【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

寝ずに妻を待っていたが

いつの間にか寝てしまったようだ

深夜に玄関のドアが開く音で目が覚めた

時計を手に取り見て見ると、夜中の3時だった。

意外と早かったなと思いながら

ベッドを出て嫁を出迎えようとすると

いきなり寝室のドアが開いた

『ごめんね〜。寝てた?5人もいたから、ちょっと手間取っちゃったw』

嫁はそう言いながら、ベッドに歩み寄ってくる。

嫁は、28歳の専業主婦で、165cm45kgの痩せ型だ。

無駄な肉のない、スレンダーな体つきだが、男目線だと”抱き心地の悪そうな体”だ。

女性目線では、こういう体が良いらしいが、もう少し肉感的で、胸も大きい方が良いんじゃないかと思う。

でも、そんな不満もどうでもよくなるくらいの、可愛い顔をしている。

桐谷美玲を少し薄くしたような顔で、顔を見ているだけで一日過ごせてしまいそうなくらいの美人だと思う。

こうやって書くと、欠点のない嫁に思えるかもしれないが、とにかく淫乱なところが欠点だと思う。

嫁は股下5cm位のマイクロミニスカートに、ヘソと肩が丸見えのキャミソール姿で私に近づいてくる。

肩位の長さの少し茶色の髪はボサボサになっていて、所々、糊(のり)でもついたようにカピカピに固まっている。

そしてその顔は、見てわかるくらいに発情したメスの顔になっている。

こんな姿で、タクシーに乗って帰ってきたのかと思うと、心配になる。

運転手さんにやられてしまわないかという心配と、近所の人に見られないかという心配だ……。

きっと美玲は、運転手さんに誘われたらすぐに応じてしまうと思う。

美玲はそのままベッドに乗ってくると、私に抱きついてくる。

鼻をつく栗の花の匂いに、一瞬”うっ”となるが、すぐにとろけた顔の美玲がキスをしてくる。

口の中に広がる生臭い臭いに、異常なまでに興奮するようになってしまった最近の私……

美玲に初めてこんな事をされたときは、思わずキスを振りほどき、洗面に走ってうがいを繰り返したものだ。

今では私も、平気で舌を絡めている。

『パパ、愛してる・・・。私のこと、嫌いになってない?』

とろけた顔のまま、心配そうに聞く美玲。

私は、愛してると言いながら、さらに強く舌を絡めた。

そしてしばらくして、私が嫁に言う。

「見せてくれる?」

何度このセリフを言っても、声が震えるのを止められない……。

『いいよwじゃあ、脱がせてくれる?』

美玲がエロい声で言いながら、マイクロミニをまくり上げていく。

丈が極端に短いので、すぐにショーツが姿を現わす。

ショーツといっても黒い皮のショーツで、穿き心地が悪そうなシロモノだ。

それに手をかけて、下に引き下ろしていく。

『アッ、んん……』

美玲の甘い声が響く。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

営業先でショートカットの可愛い主婦と

淫らな情事を体験しました

俺は大学卒業してゼネコンに入社

本社で3ヶ月の新人研修があり

その後同期入社約80名は

全国7ヶ所の各支店に配属となる

俺は大阪支店勤務を仰せつかり

ご他聞にもれず、現場配属となったわけだが

最初の物件は神戸の山奥の町にあった

その現場は始まったばかりで現場事務所もなく、向かいのアパートの一室を借りて仮事務所としていた。

俺は吹田市にある会社の独身寮に腰を落ち着けて、月曜の朝に現場まで行き、平日は仮事務所のアパートに泊まり、土曜日の夜に寮に戻るという生活サイクルだった。

そのうちプレハブの現場事務所がアパート隣の空き地に建てられ、それまで仮事務所としていたアパートは社員用宿泊所兼宴会場となって、実際に住んでいたのは俺だけで荷物はすべて吹田の寮にあるので、週末は寮に帰っていた。

そのうち工事が忙しくなると週末もアパートに詰めるようになり、寮にはなかなか帰れない日々が続いた。

そこで、それまで雑魚寝状態だったアパートの2階の6畳間を、俺専用にあてがってもらい、荷物を運び込み、本格的に住む準備を整えた。

ベッド、机、椅子、テレビ、洗濯機、冷蔵庫等備品は会社のものか、会社でレンタル。

光熱水費はすべて会社持ちなので個人の出費は衣食費と遊興費のみ。

新入社員で貧乏な俺は調理器具一式を支店の倉庫から持ってきてもらい自炊していた。

学生時代、寮にいた俺は半分自炊していたようなものだったので、料理はなんとかやれた。

昼は仕出しの弁当なので問題はなく、朝夜と休日の食料を近所のスーパーで仕入れていた。

宿舎となったアパートは、2階建てで4戸入り。

2階建ての一戸建て住宅が4軒繋がっているような形状。

1階に台所と居間、風呂とトイレ。

2階に8畳と6畳の和室が二つ。

一番東の空き室だった4号室を借りて宿舎にしており、残りの3件はごく普通の家族が住んでいた。

うちの隣は3号室。30代の夫婦、子供2人。その西側は2号室。30歳くらいの奥さんで子供なし、旦那の顔は見たことない。昼は留守がち。いちばん奥は1号室。40代の夫婦、子供3人。近々新居を建てて引っ越す予定だとか。

さて、発端は7月の週末前日、炎天下の中、アパートの物置の片づけを始めたときだ。

中身を全部出して分別し整理していたとき、突然背後から

「こんにちわ、暑いですね。」

と声がかかった。

振り返るとすぐ後ろに普段あまり見かけない2号室の奥さんが立っていた。

間近で見ると見事にスマート。

髪はショートカットで、白いノースリーブのワンピースを着ている。

歳の割にかわいい感じ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

出会い系で感度抜群な

素人人妻の柚希さんとHした

電話番号も交換し合って

人妻の彼女といよいよ会えることになり

どんな事をしたいか話を聞いていた

メンヘラで甘えたがりの

柚希さんは、一言。

ぎゅってしてほしいな…って言った。

ぎゅっ っとして欲しんですかw

ほんとは押し倒していきなりショーツまで脱がせて、柚季さんの恥ずかしい所を見ようと思ってたんですがw

(優しく肩を抱きベッドに柚季さんを座らせ自分は隣に座り抱きしめる)

ちなみに今日はどんな格好なのかな~

と、聞いてみたりw

(身体が密着させ柚季さんの色っぽさに少しドキッとしながら柚季さんの髪をとかすように撫でつけ)

あぅ、恥ずかしすぎます…///

(紡がれる言葉に頬を赤く染め上げ、抱き締められるままに雅人君の背中に腕を回して抱き付くと胸元に顔を埋め)

今日はロンTにピンクの下着ですっ。

まだ暑くって薄着ですね。

恥ずかしがってる柚季さんもいつもながら…いいですねw

(柚季さんのロンTの裾から手を伸びていき内股をさすってショーツのラインに沿って優しく触る)

んっ… んっ…

(柚季さんの耳たぶを甘噛みする)

いい匂いぃw

(甘い髪の香をかいだり、また柔らかく撫でる)

んっ…んぅ、はぁ…

(激しくキスして唾液が絡まる音が感度を上げ、口の端から唾液がこぼれるほど夢中になって絡めたり、吸ったりしてキスを繰り返す)

あ…っ、ん…雅人君、擽ったいよ…。

(内股を撫でる骨張った指先にビクビクと体を小刻みに震わせて、雅人君に抱きついたまま気恥ずかしそうに呟き)

ふぁ、あっ…は、ぁ…っん…雅、人…君…それっ、だめぇ…。

(敏感な耳たぶに食い込む歯の硬さや生暖かな吐息に甘く声を漏らし、次第に雅人君の背中に回していた腕に力は入らなくなり甘えるように凭れ掛かって)

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ