私は50代です。

数年前に借金のために離婚し、田舎から出て都会でタクシー運転手として働きはじめました。

慣れない土地にも慣れはじめた2年前の出来事です。

夜の11時ごろ夜勤で車を走らせていると、30代後半の女性が手を上げたのです。

目的地に着き、料金を払って貰おうとすると、財布を持っていないと言うのです。

事情を聴くと、旦那と喧嘩して家を飛び出して来たそうです。

行く当ても無いと言うので半分冗談で、私のアパートでいいなら貸してあげるので、

朝になったら帰ったらいいからと話すと、お願いしますと言ってきたのでアパートに行き、彼女を降ろして、私は仕事を続けました。

自宅に帰ったのは朝の7時近くでした。

もう居ないと思っていた彼女はまだ寝ていました。

私はシャワーを浴び、帰りにコンビニで買ってきたオニギリを食べていました。

すると彼女が起きて来ました。

ドキッとしました。

よく見るとなんといい女なのです。

大塚寧々風の美女でした。

彼女はお湯を沸かしコーヒーを入れてくれました。

それから、シャワーを借りたいと言い、浴室に入って行きました。

アパートに女性が来たのは初めてで、若い女性が隣でシャワーを浴びていると思うと、久々に下半身が元気になっていました。

でも理性で抑えていました。

私は彼女に気を遣い、シャワー室に向かって、私は寝るから、かってに帰ったらいいからと声を掛け、寝室に入り横になりました。

しばらくして、ドアが開いたので、振り返ると彼女が立っていました。

彼女はドアを閉めて、そばに近づいて来たのです。

部屋の電気は消していたので、はっきり姿は見えませんでしたが、そのまま私の布団の中に入って来ました。

驚いている私に、こんなことしかお礼が出来ないからと言ったのです。

本当に良いの?と聴くと、はい、と彼女は答えました。

私が夢中で触れると、彼女はすでに裸でした。

彼女の身体を愛撫すると、本当に良い体でした。

離婚して以来、女性に触れたことは無く、時々オナニーで解消していました。

生身の体は本当に良いものでした。

彼女はキスも受け入れてくれて、フェラもしてくれました。

お昼前まで何度も彼女を抱きました。

それから私が3000円渡すと帰って行きました。

彼女が帰った後で脱衣所のカゴにパンティが残っていました。

その匂いを嗅ぐと、かすかにしょっぱい臭いがして、オナニーにふけりました。

いまでも時々思い出しては、オナニーにふけっています。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事