【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

アラサー若熟女の実姉との近親相姦セックス体験談ですw

そう、あれは、ディズニーランドへの宿泊費を浮かそうって訳で、遠路名古屋から姉夫婦が泊まりに来たのが始まりだった・・・

「悪いね?、和也君。家族で押しかけちゃって」

「いえいえ、ずっと一人だったから賑やかで嬉しいですよ」

義兄さんとビールを飲みながら久しぶりの家庭っぽい雰囲気を楽しんだ。

「パパ?、お風呂出たよ?」

「こらっ、ちゃんと拭かなきゃダメでしょ」

先にお風呂に入っていた若熟女な姉と甥が出てきた。

主婦になったからか裸で丸見えなのに気にも留めてない。

姉さん、子供生んで一段と胸が大きくなったな…子供をタオルで拭いている姉のおっぱいを見ながらそう思った。

子供を寝かせつけた後、姉夫婦と遅くまで飲んだ。

久しぶりに見る若熟女な姉は風呂上りのせいか随分色っぽく見えた。

テレビを見ながらまったりしていたが長旅の疲れとお酒でみんなぐっすり寝てしまった。

ここは独身者用のアパートなので部屋数は少ない。

4人で一緒に寝ることになった。

しかし義兄さんのイビキは大きい。

とても寝られたものじゃない。

姉も甥もこの中でよく寝られると思う。

姉の寝相も相変わらず悪い。

隣で寝ているオレに何度も足や手を乗っけてくる。

と…寝返りを打った若熟女な姉のノーブラの胸がはだけて見えた。

寝相が悪いから胸のボタンが全部取れていた。

間近で見るとすごい迫力だ。

形といい張り具合といい子持ちのおっぱいには見えない。

こんな巨乳を見て何もしないなんて損だよな…義兄も姉も酒が入ると滅多な事では起きない。

悪いとは思ったが姉の巨乳にいたずらすることにした。

両手でつかんでみるが手に余る大きさだ。

手に吸い付くような肌のきめ細かさ、そしてすごい量感。

今まで付き合ってきた女をはるかに越えた巨乳だった。

あまりにおいしそうなので乳首を舐めてしまった。

両手でおっぱいを揉みながら赤ちゃんのようにひたすら吸った。

寝ていながらも姉の寝息が荒くなった。

乳首がこんなに勃起しちゃって…感度がいいんだね、姉さん…意外と起きないことに気を良くしておっぱいを色々な形にして遊んだ。

若熟女な姉さんって感じると可愛い声出すんだね…寝ながらも感じてしまって声が出てしまう姉が可愛いと思った。

気がつくと姉は自分の股間をいじっていた。

自分で始めちゃって…お手伝いしようかな…パンティーをぬがしてあそこを拝見した。

子供を生んでいるのにキレイなピンク色だった。

たっぷりおっぱいをいじってたから寝ながらも濡れてしまっていた。

子供生んだからガバガバなんだろうなぁ…ちょっと好奇心が出て膣内に指を入れてみた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

実姉に誘惑されてセックスした童貞弟の体験実話ですw

それは、突然だった・・・

「想太、ちょっと来てくれない?」

夜中に姉がとうとつに、オレの部屋に来たことから始まった・・・www

何だろうと思って姉の部屋に行くととんでもない事を言い出した。

「あのさ?、悪いんだけどちょっと身体貸してくんない?」

「えっ、何の事?」

聞けば最近ムラムラしてしまって勉強が手につかないらしい。

受験を控えているから集中しなければマズイのだが、とてもそんな気分になれないらしい。

「お、男じゃあるまいし。それに弟だぞ?」

「何、その顔…嫌だって言うの?」

「姉ちゃん、オレ達姉弟なんだぞ。それはマズイだろ!」

「いいじゃん!受験があるから彼氏とか作ってられないの!黙ってれば分からないって!」

「そ?ゆ?問題じゃないって!」

「あんたエッチした事あるの?お姉ちゃんの身体だけどエッチ出来るんだよ?」

確かに…女の子の身体に興味が無いってわけじゃない。

ってゆ~か、すっげ~エッチはしたい。

中3にもなって女の子と付き合った事すらないからセックスしたいのは山々だよ。

だけどな?

「受験があるからって彼氏と別れてからずっとエッチしてないんだよ?」

「だからって弟とするのかよ」

「近くにいるのってあんただけだし?。一人でしてても物足りないの。ね?やろうよ?」

「そんな…飢えた人妻みたいな事言って…何考えてんだよ…」

「ほら?、どう?このオッパイ…好きにしてもいいんだよ?」

姉がTシャツを脱いで胸を寄せる。

前から気付いてたんだけど姉は巨乳だ。

ブラに包まれたオッパイで深い谷間を作って上目遣いにオレを誘惑する。

ちなみに姉はブサイクじゃない。

人並み以上のルックスとこのスタイルで結構モテたりする。

友達なんかオレの家に遊びに来ると、用もないのに姉と話したがってりする。

そんな姉にせまられて童貞のオレは迷った。

突然訪れた初体験のチャンスと相手が姉だということに…

「そんなに迷う事ないじゃん!練習だと思ってさ?」

練習?そうだ!これは練習なんだ!将来彼女が出来た時だって役に立つはずだ。

本当はヤリたいだけの自分に言い訳をして覚悟を決めた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

俺はバーテンダーをしてる26才の男です。

俺の住んでるマンションの隣には夫婦が住んでいて、子供はいないようです。

隣の奥さんは、喘ぎ声と旦那のハゲずらからして甘熟女で間違いないと思います。

たまに休みの日に家にいると隣からヤってる声が聞こえる時もあります。

俺の出勤時間は夕方5時からだから昼間は寝てます。

そしてこの前の平日、俺は3時ぐらいに起きると真っ裸のままベランダに出ました。

最近熱くなってきたから、夏はいつもこんな感じです。

寝る時はいっつも裸だから、朝立ちしたビンビンのままベランダに出るのが最高っす。

ベランダの向こうは川だから、一目を気にする必要ありません。

俺は勃起したペニス勢い良く上下させて腹に

「ペチッペチッ」

って当てていました。

隣のベランダには隣の奥さんが洗濯物でも取り込んでる感じでした。

ベランダはつながっていて、叩いたらすぐ壊れる薄い壁で仕切られているだけで、隙間から覗こうと思えば覗けます。

俺は裸のままタバコを吸って、ぼーっとしながらチンチンをぶらぶらいじってました。

気がつくと隣から物音がしなくなっていて、

「部屋に戻ったか?」

って思っていたら、しばらくしてから足音とガラス戸の閉まるが聞こえました。

俺はそん時は何も思わなかったけど、2日目も同じような事がありました。

俺はひょっとしたら俺を覗いてるんじゃねーか?って思いはじめました。

だから3日目はちょっと試す事にしました。

俺は昼間起きると、ベランダに静かに出ました。

そんでデジカメの動画撮影をオンにしたまま、ベランダの仕切りの上の方から隣のベランダを覗く角度でガムテープ固定しました。

そして部屋に戻って、今度は勢い良くガラス戸を開けてベランダに出ました。

奥さんが隣にいる気配は無かったけど、静かに出てきたかもしれないので、俺はわざとオナニーをはじめました。

ひょっとしたら奥さんが覗きながら自分でオナッてるかもしれないって思ったら興奮してきました。

自分の我慢汁でクチャクチャ音が出始めて、おかずもないくせにかなり早目に出ちゃいました。

精子の量もすごくて、ベランダの低い壁にべっとり飛ばしちゃいました。

そして部屋に戻って、様子を伺いながら後でカメラを回収しました。

もう興奮しながらカメラの確認画面を早送りして見ると、やっぱり隣の奥さんが鏡を使って覗いてるのが見えました。

壁の隙間は左右と上下に少しあるんですが、下の隙間から足先が見えてしまうのを恐れて、小さいイスの上に立っていました。

さすがにオナニーはしていませんが、かなりじっくり見ていました。

それから僕は興奮して毎日ベランダでオナニーするようになりました。

そして小さいカメラを買って、隣の奥さんの様子も毎日観察していました。

すると3日目から奥さんはジャージの上からアソコを触っている様子が分りました。

イッてるのかは分りませんが、かなり激しくイジっているようでした。

そしてその次の日から奥さんはスカートでベランダに出てきて、イスに腰掛けて、足を床につけないで仕切りの壁に両足を広げてつけていました。

つまりイスの上でマングリ返しをするような格好で、足をそっと仕切りの壁に寄りかけてる感じです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ