【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:人妻

恥ずかしい話ですが、若熟女な嫁と初老の私とは二回り以上も年が離れています。

自慢ですいませんが、嫁は社内でも1・2を争う位、美人で抜群のスタイルの持ち主でした。

そして資材部で私が部長、彼女が事務と言った関係だったんです。

初めは、美人女性が配属されたなぁ・・・程度にしか思って居ませんでしたし、付き合うなんて考えた事もありません。

(親子位の年の差ですから)当時私は、前の妻と離婚しバツイチで、再婚など出来る筈もないと思っていました。

彼女・・・仕事は真面目、でもミスが多く先輩から怒られる毎日。

まぁ天然キャラ?って感じですかね。

彼女を見ていると守ってあげたくなる様なタイプです。

そんな彼女と近く感じる様になったのは、老化防止と思い始めたジム通いでした。

健康診断で、注意と記された項目がズラリ・・・年を感じました。

少しでも改善しようと始めたのが、ジムで体を動かす事だったんです。

ジムに通い始めて1ヵ月を過ぎた頃でしょうか?

「部長、ここに通ってたんですか?」

後ろを振り向くと、新人の彼女が立っていた。

「お~君か!・・・君もここに通ってたの?」

「え~2日目ですけど・・・」

(笑顔)

「君みたいな子が、まさかダイエット何て言わないよね?」

「運動部だったんで、体動かさないと調子くるうんですよね」

「そうか!俺なんか、老化で体ボロボロ!健康診断で引っかかってさ・・・」

(苦笑)

「そうですか?まだ若いですよ部長」

まぁそんな感じで、彼女とちょくちょく顔を合わせる様になったんです。

彼女は気さくで、優しく気遣いの出来る人で、何だか一緒に居ると心が癒されると言う感じでした。

彼女と出会い半年を過ぎた頃には、一緒に買い物に出掛けたり映画を見たりと何時しか付き合っている関係になっていました。

でも、世間的には親子としか見えていない事も知っていましたし、このままではイケないと思い始めていました。

「友紀ちゃん(彼女)、彼氏とかいないの?」

「何で!俊ちゃん(私:俊二)がいるじゃない!」

「まだ若いんだし、もっと若い子を探した方がいいよ」

「年なんて関係ないでしょ!俊ちゃんが良いんだもん」

何でこんな老いぼれが・・・でも嬉しかったんです。

年甲斐も無く彼女に惚れていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

仲良しご夫婦と4人で食事に行った時のこと・・・

しゃれたレストランで、カクテルもおいしく、皆のお酒もいつもより進みました。

2人とも学校の先生ですが、ダンナが僕の後輩なので、結婚前から奥さんのことは知っていました。

彼女はとってもかわいい若熟女なアラサーで、これまでも、会う時にはいつもエッチな想像をしてました。

そして、大分アルコールも回って楽しい気分だったのと、翌日が休みだったので、彼らの家で

「飲みなおそうか」

と言う話になりました。

私が食事中に

「ハル*オンを飲んでお酒を飲むと、記憶が飛んで面白いよ」

という話をしていたので、彼らも自宅という安心感もあって

「飲んでみたい」

と言い出しました。

お酒さえ飲んでなければ、まじめなカップルなのでそんなことは言わなかったのでしょうが

睡眠導入剤がどういうものか試してみたい、という好奇心が理性に勝ったのでしょう。

そこで、ひとり3錠ずつワインで飲ませてあげました。

もちろん私は飲んだふりだけして、舌の裏に隠して、後でそっと出しましたが。

奥さんの方は30分くらいで眠ってしまいました。

ご主人と私の妻と3人でしばらく雑談をしてましたが、ご主人は奥さんを寝かせてくると言って、寝室まで抱きかかえて連れて行きました。

それから30分もしないうちに、私の妻も眠ってしまったので、私は活動を開始しました。

まず、洗濯機に入ってる奥さんの下着をチェックしました。

これまで、まじめな奥さんでパンチラも見るチャンスがなかったので、彼女の脱ぎたてのかわいい下着には、かなり興奮しました。

これをデジカメで撮った後で、いよいよ寝室に忍び込みます。

そっとノブを回して、隙間から中の様子をうかがうと、二人とも熟睡してるようでした。

良く見ると、奥さんは既にパジャマのズボンをひざまで下げられて、パンティも少しだけ脱がされてます。

私も初めのうちは、奥さんの寝顔を見てちょっと触るくらいにしようと思ってたので、とても驚きました。

きっと彼も眠ってる奥さんにいたずらしようとして、そのまま薬が効いて眠ってしまったのでしょう。

こうなったら、彼のせいにもできるので、私が続きをして、彼の無念を晴らしてやろうと思いました。

まず、そのままの状態で写真を撮った後で、さらにパンティとパジャマをおろして、記念撮影です。

かわいい乳首と陰毛をさらしたまま、ご主人の隣で眠る若熟女は実にいい感じでした。

そこでブラを完全に外して、パジャマのズボンを脱がせて、パンティを脱がせてると、いきなりダンナが起きたのです。

その時は心臓が止まるかと思いましたが、やはり薬が効いてるので、夢遊病のように別の部屋に行って、寝てしまいました。

彼女がベッドの真中に寝ていたので、きっと寝苦しくて、無意識の内に起きてしまったのでしょう。

ダンナがむっくりと起きた時にはさすがに私も驚き、とっさにベッドの下に伏せました。

幸い電気を消していたのと、ダンナにも薬が効いていたので、彼は全く気付くことなく部屋を出て行きました。

こうなったら

「好きにして」

と言われたようなものです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

万引きした若熟女が、レイプ同然の猛省セックスをさせられた件について語ります。

業務スーパーK、閉店時間こそ早いが、浮いた人件費分を商品の割引にまわしているので近所の主婦層には人気がある。

そう、彼女は、一つ隣の駅から近い社宅に住む若熟女の人妻、山下未央(仮名)。

黒いショートヘアーで切れ長な目が印象的だがとびっきり美人というほどではない。

旦那もごく普通の会社員であり、二人は昨年の夏に結婚したばかりの晩婚カップルであった。

彼女は一人で社宅にいるというストレスからか、スーパーで万引きをしてしまったのだ。

そして未央はテレビで見たのと同じく店の外で肩を叩かれ、事務所に連れて行かれてしまった。

向かいのパイプ椅子を指差して座るように促されると、静かに事務所内に入って腰掛ける未央。

うっかりバッグに入れた、という言い訳は通じなかった。

「大変…申し訳ありません」

謝罪の言葉を口にしながら深々と頭を机すれすれに下げる。

「まあ顔を上げてください。われわれもあなたの人生を狂わせたくないし、もう二度としないならそれでいいのです。ただ…」

一瞬ほっとした未央は、会話がまだ続く気配に顔はげられずにいると、

「店側としても何もペナルティを課さないというのも後々問題になることが考えられるので。

本日、未央さんに反省とスーパーの苦労を知ってもらうために少し働いてくれますか。7時の閉店後にね」

突然の申出に驚くが、それくらいで許されるなら旦那にばれるよりも数段マシだと考え、

「どんなことをするんですか?」

「簡単な作業です。閉店後30分でアルバイトスタッフがいなくなるので、我々と片付けや商品の整理を2時間程度、手伝ってもらいます」

2時間なら9時半までだ。

彼が帰ってくるのは早くても11時、十分時間がある。

「わかりました。お手伝いさせていただきます」

と言うと顔を上げて、店長を見やると用意していたのか店のサンダルを貸してくれる。

「着るものはないのでそのワンピースのままやってもらいますが、ハイヒールでは動きにくいですからね」

受け取り、履き替えてしばらくぼうっと座っていると

「そろそろ閉店後30分立ちましたからパートの従業員も帰ったみたいですし掃除などはじめましょうか」

デスクワークをしていた店長が立ち上がり、待たされていた未央を振り返る。

店長と、共にいた男性店員二人もついていくので慌てて立ち上がり店内に入っていく。

(閉店後の店内ってこんなにひんやりとして静かなのね)と思いきょろきょろしていると

「では、始めましょうか…」

入り口のシャッターを下ろし終わった店員が店長の声を受け、いきなり未央の背後から首と腰に手を伸ばし未央の体が地面からはなれていく。

「きゃぁっ!…え…なに??…」

未央は突然のことに驚き、かすれ声をあげて必死に体を揺する。

未央は重量用の台車に仰向けに押さえつけられ、手押しの両端の付け根にレジ袋を使って手首を縛られてしまった。

台車には毛布が何枚か重ねて敷いてあった。

レジ袋は手首を動かし引っ張ると締まるので外すことは不可能だ。

未央が身体を丸めようとすると、二人の店員が左右から膝を押さえて仰向けに固定されてしまった。

「本当は台車には人間を乗せないんですけどね、ほら、万引き主婦には商品の大切さを知ってもらうために、

商品と同じ扱いをしてあげないといけませんからね」

「ちょっと…ほどいて!話が違う。いやです。こんなの。今なら誰にも言わないから…」

必死の声で抵抗する未央に対し、

「警察に突き出されなかっただけありがたいと思いな」

と若い店員が強い口調で言い放つ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

今の部署に飛ばされ、そしていきなり現場にも行けと言われて、本社と店舗を行ったり来たりしていて、

それが、辞めたくなるほど嫌だったが、慣れてくると割りとオイシイ事に気がつき、

バイトやパートから人妻、熟女までわんさかといるのに気がついた頃のこと・・・

そう、そして、それは、アラサー若熟女の夏美(仮名)という人妻がパートで働き出した時から始まる・・・

初めて夏美に会った時、得体の知れない衝撃が脳内に走った。

俺の大好物な気の強そうな勝気美人。

プライドも高そうでお高く止まってる。

こっそり観察してると

「なんでアタシがこんな事を」

という感情が見て取れた。

じゃ~ウチでバイトなんてすんなよ!ってな話ですが、夏美には事情がありました。

その事情を知ったのは、夏美が働き出して半年ほどした頃。

12月の忘年会の時に、外の人妻さん(パートのボス的存在)に教えてもらった。

どうやら大手勤務だった旦那がリストラにあい、生活苦のために働き出したらしい。

他のバイトも回ったが続かず、最終的にウチで落ち着いたって話。

最近では旦那とも仲が悪くなり、パートの仲間内に溶け込んで馴染んでるとか。

パートのボスと仲が良かった俺は、何気なく夏美がいる輪に入っていった。

そこで初めて普通に夏美と喋った。

相変わらず生意気なオーラが出てて、アンタなんてと見下してる感が出てる。

それを嫌がって他の社員は近寄らないから好都合。

夏美だけではなく周りのパートさん達に酒を勧め、グイグイ飲ませてやった。

やっぱり酔ってくると口も軽くなる。

翔学生の子供がいるから離婚はできないが、高校卒業したら離婚する!と豪語。

さらには

「触られるのも嫌」

「同じ部屋で寝たくもない」

とか言ってた。

男達は若い子がいる方に集まってたので、俺はその輪の中で探りながら飲んだ。

随分とストレスが溜まってるらしく、夏美を含めてパートの皆さん飲む飲む。

しかも酔えば酔うほどエグい話もし出す始末。

やれ

「旦那の早漏にはもう限界」

だとか

「前戯してくれないからアタシもしない」

とか

「彼氏が欲しい」

とか職場で見る皆さんからは想像できない話ばかり。

それは夏美も同じで、旦那とは随分長い期間セックスレスだと言ってた。

俺は自分を売り込むように気を使いながら喋った。

後になって言われたけど、この時から夏美は俺に興味を持ち始めたらしい。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

11歳になる息子と3歳年上の旦那の3人暮らし。

結婚12年を迎え、ちょっと夫婦の営みもマンネリ化していました。

1年程前だったと思いますが、夫の職場で人員移動があって職場の仲間が数人変わったと言っていました。

その中に夫より3つ年上の“高ちゃん“と言う先輩が居て、夫の話では不細工でモテない独身!仕事もミスが多く前の職場から回された様でした。

帰宅した夫が“今日も高ちゃんがミスして残業になったよ“って愚痴を溢していたんですが、その後に“でも何か憎めないんだよなぁ・・・“と言うんです。

そんな夫の愚痴も1週間が過ぎた頃には“高ちゃん可愛そうなんだよ!ミス押し付けられて・・・“とかばう発言をする様になって行ったんです。

更に2週間が過ぎようとした週末、夫の職場で飲み会が開かれたんです。

偶然にも子供は夏休みで夫の実家に1人で泊まりに出かけ家には私1人でした。

夜9時を過ぎた頃、夫から電話が来て“今から帰るから駅前まで迎えに来て・・・“と言うので、急いで車で駅前に向かいました。

路上に車を止めハザードを点けていると後部座席のドアが開き、夫が

“すいません!自宅まで・・・“とタクシーでも呼んだかのように話しかけて来たんです。

「もう!酔ってるの?タクシーじゃないし」

「こんばんは・・・夜分にすいません」

「はっ・・・」

夫と一緒に男性が頭をペコペコしながら車に乗って来ました。

「高ちゃんも一緒に・・・」

「あっ・・・そうなの・・・初めに言ってよ。一緒だったら着替えて来たのに・・・」

「良いじゃん!車から降りる訳じゃ無いし・・・」

「そうだけど・・・」

風呂から上がったばかりの私は寝る時に着るワンピース姿で、しかもノーブラ・ノーパンだったんです。

「奥さんに悪いから・・・タクシー拾うよ」

「何言ってるの・・・気にしないで・・・さぁ乗って」

「良いのかい?本当にすいません」

始めて見た男性は、夫がいつも話していた高ちゃんで、見た目は確かにボォ~っとした感じでモテるタイプではありません。

でも何故でしょうか?憎めないって感じなんです。

車を走らせ“何処に行けばいいの?“と聞くと“自宅だよ・・・家で飲み直すんだ“と夫が言うので、自宅に向かいました。

「高ちゃん!遠慮しないで入って入って」

「こんな夜分にお邪魔して・・・すいません」

「良いから良いから・・・なぁ酒あったよな!つまみも出してくれ」

「ハイハイ・・・早く来る事聞いてたら用意できたのに・・・」

「だって・・・ねぇ高ちゃん・・・」

「何かあったの?」

「まぁ、後で話すけど・・・それより酒!」

夫に言われ酒を用意し、つまみを漁っているとリビングのソファーに座りキョロキョロする高ちゃんが目に入って来ました。

そして彼が見つめる先には、私の下着が干されていたんです。

急な来客に洗濯物を片付けるのも忘れていて、私の下着がモロに見えます。

ちょっと恥ずかしい気持ちと“彼も女性に興味があるんだ!“と思いました。

つまみをテーブルに置きながら、私はそっと下着を取り込み片付けたんです。

そして部屋に戻って下着を付けようと思った瞬間!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ