【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

昨日は、内妻の香里の友達夫婦が遊びに我が家へ来ました。

香里に事前に聞いたら旦那が一度は、妻を他人に寝取られてみたいとか。

奥さんは香里と同じ年令の25才で三船美香似。

デニムのミニスカに黒のプリントTシャツで中々のスタイルでEカップらしい。

恒例のビールで乾杯し香里が俺と友達(優子)夫婦の紹介した。

雑談をしばらくして、俺がマジックを披露とソファの前に椅子を持ってきて旦那を座らせ手足を椅子に縛り、タオルで目隠し、口もタオル、耳栓をした。

奥さんの優子の傍に座り、いきなりDキスを。

初めは抵抗気味。

ミニスカに手を入れパンティーの上からクリトリスを責めると

「アァ~」

と微かなアエギ声を。

緊張も取れたのか舌を絡ませて、口移しでビールを飲ませたり。

やがて手はTシャツを捲り上げイエローのスケスブラをずらして乳首を吸いながら片方のオッパイを鷲掴みで揉みまくり。

香里が俺の息子を取り出し優子に握らせた。

大きさにビックリしたみたいだが、手コキを始めた。

俺の息子は一層大きくなった。

優子を全裸にしてソファに。

俺も全裸になり69でお互いのを舐め合った。

優子のマンちゃんから愛液が溢れ始めた。

香里が

「優子に欲しいの?」

優子は

「アァ~感じちゃう!頭が変になりそう」

そこで旦那の目隠しや耳栓を取り外した。

「旦那さん!貴方の奥さんの感じてる顔や声はどう?」

旦那は

「ハァハア」

と言いながら勃起した。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私35歳 妻33歳 子供なし

私の妻は、結婚前に2~3人の男と付き合いが有り処女ではありませんでした。

セックスも、それなりのテクニックもあり夫婦生活も上手く行っています。

(2番目の彼氏にはプチSMやアナルも開発されたと妻から告白されました)

この間の日曜日、妻が仲の良い近所の夫婦と、今度の土曜日に私たちの家で焼き肉パーティーをしたいと妻が言いました。

私はそこの奥さんの姿を見ると、奥さんを頭の上から足の先まで食い入る様に見て

「こんな女と一発できたら幸せだな…それにあの尻たまらないな~]いつも目で犯していました。

妻「あなた、聞いているの」

私「ああ~そうだね いつも奥さんにお世話になっているお礼もしなくてはね」

妻「え~何いつものて?」

私「いや いつもお前がお世話になっているからだよ」

と私が言うと、

妻「OKね じゃ後で奥さんに言いに行くからね」

そして、土曜日になり招待した時間にご主人と奥さんが来られました。

私はご主人とは、挨拶する程度のお付き合いしかしてません。

妻と奥さんは親友同士で、ショッピングとか食事によく行く仲です。

妻「あなた 私と奥さんで支度するからご主人のお相手してくださいね。

それとお世話になっているからお礼も言ってくださいよ」

言ったので

私「いつも家内が奥さんにお世話になっています」

とお礼の言葉を言いました。

すると、ご主人は、

「いいえ、こちらこそ奥さんには色々とお世話になっています」


ニャッとした顔で挨拶されました。

私はその時のご主人の言った言葉が気になりましたがすぐに忘れてしまいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は自営の仕事をしている37歳(信也)です。

親から仕事を5年前に引き継いでしています。

そして、私には32歳になる妻(美沙)がいます。

私たち夫婦は結婚して10年目になります。

妻との出会いは14年前にさかのぼります。

私が大学時代に所属していた、合唱のサークルの合宿にOBとして、3日間指導しに参加することになったときに、目に留まったのが、当時新入生だった妻でした。

若干贔屓目にはなると思いますが、みんなTシャツにジャージのようなラフなカッコウなのに、妻だけがなぜか同じ服装でも飛びぬけてかわいく見えたのです。

そして、その初日の最初の食事休憩の時間から、早速に妻の隣に座り、話をして仲良くなろうとしました。

3日目には、妻と連絡先を交換し、猛アタック。

大学卒業と同時に結婚しました。

最初は妻も仕事をしていたのですが、2年ほどで仕事をやめさせました。

理由は私が妻のことを独占したかったからです。

私たち夫婦の間には、子供がいません。

やってないわけではありません。

むしろ、どちらかというと多いと思います。

週2~3は妻とのSEXを楽しんでいます。

いや、正確には楽しんでいました。

流れが変わったのは、1年前。

私の自営の仕事が厳しくなり、生活レベルを下げなくてはいけない状況になったことです。

今までの少しの贅沢を我慢しながら生活していたのですが、お互いに難しくなり、3月から妻が久々に仕事に出ることになったのです。

その仕事は、法人向けの保険の勧誘。

実は最初の2年していた仕事がそれなので、妻にすれば、もともとやっていたので大丈夫だろうという感覚での復帰でした。

仕事は週4日。

もちろん生活は一変し、また、元の程度になり、金銭面ではすごく楽になりました。

気持ち的に余裕が出てきたのか、私の自営のほうも、上向きになってきたのです。

しかし、いいことばかりではありませんでした。

それは、週2~3あった妻とのSEXです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ