【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

不倫ってよくないことだとわかっているんだけど、人を好きになってしまうと、常識とかって考えられなくなってしまうの。

どの視点から見ても婚姻の威力は強い。

奥さんに訴えられたらまず、勝ち目はない。

不倫のリスクは大きい。

──そんなことはわかってる。

・・・でも、やめられないの。

愛人と呼ばれる人はお金も受け取っているんでしょうけど、わたしはただの不倫です。

正直、彼は自分の自由に出来るお金をあまり持ってない。

でも、彼に会いたくなるんだ。

彼と話がしたいし、彼とどこかへ行きたいし、彼とセックスもしたいって思うの。

彼とのセックスは・・・たぶん、ノーマル。

どちらかといったか彼のほうに主導権があって、わたしは彼の愛撫するまま、要求するままに、受け入れるの。

でも、ときどき不意をついてしゃぶってあげてる。

そうなるとシックスナインになって、彼は舌先で責めてくるの。

気持ちよくなって、喘ぎはじめて、ペニスのことがおろそかになって、結局、わたしのほうが根負けしちゃう。

ノーマルといっても、ネクタイで手首を縛られたりもするんだ。

頭の上に腕を上げて、カットソーで顔を隠されて。

いっつも目を瞑って彼の愛撫を受けているくせに、隠されるとなんだか不安なんだよね。

「わざとでしょ」

って言いたくなるくらい指先がそろそろと触れて、ただでさえくすぐったがりのわたしは、覚えがないくらいに躯をくねらせていたのだと思う。

乳首に指が触れるとたまらなくなって、もがいた。

「暴れすぎだよ。シーツがくしゃくしゃだ」

って言われた。

「ううん・・・くすぐったい」

彼は閉じたわたしの足を広げて、内股をなぞり、波線を書くように舌を這わせて・・・ゾクゾクして、クリトリスさえ触ってないのに、とろとろ蜜が溢れてきて・・・。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

数か月前の出来事です。

経験した事がある方もいると思います。

私35歳、妻32歳、子供10歳

ここ数年、私は妻との夜の生活も少なくなり半年に1回程度です。

私はまだまだ、やりたい時期なのですが、妻にその気がありません。

だから、パチンコで稼いだ時は、ホテルにデリヘルを呼んで欲求を解消しています。

ある日、私はいつもの様にパチンコを楽しんでいるとフィバーの嵐!!!

気づけば10万円稼いでいました。

ニコニコでそのままホテル直行!

携帯からデリヘルに電話を掛け、部屋で待つ事に・・・。

”コンコン”

とドアを叩く音!

”どうぞ”

と部屋のドアを開けると、30代の女性が立っていました。

”ん~”

何か違和感を感じました。

向こうも

”え~”

と声を出し、

”○○君のパパ?”

と言いだしました。

”ハッ”

としました。

目の前に立っているのは、子供の同級生の母!

お互い、固まった状態で長い間立ち尽くしました。

(実際は30秒位だと思いますが)

「ここじゃ何ですから、中へ」

「チェンジします」

彼女が戻ろうとしたので、手を取り中へ入れました。

「このままじゃ、気まずいし・・・一度話を」

結局、中に入れ話を聞く事にしました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は35歳の会社員、妻、恵美子は32歳の主婦、結婚3年目のごく一般的な夫婦です。

いえ・・・だと思っていました・・・妻の浮気を知るまでは・・・。

私は月に数度、仕事で出張をします、男ですから当然出張先ではキャバクラや風俗などにも行きます。

でもまさか私の出張中にうちの妻が浮気してるなんて・・・思ってもみませんでした。

確かに妻は今が女盛り、しかし結婚してからsexの回数は以前より減少傾向にあり、週2~3回のペースが今は月に2~3回ほどのペースでした。

妻の浮気に感づいたのはここ最近、私の出張をやたらに気にしている事、特に出張前日がやけに機嫌が良いことでした。

怪しく思った私は妻の入浴中に携帯もメールをチェックするという姑息な手段にでました。

そこで確信したのです、名前こそ女の名前でしたが内容は明らかに男、しかも早く私の出張中に会いに来てといった内容でした。

私は浮気の証拠を見てショックと怒りと嫉妬で分けが分からなくなりました。

誰にも相談できず悩んだあげく、数日後私は事によっては離婚も視野に入れ決定的な証拠集めの為にアキバに行き、よくTVの盗撮などで使用されている小型のビデオカメラを2台こっそり恥じをしのんで購入して帰宅しました。

そして次の出張の前日、妻の入浴中にリビングと寝室にカメラを仕掛け外の物置にレコーダーをセットして翌朝スイッチを入れて出張に向かいました。

出張中は妻の事が気になり仕事どころではありませんでした。

そして次の日帰宅すると妻が笑顔で向かいいれてくれました。

その笑顔に裏側などあるとは思えませんでしたが、妻の入浴中にカメラを取り外し物置に隠し一刻も早く見たい気持ちを抑えて妻が外出するチャンスを待ちました。

次の日妻が外出した隙に恐る恐る録画した映像を見ました。

・・・やはりそこには妻の浮気が記録されていました。

私が家を出て約2時間後、リビングでTVを見る妻の映像、そこにピンポーンとインターホンの音、妻は急いで玄関に向かいその後、リビングに見知らぬ妻よりも若い感じの男を連れてきました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ