ちなみに、妻は老舗のデパガ。そして妻と初めて出会ったのは合コンだった。

私がいた支店の取引先に、業界でも比較的老舗のデパートがあり、そこの経理部の男に誘われたのだ。

「俺らの業界はだめっすよお。うちの店の女のこなんて、俺らのことなんて無視っすよ、無視。

将来性ないから。Tさんがコンパきてくれたらサイコ―にモテるとおもいますよ」

彼は少し卑屈な笑い方をしながら言った。

「N銀行っつったら、最大手っすもんね。それもTさんはバリバリ出世コースだし」

最近融資をしぶるようになった私の会社に気を使ってか、彼は必要以上にへりくだっている。

大学卒業の時彼女と分かれて以来、ほぼ10年きちんとした彼女を持っていない私は、そろそろ結婚を考えなければいけない年になっていた。

妻帯者でなければ、海外赴任もままならず、なにより女性にもてないダメな男と言われるのはプライドが許さなかった。

「じゃ、自己ショーカイっす。こちらがN銀行H支店、33にして副支店長のエリート、Tさん!。」

流行のエスニック風居酒屋に集まったのは、私とその男、そして2人の女性だった。

ひとりはどうも幹事の男とかなり親密らしく、やたら体を触りあっていた。

もう一人の、栗色のショートヘアの髪をした、顔の小さい女性が妻だった。

「かなちゃんはあ、コンパとか嫌いだからあ、慣れてないんですよお、Tさんどんどん話してあげてくださいねえ」

妻の友達らしい、派手な顔をした女が、早くも酔っているのかそんなふうに私をけしかける。

その横で妻は恥ずかしそうに笑っていた。

「Sさんは、エレガなんすよ、エレガ!でもってこんなに可愛いから社内でも社外でもファンが多いのに、真面目なんすよねこのこ」

男はそう言って、照れる妻に、Tさんは大丈夫、ちょ―真面目だから、と言った。

私は彼女を一目で気に入ってしまった。

派手に遊んでる、といったデパート業界への偏見も、話していくうちになくなっていった。

その後、数回デートを重ね、知り合って四ヶ月、私の隣の市への支店長としての転勤とほぼ同時に結婚式をあげた。

すぐにでも家に入って欲しかったのだが、後任が決まる春まで働かないとお店に迷惑がかかるといって、しばらく妻は働く事に決めていた。

そういうきちんとしたところも、私が彼女を妻に決めた理由のひとつでもあった。

ある日、私は前にいた支店に用事があり、妻の働くデパートの近くまで出かけた。

稟議に時間がかかり、その日はその町で夕食を一人で食べるはめになった。

妻は父親が入院することになり、一日だけ実家に帰っていたのだ。

和風のこぎれいな居酒屋で一人酒を飲んでいると、隣の個室が騒がしくなってきた。

体の大きな男達が五,六人で騒いでいる。

すると私の耳に突然、妻の旧姓が聞こえてきた。

「ショックですよおー。本社研修から帰ってきたら、Yさん結婚してるんすもん。それもなんかどっかの銀行のやつですってえ?」

妻の会社の人達なのか?私はついつい聞き耳を立てていた。

「お前が全日本に選ばれるから悪いんだろ?おかげでこっちは一部守るのに大変だったんだぞ」

間違いなく妻の会社の連中だ。

彼女の勤めるデパートのラグビー部は全国的にもトップレベルのチームで、有名大学から何人も選手がはいっている。

「ショック大だよなあ。俺すっげえファンだったのになあ。エレベーターガーるであんだけ清楚な人もめずらしーのになあ」

私が優越感に浸りかけた時、彼らが大声で笑い出した。

「Yが清楚?うははは。お前ホントまだうちの店わかってないなあ。」

どういうことっすか?彼が聞いた。

私も胸の鼓動が激しくなってきた。

どーもこーもないって、同期のこいつに聞いて見たら?障子ごしに言葉が私の耳につきささっていく。

「ここにいるやつら、みんな竿兄弟だぜ?お前以外。あいつ、、うちの部のフィジカルマネージャーだもんな」

兄弟?みんな?私の疑問を仲間はずれの男が聞いてくれた。

「マジ?マジすか?倉田お前も?いつからだよ?結婚する前?」

私は手が震えてくるのを押さえられなかった。

「まえっつーか、いまもっつーか俺、最近練習前に屋上でするのがくせになってるけど」

あ、お前も?あいつめちゃくちゃフェラうまいだろ?やっぱ制服立ちバックは男の夢だよなあ信じられない会話が障子の向こうで繰り広げられる。

話しはどんどんもりあがり、男の一人が妻の携帯に電話をかけ始めた。

仲間はずれの男が妻と喋っていて、あさって飲みに行く約束をとりつけていた。

私は、なにかのまちがえだ、同じ名字の同僚に決まってる。

あの清楚な妻がと必死で自分を納得させていた。

障子の向こうから声が聞こえる。

「ま、うちのあの制服を着たYが、屋上で俺のをしゃぶってくれると思うと、俺もまだまだ現役続けなきゃって思うよなあ」

「屋上のどこっすか?」

「お前もしてもらえるって。あの従業員用のCエレベーターをあがって、

階段のぼった乾物倉庫あるだろ?あっこがナーイススポット。鍵もかかるし、ま、ほとんどつかってねーし。」

「俺、あそこでYさん後ろからしながら、ダンナさんの話し聞くのすきなんすよ。」

「お前ヘンタイだって。そーいえば去年までいたクインシーが、すっかり制服マニアになって帰っていったのは笑うよなあ」

「俺はホテル使うけどな。制服よりアイツのボディ、さいこーだって」

私は、彼らの話しが、別の女にかわってもその店を出ることが出来なかった。

二日後、家を出る妻は、今日は送別会でちょっとだけおそくなる、といって家を出ていった。

私が帰宅するころには帰っていたし、なにも変わった様子は見えなかった。

私が聞いた話しはなんだったんだ、私はその翌日、入社以来始めて有給を取り、妻の勤めるデパートへ向かった。

従業員通路の警備員は、私の事を覚えていた。

店長やブロック長と一緒に入る事の多かった私を、彼はVIPだと思っていたらしく、すんあり中へと入れてくれた。

こんなことしてなにになる私はつぶやきながらCエレベーターを探し、最上階まで行き、階段を上り右に曲がり、乾物倉庫へたどり着いた。

ドアは開いていた。

私は中に入り積み上げられたダンボールに身を隠した。

こんなことして、、俺はどうしたっていうんだ、だいたい妻が浮気してたとしても、

ここって決まってるわけでもないし大体あの話が本当だって証拠もないし、

いや、あれは連中の願望いや妄想だ、私はそんなことを考えながらうずくまっていると、昨夜一晩中悩んだせいか眠くなってきた。

ガチャドアが開く音で目を覚ました。

自分がどこにいるのか、思い出すまでに少し時間がかかった。

ぼーっとしている私の耳に、聞き慣れた声が聞こえてきた。

「誰に聞いたの?この場所の事」

妻の声だった。

妻が、妻が大柄な男と2人倉庫に入ってきた。

「別に、男の夢っていうんですかねえ」

あの居酒屋で、ショックだよなーといっていた声だった。

「あと四十分しかないよ、昼休み。山口君のとこのチーフって金さんでしょ?あの人きびしーよお?」

制服を着た妻を見るのは、実はそれが始めてだった。

エレガが好きとか制服はいい、とか私はとても言えなかった。

知的な会話をこころがけてきたのだ。

しかし、モスグリーンのジャケットにピンクのスカーフ、そして黒のタイトミニの妻は、家にいる時の何十倍もいい女だった。

「大丈夫です。あの人俺がオールジャパンってことすっげえ自慢してるらしいですし、業者に。なんか妙に気に入ってくれてて」

「山口君、おじさんうけもいいんだねえ。でも、、昨日したばっかりなのに猿ってるよお」

妻は笑いながら彼の足元にしゃがみこむ。

それが当然のことのように。

「あんなん、メシ食って、そのあとたった一時間だけじゃないすか。ダンナさん帰る前に家にいなきゃって、

かなこさん早番だっていっても、帰るの8時は短すぎますって!」

妻はゆっくり彼のベルトをはずし、ズボンをおろしながら話す。

「しょうがないでしょ?今年の新人は生意気だなあ悪いと思ったから、ホラ、今日は君の夢ってのをかなえてあげてるじゃない?」

トランクスだけになった彼の股間を、妻は細い手でなでまわしながら話す。

「マジすか、かなこさんって、なんでそんなスケベなんすか」

「うーーんとね、なんでだろーねえ。でも、家庭とエッチはわけてるよん。ちゃーんと」

妻の手はトランクスを降ろし、とびでてきたものを軽く握る。

若いラガーのそのものは、昔のコーラのビンにそっくりだった。

妻はおの剛棒を2,3回しごくと、ためらうことなく舌を先に這わせ始めた。

私の3メートル先で、私の妻が他の男のものをしゃぶっている。

私の、結婚5ヶ月の妻が。

若い男は体を震わせている。

モスグリーンのジャケットに、小柄ながらアクセントのある体をつつんだ妻は、

白い手袋をしたまま20センチ以上はある剛棒をしごきながら、舌を頭から括れ、そして根元へと丁寧にはわせている。

私に気がつかず、目の前で。

「ここも全日本入りできそう」

妻は若い男を潤んだ目で見上げながら、先から根元、根元から先へと何回もその柔らかい舌を往復させる。

私は、まだ彼女にその行為を頼む勇気がなかった

「あふホント夢かないましたって感じですよお制服だもんなあ、ダンナさんにはいてあげるんですか?」

妻は棒の中ほどまで咥えながら、たしなめるように頭の動きを早め始めた。

「やべ、イク」

男は妻の頭をつかむと、軽く下半身を震わせていた。

口に私の妻の口に出している。

妻は少し顔をしかめると、ゆっくり搾り出すように棒をしごき、何回か喉を振るわせた。

飲みこんだのだ。

「さいこーです。でもまだ20分ある」

若い男は妻を強引に立たせると、硬くそびえたったままの剛棒を握って、彼女の両手を壁につかせ、パンストを丁寧に、しかしすばやくおろした。

「いろっぽすぎますって」

彼は妻の腰をつかむと、そのままゆっくり腰を突き出して行った。

妻はくぐもった声を出しながら、彼を受け入れていた。

「俺制服きたエレガとやってるよそれも人妻、しんじられねえ」

彼は憑かれた様に腰を激しく動かしている。

妻はときおり、喉の奥からくぐもった声をだしながら、快感に耐えているように顔を臥せている。

「山口君、すごいぃ」

妻の黒いヒールは脱げそうになっている。

若い男はどんどんスピードをあげて腰をたくましく動かしていた。

「ピル飲んでるんですよね、いいですよね」

妻がうなずく。

若い男は、妻の括れた腰の、細いベルトをつかみながら、低くうめくと下半身を細かく振るわせた。

中にそそぎこんでいる。

私の妻の中に。

彼らが倉庫からいなくなってから3時間の間、私はめそめそ泣いていた。

妻が仕事をやめるまでの2ヶ月の間、私はそのあと一回だけそのデパートへと向かい、倉庫に隠れていた。

その日も妻は来た。

私に彼女を紹介してくれた男と一緒に。

彼は、あいつまじめだろ?絶対出世するし広い家に住んで、買い物いほうだいだぜ?感謝しろよな!

と乱暴に妻の胸を制服の上から揉みひしぎながら、柔らかい舌の動きを楽しんでいた。

彼はラグビー部ではなかったが、異様に大きなものを妻の口に出し入れしていた。

「あいつでも、セックスへたそうだもんなあお前もあいかわらずビー部の連中くいまくってるんだろ?ええ?おい?」

男は妻の顔をつかんで、激しく上下させた。

妻はまったくいいなりだ。

男は妻をたたせると、壁に押し付け、胸をまさぐり、制服のタイトスカートをなでまわすと、パンストをおろし、妻の片足をもちあげ、前から挿入した。

「うちの制服、しめるなあマニアの中で一番人気なんだぜ?色っぽいモンなあ、このスカーフも」

男はやせぎすの体に似合わない動物的なはげしさで腰を送りこむ。

妻は男にしがみつきながら、微かに声を上げ、黒のヒールをぶらぶらさせながら、男のだしたものを中で受けていた。

今私の横で寝ている妻は、もう仕事を止め、専業主婦をしている。

こころなしか少しふとってきているような気がする。

浮気もまったくしている気配がない。

妻は充分その性欲を発散させたのだろうか。

私はあの時見た妻の姿、制服を着てひざまつき、男のものを咥えている姿、黒のタイトミニを捲り上げられ、

後ろから責められている姿をどうしても忘れる事ができない。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事