【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:体験談

もう5年ぐらい前の話ですが・・・。

嫁のA子は、大学時代のサークル仲間で、小柄で鈴木あみに似た顔立ちだった為、サークルのアイドル的な感じでした。

大学卒業前の飲み会で距離が近くなり、付き合いだして、そのままプロポーズして、就職してすぐに結婚。

当初はうまくいってたのですが、結婚してすぐぐらいから夜のほうを拒否されはじめて、セックスレスになりました。

まあ、付き合ってた頃から、A子はセックスがあまり好きではないと言ってましたし(処女ではなかったですが)、それもあってもともと回数もあまり多くなかったのもあったので俺もそれほど気にしてはいませんでした。

まだ二人とも若かったので子供もまだ先でいいと思ってました。

セックスレスになって2年過ぎたあたりの頃でした。

会社を出たら、30前後ぐらいのスーツ姿の女性が立っており、こっちを見て会釈しながら近づいてきました。

背も高く美人と言える顔立ちでスタイルも良かったんで、ちょっとどきどきしつつ、なんだろうと思っていると

「Bの妻のC美と言います。

俺さんにお話があって来ました」

と言いました。

Bという名前に聞き覚えが無く、

「はぁ」

と返事して、促されるままに近くの喫茶店に入りました。

「単刀直入に言いますと、私の夫のBとあなたの奥様のA子さんは、不倫関係にあります」

「はぁ?」

最初は何を言われてるかさっぱりわかりませんでした。

意味がわからないんですが・・と言おうとした瞬間に、C美はカバンからテキパキと書類を出して机の上に広げました。

「やっぱりご存知なかったようですね。

とりあえず、これを見てください」

俺は震える手で書類を掴み、ざっと見ていきました。

どうも浮気調査の結果のようで、何月何日何時に会って・・・とか、細かい内容が書いてありました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

当時の俺は15歳で、兄貴が26歳の時に年上の27歳の人と結婚し同居となった。

男3人だけだったむさ苦しい男所帯に、兄貴の嫁さん(加奈子さん)は専業主婦となり、家事の殆どをするようになった。

美人で胸が大きくスタイルの良い加奈子さんですが、いつしか俺の性の対象となっていきました。

我が家では風呂上りは必ずと言っていいほど裸で家の中をウロウロしてました。

それが我が家での習慣であり、しきたりでもありました。

裸のまま親父は晩酌したり、みんな寝るまで殆ど裸でいます。

嫁いで来たばかりの加奈子さんはそんな光景に驚いてました。

男がチンコだして家の中をウロウロしてるんですから、見たくなくても自然と目に入ってたと思います。

1年もすると慣れてきたのか加奈子さんも風呂上りには裸で過ごすようになってました。

加奈子さんの裸を見てるといつも俺のチンコは勃起しまくり、はじめは親父も勃起してました。

俺達の勃起したチンコに慣れてきたのかいつしかチェックするようにもなりました。

「今日も元気ね」

と言っては俺のチンコを見て親父の側に行き、

「おとうさん、大丈夫ですか」

と声を掛けてチンコを見ては

「体の具合、良くないのかしら」

と言う加奈子さんに

「もう、歳だから」

と答える親父。

でも、時々親父も加奈子さんの裸で勃起してるらしく、そんな親父を見ると加奈子さんは嬉しそうにしてました。

いつしか加奈子さんの下着にも手を出すようになり、加奈子さんの次に俺は風呂に入り、脱衣場の洗濯カゴにある加奈子さんの脱ぎたてのパンティーを手にしてはその場でオナニーをしてました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

24歳、結婚2年目です。

夫とは親の勧めで見合いで一緒になりました。

高校も短大も女子ばかりだったし、親の監視がきつかったの。

親に隠れて付き合った人はいましたが、キスまででした。

夫と結婚するまで処女でした。

でもオナニーで処女は無くなってた?

短大のとき自分で入れすぎて出血したから。

高校3年から短大の2年間、出会い系でメールしてて、エッチ系の事もメールしてたの。

会いはしませんでしたが、そのメールを想像して毎日オナニーしてたの。

夫は5歳年上で、まじめ一筋でつまらないし、どきどき感と言うかエッチ系が無いのです。

25を過ぎてからで子供は十分いいからって事で、あまり夫とエッチもしてないし、しても10分ほどで、勝手にいって終わりです。

子供できたら会社辞めようと思ってるの。

1月末に会社の2泊3日の旅行で鹿児島に行きました。

結婚以来、初!いえ生まれて初の開放でした。

夕方初の宴会でいっぱい飲んで、一番にダウンです。

たぶん夜中12時も過ぎたころ目が覚めて、一人で大浴場に出かけ、入り口に露天風呂があり入りました。

しばらくすると、男数人の話し声が聞こえ、どこかの大学生のサークルらしく、合同練習の会話が聞こえてきました。

びっくりです、私が入ってる浴場に4~5人入ってきたのです。

湯煙で人影らしくはわかります。

私は奥に身を潜めてましたが、勇気をだしてのぼせる前に出ようとして、男性の横を通る時・・・。

「え~!お~女!!!」

恥ずかしさいっぱいで脱衣場に行き、タオルで慌てて体を拭いていると、ガラガラって戸が開き、裸の男性が一人私の前に現れたのです。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

彼と最初に出会ったのは、3年前。

家に遊びに来ていた高校生の頃。

息子の友達で少年そのもの。

彼は、美容師になる夢を持っていて、その頃から息子の髪も切ってくれていました。

息子は地方の大学に進学し、主人も3度目の単身赴任。

月に2回程度しか戻ってこれない距離。

ある日、息子からの電話。

「あいつのモニターになってやって欲しい」

私の髪を切らして欲しいと息子経由でお願いしたらしい。

でも、大丈夫なのかしら・・・?

その次に日、彼からの電話で

「髪を揃える程度の少しだけなら、いいわよ」

と返事していました。

息子の友達だし・・・。

何度か、休日に家で揃えてもらいました。

お話している内に、彼の夢やしっかりした気持ちを持っていることなんかが見えて来て、いつしか彼を見る目が変化していたのは確かでした。

ひとり家事をしたりぼんやりしている時には、いつも彼の事を考えているようになっていた私・・・。

最近の私はどうかしている・・・

彼は息子の友達・・・でも・・。

大人びた気持ち、体格、男臭さ、優しい心遣いや機転、女の話に付き合ってくれる・・。

料理中に、指先を少し切ってしまった事もありました・・・。

メールのやり取りや、電話でお話しするようになっていた頃。

でも・・だめ・・・。

そんな時、昨年の11月、彼から

「どこかに行きませんか?」

とメールをもらいました。

それは、デートのお誘いなの・・・?

私は、ひとり少女の様にドキドキした気持ちを高揚させ、赤くなり、胸が苦しくなっていました。

その日、彼は自分の中古車でドライブに連れて行ってくれました。

なぜか新鮮で、息子の事や家庭の事等、どこかに忘れていた瞬間でした。

ドライブインでお昼を食べ、車の中で彼は自分の女性像を語ってくれました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

某出会い系サイトで知り合った、33歳の人妻さん。

初めて会って車内で口でしてもらい、お金が欲しいということで財布に入っていた一万を渡し、その代わりにアドレスをいただいた。

外回りが多い仕事と言うことで仕事中にメールをしてみると

「今、会社の近くにいるよ」

って事で、

「また会いたいなぁ」

って甘えた返事を入れると即

「いいよ」

と。

仕事中なので時間がないということで、

「俺の会社の裏の公園のトイレでいい?」

というと

「綺麗ならいい」

と。

「実際行ったことないので綺麗かはわかんないけど、じゃ集合ね」

と。

先にトイレに入ってまっていると、やっぱり所詮公園のトイレ。

一畳ちょっとに和式がポツン。

だけど密着感があって返っていいかなと。

するとトントンとノックがあり、鍵を開け、中に招き入れ、第一声は

「マジで」

でした。

今日は5しかないけど渡し、カバンを水のタンクに上げ、財布に入れはじめた。

同時に背中を向ける状況になったため、俺はしゃがんでスカートを捲り、ストッキング越しに太ももからお尻にかけて舐め始めた。

時間も時間だけにほのかにおしっこの匂いがした。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ