を見ています。

そして受験生と思われる高校生や浪人生が、自習室の机にちらほら見えました。

ある子が妻を見たとたん、うれしそうな顔でもうひとりの子と、ひそひそ話をし始めました。

妻は、雑誌などを置いている1階の談話コーナーには目もくれず、

2階の人がほとんどいない地学や政治などの膨大な書物を陳列する棚があるコーナーへ、歩を進めています。

私は気付かれぬよう適度に離れて、妻に近づきました。

妻は何列も書棚が並ぶ所で、じっと本を見つめながら、しばらく回りの様子を見渡し、しゃがみこみました。

すると、さっきの受験生のような子が2人であとををつけてきて、書棚越しに妻の前に立ちました。

そして2人は、

「あのおばさん、今日も見せてくれるかも」

「いやらしいよなぁあの体、外人みたいじゃん、まさかこの前、あんなでかいおっぱいや陰毛まる見えのパンティ見せてくれるとは思わなかったよ」

と言っているのが聞こえたのです。

私は当初、妻が何をしているのか検討もつきませんでしたが、はっきりここに来た理由が分かったのです。

妻はここで何かいやらしいことをしている。

そして、しゃがみこんでた妻の足が徐々に拡がり始めました。

履いていた黒い薄手のストッキングは太ももまでで、その奥には真っ白なボリュームのある内ももと下半身、

陰毛がはみでるくらいの小さなハイレグ・Tバックショーツが眼前にありました。

しかもショーツは、あわいブルーのスケスケで、おまんこの形がわかってしまうようないやらしいものでした。

こんなもの、あいつはなんで持ってるんだ?と、私は突然の行為に狼狽しながら成り行きを見守ってしまいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ