思い切って告白します。

26歳一児の母、玲子です。

一人娘の麻里絵と、31歳の夫と三人で小さいですが一戸建てに住んでいます。

夫を裏切ってもうすぐ1年になります。

去年の春に夫が隣の県に転勤になり、通勤できなくなったので週末だけ帰ってくる生活になってからです。

寂しさと子育てのストレスから、出会い系のサイトでメル友を募集したのです。

36歳のヒデというバツイチの人と頻繁にメールするようになりました。

一度食事でもと誘われたとき、興味半分で会うことにしたんです。

平日の昼間だし、麻里絵を連れて行ってるので安心しきってました。

私はお酒に弱く、少しのビールを飲んだだけで気分が悪くなってしまいました。

麻里絵も眠くて機嫌が悪くなってきたので、仕方なく自宅まで送ってもらいました。

自宅を知られたとか、そんな余裕は無かったのです。

彼は麻里絵を抱いてベビーベッドに寝かしつけてくれました。

そこで彼は豹変し、私を犯したのです。

夫とは違う逞しい体で抱きしめられると、堰を切ったように乱れてしまい、彼のなすがままでした。

「んん…っ、やぁ…ああっ気持ち…イイっ、

あっ、熱いっ!も、もう、だ、だ、駄目ぇ~!」

「だ、だめぇっ!お、おまんこが溶けちゃうっ!」

「あんっ!あんっ!ダメッ!逝っちゃう!あっ!あっ!イクッ!逝っちゃう~あ~っ!」

夫とは比べ物にならない大きなペニスで、

今までに無い圧迫感であっさりと膣イキ

週末に夫が帰って来たとき、まともに顔を見れませんでした。

罪悪感で泣きそうになるのを必死で堪えました。

日曜の夜、夫を送り出してからすぐに彼はやってきます。

これで最後にしてくださいと何度も訴えてますが、彼のペニスを目の前にすると理性が無くなってしまうのです。

夢中でほおばり、中で出されてしまいます。

「やだっ!いいっ!すごいっ!!ああっ、あ、ああっ!」

「だ、だめぇっ!おまんこぉ、おまんこが溶けちゃうっ!」

麻里絵の前で、夫婦のベッドで他人の男性に抱かれる異様な状況に狂喜乱舞している私がいます。

いつしか彼は「玲子」と呼び捨てにするようになりました。

夫のいない月曜から木曜の夜まで、私たちの家で暮らすようになりました。

夕方に帰ってきて食事をして麻里絵を寝かしつけた後は、二人で手をつないで寝室へ行きます。

そう、まるで夫婦のように。木曜の夜は必ず、夫から電話があるんです。

その時も彼は私を責め続けるのです。

繋がったままだとか、フェラさせられている時もあります。

電話を切った後、罪悪感でいっぱいになる私に彼はこう言わせます。

「私は夫を裏切るひどい妻です。」

「玲子はもうこの人のものになりました。ごめんなさい。あなたぁ」と言いながら私は毎回激しく果てるのです。

雌犬の淫乱な性欲を開発されたダメな女です。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事