家族ぐるみの付き合いをしている友人の妻、Y子(32才)を犯してしまいました。

Y子とは、たまにメールをしていて『いい人』と思われていたと思います。

今月の始め、仕事が平日休みの俺は

「明日は休みだから遊びに行こうか」

とY子にメールをしたら

「タンスを動かしたいから手伝って」

とメールが来た。

以前から、友人である旦那に

「タンスを動かしたい」

と言っていたそうだが、いつまでたっても旦那は動かしてくれないとか。

翌日、旦那が仕事に行き、子供が学校や幼稚園へ行った頃、俺はY子の家に行った。

子供が寝坊したとかで

「布団を上げてくるから」

と言って二階へ行ったので俺もY子の後について二階へ行くと、部屋にはY子と子供の布団が敷いてあった。

その時のY子の姿は、白いTシャツに水色っぽい膝丈スカート。

俺はY子のTシャツの胸の膨らみや、背中に透けて見えるブラの線に興奮してしまった。

ついつい…

「最近エッチしてる?」

とか…嫌らしいコトを聞いたのが…間違いの始まり。

「二人目の子供が出来てから五年以上エッチしてなかったけど、昨日久しぶりにエッチした」

と聞いて更に興奮してしまった。

ついつい…

「俺エッチしよう」

と言ってしまい、Y子は恥ずかしそうに

「ダメだよ」

と言った。

更に

「一度だけしよう」

と言うと、Y子はひきつった顔で

「ダメ」

と言ってた。

二人しかいない部屋で…目の前に布団が敷いてあって…俺は…布団を上げようとしていたY子を後ろから抱き締めてしまった。

Y子はビックリして

「ヤッ!何するの!」

と言ったので、俺は

「一度だけ」

「嫌なら少しだけ我慢して」

とか訳のわからないコトを言って、Y子を後ろから抱き締めたままTシャツの中に強引に手を入れ、そのままブラの中に手を入れて乳首を触った。

俺は押さえきれなくなってしまい、Tシャツを後ろの方から捲り上げて首の部分を脱がし、背中のブラのホックを外し、Tシャツとブラを取り上げた。

そして、スカートのボタンを外しファスナーを下ろしてスカートを脱がせた。

Y子は、その場で俺に背中を向けて座り込んだので、俺はシャツとズボンを脱いで…Y子を布団に押し倒し覆い被さった。

Y子の顔を見ると…涙を流して泣いていたが…その表情がまた興奮してしまった。

両手でY子の顔を抑えてキスをしたが、Y子は唇を閉じたままだった。

そして、俺はY子の胸を揉んだり乳首を指で弄ったり舐めたり吸ったり…。

しばらく乳首を指で弄ってると…柔らかかった乳首が固くなり…時々、Y子は体をビクッ!と反応させていた。

Y子の体を抑えながら俺はパンツを脱ぎ、Y子のパンツの中に手を入れようとしたら…Y子は

「やだやだダメ!」

と言って俺の手を掴んだ…。

構わずパンツの中に手を入れ…俺の指がY子のアソコに届くと

「あっ!だめだめ!」

と言ってY子は必死で逃げようとしていた。

長い時間…Y子のアソコを触ってるうちに…カラカラに乾いていたアソコが濡れてきた…。

Y子の抵抗が弱くなったので、パンツを脱がそうとしたら、Y子は

「やだ!やめて!」

と必死でパンツを掴んだので、力ずくでパンツを脱がせた…。

Y子は膝を立てて足を閉じていたが、俺は両膝を掴んで足を開かせ…チンポに唾を塗って…Y子のアソコに無理矢理でチンポをねじ入れた。

Y子は

「いやーーーっ!」

と言って、仰け反るように顎が上を向いた…。

そして、ピストンを始めた…。

しばらく、チンポでY子の中を突いたが…Y子は…泣きながら歯をくいしばる様に横を向いたまま…マグロ状態…。

俺はイキそうになったので、腰の動きを止め、チンポを入れたまま…クリを触り始めた…。

すると…Y子は…顔を反対側に向けたり…マグロ状態だった体が動き始め…とうとう…

「あっ」

と感じた声を出し始めた。

チンポを入れたままクリを刺激し続けてるうちに…Y子は乱れ始めた。

再びピストンを始め、チンポで突きまくってるうちに…Y子はイッテしまった。。。

「俺にもイカせて」

と言って高速ピストンで…Y子の中に精子を出した。

その後、Y子から

「遅れていた生理が来た」

とメールが来た。

俺は

「今度はホテルに行こう」

とメールをしたら

「ゴムを着けて」

と返信が来た。

Y子は今まで旦那しか知らず、俺のチンポは旦那より遥かに大きいと思うから、味わったコトがない快感だったと思う。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事