高校時代の俺はモテ系根暗男子で、女とのセックスに不自由をしない生活を送っていた。

ホテル代やコンドームを買うお金に困って学校では禁止されていたバイトをしなければならなかった。

そしてバイト先でもきっちり年上の女性と知り合ってバイトの帰りにラブホテルでエッチなどということは普通だった。

バイト先に出入りしていた年上の保険セールスのおばさんとの肉情セックスにハマッたこともあった。

保険レディのおばさんというのは、後で分かったのだが34歳(俺より14歳も年上)の独身(実はバツイチ)。

顔はけっこう整っていたが体つきは良く言えばポッチャリで悪く言えばデブwそれまでだいたい自分の年齢前後の女としか付き合ったことのなかった俺にとって特に魅力は感じなかった。

名前は名刺に

「由香里」

と書いてあった。

ある日のバイト先からの帰り、後ろからプーッッとクラクションが聞こえた。

振り返ると一台の車が左側に停まった。

「今帰り?」

由香里だった。

「うん」

「送ってこうか?乗る?」

「いいよ、駅はすぐそこだから」

「遠慮せずに乗りなよ」

じゃ、まあという感じで俺は由香里の好意に甘えて隣に乗った。

女性の車というのは何かいいにおいがしていて清潔な感じだ。

黙っていると。

「T君だったっけ。今どこの学校?」

「どこだと思う?」

「う~ん、けっこう頭良さそうだから国立のK大?」

「残念」

「じゃあ、私学?わかった、K学でしょ!何か育ちも良さそうだもん」

「残念、実はどっこも行ってないんだ」

「へぇ~っ、ほんと?何で?」

「高校時代ちょっと遊びすぎてさ、行くとこなかったんだ。それで今プータロー2年目の夏」

「ダメじゃん、ちゃんとしないと。家の人心配してない?」

「もう諦めてるんじゃない」

こんな会話が延々と続いた。

由香里はまるで出来の悪い弟をなだめるように

「ダメじゃん」

を連発した。

しかし、そろそろ真剣にもう一度大学に行こうと思っているところだと言うと

「よかったぁ、頑張りなよ。私これでも外大の英語科出てるから、英語だったら教えてあげるよ」

そう言いながらニッコリ笑った。

始めのうちは前の景色ばかりを見ていたが、話をしながら時々横目で由香里を見ると、けっこうかわいいおばさんじゃんと思った。

運転している姿を横から見ると夏でもスーツを着ているブラウスの胸が突き出すように大きい。

そして、シートに深く座っているので由香里がいつもはいているブラウン系のパンストに包まれた太股がタイトスカートからはみ出るように、かなり上のほうまでまくれていた。

パンストの切り替えの部分が時々見えていた。

プータローになってからは女性との関係が疎遠になっていたのでどちらかといえば欲望処理は風俗関係に頼っていた。

だから、由香里を見ているうちに情けないほど俺のペニスは勃起していた。

我慢汁が先っちょから噴出しているのが分かるほどだった。

ズボンの前が膨らんでいるのを由香里に気づかれたくないのでわざと体を左側に向けたりしていた。

車はいつの間にか駅を通り過ぎて俺の家とは全然違う方向に進んでいた。

「この車どこに向かってんの?」

「さあね、どこだと思う?」

「どこって、分かるわけないだろ」

「私も分からない。何かT君と一緒にいたい気分なんだ」

「・・・」

「ひょっとしてT君は嫌?」

「嫌じゃないけど」

「ほんとはここが嫌がってたりして」

そう言うと由香里はいきなり、俺のすでにギンギンになっている股間を左手でギュッと掴んだ。

「いや~んっ、T君ったら。こんなになってんじゃん!」

由香里は手を離さない。

それどころか掴んだまま力を入れたり抜いたりこれはヤバイ!この何日か抜いてないので出てしまいそうだ。

「由香里さん、ちょっと待って。俺かなりヤバイ」

「ヤバイって?もう出ちゃうの?それは困ったわね」

由香里はその先の三叉路でハンドルと切ると山道の方に入っていった。

しばらく行くと家もない山の中の一本道に入った。

後ろからも前からも一台の車も来ない。

「ここならいっか」

由香里は車を停めると私を抱き寄せてキスをした。

もうこうなったらヤルしかない!私は負けずに舌を差込み、由香里の胸に手を遣った。

掌に余るほどの乳房だ!ブラに包まれてはいてもしっかりとした肉感と弾力が心地よい。

「ここで一回出しとこうね」

由香里は俺のズボンのチャックを下ろすとパンツからペニスを取り出して口に咥えた。

フェラは風俗で慣れていたがバツイチ三十路熟女はさすがに上手い!舌の先が亀頭の下側のいちばん敏感な所に絡み付いてくる。

「あァ~」

風俗でも声なんか出したことはなかった。

しかし俺はもう我慢ができなかった。

由香里が咥えて5分もたたないうちに限界に達した。

「由香里さん、もうだめ出る、出る」

ドビュッ、ドビュッと何度も痙攣させながら俺のペニスは由香里の口の中に射精したのだった。

由香里は平然と俺の出した白いものを飲み込み

「すごくいっぱい出たね」

由香里は何か嬉しそうに潤んだ目で俺の顔を見上げながら言った。

「T君はもう経験済みでしょ?」

「うん。まあ」

「だって、舌の入れ方なんかけっこう慣れてる感じだよ。彼女いる?」

「今はいない」

「じゃあ、誰にも叱られないんだ」

「でも由香里さんはいいの?」

「私は大丈夫。2年前からフリー」

「ってことは」

「バツイチよ」

停めた車の中でいろいろとお互いに身の上話をした。

俺が厳しい親に育てられて、結局親の思い通りにならなかったので、今は家に置いてもらってるだけということ。

高校時代はせっかく私立の進学校に入ったのにもかかわらず、親への反発からセックスに溺れて落ちこぼれたこと。

由香里が国立の外大を出て某一流証券会社に就職し、社内のエリートと同棲の末に結婚したものの、相手の不倫でモメた挙句に自分のほうが会社を辞めなければならなくなったこと等々。

何か共鳴するものがあったのか、妙に意気投合してしまった。

俺はフェラで一発抜いてもらっていたので今すぐにということもなかったが、由香里はキスと俺のモミモミですっかり感じてしまっていた。

由香里のほうから俺に抱きつくようにキスを仕掛けてきた。

そして

「まだ明るいのにしたくなっちゃった。うちに来る?」

「いいけど」

「じゃあ、決まり」

由香里は車をユーターンさせると元に道に戻り、自宅に向かった。

由香里はけっこうオシャレな感じのマンションに住んでいた。

けっこう儲けているらしい。

玄関に入ると車の中と同じように何かいいにおいがする。

これまで女の子の家へ行ったことは何度もあったが、年上の大人の女性のところは初めてだったので妙に胸がドキドキした。

玄関からまっすぐ行くとすぐにリビング。

右手側のドアを開けるとベッドルームだった。

きれいに片付いている。

こういう働く女の人は掃除なんかしないと思っていた。

しかし、由香里はきちんと掃除も片付けもできる女だったのだ。

由香里はすぐにスーツを脱ぎ始めた。

スーツの上下を脱いだ姿、つまり上はブラウス下はパンティーストッキングという何ともいやらしさを感じる格好でベッドに座った。

「T君も服脱いでこっちおいでよ」

「う、うん」

さすが年上。

エッチ経験では負けていないはずなのにほとんど圧倒された。

俺はさっさと服を脱いでボクサーパンツ一枚になった。

「ヘぇーっ、いい体してるね。前のダンナなんて二十代から腹出てたからなぁ」

「一応小学校からサッカーやってたし、今でもたまにジムで体動かしてるから」

「う~ん、何か燃えてきたなァ」

そう言うと突然、由香里は俺の胸に顔をうずめるように抱きついてきた。

俺は勢いでベッドに倒れる。

俺の乳首のあたりに舌を這わせながら右手はパンツの中へ。

一度出してから1時間くらい経っていたのでもうビンビンになっていた。

由香里の豊かな胸が俺の太股のあたりに当たっている。

さっきはブラウスとブラジャーが遮っていたが、今度は直に触りたくなった。

体を起こすようにして由香里を仰向けにすると、俺はブラウスのボタンを素早く外し、薄い水色のブラのホックを外した。

こぼれるように現れた二つの乳房は俺が今まで相手してきた女性ではいちばん大きかった。

それだけではない。

乳首がツンと上を向いてて、仰向けになっても形を崩さずにいた。

由香里は自分からブラウスを脱いでブラを外したので、下は茶色いパンストだけになった。

俺はまず両手で乳房を揉み始めた。

由香里はまた俺の痛いほど固くなったペニスを握る。

片方の乳首を口に含むと

「アンッ」

と声を出した。

舌の先で転がすようにすると

「ハアッハアッ」

と息が荒くなる。

かなり感じている。

そう思った俺は空いた手を下に下ろしていく。

パンストのマチのところに指を二本差し込むようにして、下から上へ、上から下へと何度も往復させると体をくねらせて

「あぁ~ン」

と声を長く引っ張った。

由香里はは両手で俺のパンツに手を掛けると膝まで下ろしペニスをしごき始めた。

若い女の子と違って力の入れ方とか、亀頭の部分の摩り方とかが上手い俺も負けずに由香里のパンストのウエストゴムに手を掛けるとショーツごと膝まで下ろした。

全裸になった由香里はポッチャリとしててもウエストくびれはそれなりにあって、肌もすべすべとしててきれいだった。

茂みの部分は少し濃い目。

その茂みの下にあの部分が濡れていた。

指をソッと入れてみる。

ヌルヌルしていて時々キュッと掴むような感触がある。

入り口の突起部分に触れると膝をよじって

「アン、そこはダメ!感じちゃう」

と言いながら自分から押し付けてくるような動きをしている。

その間も由香里にしごかれ続けた俺のペニスはそろそろ我慢ができなくなってきた。

「由香里さん、入れてもいい?」

「うん、いいよ。入れて!」

由香里の膝を立てて左右に開くとパンストとショーツを足から抜き取り、丸見えになったあの部分に亀頭をあてがう。

由香里は両腕で俺を抱きしめてきた。

ぐっと腰を突き出すとズズズっという感じで由香里の中に入っていった。

コンドームをしていないので中出しはできない。

しかし、由香里の中はすごく気持ちがいい。

子どもを生んだことのない膣は暖かくて少し締まっているようで、何か奥の方に吸い込んでいくような感じさえした。

俺は夢中になって腰を振った。

その度に由香里は

「アフッ、アフッ」

と善がり声を出す。

年齢の割には経験値の高かった俺はそこいらの若いやつらと違ってすぐにはイカない。

さっきの車の中では溜まっていたのと由香里のテクニックで不覚をとってしまったが、今度は総簡単に出すわけにはいかない。

ましてゴム無しのナマ挿入だ。

「T君っ、もっと、もっとよ、もっとちょうだい!」

俺が腰を動かすたびに由香里はあの突起の部分を俺のペニスに擦り付けるように腰を浮かせてしがみついてくる。

由香里はクリが一番の急所のようだった。

だから俺は意識してその角度を保って腰を前後させた。

もちろんその間も両手で由香里の乳房を揉みしだき、舌先で乳首を転がす。

「いいわ、いいわ、もっと、もっと」

約十分くらいは頑張った。

由香里がそろそろ絶頂に近づいてきた頃、膣の感じに変化が出た。

それまで掴んでは放すような感じを繰り返していたのが、グニュグニュと揉みほぐすような動きに変わった。

これは初めての感触だ。

由香里の膣の壁が生き物のように俺のペニスを包み込んで愛撫してくれている。

これはスゴイ。

この快感にもう射精感が充満してきた。

限界がやって来た。

「由香里さん、ごめん、俺ダメ。もう出そう!」

間一髪のところで抜き出して由香里のへそのあたりにビュッ、ビュッと射精した。

由香里はダルそうに起き上がって、ティッシュで俺の出した白いものを拭き取りながら

「あ~あ!また自分だけイッちゃって。」

「だって由香里さんがあんまりよかったから。それにゴムしてないし」

「そんな言い訳してもダメ。ちゃんと責任とって」

俺は由香里に申し訳ないのでそのまま体を下にずらしてクンニを始めた。

由香里は体の向きを変えると二人は横向きの69の体勢になった。

部屋中に

「クチュ、クチュ」

といういやらしい音が響く。

由香里は柔らかくなってきたペニスを吸い込むように口の中全体で包み込む。

そして例の舌の動きが敏感な部分を的確に捉える。

カチカチになったのを確認して

「もう一回よ」

そう言うと俺の腰にまたがり、ペニスの先をあの部分にあてがうと腰を沈めてきた。

そして、俺の肩に手を置いて腰を前後に揺すり始めた。

ここまででイクちょっと手前まで来ていた由香里は

「アフッ、アフッ」

を連発。

俺も由香里の動きに合わせて腰を突き上げた。

それから俺は体を起こして茶臼の体位をとった。

由香里は俺にしがみついてくる。

俺は片方の乳首を口に含み、もう一方の乳房を揉みしだいた。

「T君、スゴイ!!当たってる、当たってる。イイィ~」

3回目だったので今度は長持ちした。

やがて由香里の方が

「イッ、イックゥ」

と大声で叫んで体をのけぞらせた。

この声は外まで聞こえてるなと思った。

「俺はまだだから」

「T君もイッて、出していいよ」

俺は由香里の体をベッドに横たえると今度は俺が主導権を握る。

由香里のあの部分はもうドロドロの状態だった。

俺ひたすら腰を振る。

由香里がまた

「アフッ、アフッ」

と言いだした頃にようやくこの日3回目の射精が近づいてきた。

コンドームをしていないのでタイミングを計っていると

「ダメ、ダメ、またイッちゃう、イッちゃうよ~」

由香里は両足で俺の腰を挟み込むようにし、両腕でギュッと抱きついてきた。

俺は何とか抜き出そうとしたが遅かった。

ドビュッ、ドビュッと俺自身初めての中出しをしてしまった。

ゴムで受け止められていない何とも言えない開放感が俺を襲った。

由香里の膣内が俺の精液で満たされていく。

全部出し終わってから

「ごめん、中で出しちゃった」

「きっと大丈夫だと思う。でも大丈夫じゃなかったらどうしてくれるの?」

「・・・・・・」

「うそ、うそ。T君に迷惑かけないよ。誘ったの私だから。それより私よかった?」

「うん、すごく。思ったよりうまくできなくてごめん」

「いいよ、ちゃんと2回もイカしてくれたから。今度はちゃんとゴムして思いっきり中で出そうね」

由香里はそう言うと子ども抱く母親のように俺を抱きしめてくれた。

それ以来、俺とゆかりの関係は半年間続いた。

由香里はコンドームも場所も全部提供してくれるので俺は財布の中を気にすることもなかったのだ。

半年後、由香里は仕事を変えてアメリカへ行ってしまった。

ただ、エッチ後の英語のレッスンのおかげで俺は無事K学に受かった。

エッチの面倒もみてくれるAVの家庭教師みたいな存在だった。
【熟女体験談】熟女が欲望のままに求めるエロ体験談まとめの最新記事