【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談まとめ

【人妻体験談】人妻の本性が見えるエロ体験談をまとめました!夫がいるのに淫らにヨガり狂う、自分の意思とは関係なしに本能でエッチを求める『女』として正直に生きる姿をご覧ください。

タグ:洒落にならない怖い話

若熟女ど真ん中の彼女の亜美(仮名)に自分以外の人のチンコを触らせてみたことから・・・

前から彼女が他人に触られるの想像して興奮してたし、Hする時もたまに彼女にそれをしてみたいと言いながらやっていた。

彼女は

「絶対だめ~」

とか言うけどドMなのでめっちゃ濡れるから余計興奮して、腰ガンガンに突いてから口に発射!

これがやっぱ最高に気持ちいいので、いろいろ考えて実行する事に決めました。

亜美と二人で仕事休みの日に俺の仕事の後輩(秀男)を家に呼んで、軽く飲む約束をしました!

亜美は後輩に何回か合わせた事あるので、家に呼んでも問題無し!作戦立てた時点で興奮して勃起してました。

自然なリアクションがいいので二人には何も言ってません。

そして作戦当日、夕方になって秀男から電話がきました

「先輩今近くまできたのでもうすぐつきます」


「酒買ってあるから早くこいよー」

と会話、もうドキドキでした。

亜美は久しぶりに秀男に会うのですが、変に気を使う相手じゃないのでラフな洋服で家にいます。

キャミに薄いカーディガンみたいなやつとジーンズだけ。

秀男

「おじゃましまーす」

と玄関から入ってきました普通にTシャツに半パンの服。

んでさっそく飲み開始、普通に会社での俺と秀男の愚痴やおもしろかった出来事、

亜美の仕事の話などして2時間くらい過ぎていい感じに酔った頃、俺が下ネタも交えていきました。

「秀男さ、彼女と週何回ヤるの?」

亜美

「もう、そんなの聞かないでよ(笑)」

秀男

「いいですよ別に(笑)週4くらいっすね」


「すげっ!若いなぁ」

とおっさんみたいなセリフ(笑)秀男

「まだ付き合ったばっかですからね」

とここまではいい感じ。

そして興奮してきた俺は若干先走って

「ちんこでかそうだな」

と言ってみました。

そしたら以外と普通に

「そんなでかくないっす(笑)」

というので俺が

「じゃあ亜美はどう思う?」

って聞いてみたら

「知らないよ~」

って赤くなってました。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

自分(25才、社会人)が所属してるバスケチームで起きた出来事です。

いつもの活動を終えて帰ろうとしていた頃、チームで唯一の美人なアラサー若熟女OLの千里(仮名)に呼び止められ、

「今日この後空いてる?空いてたらちょっと相談したいことあるから飲みにいかない?」

と誘われました。

比較的年齢が近いこともあり仲はそれなりに良かったものの、突然の誘いに驚きました。

というのも、千里さんには同じチーム内に彼氏(32才、社会人)がおり、その日は彼氏さんが欠席していたからです。

「コレは2人に何かあったのかも…」

と懸念を抱きつつ、千里さんと二人きりというシチュエーションに嬉しさを感じつつ、近くの飲み屋に入りました。

話はやはり2人の関係のことで、

「バスケ以外では2ヶ月以上デートしてない」

「メールも3日に1回位」

「ほぼ別れたような状態」

と、お酒が進むにつれて饒舌さが増し、最後の方には

「エッチも上手くないし」

「やっぱりSにSは合わないんだよ」

など、普段の千里さんならまず言わない下ネタ化していました。

そんな話を聞きながら、

「別れる手前とはいえ、つい最近まで先輩は千里さんを抱いていたんだよなぁ…」

とエロい妄想をしてしまう自分がいました。

時を忘れて話を聞くこと数時間、気づいた時にはすでに1時を過ぎており、とっくに終電がなくなっていました、、自分

「電車なくなっちゃいましたね…すいません、僕が気を付けていれば良かったんですが…」

千里さん

「いや、私も完全に忘れてたからね。むしろ私のミスだよ…」

自分

「疲れてるでしょうにすいません…」

千里さん

「ううん、長い時間話聞いてもらっちゃって、こちらこそゴメンだよ。家近いんでしょ?帰っていいよ」

自分

「いやいやいや、千里さんを置いて帰れるほどダメ人間じゃないですよ!(笑)始発の時間まで付き合いますよ」

千里さん

「そっか(笑)じゃー、カラオケにでも移動しようか?」

自分

「そうですね、そうしましょうか。大分飲みましたし」

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

妻と結婚したばかりの新婚だった頃妻は、29歳でした、私達夫婦は当時小さなアパートに住んでいました。

そのアパートは住宅街と倉庫、工場街との境に建っていて2階建てで4世帯の小さな所私達は2階に住んでいました。

下の階の2世帯は同じように子供のいない若い夫婦で、隣の部屋は近くの飲食店の寮になっていて30代半ばの男性二人が住んでいました。

結婚してから直ぐにそのアパートに住んでいたのですが、半年ほどした頃には、私の変な欲望が出てきました。

それは妻を隣の部屋の男達に妻を視姦させたいと言う感じのものです。

とは言っても隣の部屋の男性達がどのような人かも分りません。

ただ、二人ともかなり太っていて半年間観察した範囲では部屋に女性が出入りする事は有りませんでした。

そんなある日、私は妻に頼まれて新聞を束ねてゴミ捨て場に持って行きました。

ゴミ捨て場に向かって歩いていると丁度隣の部屋の男性が同じように紙ゴミを捨てていました通り過ぎざまに私は挨拶しましたが、

その男性は無言男性の捨てたゴミを見たら、雑誌やコミックのほかに大量のアダルト雑誌がありました。

タイトルを見てみると大抵が露出系、投稿系の素人系のアブノーマルなエロ雑誌それを見て私は(イケる)と感じたのでした。

それから色々と作戦を考えました。

その男性達は夕方から出勤して深夜の1時過ぎに何時も帰宅していて、休みは月曜日のようでした。

私達の住む部屋側に階段があり何時も私達の部屋の前を通ります。

そして、週末の夜に妻と借りてきたビデオを見て時間をずらし深夜の12時半位から妻と布団に入りました。

勿論妻は私の考えなどは知りません。

軽く愛撫したあとバイブを使い暫く妻を責めました。

ココまでは何時もの行為でした、7月だった事もあり部屋はかなり蒸し暑くなっていました。

私はビールを取りに行き扇風機を廻し隣の部屋(廊下側)の窓を10センチほど開けてから妻のいる部屋に戻りました。

妻は窓が開いている事に気づいていない様子でした。

部屋を明るくして私はビールを飲みながら妻をバイブで責め始妻も直ぐに官能的に喘ぎまくり

そして深夜1時を10分ほど過ぎたとき駐車場に車が入って来る音がしました。

私は胸を高鳴らせながらも妻を責めていました、そして階段を上がって来る音が聞こえて来ました。

妻はまだ窓が開いているのに気づかないようで布団の上に全裸で横たわり小さな声で喘いでいました。

廊下を歩く音がして隣の部屋の扉の音がしました。

廊下を歩く音で妻は窓が開いている事に気がつき一瞬声を潜めましたが扉の音で安心したようでした。

お隣さんに見られちゃうよぉと言う妻を無視して愛撫を続けました。

気付かなかったのかな?と思いながらも暫くその状態で愛撫を続けました。

再び妻が喘ぎ始めました。

実は私はその日、妻が風呂に入っている間にコッソリと同じ洋に廊下側の窓を少し開けて

部屋と部屋との扉を開けて奥の部屋の明かりをつけた状態で廊下を歩いた時に

部屋のどの辺りなら良く見えるかチェックしてありました。

そして妻をベストの位置に寝転ばせていました。

私は妻の乳房を舐める振りをしながら横目で窓の方を確認しながら愛撫を続けました。

当たりでした。

窓の隙間に人影が見えたのです。

妻はその事に気づいていません。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

妻と知り合って3年目に結婚、現在5歳の子供も授かりました。

ケーキ屋さんに働く凄く綺麗な女性(妻)に一目惚れ、猛アタックで横取り交際。

エッチも気が合い、毎日の様に行われた営みも、子供が生まれると同時に無くなりました…。

…と言うより、私が抱けなくなったと言う方が良いかも知れません。

待望の子供の出産に、私は立ち会ったのです。

苦しむ妻の手を取り、「頑張れ!」という事しかできませんでした。

「出て来ましたよ」という言葉に、先生の後ろに回って生まれる瞬間を見たんです。

妻の陰部は凄い広がり、出血の中に子供の頭が出始めていました。

「う~あぁ~」と妻が声を上げる中、ズルズルと子供が…。

「うぎゃ~うぎゃ~」と赤ちゃんが泣いたんです。

嬉しいと言うか驚いたと言うか、複雑な思いでした。

妻の目からは涙が出ていて、思わず手を握り「頑張ったな!元気な男の子だ」と声を掛けたんです。

まぁ、そこまでは本当に感動的なシーンだったんですが、妻と赤ちゃんが家に帰宅し平和な生活が訪れると同時に、妻との夜の営みも復活!する筈でした。

しかし、妻のマンコを見ると出産のイメージが浮かび、何故か股間が収縮してしまう様に…。

それが原因で、毎日の様に行われていた夜の営みは激減!ほとんど無くなったんです。

初めは、妻も求めて来ていたんですが、「疲れているんだ」

と言うと「そうだよね」と諦めて求めて来る事も無くなり、もう5年になります。

妻も私も子育てに協力し合い、特に喧嘩をする事もなく順風満帆と思っていました。

私も妻の事を愛していましたし、妻も私の事を愛してくれていました。

でも、妻は欲求不満だったんです。

私はその事に気づくのが遅かった様に思えます。

今、思えば妻は少しずつ変わっていた様な気がします。

洗濯が終わった後、妻が庭に干していました。

いつもなら下着は家の中や、大きめの洗濯物で隠す様に干すのに、堂々と見える様に干していたんです。

しかもレースの透けた派手な下着です。

あまり気にしていませんでしたが、その頃から妻の下着はエッチな物が多かった様に思えます。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

お義母さんとの禁断のセックス関係にハマっています

私と妻は

「デキちゃった結婚」

でして、歳の差16歳、私はバツイチ、妻は初婚で二人姉妹の長女という、世間的には絶対に結婚を反対されるパターン。

義父は公務員で58歳、義母は専業主婦で46歳、20歳の内に妻を産んだ、翌日が義母の誕生日で同じ日に妻を産むつもりだったのが力及ばず・・・だったらしい。

で、私も誕生日が近くて妻と4日違い、義母と5日違いだった。

つまり、私と妻、そして義母は年中ほぼ歳の差が変わる事が無い状況でした。

ちなみに

「歳の差」

を理由に私と妻の結婚を反対したのは義母です。

「好きになったのはしようがないけど、歳の差は埋まる縮まるものじゃないから、何年か経った時に妻となる貴女が寂しい思いをして苦労する」

と泣きながら何度も繰り返していた。

私は老後の心配をしているのだろうと思っていました。

お義母さんとお義父さんも一回り歳が違うから、自身の不安があるからだろうなと思ったわけです。

2年程して、お義母さんの真意が判りました。

子どもが産まれ、成長して伝い歩きをしたり一言会話が出来るようになった頃でした。

それまでも時々我が家を訪れて初孫の顔を見に来ていましたが、子どもが初めての誕生日を迎える前くらいからかなり頻繁に我が家に来ていました。

当然、何日か泊まっていきました。

お義父さんは仕事の関係で年末年始や夏休み、GWくらいしか来れませんでした。

我が家と妻の実家は直線距離で640km離れていて、

公共交通機関を利用すると新幹線や特急を乗り継いでも連絡が良い時で7時間以上掛かりますので、仕事で疲れているお義父さんには辛かったと思います。

お義母さんはまだ若く、足腰なんか全く気を使わなくても大丈夫で、我が家に着いた瞬間から初孫を抱いて散歩に行くくらい元気でした。

立ち仕事で1日中、休み時間も取れず食事も食べずに帰宅した妻よりも元気でした。

(美容師)私もまだ元気で、妻を抱きたい気持ちはあるものの、妻が出産後から

「疲れた、ごめん」

と、ヤリたがらなくなりましたので、いつか寝込みを襲い、その気にしてヤろうと電動バイブとか電マ、ローターなどを買い込み、

三面鏡の片隅に小さな籐のカゴに入れて置いていました。

子供も小さく判らないだろうし、誰にも伝えられないだろうと思って・・・。

お義母さんは妻の三面鏡(妻は

「ドレッサー」

と言うけどお義母さんは

「三面鏡」

と呼ぶので

「三面鏡」

で統一します)を使いますので、ある日、気がついてしまいました。

妻は祭りの前夜で、祭り用の

「夜会巻き」

とかいうヘアスタイルの予約が未明まで入っているという日の午後19時半くらいの話です。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページのトップヘ