午後のシティホテル

薄暗い部屋、眼を凝らすと、

小さいスタンドがベッドの上の女体

愛しい妻の白い裸体

形の良い胸、腹

Wの形にされた脚が浮き上がり微かに見えます

妻の下腹部には男の顔が埋められたまま、

被虐性と嫉妬心、卑猥な想いが、

自分のM性の性癖をかき立てます。

「ああ、きっと、男の唇、舌、指が妻の淫核を剥き、陰唇をなぞり、尿道口から膣孔、アナルを弄り回している」

あれほど恥ずかしがっていた妻が、スタンドの照明で、白く浮かぶ太股で、男の顔挟み、微かに善がり声を発しています。

「うう、いとしい妻が初めて逢った男にお○んこを弄られて感じている。もう火がついたら、妻はきっとこの男の勃起した茎の挿入を、許すだろう」

私は自分でピンピンに勃起した茎をしごきながら、ソフアーの陰から凝視してると、後ろから、もう一人の男に抱かれました。

「さあ、可愛がってあげよう」

そう言われ優しく唇を合わしました。

男が私の耳元で

「奥さんと同じように、お○んこしてあげよう」

わたしはこれから、いとしい妻が知らない男に犯されるのを、盗み見しながら、この大柄のゲイの男にお尻を犯されます。

私ソフアーに四つ這いにさされ、後ろ手に軽く縛られて、

「たっぷり可愛がってあげようね、こんなに大きくして」

口を開かせられて、男の陰茎を刺し込まれました。

「ううう、デカイ、雄の臭いのする肉棒」

ベッドの上ではいとしい妻が男と69の体位で上になり、男のソソリ勃つ陰茎を優しく唇と舌で愛撫しながら、チラッとこちらを見た様です。

私の被虐性癖にも火が付きました。

「犯して、女の様に最後は中に出して!」心のなかで、叫びました。

妻は上から男の顔に股がり、白いお尻を押し付けさされて、何時も私にするように右手で男茎を握り、亀頭を舐めています。

「ああ、男気持ち良いだろうな!、」

「あんなに股拡げられて、妻の陰唇の奥、膣口にきっと男の舌が挿入されているんだ」

妻への情欲、男への嫉妬、私のMの被虐性、

妻は耳元で男に何か言われて、首を振り、嫌がったが、促され体躯座りにされて、私に見せつけるように股を大きく開き、男に愛撫され男の唾液と愛液で、ベトベトに濡れたお○んこを自分で開いて見せながら、舌と舌を絡めた濃厚なキスを交わしました。

「ああ、もう妻はさかりの憑いた雌、肉慾負けた女体、」

男は妻を引き寄せ、先ほどの妻の濃厚なフエラで、私よりひと回り大きい、ピンピンに勃起した陰茎を,いとしい妻の濡れ輝る陰部に当てがい、ゆっくり亀頭で卑猥な肉淵を撫でながらまた耳元で何か囁きました。

妻は首を横に振り嫌がりましたが、男に促されて

「ああ、早く入れて下さい!わたしのお○んこに、チ○ポ入れて下さい!」

「あああ、なんと卑猥な言葉を、、言わされている」

妻[お願い、!!はやくお○んこして!」

妻は屈曲位にされ、私に挿入が良く見える様に、男の大きな身体が妻の尻に密着して行きます・・・

妻[ああ、凄い、良い」

14cmはある男のいきり勃った茎が、いとしい妻の濡れぼそった陰唇を広げ、膣孔の粘膜の奥深く、突き刺されました。

「ひ~~~~!」

妻の歓喜の声、

それをソフアーから、隠れて覗き見しながら、勃起させて、ゲイの男にお尻を弄くられる私。

男はゆっくり淫茎を膣に挿入したまま、妻を屈曲位から、正常位にさせました。

妻の上から圧し掛かり、唇を合わせ舌を絡ませディープキッスしたまま、腰を突き上げ、妻の奥深くぬるぬるの肉襞壺に、はち切れそうに勃起した肉棒を挿送し、お互い性器を擦り合わせ、

「ぐっちゅぐっちゅぐっちゅぐっちゅ!」

卑猥な音を発しながら、快感を味合いながら、ふたりは欲情の世界。

もう愛しい妻は今理性を無くしています。

逢って数時間でお互いに顔、からだ、だけが気に入った、40歳の雄と33歳の雌の性交。

私はもう以上、最後に男が、愛しい妻の、淫核を剥き出し、淫唇を捲り、膣孔の粘膜を青筋立てた肉棒で擦り回して、子宮口に白濁の精液を1射、2射、3射、噴射され、その精液が妻の膣孔に溜り、男の射精を受けてよがり声を上げて男にしがみ付く、妻を見ることは、耐えられないです。

タチの男に促され、別室に行きました、彼とは何回かからだを交えていました。

「さあ、奥さんの様に抱いてあげよう」

舌を絡め合い、乳首をすわれ、お互いフエラし合い、男にアナルを責められ、もう気持ちは女。

「妻も今男とからだでセックスの快楽を味わっている」

そう思いながら、同じ屈曲位にされて、お尻の孔にローションを塗り込められて、やがて、アナルに彼の亀頭が押し付けられてきました。

「ああ、入れられる」

口を開き、お尻の力を抜いていっぱいにアナルを開いた時、

「うう、入る、ああ、入った、ああ」

男に抱きつき、更に激しく唇を吸い合い、男のお尻に挿入された陰茎の動きを味わいました、引き抜かれる時の直腸の内襞の摩擦感。

刺し込まれる時の圧迫感、「あああ、」女のようによがり声が出ます。

もう隣の部屋で男に抱かれて、お○んこされている妻の事は気になりません、

男の肉体の欲情、男と男の卑猥な肛門性交、彼はとても上手です。

時間を掛けて、横後ろから、真後ろから、最後は強く抱き合い、

わたしのお尻の孔奥深く、射精されました。

「ああいい、良く締まったよ、」

彼はまだ20代、私より10歳若い。

しばらく休んで、隣の部室をそっと覗くと、妻が男に跨り、まだ、セックスの真最中、それを見てまた欲情してしまいました。

朝まで男と妻は隣の部室で過ごし、何回もセックスしたそうです。

私もタチの彼と、朝まで、抱き合い3回もアナルセックスされました。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事