【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:体験談

私はごく普通の平凡な主婦です。

ほかの投稿者の方々のような経験はありませんが、生中出し大好きですので参加させてもらいます。

そもそも私は、そんなにセックスが好きというわけではなかったのです。

何となく、相手の子も気持ちいいんだったらまあいいかという感じで、自分から求めるということはありませんでした。

そんな私が変わったのは今から7、8年程前。

夫と出会ったのがきっかけでした。

彼は私より一つ年下で、第一印象は「とても穏やかな笑顔の人だなあ」という程度でしたが、話をしているうちにどんどん彼にのめりこんでいってしまいました。

彼との初めてのセックスは、初デートから一週間後のことでした。

でも、その時は彼は何も言わずにゴムをつけてくれました。

私はこれまでも当然のようにそうしてもらってたので、それでよかったのですが、彼のおチンチンは今まで私が経験したどのおチンチンよりも太かった(長くはないけど、根元がすごく太かった)のです。

私のおマンコからは、まるで初体験の時みたいにうっすらと血がにじんでいました(ちなみに、今でもたまに血が出る…)。

それでも、その後2、3回はゴムをつけてしていたのですが、次第に私が濡れにくくなってきてしまいました。

そうなると痛くてたまりません。

ローションを使ってもその時限りです。

そして、私からお願いして生でセックスするようになりました。

初めは彼は相当戸惑っていたようでした。

何回も「本当にいいの?」と聞いてきました。

私も内心ドキドキしましたが、OKしました。

すると、「今までのセックスって何だったの?」と言いたくなるくらいの快感を覚えたのです。

それは彼も同様でした。

それからの私たちは、当然のように会う度に生でお互いの体を求め合いました。

でも、この頃はまだ中出しはNGでした。

初めての中出しは、それから4年程後のことでした。

その時はいつもより丁寧で、ねちっこい前戯で私はもうすでに何回か絶頂に達していました。

私は胸が性感帯で、とくに左の乳首はどうしようもないくらい敏感なのです。

彼はいつも激しく舌を絡め合っている間も休みなく巧みに私の左乳首を刺激し続けます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ついにこの間浮気をしてしまいました。

妻のことは愛していますが、妻がいろんな男と浮気を繰り返すので、自分も浮気したくなったのです。

私は39歳、妻は36歳です。

浮気相手は、なんと同じ会社の女性です。

彼女の名前は真美、28歳で人妻です。

最近、出産をして復帰しました。

以前からエロっぽい体つきに私は時々興奮していましたが、出産を経てますますいやらしい体つきになっていました。

この前、思い切って食事に誘うとOKしてくれたので、レストランで食事をしました。

真美は

「こんな、おしゃれなレストランに来たの

なんてひさしぶり!」

とすごく喜んでくれました。食事のあと、私は

「二人きりになれるところに行きたい。君が欲しいんだ」

と、

ついに言ってしまいました。

真美は少し照れながら

「はい」

と言ってくれました。私はもう大興奮です。

急いでタクシーを拾い、歓楽街にあるラブホテルにINしました。

そして部屋に入ると、まずはうんと濃いディープキス。

私はそれだけでペニスがギンギンです。

我慢できずにブラウスを脱がすと分かってはいたものの、ホルスタイン級の巨乳です。

急いでブラジャーを外そうとすると

「いや・・・恥ずかしい。いま授乳中だし、

すごく張っていて苦しいの」

と真美は言いました。私は

「吸って楽にしてあげるよ」

と言いブラジャーを外しました。

私の妻はGカップ巨乳ですが真美は授乳中のためか、それを上回るボリュームです。

しかも乳輪が肥大して乳首も大きく長くなっていて、いやらしいことこのうえないです。私はおっぱいに吸い付きました。

そうしたら出るわ、出るわミルクがあふれ出します。真美本人に乳首をつまんで

ピューっと出るところも見せてもらいました。

もともとおっぱいフェチの私は、たまらず口をあけてピューっと出てくる母乳を飲ませてもらったあと、乳首に吸い付きました。

左と右それぞれ吸いまくり、舌でレロレロしました。

真美は

「あんっ舌は使わなくていいの」


言いながらすごく感じているようでした。両手でおっぱいを揉みしだきながら吸っていると真美は、

「あんっ。あんっ。おっぱい気持ちいい」

と喘ぎ始めました。私は、

「最近、旦那さんとしたのいつ?」

と聞くと

「ずっとしてないの」

という返事。

「えー。こんないやらしい体を堪能しないなんて、旦那さん淡白なの?」

と言うと

「そうみたい。だから私本当はすごく欲求不満で・・・」

とのこと。

「もったいないなあ。俺に任せて」

そういうと真美を全裸にしたあと、クンニをしました。

真美は

「いやー。恥ずかしい。こんなことされたことない」

と言いました。私は興奮し、真美に自分でおまんこを広げて見せてみるんだ、と命じました。

真美は言われた通りにおまんこを広げてくれました。

意外ときれいなサーモンピンクのおまんこが、口を広げています。

「うわー。びしょびしょだな。おまんこが口をあけてちんぽ突っ込んでくれって言ってるよ」

と言うと

「いやー。言わないで。本当に恥ずかしいの」

と真美。私はたまらず、真美にフェラチオをしてくれるよう頼み、ちんぽをしゃぶってもらったあと、

「おまんこに入れるよ。いいね」

と言いました。真美は

「うん。お願い入れて。我慢できなくなっちゃった」

と言いました。

私は正常位で奥深くまで肉棒を差し込みました。真美のおまんこは、出産後だというのにかなり締め付けがよく、かなりの名器です。

「真美のおまんこはすごく締まるんだな。名器だよ。これじゃあすぐにイッちゃうよ」

と言い、ゆっくりめに突いてやりました。

真美は、

「あーっ。あーーーーん。すごく気持ちいいの。こんなの初めて。旦那としてもあんまり気持ちよくなくて。向こうは自分本位で前戯もほとんどなしで、勝手に入れて

イッちゃうんだもん」

と言いました。

「それはひどいな。こんないやらしい身体を堪能しないなんて、勿体なさすぎる」

と私は言うと体勢を変えながら何度も何度もおまんに自分の肉棒を打ち付けました。そしてとうとうポルチオが開発されたらしく真美は絶叫して何度も何度もイキました。

私もあまりの気持ち良さにそろそろ限界です。

「真美、そろそろイッてもいいか」

と聞くと

「うん」

と可愛い返事。

「うっ。イクよ。真美。中出しするよ」

と言うと

「うん。おまんこの奥にいっぱい出して」

と言ってくれました。

「真美、もっとおまんこ、おまんこって言ってごらん」

と私は言いました。

真美は素直に

「おまんこ、おまんこ、おまんこ気持ちいいー」

と言いました。その瞬間私は射精をしました。真美のおまんこに

熱い精液をいっぱい注ぎ込みました。私はそのまま、おまんこから肉棒をぬかず再度腰を動かしてみました。

復活の兆しです。また固くなってきたので、そのまま腰を振り続けます。真美も

「あーん。もっと、もっと奥にいっぱいおちんちんちょうだい」

と言いました。2回目はあまりもたずに射精してしまいました。そして、もしかして3回目もいけるかと思い、そのまま、また腰を振り続けると復活しました。妻ではこうはいきません。真美のおっぱいを吸い揉みしながら、おまんこに腰を打ち付けます。

そして今度はバックで挿入してみました。かなり締まります。真美も興奮して

「あん、あん、あん。いいの。おちんちん気持ちいいの。奥にあたってる。最高」

と言いました。私もそろそろ絶頂を迎えます。あっ、と思ったときには真美のおまんこに射精していました。

終わったあと、しばらく放心状態でした。まさにこれが抜かずの三発です。本当に真美のおまんこは気持ちがよかった・・・

私は真美を抱きしめて

「真美のおまんこよかったよ。最高だった」

と言うと真美も嬉しそうでした。そして真美に

「これからも会える?」

と聞くと、可愛く

「うん」

と言ってくれました。正直、妻のおまんこよりずっと具合がいいので、真美を手放したくないと思いました。母乳プレイも楽しめるし。真美に

「今度、乱交パーティー行こうか?」

と言うと

「言ってみたい」

という返事。本当に淫乱な人妻です。真美を送ったあと、家に帰ると妻はもう寝ていました。ですが、抜かずの三発をした後だというのに、なぜか妻に欲情して

しまい妻のパジャマの胸元をはだけるとおっぱいに吸い付きました。

妻は半分寝ぼけた様子で

「今日は疲れてるからいやよ」

と言いました。私は

「いいだろ。おまんこしよう」

と言いました。

妻は、

「じゃあ、勝手にやっていいから。私は眠いのー」

と言ったので勝手におっぱいをレロレロ舐めまわし、パジャマのズボンとパンツを脱がせるとクリトリスを中心にいたぶってやりました。妻は途中で

「あー、あーイクうう」

と言って寝ぼけながらもイッてしまいました。おまんこはびしょびしょになりましたので、大きくなった肉棒を突っ込んでやりました。妻は無意識なのか少し腰が動いています。結局私の背中に腕を回し思いきりしがみついて

「イクううーーーもうだめー」

っと言いながら中イキしました。

同時にはイケませんでしたが、

「俺もイクよ。おまんこにいっぱいかけてやるからな」

と言ってイキました。

妻は足をピクピクさせ、

「あなたの熱いのいっぱいおまんこの中に出てる・・・」

と言ってそのまま寝てしまいました。

いやー、一晩に4回もセックス出来て大満足な一日でした。なぜか他の女性とセックスすると妻ともセックスしたくなるんですよね。

不思議です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕は今、兄夫婦と暮らしている。

両親が事故で他界してしまった為、アパート暮らしだった兄夫婦が実家に戻ってきているんだ。

経済的には家賃を払わなくてすむので楽になって、嫁さんとしては助かった様子。

でも兄貴的には一気に通勤時間が長くなってしまい、いつも疲れている感じ。

残業が長くなってしまう時なんか帰ってこない事もしばしば。

だから家の中には義姉と2人でいることが多く、テレビとか見ながら仲良くやっている。

義姉の由紀さんは25歳の平凡な人。

美人でも無くブサイクでもない普通な感じ。

気さくな性格なので友達みたいに接していたんだけど、この前見てしまったんだ。

顧問の急用で部活が無くなって、いつもより早く帰宅した日の事。

何気なくリビングのドアを開けるとオッパイと股間に手を置いている義姉の姿が。

驚いて固まる僕と由紀さん。

「キャッ!」

「ゴ、ゴメン!義姉さんっ!」

そう言ったのは5秒ぐらいお互いの姿を凝視した後の事だった。

突然の事に動転して逃げるように自分の部屋に駆け込んだけど…。

混乱している頭の中では、たった今見たばかりの義姉の恥ずかしい姿が消えなかった。

由紀さんってあんなにエロイ身体をしてたんだ…

完全に手のひらに余っている柔らかそうなオッパイ。

もとんど無毛に近いキレイな色の濡れ光る股間。

女性としてまるで意識していなかっただけに、僕にとって衝撃的な光景だった。

自然と股間のものが元気になってしまい、初めて義姉をおかずにしてのオナニー。

兄貴はあんなムッチリとした身体を自由にできるんだ…

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

妻30歳(バツイチ)・私36歳のちょっと前に起きた出来事です。

2年程前、派遣社員として妻は私が働く工場に来たんです。

童顔で可愛い感じの妻が独身と知った私は、ライバルを押しのけて遂に付き合う事が出来たんです。

そんな妻は、20代とは思えない位色気があり、男には堪らない魅力もあったんです。

顔からは想像もつかない位エッチも激しく、私は正直ラッキーと思っていました。

そんな妻とも1年の交際を経て、結婚する事になったんですが、その結婚式の2次会で妻の友人から思いがけない事を聞かされたんです。

妻と付き合って1年経っても、妻は過去を語る事はありませんでした。

前夫との離婚原因すら語ろうとしない事に疑問は感じていましたが、無理に聞いて妻との関係にヒビが入る事を恐れた私は、強引に聞く事はしなかったんです。

そんな私に、妻の学生時代の友人は、妻の過去を語り始めたんです。

友人「カズさん、美紀の昔を知ってて結婚決めたんですか?」

私 「昔?教えてくれないから、過去の事知らないんだ!」

友人「やっぱり!言わなかったんだ・・・まぁ言えないか?」

私 「何々?気になる事言うなぁ」

友人「私は、美紀と高校が一緒だったんです。美紀は1年の頃は真面目な感じで、クラスでも男性一番人気だったのよ。

2年の夏かなぁ・・美紀が付き合った男が最悪で、友人数人にエッチな事をさせていたみたい。この人達、美紀に凄いエッチな事を強要させ、いつしか数多くの男性の性処理を・・・そして”ワンコイン”ってあだ名まで付けられていたわ」

私 「ワンコイン?」

友人「そう!500円でヤラせてくれるって事」

私 「嘘だろ」

友人「本当よ!美紀1年半で、何人の男と行為をしたか分からないって言ってたもの!

しかも毎日疼いて仕方ない!!!って

彼女、可愛いでしょ!

男達は毎日・何時間も襲っていたみたいだから、彼女の体もエッチを忘れられなくなったと思うの?

結局、高校卒業と同時に不細工男性に孕まされて結婚したけど、流産しやがて離婚したのよ」

私 「そんな!初めて聞いたから・・・」

友人「そうよね!彼女その後も、男性経験豊富だから、大丈夫かなぁって思って・・・」

私 「それでも、私は美紀が好きだと言えるよ」

友人「そうなら良いんです。彼女、体が今でも疼くって言ってたし、昔の男達が彼女の体を猛者ぶっていないか心配で・・・」

私 「昔の男!」

友人「まぁ気をつけて、仲良くして上げて下さいね」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚6年目の31歳人妻です。

夫は老舗和食系のお店を親から継いでいて、結構繁盛しています。

私は経験の少ない男の子が大好きなの。

私のそんな性癖のきっかけなったのが、

旦那のお店に入ってきた、見習いのタケシ君。

素直な好青年だけど、なんだか不器用で夫や先輩の職人に怒られてばかりいました。

修行中の若い衆を励ますのは私の仕事。

でも何かと世話を焼くうちに自分の中で微妙な感情が生まれてきました。

そんなある日、タケシ君の部屋へ洗濯物を取りに行ったとき、

ドアの隙間から目に飛び込んできたのが、タケシ君のオナニー姿だったんです。

下半身丸出しで、脚を大きく開き、硬くそそり立ったモノを

すごい早さでシゴいていました。

私、そのモノの大きさや動かす手の早さに見とれてしまったんです。

しばらく見ている間に、私も夢中になってしまって、

体が前のめりになりドアを押し開けてしまいました。

すると、タケシ君はビックリしてしどろもどろになっちゃって。

私は、ゴメン、覗く気はなかったのと謝りました。

タケシ君は、もう店の方に戻ってください、と私に言いましたが、

私はそのままドアを閉め、彼の相手をしてあげることにしました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ