【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:人妻

結婚して一年。

結婚当初から妻の母も同居しています。

義母は40代ですが、とても若く見えます。

ある日、母が熱を出したので、僕が仕事を休み病院に連れて行きました。

診察して薬を貰い、家に戻ると、義母に錠剤を飲ませ、布団に寝かせました。

そして、座薬を入れる前に○腸することを話し、母に○腸を見せました。

大きくてノズルも長く、一人でできないというので、僕がすることになりました。

恥ずかしがる母をうつ伏せにして、パジャマとパンティを下げました。

白くて豊満なお尻にドキッとしながら、肛門を拡げました。

そして○腸液を少し肛門につけて、ノズルを深く入れて、ゆっくりと○腸液を入れました。

母は黙っていましたが、ノズルを抜くと「○ンチが出そう」と言いました。

僕は,お尻にティッシュペーパーを充てて我慢させました。

そして、トイレに抱っこして連れて行き、僕の前で○泄させました。

母はかなり便秘をしていたらしく、大量のうん○をしました。

母は爆音と臭いが恥ずかしかったらしく、僕にしがみついてきました。

終わった後、抱っこして布団まで運びました。

そして,今度は座薬をいれるのに四つん這いにしました。

お尻を高く突き出させると、おまんこが濡れていました。

お尻を拡げ、ゆっくりと座薬を入れ、座薬が逆戻りしないように指もお尻に入れました。

○腸したばかりで肛門のまわりが柔らかく、指は根元まで入りました。

少し指を動かしていると、母は小さな声を出しました。

もう片方の手でおまんこを拡げましたが、母は嫌がらなかったので、指を二本入れました。

濡れていたので、すんなり入りました。

熱があるにもかかわらず、いつの間にか母は大きな声を出していました。

数時間後、薬が効いたのか母の熱も下がりました。

母は、横に寝ていた僕に「オチンチン見せて」と言いました。

「うん」とうなずくと、母は自分のパジャマと下着を脱いで全裸になりました。

形の良い大きなオッパイが目の前に来たと思ったら、僕の着ている物を脱がせ始めました。

最後にパンツを脱いだ瞬間、母はオチンチンを舐め始めました。

母は「大きなオチンチン、入れて、入れて」とせがみましたが、僕は「最初は口でイカせろ」と言って、ずっと舐めさせました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

学校近くにある大学体育会の施設を借りて、男ばかりのむさ苦しい集団で2泊。中1の夏休み、部活の合宿に参加したときのこと。

夜になると上級生が当然のように酒盛りを開いた。

部の伝統らしい。

もっとも、中学生1年の俺たちは、片付けをやらされただけだったが。

最終日、余った酒を分けてもらい…というかほとんど押し付けられて帰宅した。

貰ったはいいが、この酒どうする?父は単身赴任中で、家には俺と母の2人。

母はマジメというか堅物というか、中学生で飲酒なんてトンデモないって人だ。

実際、俺もそれまで正月の

「お屠蘇」

以外、酒を口にしたことはなかった。

背伸びしたい年頃だし、酒を飲むという行為自体に興味はある。

友達の家に持ち込んで飲むか、公園かどこかで1人酒盛りするか…?考えた揚げ句、自分の部屋でこっそり飲んでみることにした。

遅めの夕食後、少しテレビを見てから、母が台所で洗い物してる間に部屋へ。

猛暑で熱帯夜が続いてたが、あいにく部屋の冷房は故障中だった。

すぐそばを走る幹線道路の騒音が酷くて、夜間も窓を開けられない。

閉めきった室内は、夜になっても軽く30度を超えてたと思う。

風を通したいけど、母に飲酒を見つかったらムチャクチャ怒られる。

所詮12歳。

親子の力関係は、まだ圧倒的に母が優位だ。

仕方なく部屋のドアを閉め、蒸し風呂のような暑さの中、ドキドキしながら初めての酒を味わった。

缶チューハイとかカクテルバーとか、女の子向けの甘ったるい酒だったと思う。

生ぬるかったが想像より口当たりが良くて、

「結構イケるじゃん」

が最初の印象。

とにかく暑かったこともあり、調子に乗って3~4本空けてしまった。

しばらくすると体がカーッと熱くなり、頭がクラクラしてきた。

吐き気はもよおさなかったが、こめかみがドクドク脈打つのが分かる。

『あ、これヤバいかも…』どうしよう?

「風呂に入ったら酔いが醒める」

という先輩の言葉を思い出した。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

友達は、優(仮名)。

僕よりふたつ年下の、小学校1年生。

優んちにいくのは楽しい。

ひとりっ子の僕としては弟みたいですごくかわいい。

同い年の子とも遊ぶけど、やっぱり優んちで遊ぶ方が楽しい。

もちろん優がかわいいのもあるけど、おばさんに会えるのがうれしい。

おばさんというのは、優のお母さんのこと。

名前は美由紀(仮名)さんって言うんだ。

美由紀さんは綺麗で、やさしくてとっても素敵な人。

僕のお母さんとはずいぶん違う。

優がとってもうらやましい。

優んちのインターホンを鳴らすと、は?いといって美由紀さんがドアを開けてくれた。

僕は美由紀さんの姿を見て少しドキドキしてしまった。

だって美由紀さんはGパンに白のTシャツという格好で、下のピンクのブラジャーが透けて見えてたから。

美由紀さんは

「優!郁哉くんよ?」

と言って優を呼んで僕を招き入れてくれた。

僕は美由紀さんの前では良い子でいたかったから、おじゃましま?すって元気に言ってからあがった。

もちろん靴を揃えるのも忘れない。

優が二階から駆け下りてきて僕にしがみついてくる。

優は1年生の中でもだいぶん小さい方だ。

反対に僕は3年生の中だけじゃなくて学校中でも大きい方に入るみたいで、6年生でも僕より大きい人は少ししかいない。

優の部屋で少しTVゲームとかして遊んだ。

ちょうどそれがプロレスのゲームだったので優は実際にしたくなったみたい。

「プロレスごっこしようよ」

優はそう言って僕にしがみついてきた。

優じゃ相手にならないなぁと思ったけど、しようしようと言って掛かってくるので、しかたなく相手してやってた。

手加減しながら掛かってくるところを、コロコロ転がしてやる。

優は、もう一回とか言いながら何度も向かってくる。

プロレスというよりなんだかお相撲みたいだなぁと思っていると、部屋のドアが開いた。

「あら、お相撲?」

そう言って美由紀さんがジュースを持って入ってきた。

優が

「違うよ、プロレスだよ」

と言うと、

「ちょっと休憩したら」

と持ってきたジュースを差し出してくれる。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

これは、今から数年前の本当に起きた話です。

妻と結婚し10年が経ちました。

私達は、子供も出来ず病院で調べてもらったのですが、妻の卵子が生殖しずらいと言われました。

妻も自分が原因と分かるとかなり落ち込んでいました。

それからと言うもの、妻は私が求めるSEXを全て受け入れる様になりました。

(多分、申し訳ない気持ちからだったと思います)初めの数年は、玩具を使った行為やロープで縛ったりして楽しんでいました。

妻も元々M系で今では、ノーマルでは楽しめない感じでした。

アナルも出来る様になり、前後ろと私は代わる代わる挿していました。

ある日、私の会社の人達と飲んで勢いから我が家に数人が来ました。

妻は、酒の用意をしてくれたんですが、そのうち会社の人が“お前の奥さん可愛いな“と言われました。

その中、2つ上の先輩(先輩ではあるんですが、凄いドジで鈍感な人で見た目もブサイク)がじっと妻を見つめていました。

特に妻が屈んだ時はお尻の辺りを舐め回す様に見ていました。

私は、気持ち悪いと言うより、何故か興奮を覚えました。

同僚も“大ちゃん見過ぎでしょ!変態だな!“と言われ“そ・そんな事無いよ!見てないし“と酒を口にしてしていた。

彼は酒も弱く、もうかなり酔っていた。

妻が“大丈夫ですか?“と言うと“あっはい、大丈夫ですよ“と笑顔だった。

同僚が“そろそろ帰るわ!“と言い帰って行ったのだが先輩の大ちゃんだけは、まだ居座っていた。

私は、ちょっと悪戯してみようと妻をキッチンに呼びパンティを脱がせ、上着のシャツのボタンを2つ外し胸元を開いた。

妻は“見られたらどうするの?“と言って来たが、大丈夫だよ。

接客してくれ…頼むと言うと大ちゃんの元へ向かった。

大ちゃんも直ぐに気付き胸元をガン見していた。

酒を注いでいると妻もまんざらではない感じで、股をワザと開いたりしていた。


「大ちゃん奥さんは?」

大ちゃん

「居ませんよ。こんな容姿だし」


「そうかしら、普通じゃない」

大ちゃん

「また、上手いですね。俺でもOKですか」

調子つき過ぎだったが、黙って聞いていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私の妻の裕子(仮名)は、鶴田真由に似た、明るく聡明で気立ての良い自慢の嫁だった。

○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため私立高校の女性国語教師という立場に情熱を傾けていた。

結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。

あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。

あれは1年前の3月26日だった。

3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。

買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。

仕方なく解除番号を押して5階に上がった。

玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。

不審に思った私は鍵を開けて、玄関に男物のスニーカーが複数脱ぎ捨ててあるのを見て、ハッとした。

その時、奥の部屋の方から、

「ムグゥ~」

と言う、くぐもったような女の声が聞こえてきた。

「裕子、どうした。」

思わず声のした方に駆け寄った私は、突然部屋の影から飛び出した人影に強烈な当て身をくらい、その場でうずくまってしまった。

一瞬目の前が真っ暗になり、息も出来ない程のダメージを受けた私は、

何も出来ないまま、何者かによって、後ろ手に縛られ、猿ぐつわまではめられて柱に縛り付けられてしまった。

ようやく意識を取り戻した私は目の前の光景に唖然とした。

部屋の中では一糸まとわぬ丸裸にされた裕子が鴨居から両手・片足を吊られた無残な姿で美しい肢体の全てをさらけ出さされていた。

しかも裕子の裸身には、プロレスラーの覆面をした5名の男が、いずれも全裸で思い思いにからみついていた。

「やあ、ご主人、おじゃましてます。俺たち橋本先生の教え子なんすけどねぇ。先生の身体、もう最高っすよ!」

裕子の正面にかがんでいる赤い覆面の男がすっとぼけた声を発しなだら振り向いた。

「貴様ぁ~」

思わず声にならない声を上げて男の顔を睨みつけた時、私はガックリと首を折った。

それはあまりにも衝撃的な光景であった。

振り向いた男の手にはゴム製の黒い電動コケシが握られ、それが深々と裕子の体内に挿入されていた。

しかもブ~ンという微かな音とともに律動を繰り返す度に、

蛍光灯の光を浴びた電動コケシはヌメヌメと淫らな光りを発し、

あろうことか裕子の股間からもクチュッ、クチュッという淫美な響きが発っせられていたのだった。

次第に気を取り戻し状況が明らかになるにつれ、私の絶望はより深いものとなった。

四肢の自由を奪われた裕子は、裸身のすみずみまでも、玩ばれていた。

青い覆面の長身の男は、嫌がる裕子の顎を押さえつけ唇を開かせては舌を絡ませていたし、

両側の男たちは白くふくよかな乳房を揉みしだき、淡いピンク色の乳首をクリクリと摘んでは妻の反応を楽しんでいた。

さらに背後に座った男は、裕子が私にさえあからさまには見せたことのない肛門に細身のバイブレターを挿入していた。

「ウグゥ~」

私の姿にすがるような視線を這わせる妻の美しい顔は、涙と男の唾液でグチャグチャになっている。

学生時代にバレーで鍛えた弾力溢れる肢体には、首筋から脇腹、乳房、太股の付け根にいたるまで、

クッキリとキスマークが刻みつけられ、漆黒の茂みをはじめ、

裸身のあちらこちらに男の体液と思われる白い乾いた糊のような物体がベットリはりついていることが、どのような凌辱を受けたのかを思い起こさせた。

「いやぁ、午後の3時過ぎからもう4時間、タップリと楽しませてもらいましたよ。

俺らの学校進学校だから学校ではみんな真面目にしてましたけど、ストレス発散させて頭スッキリさせないとね。

そこで俺たち5人で目をつけた同級生や女子大生、OL、バイト先の人妻までいろいろと物にしてきたんだけど、

やっぱり卒業記念には橋本裕子先生のオマンコをゲッツしようって決めてましたからねぇ。もう感激ですよ。」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ