【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:体験談

アラフォー、四十路の女盛り、背も高く、スレンダーで、モデル美人だった妻の肉付きもふっくらとしてきました。

ちなみに、産後、巨乳になり、乳もガチンコ柔らかくて、乳首の触り心地も最高です。

ブラをつけると、胸の谷間がすごいのが自慢で、ユサユサとゆれるおっぱいとくびれたウエストからみる丸々とした巨尻は、

街中を歩いても、かなり男の目を惹くことがあります。

ただ、ひとつ難があるとすれば、色気はあるのに、いつもジーンズでいることでしょうか。

そんな妻の突然の変貌・・・最近、結構短めでタイトなスカートをはくことが増え、体のラインが強調される服装に変化しているのです。

妻の行動に不安はありましたが、まさか浮気はないだろうと思っていた矢先に、妻の驚くべき正体を知ってしまいました。

ある日、妻は10時に車で少し離れた図書館に向かいました。

私は、たまたま忘れ物をして自宅へ寄ったのですが、綺麗に化粧をして、やけに短いスカートで車に乗り込む妻を見て、

思わず会社の車であとをつけて行ったのです。

どうということはない、さびれた地方の図書館、人数はまばらで大きさだけは立派な3階建ての建物です。

妻が中に入ると、少し違和感を感じるような顔で数人のお年寄りの方々が、妻を見ています。

そして受験生と思われる高校生や浪人生が、自習室の机にちらほら見えました。

ある子が妻を見たとたん、うれしそうな顔でもうひとりの子と、ひそひそ話をし始めました。

妻は、雑誌などを置いている1階の談話コーナーには目もくれず、

2階の人がほとんどいない地学や政治などの膨大な書物を陳列する棚があるコーナーへ、歩を進めています。

私は気付かれぬよう適度に離れて、妻に近づきました。

妻は何列も書棚が並ぶ所で、じっと本を見つめながら、しばらく回りの様子を見渡し、しゃがみこみました。

すると、さっきの受験生のような子が2人であとををつけてきて、書棚越しに妻の前に立ちました。

そして2人は、

「あのおばさん、今日も見せてくれるかも」

「いやらしいよなぁあの体、外人みたいじゃん、まさかこの前、あんなでかいおっぱいや陰毛まる見えのパンティ見せてくれるとは思わなかったよ」

と言っているのが聞こえたのです。

私は当初、妻が何をしているのか検討もつきませんでしたが、はっきりここに来た理由が分かったのです。

妻はここで何かいやらしいことをしている。

そして、しゃがみこんでた妻の足が徐々に拡がり始めました。

履いていた黒い薄手のストッキングは太ももまでで、その奥には真っ白なボリュームのある内ももと下半身、

陰毛がはみでるくらいの小さなハイレグ・Tバックショーツが眼前にありました。

しかもショーツは、あわいブルーのスケスケで、おまんこの形がわかってしまうようないやらしいものでした。

こんなもの、あいつはなんで持ってるんだ?と、私は突然の行為に狼狽しながら成り行きを見守ってしまいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

俺は、10人ちょっとの零細会社だが一応専務(36)。

彼女、若熟女なアラサー佳子(仮名)は去年、じきじきに目をつけて採用した事務員。

そう、もちろん面接から採用まで最終決定したのは俺様。

ちょっと細めで、顔はそうだねー、敢えて言うなら深田恭子をちょっと細くしたような感じ。

身長は160センチくらい?髪は今は肩まで位のミディアムストレートでかなり茶髪。

ちょっと唇が厚めな感じでもろに俺のタイプだったんだよね。

昔はちょっとヤンキーしてただろ?って感じだけど、仕事は真面目にしてくれるし、明るいのでお客さんにも受けが良い。

俺も妻子もちだが、彼女も結婚している。

旦那がフリーのジャーナリストだそうで、たまにしか家に帰ってこないっていうのは聞いていた。

その日は先月末の締め作業で、もう一人男性社員と3人で残業。

8時を過ぎたくらいでようやく請求書の印刷が終わって後は封筒に入れて封をするだけ、というところまで来た。


「じゃあ、今日は終わっていいよ」

俺は、自分の席で雑用を片付け始めた。

男は机周りを片付けると

「お先にー」

ってさっさと帰っちまいやがった。

(後で考えるとこれがラッキーの始まりなのだが)佳子

「まだお仕事なさるんですか~?」


「まだ雑用残ってるから。先帰っていいよ」

佳子

「そうですか~?なんか手伝いますよ?」


「うーん、じゃこれコピーしてくれる?」

俺は自分の席で書類の整理をしていたのだが、コピー機の前に立った佳子の後姿が目に入って、ついボーッと眺めてしまった。

若熟女佳子の脚は太すぎず、細すぎず、長くて俺の好みの脚だった。

俺、脚フェチなんだよね

「く~、いい脚してやがんな~」

といつも思っていた。

あ、ちなみにウチは女性社員は制服です。

白のブラウスにチェックのジャケットとスカート&黒のストッキングという格好。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

夫がいるのに現在不倫中な私。

ですが、夫では感じる事の出来ないどーしようもないセックスの相性の良さ

そして恥じらいも無く全てをさらけ出す事のできる不倫セクロス相手。

そう、直属上司だった不倫相手とは、勤め始めて数年後の社内旅行が最初の懺悔な出来事でした。

よくある流れと言えばそれまでの話で、めずらしくはないと思っています。

宴会が引けて10名ほどでホテル内のカラオケ店へ移動し、和気あいあいで盛り上がり、お酒は割と強い方ですが、

この日は宴会中から上司やら男性社員達から勧められチャンポンしたのが効いてしまい、

カラオケ店へ来てからもワイン、日本酒と調子に乗ってしまったのが失敗でした。

数人の男性社員が場所を変え、近くの町まで飲みに行くと言い出し自然と数人ずつ散会となりました。

席を立ち歩きだそうとした瞬間、クラっとしてフラついてしまい社内で1番仲の良い、智子の方へ倒れ込みそうになりました。

しかし智子も同様に、かなり酔っていたようで2人で一緒に床へ倒れてしまいそう、、、と思った時、課長に体を支えられ助けられました。

あっぶねーと言い私の腕を持ち、一緒に居た主任は智子の肩を抱き支えてました。

今日はもう無理だろうー、これくらいにして部屋まで送り届けるから、もう休みなさいとの言葉。

断る理由は何も無く、私と智子は課長と主任に抱えられるように店を出ました。

ロビーの近くを通り、その後は下を向きクラクラと目が回りエレベーターへ4人でやっと乗り込みました。

5Fだがルームナンバーを思い出せない。

智子のスーツポケットにキーが有り、主任が探すが?智子の胸に触ったように見えた、、、

なに?今の、酔っているせいで私の見間違え?智子は意識はある、胸を触られたら分かる筈だ、と思ったがこちらも精一杯で思考回路が麻痺してる。

ようやく部屋の鍵を開けてもらい、中へ入る、エアコンが効いていてちょっとすっとしたが2人共、自分の足では歩けずにソファーへと座らせてもらう。

すいません、ありがとうございました。

2人の上司にお礼を言ったが、自分でも言葉があまりはっきりしてないのが分かった。

冷蔵庫から水を取り出して、少し飲めと言われ口にした。

部屋へ帰り着き、安心したが、寝てしまったつもりは、全くなかった、どこか遠くの方で{声が}

「ウーアー、、ア、アー」

え?智子?なの?顔をあげ周りを探す、信じられない光景が、ベッドの上で行われていました。

主任が智子の乳首を口に含み、大きく開かれたアソコには指が入っていて、あの独特な掻き混ぜる時の音が部屋に聞こえています。

しかも、明かりのついたまま、、、斜め前に座っていた課長と目が合ってしまいました。

由香もしたいか?課長が言いながら、隣へ移動してきます。

いいえ、そんなことありません。

小さな声で私、片に手を回され

「びく、」

しかも、いつの間だったのか私は下着姿にされていました。

いつか、由香としたいと思っていたんだ、言いながらキスをされ胸を触ってきます。

拒みたいと思いますが、力が入りません。

耳に舌が、ブラがはずされてしまいます。

恥ずかしいことに、由香の少し大きめな乳首は立ってきてしまってます。

課長が耳元で由香はどんなおまんこしてるんだ、と囁かれ乳首を指で刺激され責めてきます。

予期していた訳ではなっかたけど、この日の下着はピンクのティーバックで前はレースだけ、

毛はビキニラインで処理しているけど、ほとんど丸見えになっているのでは、、指で敏感なクリを優しく撫でてきます。

固くなってしまった乳首を舌で転がしてきます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の夏のこと・・・

、、、寝苦しさを覚え、明け方に目を覚ました私の腕の中に、産まれたままの姿で息子の嫁、恵子がいた・・・

そう、混乱しながらもアラサー若熟女な裸体に目を奪われていた。

染み1つない素晴らしい体に、豊満な胸と形の良い乳首、綺麗に整えられているアンダーヘアの隙間から僅かに秘処が覗いていた。

ベッドの周りには私の服と恵子の物と思われる下着が脱ぎ捨てられていた。

事態を把握するためと自分自身に言い訳をして恵子の秘処に目を向けた。

ベッドには幾つものシミが出来ていたが、ゴミ箱にもどこにも避妊具が無かった。

見た限りでは恵子の秘処にその跡は見つけられなかった。

まずいとは思いながらも、意を決して恵子の秘処を開こうとしたその時・・・。

「・・・お義父さん」

恵子が目を覚ましていた。

頭が真っ白になって固まる私を尻目に、恵子は自らの秘唇を開いて

「・・・まだ、お義父さんのでいっぱいですよ、ココ」

と言って中を私に見せてきた。

ヌラヌラと濡れている恵子の奥から、恵子の指で掻き出されてきた、それは白濁した汁・・・精液だった。

彼女の言葉が本当なら、息子の嫁の膣内は私の精液まみれになっている事になる。

呆然とする私の首に恵子は腕を絡ませて唇を重ねてくる。

「さっきまであんなに素敵だったのに・・・。どうしたんですか?」

唇を離して上気させた顔を向けてくる恵子に、恐る恐るこれまでの経緯を訪ねた。

恵子によると、晩酌をしてすっかり出来上がった私を部屋に運んだ。

その後、息子が眠ったのを確認してから、恵子が部屋を訪ねてきたところ、寝惚けた私が恵子に抱きついてしまったらしい。

「お義父さんが迫ってくれたのが嬉しくて・・・」

恵子は元々本当の娘の様に私に接してくれていたが、まさか男として恵子に好意を寄せられているとは思いもしなかった。

それからは恵子から積極的に求めて、私が応えてしまったらしい。

記憶に無いまま恵子を抱き、あろう事かそのまま恵子の蜜壺奥深く子種を吐き出してしまったのだ。

大声で謝罪をしようとする私を慌てて恵子が抑える。

「お、お義父さん。あの人が起きちゃいますから・・・」

妻は友人達と旅行で不在だが、息子はいつものように二階で寝ているのだ。

その事に気づいて口を閉じようとする私に、再び唇を重ねてくる恵子。

膝の上にのし掛かる様な姿勢のまま抱きついてきている為に、恵子の胸や尻の柔らかさが直に伝わってくる。

途端に息子の嫁に女を感じてしまった私は股間の愚息を反応させてしまった。

「あっ・・・お義父さん。駄目ですよ・・・。今からしてたらお仕事に遅れちゃいますから・・・」

蠱惑的に微笑み、もう一度唇を寄せてから恵子は私の上から下り、部屋を出ていった。

数時間後、朝食の席に来た私を普段通りの笑顔で恵子は迎えてくれた。

先程の事は夢だったのでは無いかと思うほどだったが、恵子はそっと目配せをして微笑んでいた。

会社に居ても、恵子との事ばかり考えてしまう。

早々に帰宅すると家には恵子が待っていた。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、29歳、でして、結婚2年目ながら、未だ新婚気分でいたのでした。

で、仕事が忙しく新婚旅行も行けなかったので、先日、念願の温泉旅行に行ってきた時のお話で・・・

泊まった旅館は、結婚前から夫と何度か行ったことのあるお気に入りの旅館で、ご飯が美味しいのと、周りに何も無いことが特に私好みでした。

お風呂が何種類かあり、普通に男湯、女湯、そして貸切露天風呂(鍵をかけれるタイプ)、誰でも入れる混浴露天風呂です。

夕飯を食べ、貸切露天風呂に夫と入り、昔の思い出話にひたりながら、満喫をしてました。

夫が夕飯を食べ過ぎたのか、お腹が痛くなり私も一緒にお風呂をあがることにしました。

部屋へトイレに戻る夫。

私は女風呂に寄ってから帰ろうと思い、夫と別れました。

脱衣所で浴衣を脱いでいると、女湯の中からおば様達の高笑いが聞こえました。

少し興をそがれた私は、浴衣をもう一度着て部屋に戻ろうと女湯を後にしました。

部屋に戻ろうと廊下を歩いていると混浴露天風呂ののれんが。

昔、夫と一緒に、夜中に恐る恐る入ったことがありますが、何を思ったのか、ちょっと興味本位で中を覗いてみました。

脱衣所には服はなく、中は無人のようでした。

少しお酒も飲んでいて開放的になっていたのでしょうか、少しだけ入ってみようと思いました。

浴衣を脱いで入ると、中には誰もおらず、遠くからさっきの女性の笑い声が聞こえてくるぐらいで、とても静かでした。

露天風呂の底は割りと浅く、普通に座っても胸が隠れるかどうかのお湯の量でした。

夜空を眺めながら、段々と混浴であることも忘れ、くつろいだ気分で入っていましたが、突如、男性側の脱衣所に人の気配がありました。

私は慌ててタオルを手にとると、湯船に触れないように胸だけでも隠すように持ちました。

入ってきたのは、30代前半ぐらいの男性一人でした。

私はすぐに出ようとも考えましたが、ちょっと失礼かと思い、そのまま湯船に入っていました。

ちらっと見ただけでしたが、男性は引き締まった感じの体で、顔も掘りが深く、割と男前だと思いました。

男性は、タオルで隠そうともせず湯船に入ってくると、私の近くに腰掛けました。

(露天風呂はそんなに広くないのでどこに座っても近いのですが・・・)男性は済まなさそうな態度に、少し申し訳ない気持ちになり、

「すみません、すぐ出ますので・・・」

と声をかけました。

男性は

「いえいえ、あの僕こそすぐに出ていきますので・・」

と、更に小さくなって答えるので、

「私のことは気にせずくつろいで下さい」

と言うと少し微笑まれました。

男性は緊張が少しとれたのか

「お一人ですか?」

と話しかけてきました。

私は頭の中では

「夫ときてます」

と答えようとしていたのですが、なぜか

「一人なんですよ」

と口から出ていました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ