アラフォー、四十路の女盛り、背も高く、スレンダーで、モデル美人だった妻の肉付きもふっくらとしてきました。

ちなみに、産後、巨乳になり、乳もガチンコ柔らかくて、乳首の触り心地も最高です。

ブラをつけると、胸の谷間がすごいのが自慢で、ユサユサとゆれるおっぱいとくびれたウエストからみる丸々とした巨尻は、

街中を歩いても、かなり男の目を惹くことがあります。

ただ、ひとつ難があるとすれば、色気はあるのに、いつもジーンズでいることでしょうか。

そんな妻の突然の変貌・・・最近、結構短めでタイトなスカートをはくことが増え、体のラインが強調される服装に変化しているのです。

妻の行動に不安はありましたが、まさか浮気はないだろうと思っていた矢先に、妻の驚くべき正体を知ってしまいました。

ある日、妻は10時に車で少し離れた図書館に向かいました。

私は、たまたま忘れ物をして自宅へ寄ったのですが、綺麗に化粧をして、やけに短いスカートで車に乗り込む妻を見て、

思わず会社の車であとをつけて行ったのです。

どうということはない、さびれた地方の図書館、人数はまばらで大きさだけは立派な3階建ての建物です。

妻が中に入ると、少し違和感を感じるような顔で数人のお年寄りの方々が、妻を見ています。

そして受験生と思われる高校生や浪人生が、自習室の机にちらほら見えました。

ある子が妻を見たとたん、うれしそうな顔でもうひとりの子と、ひそひそ話をし始めました。

妻は、雑誌などを置いている1階の談話コーナーには目もくれず、

2階の人がほとんどいない地学や政治などの膨大な書物を陳列する棚があるコーナーへ、歩を進めています。

私は気付かれぬよう適度に離れて、妻に近づきました。

妻は何列も書棚が並ぶ所で、じっと本を見つめながら、しばらく回りの様子を見渡し、しゃがみこみました。

すると、さっきの受験生のような子が2人であとををつけてきて、書棚越しに妻の前に立ちました。

そして2人は、

「あのおばさん、今日も見せてくれるかも」

「いやらしいよなぁあの体、外人みたいじゃん、まさかこの前、あんなでかいおっぱいや陰毛まる見えのパンティ見せてくれるとは思わなかったよ」

と言っているのが聞こえたのです。

私は当初、妻が何をしているのか検討もつきませんでしたが、はっきりここに来た理由が分かったのです。

妻はここで何かいやらしいことをしている。

そして、しゃがみこんでた妻の足が徐々に拡がり始めました。

履いていた黒い薄手のストッキングは太ももまでで、その奥には真っ白なボリュームのある内ももと下半身、

陰毛がはみでるくらいの小さなハイレグ・Tバックショーツが眼前にありました。

しかもショーツは、あわいブルーのスケスケで、おまんこの形がわかってしまうようないやらしいものでした。

こんなもの、あいつはなんで持ってるんだ?と、私は突然の行為に狼狽しながら成り行きを見守ってしまいました。

妻の下半身は、おまんこを中心に太ももとお尻がむっちりとしていて、まさに熟女のいかがわしい肉体と呼ぶにふさわしい体です。

妻はすでに興奮していたのか、ショーツの真ん中がヌラヌラしています。

2人の子がいるのを確認し、好奇の目で見ているのを知って、後ろに手をつき、足をこれ以上できないくらい拡げると、

とうとうショーツを横にずらしてしまいました。

2人

「うわ、生のおまんこだ、前はパンティだけだったのに・・・」


「あぁ~とうとう見せちゃった・・・どう?女の体っていやらしい?」

2人

「すげぇ~おばさんこんなに近くで見るの初めてだよ~うわ、グチャグチャして何か動いてるし・・・

穴からいっぱい液が出てきてるあれがたぶんマン汁だぜあそこにチンコ入れるんだよな?」

妻はこの2人に以前も露出していたようで、ずっと妻が来てくれることを期待し、2人は待っていたのでしょう…しかし、こんなことって・・・妻

「マン汁なんて・・・いやらしいそうよ、ここに入れるとみんな気持ち良くなっちゃって、白いものいっぱい出しちゃうの・・・

ほら、開いてあげるぅここが一番見たいんでしょ?」

まだ童貞であろう男の子にとって、突然の生身の女体・・・妻も興奮していて、近くに私が隠れていることも気付かないようです。

妻はおまんこを、クパァッと開きながらクリを弄ったり、穴まわりを弄くりまわし、夢中になって見せています。

男の子は前にある本を横にずらし、すべてを見逃すまいと必死に見つめています。


「あぁ~もうダメになりそう・・・大人の人が逝く姿・・・・見たい?」

2人

「うん、見たい見たい俺たち、本物のおまんこ見るの初めてなんだ・・・こんな綺麗なおばさんがオナニーしてんの見れるなんて、すげぇよ~」

それを聞くと妻は、尻まで垂れていたおまんこ汁を手でクリトリスになすりつけながら指で圧迫し、

おっぱいをブラウス越しになぶりながら足をぎゅうっと閉じ、ビクビクと体を痙攣させながらすぐに逝ってしまったのです。

その後、乱れた姿を整え、その男の子たちに言いました。

「ちゃんと勉強してるの?こんなことしてると集中できないでしょ?いやらしい子ねぇ」

2人

「俺たちもう苦しくて・・・チンコが痛い・・・」


「私のことを思ってオナニーするんでしょう・・・やらしぃ~えっち・・」

1人

「もうだめだ・・・俺、トイレ行ってくる」


「私も見てみたいなぁシコシコするところ・・・・もっとやらしいことしてあげるかも・・・・・・・」

2人

「えっ??」

妻は情感たっぷりに2人の受験生の男の子を誘います。

目の前でスカートの前をたくし上げてショーツを脱ぎ、ブラジャーも取ってしまいました。

フロントホックをはずしたとき、おっぱいが重力に負けてぶるんと揺れ、ぴんぴんに張った乳首がブラウス越しに透けて見えました。

18才そこそこと思われる2人にとって、色気たっぷりの人妻熟女にそのようなことを言われたら、期待しないほうが無理です。


「この前見せたおっぱいもたっぷり見せてあげるわ・・・もっと素敵なこともあるかも・・・・」

2人を誘うように妻はトイレに向かいました。

1階と違って2階・3階のトイレは、ほとんど使っている形跡はありません。

電気も省エネのためかスイッチが切られていて、誰も入ってこないのです。

その並んでいるトイレの中で身障者用の一室に妻が入って行きました。

2人は好奇心に負けて、あとを追うように入って行きました。

私も隣にこっそりと入り、横の様子を聞いています。


「やだっ!いっぱいヌルヌルしてるのがでてきてるじゃない。2人ともカチカチになっちゃって・・・何を期待してるの?こんなこと?」

妻がちんぽを弄っているようです。

2人

「ああぁ気持ちいいおばさん・・・・俺の臭くない?」


「ちゃんと剥いてきれいにしなくちゃ・・・あぁ硬いたまらないわこの感触、

なんてグロテスクでいやらしい形してるのかしらもぉ~ムキムキしちゃおこっちは舐めてきれいにするわ」

包茎ちんぽを見て、妻の興奮は最高潮に達しているようでした。

ぴちゃぴちゃとちんぽを舐めたり、すするような音がします。

しきりに2人があえいでいます。

すると、

「あぁもうだめだ」

と一言、1人が逝ってしまったようです。

そして続けざまにもう一度フェラの音がして、すぐに逝ってしまった声が聞こえてきました。


「すごい量・・・もう満足した?私の体は興味なくなった?ほらぁ」

2人の前で妻はおまんことおっぱいを見せつけているようです。

そして妻は禁断の一言を発しました。

「先におちんちん大きくなったほうに、ごほうびとしておまんこに入れさせてあげる・・・・」

2人はこの熟女の虜になったようです。

熟れた体を目の前に、大股開きをさせたり、おっぱいを顔に乗せたり、

お尻を突き出させておまんことアナルをじっくり見たり、はりあうようにして妻を取り合っています。

妻はうれしそうに

「あん!もぅ・・・もっとやさしく・・・」

などと言って、それを楽しみながら1人の子に決めました。

便座に座っている様子の妻は、一言

「さあ、入ってきて」

少しして

「はいった!はいったぞ!」

と。

そして妻が

「見える?根元まで挿れてもいいよ?おちんちんがどうなってる?ヌルヌルしてるでしょう?」

と興奮しながら声を震わせているのです。

もう1人の子がしきりに、次は俺もやりたいとお願いしています。

妻はガンガン突かれながら

「うん、うん」

と言い、今のこの行為に高まってきたのか息も絶え絶えになっています。

そして男の子が

「出る!!」

と言った後、隣は静かになりました。

しかしその直後、またあえぎ声が・・・・おそらくもう1人の子が、すぐ妻の秘穴に挿入したのでしょう。

妻が

「待って待ってもっとゆっくり・・・・・あんダメん・・・うぅ~すごい硬いぃ~」

男の子たちは

「すげぇ~おまんこってこんな感じなのか~中が熱っつくて、ネチョネチョしてんのなぁ~!」

などと、知ったような大人びた口調で吹聴しています。


「そうよ、こんな気持ちのいいこと大人はいっぱいしてるんだからぁ~

夫婦になるといつでもどこでも好きなときにしちゃえるしでもうちの旦那は全然してくれないのどう?

私の体・・・いやらしい?もっと私の体を知りたい?セックスってもっといろんなことができるのよぉ~」

2人

「うん、すごいエロい、エロ本なんか見るのより何十倍もおばさんのほうがいやらしくて気持ちいい・・・

俺たちもっとおまんこにいれたい、いろんな格好でしたい、旦那さんよりいっぱいできるよ?だからまたやらせて・・・」

妻は

「ふふっ」

と笑い、おまんこを突かれながら、もう1人の子も逝かせてしまったのでした。

たてつづけに妻の体を堪能し、2人は少し落ち着いてきたようです。

2人

「またここで待ってる。いつ会える?バックでもしたいし騎乗位もしたい、フェラチオも・・・大人のキスもしたい、舌を絡めるんでしょ?」


「さぁ、気が向いたときかな?その時はノーパン・ノーブラで来てあげる。スカートをめくったらすぐ入れちゃおうかな・・・」

そして、

「ディープキスを経験させてあげようか?」

といい、長い間音をたてながら2人にキスをしていたのでした。

3人がトイレを出て行ったあと、私はその行為が行われた現場に移動しました。

何もなかったかのように便座がポツリと・・・ただひとつだけ便器のふちにベトベトの精子が垂れていたのです。

まさか、妻は生で挿入を許していたのか?ゴムの用意をしていたようには見えない・・・・

長い1日仕事が終わり夜帰宅すると、妻が子供とくったくのない笑顔で出迎えてくれました。

午前中は、ばっくりと割れたウネウネと蠢くおまんこを露出し、熟れた淫乱な肉体で男たちを欲望のあらん限り受け止めた妻。

そして今、夜8時の貞淑な妻の顔。

私の心は完全に壊れてしまいそうです。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事