自分は29歳の大学院生

そろそろ就職しなければなーと思いながらも

大学の研究室でいつもまったり過ごしている。

実家から大学も近いので、

来年三十路を迎えるのに、

まだ一人暮らしの経験も一回もなく、

両親と同居をしている。

それで最近、近所に偶然引っ越してきた

母の幼馴染のタエさんと肉体関係を持ちました

既に旦那さんは他界され、

綺麗なマンションで一人暮らしのタエさん。

タエさんは母よりちょっと年上で

自分とは31歳も離れている丁度還暦を迎えた

六十路の熟女。

自分はタエと呼んでいます。

もちろん更年期は過ぎているので

妊娠の心配は無く、セックスのときはいつも

膣内射精です。

俺が大学から帰ってくると

俺は母親にバレないように、

タエさんの自宅に伺いエッチしています。

タエは小柄な体型だからか、

おまんこの中にずっぽり挿れると

チンチンが子宮口に当たって

コリコリしてすごく気持ちがいいです。

タエにとっても子宮口にチンチンが

当たるような相手は初めてらしく

しかも中で出すときに

ビュッビュっとした射精を感じるみたいで、

お腹がジワ~と熱くなるような感じがイイそうです。

今の60歳って皆本当に若々しいんです。

子供の時は還暦迎えたら、

お婆ちゃんって感じの老婆でしたが、

今だとまだまだ現役って感じで

凄いパワフルなんです。

それにスゴいのは、

泊まった時に、タエが俺のチンチンを

咥えにくることです。

60歳ながら性欲は衰えず絶倫おばさん。

朝からHのお誘いが来て、

30歳の俺のが根を上げる事もあります。

タエの口でチンチンが硬く大きくなって、

口でしているうちに出てくるガマン汁と、

出した精液が喉にあたる感覚と、

チンチンがピクピクするのが好きみたいです。

口の中に出された精液を飲むのが、

高齢のおばさんにとっては

最高にエロイと感じる感覚だそうです。

タエ自身もこんなに精液が

好きになるとは思わなかったそうです。

こんな60歳のタエのおまんこの中に出すよりも、

タエの口でイッて精液を吸われ、飲まれて、

チンチンが小さくなってもしゃぶられてる方が

俺も何だか好きなんです。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事