【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:体験談

去年の夏、主人と上手くいかなくて、他の男性を探し、メールをしていました。

その中で、一人、比較的家が近くて4歳年上の男性と親密になりました。

主人に対する不満や、イヤなことを彼にぶつけて、彼はいつもそんな私をメールで慰めてくれました。

私を女に戻すような言葉もいっぱいいってくれたし、主人との間のことでヤケになっていた私。

その彼と出会い、10日ほどで会う約束をしました。

実は、主人以外のモノを入れたことがなかったので、罪悪感に襲われながらも期待でいっぱいで、彼に会いに行きました。

彼に会ったとき、少しガッカリしました。

私、面食いなんですけど…

ちょっとへちゃむくれな顔つきで、唇が物凄い分厚くて、タコ?っていうくらいの口でした。

でも…それが後々私を今までにない快楽に導いてくれました。

「やっぱりやめる」と言おうと思いましたが、

彼が手を握ってきたので、それだけで感じた私は声を抑えるだけで精一杯でした。

もう逃げられないな・・・・と諦め、彼とホテルに入りました。

部屋に入り、ソファに座り、初めてのことにドキドキと少し緊張していた私に、彼がいきなり

私の左胸を押さえ、「心臓どきどきしている…?」といい、

「少し…」と答えた私。

彼は、私を力いっぱい抱きしめました。

185cmある彼はとても力強く、息苦しくて顔を

上に向けるだけで精一杯でした。

その時に彼を見上げ、彼が私を見つめたので、思わず

私から唇を近づけてしまいました。

分厚い唇に私の唇は吸いこまれ、食べられちゃうんじゃ

ないかってくらい、吸われました。

また、それが気持ちよかったんですけど…舌を絡ませ、

息が荒くなってきた私をもっと興奮させるように服のの上から胸を揉んできました。

耐えられず、声を出して感じ出しました。

足を絡ませ、彼を引き寄せ、洋服の上から愛撫してもらいました。

口紅が彼のシャツについてしまい、それを言ったら、

「洋服は脱いじゃおうか?」と言われ、

私はホントは脱がせて欲しかったけど、頷いて洋服を脱ぎました。

そして、

ホテルに置いてあるバスローブをとりあえず来て、中はヒモパン一枚でベッドの上に横たわり、

彼が後から来るので、片足を曲げて少しパンティーが見えるようにしました。

そして、彼も服を脱ぎ、私の横に来て、すぐに私の唇を吸いました。

「K樹ぃ…好きィ」と、言いながら自分に酔い、今までに感じたことのない快楽…

彼は、唇、頬、耳、首筋…を丹念に舌で舐めまわしてくれました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

妻、1歳半になる子供と3暮らしの29歳の商社マンです。

先日(といっても先々月の事ですが)、会社の同僚でもあり、大学時代からの友人でもあるK君の奥さんと関係をもってしまいました。

事の成り行きは、同じ部署であるK君と残業していた。

僕は表計算の作成、K君は外回りの日報を書いていた。

K君が一足先に用を済ませ、帰った。

時計を見ると午後8時だった。

そして僕はまだ終わりそうの無い表計算表を手にして、都会の夜景が望める窓際のK君のデスクで作業を再開した。

すると、ふとデスクのパソコンの横を見ると、マル秘と書かれた書類が入ったファイルが置いてあった。

「これは、Kが明日取引先のお客のとこへ持って行く物だな」

僕はこう見えても、やさしい男。

K君の自宅に届けることにした。

どうせ家路は同じ方向だから、アポイントの電話はしなかった。

午後9時。

表計算は完成した。

そっと部長のデスクに置いて、飲み残したコーヒーをグビっと飲んだ。

午後9時半。

K君の自宅。

なかなか近代的なマンションである。

ここの6階の角だ。

正面玄関(?)で部屋番号を押す。

すると若々しい奥さんの声が。

「どうもです。

K君が大切な書類を会社に忘れて行ったので届けました。」

「あ〜ご苦労様です。

開けますんで、ちょっとおまちくださぁい」

とても丁寧で好感触の奥さんだな。

ウチの妻にも見習ってほしいもんだ。

ドアが開いた。

急いで書いたと思われる眉毛、ブラジャーが透けているドナルドダックのTシャツ。

目のやり場に困った。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

俺の友達に、中学の時の同級生と結婚したやつがいます。

この間、買い物に出かけた時にその奥さんにたまたまあい、話が弾み彼女の家に行く事になりました。

旦那…俺の友達が帰ってくるまでに5時間ほどあり、帰ってくるまで待っている事にしました。

友達夫婦には、子供がいたので俺は子供と遊びながら奥さんと中学の頃の思い出話に花を咲かせていました。

が、子供が遊びつかれて寝てしまい、話が夫婦生活の悩み相談に変わってきました。

友達からも聞いてましたが、子供ができてから夜の営みがなくなってきたみたいです。

ここは、チャ〜ンスっとちょっと遠巻きにHな話に持って行きました。

やっぱり食いついてきました。

徐々に奥さん自身のHな話にもっていき、とうとう奥さんの肩に触れる事に成功しました!

軽くキスを迫ると、奥さんは顔を背け嫌がりましたが強引に唇を奪うと、まんざらでない感じ…

そのまま手を胸に伸ばすと、触ってくれと言わんばかりに胸を押し付けてきました。

キスをしながら、モミモミと柔らかさを楽しんだ後に、乳首を服の上からコリコリっと刺激してやると、

「ん…んん…。」っと感じてる様子。

俺も、胸だけではガマンできなくなり、股間の方に手を伸ばします。

ジーパンを履いていたので、ベルトをはずしチャックを開け股間に指を滑り込ませます。

パンツの上からでもわかるくらいに、股間が汗ばんでいます。

あそこの割れ目に指を這わせると、もうすでに濡れている様でお口がパックリと口を開けているのがわかります。

4〜5回指で擦ってやると、パンツがじっとりと濡れてきました。

奥さんは腰をモジモジさせ、もっと触って欲しそうな目で俺を見てきます。

なので、次はパンツの中に手を入れてみると、案の定もうグッショリです。

指を動かせば、クチュクチュ音を立てる始末…。

あそこの中に中指を軽く滑り込ませると、体をビクつかせながらあえぎ声を立てます。

キスをしながら、フワフワのカーペットの上に押し倒し、そのまま奥さんを素っ裸にし、胸にむしゃぶりつきました。

奥さんは、俺の頭を抱えながら悶え喘ぎます。

俺は、ガマンしきれずズボンとパンツを脱ぎ捨て、ギンギンに元気になった暴れん棒を奥さんの中に生挿入!

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私達夫婦も初めての夫婦交換を経験しました。

はっきり言いまして、それまでの私と妻は倦怠期を通り過ぎて半年に1回あるかどうかの有様でした。

私としては何度も妻に求めていたのですが仕事で疲れているからとか何とかと言っては拒絶されるのが頻繁でした。

私も妻も同じ年齢で今年43歳になります。

結婚して20年をまわっていまして息子も高校3年生になります。

私は単なるサラリーマンですが妻はと申しますと美容室を経営している事業主なのです。

今までにも何人かの見習いの子や従業員を雇っていました。

そんな中で5年ほど前に妻の店を退職して現在は独立して自分の店を持っているというS君という32歳の男性がいます。

妻が雇った中では珍しく男性でしたので当時から私とS君は妻の仕事以外でも飲みに行ったりする仲でした。

妻は一切、お酒がダメな女性ですので専ら飲みに行く時は私とS君だけで出かけていました。

この頃から私は妻を他人に抱かせる願望を持っていて出来ればその相手にS君にということを考えていたりしていました。

しかし、妻にそのような事を言っても断わられるのは必至でしたので口に出す事はありませんでした。

そんな中での今回のスワッピング計画は半年振りに妻と行為の最中に

「夫婦交換なんてしてみる気はないか?」と提案したところ

最初は拒んでいた妻も意外にあっさりと

「あなたが望むならやってみようか。」と承諾してくれました。

そして翌日から色々なサイトで夫婦交換を募集している相手にコンタクトをとりました。

私達夫婦にしてみれば未経験のことですから、お相手のご夫婦はリードしてもらうために経験済みのご夫婦を探しました。

何組かのご夫婦とメールでやり取りする中で職業的に興味が湧いたご夫婦に決めました。

ご夫婦の名は小林さんご夫婦です。

私の気を留めた職業とはご夫婦共に教師だというのです。

旦那さんは高校の教師で50歳、奥様は中学校の教師で48歳とのことでした。

小林さんご夫婦はスワップ経験が2回あるとのことで熟女好みの私敵にはビンゴといった年齢だし職業が教師というのにもはまりました。

小林さん夫婦の旦那さんとのメールのやり取りはトントン拍子に進み日取りも場所も決定した時に私は小林さんに一つだけお願い事をしたのです。

そのお願い事というのは先ほど紹介したS君も交えたいという事でした。

即ち、妻のお相手は小林さんは勿論の事、S君も含めた3Pをこの目で見たいという願望を伝えたのです。

小林さんからオーケーのお言葉を頂戴した私は妻には内緒でS君を飲みに誘い計画のすべてを打ち明けました。

S君は「僕としてはユキノさん(妻の名前)とエッチさせてもらえるのなら喜んでお受けしますけどユキノさんは許してくれるのでしょうか?」と妻を気にしていました。

私と小林さんが計画した内容は夫婦交換を承諾した妻だから小林さんとの行為の最中に飛び入りの形でS君が乱入するという妻には極秘での計画だとのことをS君に伝えました。

それでも妻のことを気にするS君でしたが最後には承諾してもらいました。

そして小林さんご夫婦と約束した当日を迎えました。

この日は日曜日で妻は仕事を終えて帰宅するやシャワーを浴びて化粧を直していました。

化粧をして身に着ける下着は私には見せないままに服を着こなし、説明を受けていた小林さん宅に向かいました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先にお話ししたとおり私は52歳で息子一人と娘二人いますがそれぞれ結婚して別に住んでいます。

主人は3年前にガンで亡くなっていますから正確には奥さんではなく未亡人になりますが

そんな私がこの年になってはじめてセックスの凄さを知りました。

相手は今は結婚しています。

長女の元彼氏ですが、今では彼のセックスの奴隷です。

年前に長女が結婚したいと言って連れて来た相手、それが彼です。

名前は圭輔さんと言って当時27歳だったので今は32、3歳の筈です。

最初は結婚に賛成していたのですが彼の両親が気に入らなかったので無理矢理別れさせました。

そして娘は去年の春違う男性と結婚し近所に住んでいます。

主人が亡くなったことや娘の結婚とかで彼の存在はすっかり忘れていました。

その日は買い物をしてその娘の家に寄るつもりで駅前のショッピングモールに車でいきました。

駐車場で車から出ようとした時隣の車に入ろうとした圭輔さんに会ったのです。

彼が私に気付いていたようですが特に興味がないようでそのまま車に乗り込もうしたので、思わず「待ちなさいよ」と言ってました。

「お久しぶりですね、大嘘つきさん」

彼は無表情でそう言いました。

「嘘なんか一切言ってない。

そんなあんたの家族こそ大嘘つきのくせに」言い返してました。

彼はまた無表情に

「そうだったらいいけど、あなた達が俺を脅したり、周りに嘘ついたことちゃんと覚えているよ。」

………そうなんです。

娘と別れさせるため彼を主人と脅したりしました。

彼の職場に嘘の噂を流したりしました。

そしてそれが娘の旦那に一番知られたくないことでもあるのです。

「何でもするから黙っていて」とお願いしてました。

けど彼は無表情のままで

「何もあなたにしてもらいたいと思わない。

最初から言うつもりないから。

興味ないよ。

心配なら自分で考えてすれば」

と言った。

「私を自由にすることで満足できますか」と思わず言ってました。

「満足はしないと思うけどご自由に」というのが圭輔さんの答えでした。

私は圭輔さんを助手席に乗せてホテルに迎いました。

私は20年以上ラブホテルに入ったことはありませんでしたので郊外にあったホテルに適当に入っていきました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ