一人身が淋しいという30代の若熟女なイイ女との甘エッチな体験談をご報告いたします。

あれは、男4女4で朝三時まで飲んだときのことです

流れで、三十路の若熟女の宏美(仮名)を送っていくことになった。

普段お堅い32歳、独身女の宏美ですが、ガチ酔ってて、車内では「セックスする彼氏がいなくて寂しい寂しい」って言ってた。

俺は、寂しいって言ってる友達が可愛くなってきて信号待ちの時軽くキスした。

びっくりしてたけど嫌ではなさそうだった。

その反応を見た俺は川沿いに車を止めてキスしたり、いろんな話をした。

…俺は話をしながら友達の太ももに手を伸ばし軽く触れていった。

さすがにそれは嫌がられたけど「こうすると俺落ち着くんだよ」とか言ってごまかした。

しばらく会話してると突然友達に「ぎゅってされたい」って言われた。

最初俺は軽く抱きしめたんだけど、そしたら友達が予想外に強く抱きしめてきた。

「こいつほんと寂しかったんだな~」とか思ってると俺も勢いがついてきて、今度は服の中に手を入れてさらに強く抱きしめた。

ここまで来ると後はお互い収まらず、ディープキスしたり、胸を直で触ったり・・・やる直前って感じになった。

どきどきしながらもおれは栗を刺激するため太ももに置いていた手を足の付け根へずらした。

指で刺激を始めたときにすでに宏美のおまんこは下着の上からでも分かるくらいグショグショで、

栗に指がかするだけでも「あぁぁぁ」って凄い声を上げるくらいになっていた。

しばらくその反応を楽しんだ俺は決心して宏美の下着の中に手をいれおまんこを触った。

宏美の中は今まで経験した中でも最高の濡れ具合で俺の理性は完全になくなっていた。

「こんなにエッチって知ってたら今の彼女と付き合わないで宏美と付き合ったのに」とかありえない台詞をはく俺に宏美は

「ほんと?うれしい!もっとして」とせがんできた。

俺はそれに乳首とおまんこのW攻撃で答えた。

「いい!いいの!もっと!」と叫ぶ宏美、宏美も理性は飛んでいたと思う。

ここまでで朝の4時半くらい、さすがに空が明るくなってきたんで俺は刺激を続けながら耳元で

「宏美と最後までしたい・・・ホテルで続きしよ」と囁いた凄い色っぽい声で「えっホテル?つづき?だめだよ。

寝るだけならいいけど」みたいな事を口走る宏美俺は「分かったよ、じゃあさっき途中にあったホテルでねよっか」と提案し行くことになった。

運転中も太ももは撫でながら「ほんとうに何もしないからね」

「そうだよね、寝るだけだよね」

「宏美凄いかわいいよ。マジでほれた」

「それ本気?そんな事言われるとてれちゃうよ」とか話をしてた。

ホテルに着いたら部屋が清掃中の一部屋しか空いてなくて10分ぐらい待合室で待たされた。

その間も宏美の胸をもみながらキスをして、おまんこを直接触って、と寝るだけといいながら宏美も我慢できない感じだった。

部屋に通されると、俺は宏美をベッドに押し倒しディープキスをしながら強く抱きしめた。

宏美のキスは凄く激しくて歯と歯が当たってもお構い無しに貪るようにキスを求めてきた。

俺はしばらくそのキスを楽しみつつ、ブラのホックをはずし宏美の胸を強く揉んだ。

宏美は「あぁぁぁん」と声を上げながらもさらにキスを求めてきた。

我慢できなくなった俺は宏美を起こし上の服を全部一気に剥ぎ取った。

宏美の胸は思っていたよりも大きく艶も張りもあり凄く綺麗だった。

宏美は「寝るんでしょ?何もしないんだよね?」といいながら胸を隠すように布団にもぐっていった。

俺は「うん寝るよ、何もしないから大丈夫だよ」といって一旦宏美から離れた。

宏美は安心したのか観念したのか目を閉じていた。

それで終わるわけもなく今度は下から布団をめくっていき宏美の足元から責めて行くことにした。

脹脛や太ももは軽く刺激するだけで通過して、下着の中のグショグショおまんこをめざした。

おれは下着に手をかけると宏美の尻を持ち上げ一気に脱がした。

ほとんど抵抗なく宏美のおまんこが俺の目の前に広がった。

宏美は毛が薄くおまんこはビラビラがやや大きめで口に含んでちゅぱちゅぱできるちょうどよい大きさだった。

車の中からずっと刺激していたおまんこは想像できないくらいドロドログチョグチョに濡れていた。

俺は我慢できずビラビラと栗と宏美の愛液を舐めまくった。

その瞬間、「あぁぁぁぁ!」っと宏美が凄い声であえぐのが聴こえた。

宏美が感じているのが分った俺はおまんこを舐めながらさらに胸に手を伸ばし両胸を強く揉んだ。

すると「うぅぅん!!気持ち良いいよぉ・・・もっとぉ」と叫びながら宏美が両手で俺の頭を押さえつけてきた。

さらに腰を俺の顔に擦り付けるようにうねらし「もっとぉ・・・もっとしてぇ」と言いつづけていた。

俺は必死で宏美のおまんこを舐め続けた。

突然宏美が「だめーーーーぇ」と叫んだあと、ぐったりしてしまった。

どうやら逝ってしまったようで、とりあえず舐めるのをやめ宏美の隣に移動した。

「宏美のおまんこ凄くきれいだし、おいしかったよ。反応も凄い良いね。」と話す俺に宏美は恥ずかしそうな顔で

「久しぶりだったから・・・」と答え背中を向けて布団にもぐってしまった。

俺は下着以外を脱ぎ無言で後ろから宏美に抱きついた。

そのまま耳を舐めると宏美がビクンと反応したのが分かった。

「耳も感じるんだね。初めて知ったよ。」とささやく俺宏美は「もぅ・・・また感じちゃうじゃん」と言いながら振り向き俺に抱きついてきた。

俺は宏美の胸に押し付けられる位置で抱しめられた。

「胸もなめてよぉ・・」宏美の甘える声に俺は我慢できずむしゃぶりついた。

「きもちいぃ・・・きもちいぃ」と喘ぐ宏美、俺は両手で胸をもみながら交互に乳首を舐めたり、乳首だけを指で刺激したりした。

この位置関係だと辛くなってきたので、宏美を仰向けにして俺は宏美の足の横に位置を変えた。

今度は右手で宏美の左胸、口で宏美の右胸、左手で宏美の栗を刺激した。

宏美は「んんーーあーーー」と今まで以上に喘ぎ声を上げ、おまんこもさっきにも増してドロドロだった。

両手でまた俺の顔を押さえつける宏美、はっきり言って二人とも快感を貪る獣みたいになってた。

俺はおまんこに指をいれ激しく動かした。

宏美は腰をぐりぐり動かして俺の手に擦り付けてきた。

「あっ・・・あっ・・・いっいくぅーー!!」宏美はまた逝ってしまったみたいだった。

「宏美はほんとエッチだね・・そこも可愛いところなんだよね」

と言う

俺「何もしないって言ったじゃん・・もぉ」

「寝るだけって言ったんだよ」とか話しながら宏美に布団をかけた。

このあたりで大体五時半くらいさすがに二人とも眠気が出てきた。

特に宏美は2回は逝ってるのでかなり眠そうだった。

しばらく放置してると寝息が聞こえてきた。

宏美は眠ったようだった。

もう我慢できなくなっていた俺は、終始ギンギンだった朕にゴムをつけ臨戦態勢に入った。

寝ている宏美を転がして無理やり仰向けオレの朕の上にまたがる体勢に移動させた。

宏美も目が覚めたらしかったが「どうしたの?」と見当はずれな質問、軽く寝ぼけているようだった。

俺は「大丈夫だよ、ここ(朕)が宏美とくっつきたいって言ってるだけだから」とごまかしながら上半身を起こし朕を栗にこすりつけてみた。

ビクンと反応はあったものの「えー本気?ちょっと眠いかも」と冷たい反応。

「寝て良いよ。勝手にやっちゃうから」といいながら俺は宏美に挿入した。

2回逝っている宏美のおまんこの中は滑りやすく、すんなりと根元まで吸い込んでいった。

一瞬、えっ?っという顔をする宏美。

その直後に宏美から「あぁ」と言う声が漏れた。

「うそぉ・・もう入っちゃったの・・・そんなの聞いてないよ」と喘ぎながら言う宏美、

「今言ったじゃん。宏美の中気持ち良いよ。凄い吸い付いてくる。声もかわいくなってるよ」とおだてる俺、

「そんな事いわないでよ。恥ずかしいじゃん」と言いながらも俺に抱きついてくる宏美、

「全然恥ずかしくないよ。凄いかわいい顔してるし、もっとエッチな声出してよ」とか言いながら

宏美の胸にむしゃぶりつく俺、

「そんなのむりだよぉ。」と言っている声がだんだん艶を帯びてくる。

「まじでぇ。じゃあ動いてみようかなぁ・・」

座ってる俺に宏美が向かい合って馬乗りになってる状態(対面座位かな?)だったので宏美のおまんこは俺の朕を完全にくわえ込んでいた。

俺はその状態で抜き差しせず前後に動いた。

「あっぁぁぁん・・気持ち良いよ。おちんちん気持ちいいよぉ」

宏美は凄い声で喘ぎ始めたさらに自分で腰を振り始め

「きもちいよ・・おちんちん・・きもちいいよ」と言いながら俺に胸をしゃぶるように押し付けてきた。

俺はそれに答え、腰の動きは宏美に任せ胸を思いっきり刺激した。

「んん!!きもちいいよ・・おっぱいもきもちいい」宏美は完全にオレの朕の虜になっていた。

宏美がここまで乱れる女の子とは知らなかった俺は興奮でさらに朕がギンギンになっていた。

俺は宏美を抱きしめながら「宏美!大好きだよ!!宏美がこんなに可愛いなんて知らなかったよ。今まで友達だったのが凄いもったいない気がしてきた。」

「ほんとぉ?私って可愛い?ほんとに可愛い?」

「うん、めちゃめちゃ可愛いよ。本気で惚れた。そうじゃなきゃこんな事しないよ」セックスの最中ってなぜかこんな会話が普通に出来るんだよね。

とか思いつつ宏美を堪能する俺。

「宏美-もっと気持ちよくなりたいよね?」と聞く俺に「なりたい・・気持ちよくなりたいよ・・」と喘ぎながら答える宏美「じゃあ体勢変えよっか。

もっと気持ちよくなりたいんだよね?」と言いながら宏美を後ろに倒し正常位に体勢を変更した。

「この体位になると女の子のからだが全部見えるんだよ。こうやって裸の宏美をちゃんと見るの今が初めてじゃない?」

と言う

俺「もう・・そういうことは言わないで・・恥ずかしいよ・・」そういいながら宏美は俺の首に両手を回し引き寄せた。

「ごめんごめん。なんか俺感動しててさ・・・宏美とやっちゃってるんだーって」ぎゅっと宏美を抱きしめる俺。

「私もだよ。さっきまで友達だったのにね・・・ほんとにしちゃうなんて不思議」強く抱きしめ返してくる宏美。

軽くキスをする俺。

激しいキスで返してくる宏美。

凸を入れたままそんな攻防がしばらくつづいた。

そろそろまた動きたくなってきた俺は「宏美のもっと可愛いところがみたいな」とささやき、抱きつしめてキスしながら朕の出し入れを始めた。

「んんっ!!」キスで口がふさがっているのでうまく声が出ない宏美。

俺が口を離そうとすると「んん~」と言いながら更にキスを求めてくる。

俺も宏美もお互いの頭を引き寄せ合い激しくキスをする。

歯があたってもお構いなし。

その間も凸を出し入れする俺、求めて腰を動かす宏美。

お互いの舌を絡めあうキスと宏美の腰の動きに俺は凄い快感を感じていた。

俺は宏美から体を離し「そろそろ我慢できなくなってきた。いっていい?」と言い栗を刺激しながら朕を出し入れさせた。

朕の動きと栗への刺激にあわせて「あっ、うん・・・いい・・・よ、あぁ・・・いって・・・」と答える宏美。

俺は、これ以上はないというくらい激しく腰を動かした。

その間も「あぁぁぁ!あぁぁん!!」と激しい喘ぎ声を上げる宏美。

そしてとうとう限界に達した俺は、宏美の一番奥で発射した。

そのまま宏美へ倒れこんだ俺は、宏美を抱きしめしばらく入れたままぐったりしていた。

すると宏美が「今日はありがとね。」と言ってきた。

俺「こっちこそ、ありがとうだよ、突然どうしたの?」

宏美「私が寂しそうだったから、しょうがなく相手してくれたんだよね」

俺「そんなわけないじゃん、俺は好きじゃない相手とはできないよ」

宏美「でも彼女いるじゃん?」

俺「最近彼女が相手してくれないからってのはあるかもしれない、でも今の彼女と付き合う前からずっと宏美のこと可愛いと思ってたよ」

宏美「まじで?」

俺「ずっと彼氏いたから無理だと思ってた。今日寂しい寂しいって言う宏美がすごく可愛く思えて、勢いで・・・ごめん」

宏美「そっか、じゃあホテルでたらまた友達ね。あと、ごめんはやめてね」

俺「わかった。ホテル出たらまた友達・・・うん。宏美の可愛いところ色々知れたから、宏美とできてよかった」

宏美「可愛いもやめて、くすぐったいから」

俺「了解!じゃあ家まで送っていくわ」みたいな会話をしてホテルを出ました。

ホテル出てからはエッチの話はまったくせず、最後に「今日はうれしかったよ」と言いました。

宏美も「私もうれしかったよ」と言ってくれました。

宏美とは今も友達です。

このあと何度か会っていますがタッチすらありません。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事